人気ブログランキング |
貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
モチモチ犬さんへ: 「..
by Gewerbe at 08:50
モチモチ犬さんへ: 完..
by Gewerbe at 08:17
ちなみに、1605には、..
by モチモチ犬 at 02:51
お返事ありがとうございま..
by モチモチ犬 at 02:49
モチモチ犬さんへ: す..
by Gewerbe at 21:36
モチモチ犬さんへ: あ..
by Gewerbe at 09:49
こんにちは。 いつも楽..
by モチモチ犬 at 09:26
通りすがりさんへ:  ..
by Gewerbe at 23:32
2018の試験を目指して..
by 通りすがり at 22:07
なるほど!そういう素敵な..
by もすたん at 07:15
最新のトラックバック
ブライトリング ウイング..
from チュードル レンジャー ep3
naruzu3.exbl..
from パネライ 並行品 オーバーホール
toshiboa.exb..
from ロレックス オーバーホール 秋田
ヘビーレイン 2ch
from %anchor_text%
ブルガリアヨーグルト 濃厚
from ハミルトン カーキ フィール..
ライフログ
検索
タグ
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2018年 09月 ( 44 )   > この月の画像一覧
『OTTOMAN(オットマン)』
a0061688_19245819.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (3472)

 『OTTOMAN(オットマン)』というと、何かお判りでしょうか? 「オットマン」が一般的な呼び方にもなってきましたが、「足載せ椅子」とか「足置きスツール」とも呼ばれています。
『スツール』は、”背もたれ・肘掛けの無い椅子”を呼びます。

第20部(雑品)-第94類(家具、寝具、マットレス、マットレスサポート、クッションその他これらに類する詰物をした物品並びにランプその他の照明器具(他の類に該当するものを除く。)及びイルミネーションサイン、発光ネームプレートその他これらに類する物品並びにプレハブ建築物
【オットマン:スツール】
 初期には、足載せ台としての専用の形状・寸法(高さ)をしていたと思えますが、例えば、ホテルなどにおいては、「オットマン」といえども、背もたれの無いイスである「スツール」としても使用できる形状・寸法の”足載せスツール”が見受けられます。
 この「足載せスツール」が輸入貨物とした場合、その所属区分は、「その他の腰掛け:94.01項」あるいは、「その他の家具:9403項」のいずれに所属区分されるべきでしょうか? 極めて難しい判断になると思えますが、仕入書において、「OTTOMAN」あるいは、「足載せ」の具体的な記載があれば、背もたれの無いイス(スツール)として使用できる場合があるものでも、「その他の家具:9403項」に分類区分されるものと考えられます。 (※)「関税率表の解釈に関する通則3(c)」
 この「家具」が分類区分される(第94類)は、単純な分類区分にも見えますが、上記のように”並びに”,"及び”、その他”、”その他のもの”で多くの物品が所属され、特に最近、その所属区分が改定されたものである『LED照明器具』も含まれます
仮に申告書作成問題において出題された場合は、かなりの複雑な品目分類作業を要する仕入書(インボイス)の構築も可能になりますので、マーク・注意しておくべき(類:第94類)とは思っています・・。
(※)
『LED (light emitting diode) 発光ダイオード』
 改定された、(LED半導体素子)・)(LED電球)・(LED照明器具)・(LEDサイン:非常灯や電飾)・)(スマホやPCバックライト)などの所属区分を本年の試験に備えておいて損のない品目であることは間違いないように感じています。

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木




by Gewerbe | 2018-09-30 11:01 | Trackback | Comments(0)
『輸入貨物の所属区分ー(ビニタイ)』
a0061688_19245819.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (3471)

 「ビニタイ」ってわかりますか?中に細い針金が入っただけのビニールの平紐で、菓子などの袋をひねって止めてあるあの紐です。正直言って、”まさか、83類(各種の非金属製品)!”とは思わなかったですが、「実行関税率表の解釈の通則」を順番に理解していく上では、ユニークは商品だと感じました。
税関HP・輸出入の手続き・輸入貨物の品目分類事例
『ストリップ状の締め金具  第8309.90号』
【貨物概要】
関税率表第8309.90号 (統計番号 8309.90-000)の
「シールその他これらに類する包装用の付属品(その他のもの)」
【分類理由】
 本品は、スチール製針金を芯として両面を塩化ビニルの重合体スリップで覆ったもので、袋の口止め等に使用されるものであることから、シールに使用する非金属製の締め金具として上記の通り分類されます。
【分類のポイント】
 本品は、関税率表解説第83/09項(9)に例示する「2枚のプラスチック又は紙のストリップの間に1本又は2本の鋼製を挟み込んだもので、袋、香料袋その他これらに類する容器のシールに使用する締め金具」であると認められます。

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木


by Gewerbe | 2018-09-29 21:27 | Trackback | Comments(0)
『CIF条件で買手が別途輸入貨物に付保する場合の保険料』
a0061688_19245819.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (3470)

 「課税価格とは?」、「現実支払価格とは?」の規定原則の理解ができていないと、こんな事例での出題の落とし穴にも簡単に落ちるのですよね・・・。
運賃とか保険料は、課税価格を関税評価する上で、貨物における「輸入貨物の本邦輸入港への到着時の経済的価値」とは、異なる考え方が必要です。
 と言うよりも、税関の事後立入調査における過少申告加算税の負担を巡って、輸入者と通関業者・通関士との加算税納付のバトルが発生する一つの要因となり得ます。

税関HP/輸出入の手続き・質疑応答事例(関税評価)
『CIF条件で買手が別途輸入貨物に付保する場合の保険料』
【照会要旨】
 当社(買手)は、売手からCIF条件で家具を購入(輸入)しています。
 以前にCIF条件で輸入した貨物につき当社が保険会社に保険求償を行ったところ、保険金が支払われるまでに長期間を要したことから、当社は売手が契約した海上保険と別に、自らも輸入貨物の運送に関しての海上保険を付保し、保険会社に対し保険料を支払っています。
 輸入貨物の嘉永価格を計算するにあたって、当社が別途輸入貨物に付保する場合の保険料は、現実支払価格に加算する必要がありますか?
【回答要旨】
 上記の取引において、貴社が保険会社に支払った別途輸入貨物に付保する場合の保険料は、現実支払価格に加算する必要があります。
(理 由)
 「輸入貨物が輸入港に到着するまでの運送に要する保険料」とは、輸入貨物の輸入港までの運送に関して実際に要した保険料をいいます。
 また、輸入港までの運賃等(保険料を含む。)は、現実支払価格に含まれていない限度において、当該現実支払価格に加算するとされています。
 本件において、貴社が別途輸入貨物に付保する場合の保険料は、保険料が支払われるまでに長期間を要するため、貴社が輸入貨物の輸入港までの運送に関して支払っているものです。
 したがって、本件保険料は、現実支払価格に含まれていないことから、輸入貨物の輸入港に到着するまでの保険料として、輸入貨物の現実支払価格に加算する必要があります。
【関係法令通達】
・関税定率法第4条第1項第1号
・関税定率法基本通達4-8(4),(6)

Blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木

 

by Gewerbe | 2018-09-28 22:47 | Trackback | Comments(0)
『輸入通関書類の作成業務を行う者に対して支払う手数料』
a0061688_19245819.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4369)

税関HP・輸出入の手続き・質疑応答事例(関税評価)
『輸入通関関係書類の作成業務を行う者に対して支払う手数料』
(仲介料その他の手数料:「輸入減税手続き手数料」)
【照会要旨】
 当社(買手)は、売手から衣類を購入(輸入)します。
 当社は、輸入貨物に組込まれる材料を売手に無償で提供し、その輸入貨物の輸入(納税)申告において、関税暫定措置法第8条の減税制度を利用します。
 当社は、その制度の利用にあたり、輸入通関関係書類の作成を本邦所在のA社に依頼し、その作成業務の対価として手数料を支払います。
 輸入貨物の課税価格を計算するにあたって、当社がA社に支払う手数料を、現実支払価格に加算する必要がありますか?
【回答要旨】
 上記の取引において貴社がA社に支払う手数料は、「仲介料その他の手数料」に該当しませんので、現実支払価格に加算する必要はありません。
(理 由)
 輸入貨物に係る輸入取引に関し買手により負担される手数料のうち、「仲介料その他の手数料(買付けに関し買手を代理する者に対し、その買付けに係る業務の対価として支払われるもの(買付手数料)を除く。)」は、輸入貨物の現実支払価格に加算することとされています。
 「仲介料その他の手数料」とは、輸入取引に関して業務を行う者に対し買手が支払う手数料をいいます。
 上記の取引では、輸入通関関係書類の作成の業務を行っているのみで、輸入貨物の輸入取引の売手との交渉等、輸入取引に関する業務を行っていませんので、貴社(買手)がA社に支払う手数料は、現実支払価格に加算される「仲介料その他の手数料」には該当しません。
【関係法令通達】
・関税定率法第4条第1項第2号イ
・関税定率法基本通達4-9(1)

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木



by Gewerbe | 2018-09-27 21:10 | Trackback | Comments(0)
『売手が負担する輸入貨物の材料の運送費用』
a0061688_19245819.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4368)


税関HP・輸出入の手続き
質疑応答事例(関税評価)
売手が負担する輸入貨物の材料の運送費用』
【照会要旨】
 当社(買手)は、売手から電化製品を購入(輸入)します。
 当社は、当社と特殊関係にないF国所在のA社から購入した部品を、輸入貨物の生産のために使用するため売手に無償で提供しています。
 この部品の提供にあたって、当社はA社に部品代金を支払いますが、売手との取決めにより、その部品をA社から売手まで運送する費用は、売手が運送会社に支払います。
 輸入貨物の課税価格を計算するにあたって、売手が運送会社に支払う部品の運賃の額を、現実支払価格に加算する必要はありますか?
【回答要旨】
 上記の取引において、貴社が無償で提供した部品は、「輸入貨物に組込まれている材料、部分品またはこれらに類するもの」に該当し、その部品に要する費用の額を現実支払価格に加算する必要がありますが、売手が運送会社に支払う運送費用は現実支払価格に加算する必要はありません。
(理 由)
 「輸入貨物に組み込まれている材料、部分品又はこれらに類するもの」が買手により無償で提供された場合は、輸入貨物の現実支払価格に含まれていない限度において、その物品に要する費用の額を現実支払価格に加算することとされています。
 また、その物品に要する費用の額は、その物品を買手が自己と特殊関係にない者から取得した場合には、その物品を取得するために通常要する費用によることとされており、買手がその物品を提供するために要した運賃、保険料その他の費用を負担したときには、それらの費用を上記の通常要する費用に加算した額がその物品に要する費用の額とされています。
 上記の場合において、貴社(買手)は、A社から購入した部品を売手に無償で提供していますが、部品を提供するために要した運賃を負担しておらず、売手が負担していますので、その運賃は既に輸入貨物の現実支払価格に含まれているものとして取り扱うこととなります。
(※)
売手(輸出者)として、自分が負担した経費の額は当然の事として、請求書(仕入書=インボイス)の貨物代金に計上積算(組み入れて)請求します!。
「現実支払価格」に含まれている費用を重ねて加算してはならない=”無視する”。

【関係法令通達】
・関税定率法第4条第1項第3号イ
・関税定率法施行令第1条の5第2項第2号

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木


by Gewerbe | 2018-09-26 22:27 | Trackback | Comments(0)
『通関業法の見直しについてー(通関士の設置)』
a0061688_19245819.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)
してるかな? (4367)

地域限定の特例の廃止
【法律事項】
◆営業所において取り扱う通関業務が通関士の設置を要する地域以外の地域においてのみ行われることとなっている場合に、通関士の設置義務が免除される特例(地域限定)を廃止する。
(通関業法第13条)
※ 改正通関業法の附則で猶予期間を規定。
 (1)改正通関業法の施行の日から起算して5年を経過する日。
 (2)地域限定の特例の対象であった営業所に通関士を設置する日の前日
のいずれか早い日までの間は地域限定の特例の規定は適用可能。
◆営業所において取り扱う通関業務に係る貨物が一定の種類の貨物のみに限られている場合に通関士の設置義務が免除される特例(貨物限定)の規定は維持する。
(通関業法第13条)
【政令事項】
◆通関士の設置に係る地域の指定に係る規定(通関業法施行令第5条)及び「通関士の設置を要する地域】(通関業法施行令別表)を削除。

通関士の設置
「専任の通関士」の設置義務の廃止 (政令)
◆通関業務を行う営業所に設置する「専任の通関士」の設置義務(通関業法施行令第4条)を廃止する。
 通関業者は、営業所ごとに、通関業務に係る貨物の数量及び種類並びに通関士が審査しなければならないこととされている通関書類の数、種類及び内容に応じて必要な数の通関士を置かなければならない。
(通関業法施行令第5条(改正後)

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木



by Gewerbe | 2018-09-25 21:33 | Trackback | Comments(0)
『通関業制度の見直しについてー(改定項目・改定内容)』
a0061688_19245819.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4366)

『改定項目・改定内容』
・【営業区域制限】:通関業法第5条、第9条
 営業区域外の税関官署への輸出入申告を可能とするため、営業区域制限を廃止する。併せて受給調整条項を廃止する。
・【通関業の許可権者】:通関業法第3条
 営業区域制限の廃止に伴い全国で通関業務を行うことが可能となるため、通関業の許可権者を財務大臣とする。
【営業所の新設】:通関業法第9条
 AEO通関業者による営業所の新設を(許可制ではなく)届出制にする。
【地位の承継】:通関業法第11条の2、関税法第79条の6
 合併等があった際、税関長の承認を受けて、通関業者及びAEO通関業者としての地位の承継を可能とする。
【通関業務料金の最高額の定め等】:通関業法第18条
 財務大臣が通関業務料金の額について必要な定めをすることができる旨の規定を廃止する。通関業務料金の額の掲示義務については、依頼者の保護の観点から維持する。
【通関士の設置】:通関業法第13条、通関業法施行令第5条
 地域限定の条件付きで通関士の設置義務が免除されていた通関業者であっても、今後、通関士を設置することとする。ただし、猶予期間(施行の日から5年間)を設ける。一方で、営業所における「専任の通関士」の設置義務を廃止する。
【営業報告書】:通関業法基本通達
 簡素化、合理化等必要な見直しを行う。(報告書様式の変更)
【業務改善命令】:通関業法第33条の2
 通関業者の業務が適正に行われていない場合、業務の改善を命ずることを可能とする。
【欠格事由】:通関業法第6条
 申請者が暴力団等に該当する場合を通関業の許可の欠格事由として明文化する。
【罰 則】:通関業法第41条~第44条
 物価上昇等に伴う可罰効果の減少に対応するため、罰金刑の水準の見直しを行う。

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木

 

by Gewerbe | 2018-09-25 10:16 | Trackback | Comments(0)
『通関業制度の見直しについて「権限の委任—②」』
a0061688_19245819.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4365)

【権限の委任ー①】

【権限の委任ー②】

 通関業の許可を行う税関長の他、許可申請にあたり通関業務を行おうとする営業所の所在地を管轄する税関長も行うことができる権限。
(通関業法施行令第14条第2項)
◆以下の権限は、通関業の許可を行う税関長の他、通関業を行おうとする営業所の所在地を管轄する税関長も行うことができる。
・通関業務を行う営業所であって、通関業の許可を行う税関長以外の税関長の所属する税関の管轄区域内にある営業所に係る審査。
(通関業法第5条)

 通関業の許可を行った税関長の他、営業所の所在地を管轄する税関長も行うことができる権限。
(通関業法施行令第14条第3項)
・営業所の新設の許可 (通関業法第8条)
・AEO通関業者による営業所の新設の届出 (通関業法第9条)
・営業所の名称及び所在地又は当該営業所の責任者の変更の届出
 (通関業法第12条)
・営業所ごとの通関士等の移動の届出 (通関業法第22条第2項)
・営業所で通関業務に従事しようとする通関士に係る確認 
 (通関業法第31条第1項)
・報告の徴取、質問及び帳簿書類の検査 (通関業法第38条第1項)

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木




by Gewerbe | 2018-09-25 07:01 | Trackback | Comments(0)
『通関業制度の見直しについて』
a0061688_19245819.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4364)

 平成28年4月1日~平成29年10月での”改定通関業法”
【見直しの概要】
 輸出入の申告官署の自由化に伴い、通関業法の営業区域制限を廃止する改正を機に、昨今の通関手続きを取り巻く環境の変化に対応するため、必要な改正を実施。
【通関業を取り巻く環境の変化】
・通関手続きの自由化・迅速化の進展ー電子化・ペーパーレス化
・テロ・不正薬物等への対応ーセキュリティ・コンプライアンスの重要性増大
・EPA等の拡大に伴うー関税率・原産地規則等の複雑化
【基本的方向性】
・経済的規制は最小限に。通関業者の創意工夫が生かされる環境を整備
・自由な競争環境の下で、自己規律の発揮と透明性ある事後チェック体制の整備
・通関士・通関業者による高度な専門性の発揮
【改正項目】
・営業区域制限(通関業法第5条、第9条)
・通関業の許可権者(通関業法第9条)
・営業所の新設(通関業法第9条)
・地位の承継(通関業法第11条の2、関税法第79条の6)
・通関業務料金の最高額の定め等(通関業法第18条)
・通関士の設置(通関業法第13条、通関業法施行令題5条)
・営業報告書(通関業法基本通達)
・業務改善命令(通関業法第33条の2)
・欠格事由(通関業法第6条)
・罰則(通関業法第41条~第44条)
☆「権限の委任」
(1)
 財務大臣は、政令で定めるところにより、その権限の一部を税関長に委任することができる。(改正通関業法第40条の3
・通関業の許可に関する権限
 (通関業法施行令第14条第1項第1号)
・通関業の許可を行った税関長に委任される権限
 (通関業法施行令第14条第1項第2号~第5号)
(2)
・通関業の許可を行う税関長の他、許可申請にあたり通関業務を行おうとする営業所を管轄する税関長も行うことができる権限
 (通関業法施行令第14条第2項)
・通関業の許可を行った税関長の他、営業所の所在地を管轄する税関長もおこなうことができる権限
 (通関業法施行令第14条第3項)

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木



by Gewerbe | 2018-09-24 07:06 | Trackback | Comments(0)
『通関実務科目・「課税価格の計算問題」』
a0061688_19245819.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4363)

 近年、通関実務科目の「課税価格の計算問題」が極めて難解な内容となってきています。穿った見方をすれば;
1)受験者の”読解力”を図るための複雑な表現記述
2)解釈によって、どちらにも触れる”あいまいな記述”で合格率調整確保への手段
3)問題作成者の”過度な自己スキル表現”=自己アピール
などの見方もできるかもわかりません。しかしながら、通関実務科目を受験する受験者は、通関実務経験がない、もしくは実務経験年数が少ない受験生であり、過度に複雑な内容ではなく、下記の質疑応答事例のごとく、法令規定と直接に相応対比できる内容の出題に留めるべきであると、個人的には感じています。

税関HP・輸出入の手続き・質疑応答事例(関税評価)
『買手が売手に派遣する輸入貨物の技術指導者に係る費用』
【照会要旨】
 当社(買手)は、売手から家具を購入(輸入)します。
 当社は、売手から輸入する家具の製造に必要な技術の指導に従事させるために売手の工場へ当社の社員1名を派遣し、その派遣に係る費用(給与、往復の旅費及び現地滞在費)の全額を負担します。
 派遣した社員が行う技術指導は、当社が本邦において開発した製造技術を売手に提供するために行うものであり、派遣した社員は輸入貨物の製造作業には直接従事しません。
 輸入貨物の課税価格を計算するにあたて、当社が負担する社員の派遣費用の額を、現実支払価格に加算する必要がありますか?
【回答要旨】
 上記の取引において、貴社が負担する社員の派遣費用は、貴社が本邦において開発した製造技術の無償提供に要する費用であると認められますので、現実支払価格に加算する必要はありません。
(理 由)
 「輸入貨物の生産のために必要とされた技術、設計、考案、工芸品及び意匠であって本邦以外において開発されたもの」が買手により無償で提供された場合は、その役務に要する費用の額を現実支払価格に加算することとされています。
上記の取引において、貴社(買手)が負担する社員の派遣費用は、輸入貨物の生産のために必要とされる製造技術を貴社が無償で提供するための費用であると認められますが、その製造技術は、貴社により本邦において開発されたものですので、「輸入貨物の生産のために必要とされた技術、設計、考案、工芸及び意匠であって本邦以外において開発されたもの」には該当しません。
 なお、上記の派遣費用は、輸入貨物の製造には直接従事しない者に係る費用であり、その輸入貨物について売手のために支払われるもの(売手への間接支払)とみとめられませんので、その輸入貨物の現実支払価格の一部を構成するものでもありません。
【関係法令通達】
・関税定率法第4条第1項、第3号ニ
・関税定率法施行令第1条の5第3項

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木




by Gewerbe | 2018-09-24 00:01 | Trackback | Comments(0)