人気ブログランキング |
貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
コメント、ありがとうござ..
by Gewerbe at 18:06
すみません、実務的にはD..
by ty at 23:37
コメント、ありがとうござ..
by Gewerbe at 15:29
ご連絡、ありがとうござい..
by Gewerbe at 10:11
いつもお世話になっており..
by 過少申告加算税について at 07:37
上記のコメントの質問はゼ..
by 上記の質問につきまして at 07:43
私が外国人だからかも知れ..
by 合格を目指して at 00:34
いつも大変お世話になって..
by 合格を目指して at 00:17
感謝致します。勉強になり..
by ご回答誠にありがとうございます。 at 09:48
後、(通関料金の上限規定..
by Gewerbe at 09:23
最新のトラックバック
simply click..
from simply click t..
yamato2.exbl..
from yamato2.exblog..
fujitaka1.ex..
from fujitaka1.exbl..
i was readin..
from i was reading ..
Zurakenji.ex..
from Zurakenji.exbl..
ライフログ
検索
タグ
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2020年 01月 ( 39 )   > この月の画像一覧
『ASF(アフリカ豚コレラ)=「アフリカ豚熱」)・・!?-⑤』
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4406)

『2020年、日本人が「豚肉」を食べられなくなるかもしれない・・・!?』
 -中国では、国内価格が3倍にー
 中国では、165カ所で感染が確認され、119万3000頭が殺処分されたと、と公式発表されています。
 母豚が殺処分されると子豚の生産が止まるため養豚産業への影響は大きく、豚の飼育頭数が少なくとも4分の1は減った、と見られています=1億頭以上です。豚肉の価格は、2018年初頭から2年間で3倍近くに高騰しています。
 そのため、中国はアメリカなどからの豚肉輸入量を増やしています。世界で豚肉が奪い合いになりつつあるのです。 日本の豚肉の国産自給率は49%。輸入は、アメリカ、カナダ、スペインなどがからが多くなっています。日本にASFが入ってきても輸入すればいい・・ということになり得ません。国内へのASF侵入を許してしまい感染が広がれば、日本で豚肉を食べられなく恐れすら出てきています。

ー加熱加工された肉製品でも、輸入は禁止ー
 では、どうやってASFの侵入を防ぐのか? 農水省は、他省や諸外国とも連携して、水際でウイルスを食い止める「日本に持ち込ませない」「持って来ても、国内に入れない」と、かりにウイルスが入ったとしても、「イノシシや豚にうつさない経路遮断」の対策を講じています。つまり、侵入と流行を複数のバリアで食い止めようと、というわけです。そして、それぞれに、養豚関係者だけでなく一般人も守るべきポイントがあります。
 生肉だけでなく、加熱加工した製品も原則として輸入禁止であることを知らない外国人客・日本人が少なくありません。加熱が足りなければ、ウイルスは活性を持ったままです。しかも、冷凍された肉で110日間以上、燻製や塩蔵のハムでも300日間以上、ウイルスが感染性を失わなかった、という報告もあります。
 実際に、日本に手荷物として持ち込まれたハム・ソーセージ等からこれまで36例、ASFのウイルス遺伝子が検出され、そのうちソーセージの2例はウイルる分離検査が陽性でした。 
 つまり2例についてはウイルスが活性性を持ち感染力があった、と言えます。
(記事抜粋:現代ビジネス YAHOOニュース 2020/01/29)

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
『ASF(アフリカ豚コレラ)=「アフリカ豚熱」)・・!?-⑤』_a0061688_2281358.jpg

by Gewerbe | 2020-01-31 06:23 | Trackback | Comments(0)
『ASF(アフリカ豚コレラ)・・?-④』
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4405)

『2020年、日本人が「豚肉」を食べられなくなるかもしれない・・!?』
 -ASFウイルスは病原性が強く、ワクチン、治療法なしー
 ASF(アフリカ豚コレラ)も、感染し得るルートはCSF(豚コレラ)と同様と考えられています。違うのは、ASFがCSFに比べて病原性が強く死亡率(豚)が高いこと、予防ワクチンも治療法もありません。

 ひたすら侵入を防ぎ、入ってしまったら殺処分するしかありません。

「殺処分はかわいそう~」、という声もありますが、感染した豚やイノシシは”ウイルス増殖器”と化しています。生かしたままにしておくとウイルスが体内で大量に増え、鼻水や唾液、体液などとして周囲にまき散らされます。環境中のウイルスが増えると、靴や小動物、車両などに付いて拡がるリスクも高まります。
 したがって、感染した豚やイノシシは殺処分するしかなく、動物福祉にうるさい欧米でも、処置は同じです。

 ASFは従来、アフリカの他ロシア、東欧等の国で発生していました。ところが、2018年8月、中国で発生し、瞬く間に拡がりました。現在はアフリカ29か国、ヨーロッパ19カ国、アジア12カ国で発生。ベトナムやインドネシア、北朝鮮や韓国等でも確認されていますが、ウイルスは日本に、ひたひたと近づいているのです。
 中国では、165カ所で感染が確認され、119万3000頭の豚が殺処分された、と公式発表されています。
(記事抜粋:現代ビジネス YSHOOニュース 2020/01/29)

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
『ASF(アフリカ豚コレラ)・・?-④』_a0061688_2281358.jpg

by Gewerbe | 2020-01-31 00:18 | Trackback | Comments(0)
『アフリカ豚コレラ・・・?-③』
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4404)

『2020年、日本人が「豚肉」を食べられなくなるかもしれない・・・!?』
ーCFS(豚コレラ)は、海外からの食品持込みが原因かー

 CFS(豚コレラ)は20年以上、日本では発生しておらず、今回の流行は海外から入ってきたウイルスが原因。遺伝子型の分析などから、次のような感染ルートではないか、と推測されている。
(1)ウイルスが活性性を持ったままの豚肉や加工肉製品が中国やその他の国から持ち込まれた。
(2)食べ残しなどが廃棄され、それを野生イノシシが食べて感染が拡がった。
(3)野生イノシシが豚舎に入り込んだり、ネズミなどの小動物がイノシシに接触しウイルスを付けたまま豚舎に入るなどして、豚に感染した。
(4)野生イノシシの感染がさらに拡大し(3)が各地で起きたほか、豚の移動や人、車の移動などによりウイルスが他の豚舎にも移り、流行が拡がった・・・。

CSFの沖縄への侵入経路として考えられているのも、食品残渣。農水省の拡大CFS疫学調査チームによれば、沖縄で見つかったウイルスは外国からではなく、国内のウイルスと近縁。最も可能性がありそうなのは;
① 県外からCFS(豚コレラ)に汚染された肉などが入ってきた。
② その調理残渣などが豚の飼料として与えられた。
③ 飼料にウイルスが含まれ、沖縄の飼育豚に感染・・・
といったルートです。
 食品残渣を飼料として豚に与える場合、70℃で30分間以上、80℃であれば3分間以上、加熱することが定められていますが、守られていませんでした。

いずれにせよ、沖縄の空港や海港の防疫体制に問題があったのは確実です。
ASF(アフリカ豚コレラ)は感染性が強く、ワクチン、治療法なし!

(記事抜粋:現代ビジネス YAHOOニュース 2020/01/29)

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木



by Gewerbe | 2020-01-30 19:57 | Trackback | Comments(0)
『アフリカ豚コレラ・・・?-②』
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4403)

『「豚コレラ(CFS)」と、「アフリカ豚コレラ(ASF)」とは?』
 豚コレラとアフリカ豚コレラ、二つともウイルスが原因で豚やイノシシが感染しますが、別のウイルスによる別の病気です。

 どちらも人間には感染しません。感染した豚やイノシシの肉を食べても、安全上の問題はありません。コレラという名称ではありますが、コレラ菌とは関係がありません。

 誤解を招きやすく風評被害も懸念されるため、農水省は昨年11月から豚コレラについては英名Classical swine feverを基に、CFSに名称変更。法律上名称も豚熱と変える予定です。
 アフリカ豚コレラも同様に、英名のAfrican swine feverからASF、法律ではアフリカ豚熱と呼ばれることになります。

【CFS流行は、海外からの食品持込みが原因か】
 2018年か2019年にかけて、日本国内で流行したのはCFS(豚コレラ)。一府8県、51カ所で発生し15万頭の豚が殺処分されました。ただし、CFSには予防策としてワクチンがあります。2019年10月から発生府県の養豚場では接種が始まり、流行はようやく下火になりました。
 ところが今年1月、沖縄県うるま市の農場で発生し、さらに隣の沖縄市に飛び火しています。ワクチン接種は、流行している府県とその周辺計20都府県に限られ、沖縄県では接種されていませんでした。

 CFS(豚コレラ)は20年以上、日本は発生しておらず、日本は「ホワイト国」でした。今回の流行は海外から日本に入ってきたウイルスが原因。遺伝子の分析などから、具体的な感染ルートではないかとの推測のが解明れています。
(~次号に継続)
(記事抜粋;現代ビジネス YAHOOニュース 2020/01/29)

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
『アフリカ豚コレラ・・・?-②』_a0061688_2281358.jpg

by Gewerbe | 2020-01-30 08:10 | Trackback | Comments(0)
『アフリカ豚コレラ・・?』
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4402)

『2020年、日本人が「豚肉」を食べられなくなるかも知れない・・!?』
ー高まる危機感ー
 年明けの1月8日、沖縄県で豚コレラが発生しました。1月28日現在、約9000頭が殺処理されています。
 これまで、岐阜県や愛知県、埼玉県、中・関東の1府8県で感染が広がり、10月からは予防ワクチン接種により、やっと流行が収まったように見えていたのですが、いきなり沖縄に飛び火しました。
 ところが、東京の新聞紙面を見ていると、どうも扱いが小さいのです。
人の「新型肺炎」に隠れ、ワクチンもあるし、本土の流行も収まってきたし、沖縄もじきに収まる、という感覚なのでしょうか。しかし、養豚関係者、それに農水省の畜産関係者は今、背筋が凍る思いを味わっているはずです。

 それはなぜか? 離島=沖縄での発生は、病原体が海を越えて侵入してくるのを防ぐための”防疫”体制の不備を示しています。もう一つの豚の病気、もっと多くリスクの高い病気である「アフリカ豚コレラ」海外からの侵入を、日本はこのままでは阻止できないのではないか? そんな危機感が関係者の間では高まっているのです。

 「アフリカ豚コレラ」がもし、日本に入ってきたら、壊滅的な被害をもたらす恐れがあり、最悪の場合、豚肉が食べられなくなるかもしれません。オリンピックイヤーは、海外から多くの人や物が入ってくるため、アフリカ豚コレラの侵入のリスクも高まります。

 侵入を防ぐには、養豚農家だけでなく、一般旅行者、市民の努力も必要。あなたは、「アフリカ豚コレラ」対策を自分のこととして考えていますか?

「豚コレラ(CFS)」と、「アフリカ豚コレラ(ASF)」とは?~次号に継続。

(記事抜粋:現代ビジネス YAHOOニュース 2020/01/29)

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
『アフリカ豚コレラ・・?』_a0061688_2281358.jpg

by Gewerbe | 2020-01-29 21:58 | Trackback | Comments(0)
『Zoonosis ズーノーシス(動物由来感染症)-④』
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4401)

『動物の輸入規制、輸入手続き』
 我が国んは、家畜、ペット、実験動物、展示動物等たくさんの動物が世界各国から輸入されています。輸入される動物を原因とする感染症の発生を防止するため、感染症法では、我が国に持ち込まれる動物(家畜等を除く)に対して、輸入の禁止、検疫、届出といった規制が講じられています。
【輸入禁止】
 一重の重篤(じゅうとく)な感染症を感染させる恐れがあるため、日本への輸入が禁止されています。
「コウモリ、プレーリードッグ、ヤワゲネズミ(マストミス)、イタチアナグマ、タヌキ、ハクビシン、サル」
※ サルは、試験・研究・展示用に限り輸入可能(輸入検疫を実施)

【輸入届出】
 輸入動物によって、動物由来感染症が浸入する危険性を低減させるととに、国内への動物の輸入状況を的確に把握するため、平成17年9月に動物の輸入届出制度が導入されました。
(届出対象動物)
「生きた哺乳類、鳥類及び齧歯目(げっしもく)・ウサギ目の死体」
 展示用や展示用に限らず個人で飼われているペット等もすべて対象になります。齧歯目(ハムスター、モルモット、チンチラ、リスなど)については、厳格な要件を定めていることから、個人による輸入は極めて困難です。
(記事参考:厚生労働省健康局結核感染症課・動物由来感染症ハンドブック)

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
『Zoonosis ズーノーシス(動物由来感染症)-④』_a0061688_2016290.jpg

by Gewerbe | 2020-01-29 19:06 | Trackback | Comments(0)
「Zoonosis ズーノーシスー③」
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4400)

「ズーノーシス(Zoonosis):動物由来感染症』
ー(国の対応・関係法に基ずく対策)-
〇「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律「感染症法』)
(対象動物)     (対象疾病)       (主な処置)
・「サル)  エボラ出血熱、     輸入禁止※1、発生時の届出  
           マールブルク病、
           細菌性赤痢、結核
・プレーリードッグ   ペスト         輸入禁止 、発生時の届出
・イタチ、アナグマ  重症急性呼吸器症候群  輸入禁止、発生時の届出
 タヌキ、ハクビシン (SARS)
・コウモリ      狂犬病、        輸入禁止
           二パウイルス感染症、
           リッサウイルス感染症
・ヤワゲネズミ「マストミス) ラッサ熱    輸入禁止
・鳥類        ウエストナイル病    発生時の届出
           鳥インフルエンザ(H5N1)
・犬         エキノコックス病    発生時の届出
・野生の哺乳類、鳥類 動物ごとに定められる疾病  輸入届出
・齧歯目、節足動物類   1~4類感染症  駆除、消毒等の対物処理
(人の感染源となる動物)          (発生予防と蔓延防止)
・人の感染源となる動物  感染症全般     疫学調査(関係者の強力の上)
〇狂犬病予防法    
  犬、猫、キツネ、   狂犬病      輸出入検疫、犬の登録、予防注射、
  スカンク、アライグマ          発生時の届出、隔離命令等
〇検疫法       
  ネズミ族、虫類    検疫感染症※2  衛生調査区域内での調査、駆除 

※1:サルは、試験、研究、展示用に限り、一部地域から輸入可(検疫実施)
※2:エボラ出血熱、クリミア、コンゴ出血熱、ペスト、マールブルグ、
   ラッサ熱、南米出血熱、痘瘡(天然痘)、新型インフルエンザ等感染症、
   チクングニア熱、デング熱、鼻インフルエンザ(H5NT)、マラリア、
   検疫感染症に準ずる感染症、ウエストナイル熱、腎症候性出血熱、日本脳炎、
   ハンタウイルス肺症候群

(記事抜粋:厚生労働省健康局結核感染課 「動物由来感染症ハンドブック2013」

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
「Zoonosis ズーノーシスー③」_a0061688_1204746.jpg


by Gewerbe | 2020-01-27 19:43 | Trackback | Comments(0)
『Zoonosis:ズーノーシスー②】
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4399)

『世界では、たくさんの新しい感染症が見つかっています』
 世界では従来しられていなかったたくさんの新しい感染症(新興感染症)が今も次々と見つかっています。そして、それらの多くが動物由来感染症であることもわかってきました。それらの中には感染力が強く重症化する傾向のあるものや、有効な治療法がまだ開発されていないものもあります(SARS、エボラ出血熱、マールブルグ病、ハンタウイルス肺症候群など)。
 これらの新興感染症が見つかる以前に動物由来感染症は、世界保健機関(WHO)で把握されているだけでも150種類以上ありました。また最近、問題になっている生物テロ兵器として、炭疽病、ペスト菌、ウイルス性出血熱のウイルス*野兎病原菌等の病原体が挙げられていますが、これらはすべて動物由来感染症です。

『日本と世界の動物由来感染症』
 世界中で数多くある動物由来感染症のすべてが日本に存在するわけではありません。日本には寄生虫による疾病をいれても数十種類程度と思われます。
 このように、日本では動物由来感染症は少ないのですが、世界では多くの動物由来感染症が発生していますので、海外でむやみに飼い主不詳の動物や野生動物に触れることは止めましょう。
【日本に動物由来感染症が比較的少ない理由】
〇「地理的要因」(温帯で島国)
 日本は全体として温帯に位置しているため、特に熱帯・亜熱帯地域に多い動物由来感染症がほとんどありません。また島国であるため、周囲の国々からの感染源となる動物の侵入が限られています。これらの地理的要因のため、野生動物由来の感染症やベクター(ダニ類,蚊など)媒介性の動物由来感染症が比較的少なかったと思われます。
〇家畜衛生対策等の徹底
 日本では獣医学分野が中心となって、家畜衛生対策、狂犬病対策を徹底して行ってきました。その結果、家畜のブルセラ病、牛の結核のように、家畜から人に感染する病気で、ほとんど見られなくなったものや、狂犬病のように国内から一掃された動物由来感染症もあります。
〇衛生観念の強い国民性
 日本人は、日常的な衛生観念の強い国民であると言われており、手洗いの励行や、ネズミ・ハエ等の駆除を行ってきたこと等も関係があるのかもしれません。
 しかしながら、「グローバル化」という現状では、これらの要因が大きく崩れていることに留意や、「グローバル化の負の側面」を注視する必要があります

(記事抜粋:厚生労働省健康局結核感染症課 「動物由来感染症ハンドブック2013」)

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
『Zoonosis:ズーノーシスー②】_a0061688_2281358.jpg

by Gewerbe | 2020-01-26 05:24 | Trackback | Comments(0)
『ズーノーシス (Zoonosis)』
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4398)

『動物由来感染症 zoonosis(ズーノーシス)』とは?

 「動物由来感染症」とは、動物から人に感染する病気の総称です。人とどうぶつに共通する感染症(Zoonosis:ズーノーシス)は、日本では、「人獣共通感染症」や「人と動物の共通感染症」とも言われますが、厚生労働省は人の健康問題という視点に立って、「動物由来感染症」という言葉を使っています。

 WHO(世界保健機関)では、ズーノーシスを、「脊椎動物と人との間で自然に移行する全ての病気または感染(動物等では病気にならない場合もある)」と定義しています。
 なお、「動物由来感染症」には、①人も動物も重症になるもの、②動物は無症状で人が重症になるもの、③動物は重症となるが、人には感染しないもの(豚コレラ)等、病原体によって様々なものがあります。

『動物由来感染症が問題となる背景』
 その背景として人間社会の変化と人間の行動の多様性があげられています。たとえば、交通手段のめざましい発展による膨大な人と物の移動、人口の都市集中化、絶え間ない土地開発と自然環境の変化、先進国では高齢者の増加等の影響や、野生動物のペット化、動物工場のような形態での動物性食品の生産体制への著しい変化等が挙げられます。
 そのような中で、今まで未知であった感染症が明らかになったり、忘れられていた感染症がその勢いを取り戻しています。

 人間は多くの生物と共存している事実を忘れないで、幅広い視野に立って感染症の対策を立てて行く必要があります。

(記事参考:厚生労働省健康局・結核感染症課)

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
『ズーノーシス (Zoonosis)』_a0061688_2281358.jpg

by Gewerbe | 2020-01-25 15:12 | Trackback | Comments(0)
『マスギャザリング(Mas gathering)』
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4397)

『人が集まることで起こる感染症』
 北海道・ニセコや長野県の各スキー場には、すでに中国やオーストラリアなどから多くのウインタースポーツを楽しむ海外旅行者が集結しています。また、今年2020年の夏には東京ポリンピック・パラリンピックと、各国からの多くの人々が集まるイベントが国内で開催されます。
 このように多くの人が集まることで、国際交流が進んだ現代では国外から感染症が持ち込まれることや、感染症が発生した場合は急速に拡がることが懸念されます。

 国際的で大きなイベントを控えた今、『マスギャザリング(Mas gathering)』における感染症対策に関心が集まっています。『マスギャザリング』とは、日本集団災害医学会により「一定期間、限定された地域において、同一目的で集合した多人数の集団」と定義されています。

 感染症を起こす病原体は、人を介して感染を拡げていきます。人が病原体を持ってくる、言わば人が感染症の運び屋になってしまうということです。人が多く集まるほど、何らかの感染症に感染する恐れが十分にあります。季節、気候、環境、文化、衛生状態等によって、それぞれの地域で流行している感染症は異なるため、様々な国々から人が集まると、自国や経由地等その国で流行している感染症が、人を介して国内に入ってくる可能性があります。
【2011年】
 東日本大震災で、海外からのメディア関係者が麻疹(はしか)にかかり、小規模ではあったが流行が発生しました。このメディア関係者は、海外で感染し、入国したと考えられており、症状が現れても取材を続行していた。
【2014年】
 東京・代々木公園を中心に、蚊に刺されたことによるテング熱患者が発生した。人が多く集まり、イベントが開催される都内の公園が流行の発端となった。
【2015年】
 山口県で開催された世界スカウトジャンボリー(162の国と地域から約3万人)の参加者4人が髄膜炎菌感染症を発症した。発症者は海外からの参加者で、開催中に感染し、帰国途中もしくは帰国後に発症した。国内の発症者は認められなかった。
〈2020年東京オリンピック・パラリンピック〉
 今年の夏に開催されますが、この時期、南半球では冬季にあたるため、南半球で流行したインフルエンザ・ウイルスが国内に持ち込まれ、流行を起す可能性があります。
(記事参考:岩崎恵美子 氏 (株)健康予防政策機構 医師・代表 2019/06/01)

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
『マスギャザリング(Mas gathering)』_a0061688_2281358.jpg

by Gewerbe | 2020-01-24 21:35 | Trackback | Comments(0)