人気ブログランキング |
貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
コメント、ありがとうござ..
by Gewerbe at 18:06
すみません、実務的にはD..
by ty at 23:37
コメント、ありがとうござ..
by Gewerbe at 15:29
ご連絡、ありがとうござい..
by Gewerbe at 10:11
いつもお世話になっており..
by 過少申告加算税について at 07:37
上記のコメントの質問はゼ..
by 上記の質問につきまして at 07:43
私が外国人だからかも知れ..
by 合格を目指して at 00:34
いつも大変お世話になって..
by 合格を目指して at 00:17
感謝致します。勉強になり..
by ご回答誠にありがとうございます。 at 09:48
後、(通関料金の上限規定..
by Gewerbe at 09:23
最新のトラックバック
simply click..
from simply click t..
yamato2.exbl..
from yamato2.exblog..
fujitaka1.ex..
from fujitaka1.exbl..
i was readin..
from i was reading ..
Zurakenji.ex..
from Zurakenji.exbl..
ライフログ
検索
タグ
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2018年 08月 ( 42 )   > この月の画像一覧
『輸入貨物の品目分類事例・「えび、かにの殻から得たキトサン」』
『輸入貨物の品目分類事例・「えび、かにの殻から得たキトサン」』_a0061688_19245819.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4309)

 「脱・プラストロー」の動きが広がり、天然資材由来の「バイオマス・プラスチックス」の開発が急がれています。輸入貨物の品目分類でみた場合、これらの天然由来樹脂(ポリマー)は、「植物、動物の生産品=第15類」となるのか?、「プラスチックス製品=(第39類)」と何れに分類決定とされるのでしょうか?

税関ホームページ・輸出入手続き・輸入貨物の品目分類事例
『キチンから得たキトサン  第39.13項』
【貨物概要】
 えび、かにの殻を脱カルシュムのため酸処理をした後、徐タンパクのためアルカリ処理をして精製されたキチンを、更に脱アセチル化のためアルカリ処理を行って得たキトサン(天然高分子重合体の一つ)。
 成形されておらず、不規則な形の塊のもの。
【分 類】
 生物資源由来の天然の重合体であるキチンから得られるキトサンは、その製造方法から、変形させた天然の重合体であると認められます。
 また、第39類注6(b)の規定により一次製品に該当することから、上記のとおり分類されます。

 なお、甲殻類の殻を酸処理及びアルカリ処理をしたものですので、「第05.08項の加工していない殻」には分類されません。

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木


by Gewerbe | 2018-08-31 16:54 | Trackback | Comments(0)
『通関士試験ー輸出入申告書作成問題』
『通関士試験ー輸出入申告書作成問題』_a0061688_19245819.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4308)

 本年度の「関税協会模擬試験ー(申告書作成問題)」を具体的に見ているわけではないので、上目目線での発言はできませんが、受験生の断片的な意見を聞く限り、「輸入貨物の分類決定の”基本原則”を無視して、軽んじて、あるいは分類決定の手順を飛ばして”先を急いで”結果的に袋小路に嵌っているのではないかと感じています。

 「輸入貨物の分類決定」には、【関税率表の解釈の通則】での通則1~通則6までの分類決定の進行順番があり、輸入貨物は、(部)→(類)→(項)→(号)と段々と細分化されて、必ず一つの分類決定がなされる”完全完結表”として作成されています。
 今、大事なことは、「なぜ、あの問題が解けなかったのか?」、「なぜ、”袋小路に陥って、パニックになったのか?」、「時間内での解答に向けての”正しい解答作業手順”はどうだったのか?」を復習して本試験に備えることです。

 限られた試験時間中での解答作業で、”先を急ぐ精神状態・・”は十二分に理解できますが、十中八九、上記の「輸入貨物の分類決定手順」=【大分類→中分類→小分類】=「(部)→(類)→(項)→(号)」及び、【(注)の規定】を無視、軽んじて、しょっぱなから(項)辺りの区分規定(計算)作業に取り掛かってパニック・袋小路に陥っているものと思えます。

 「輸入貨物の分類決定」は、フローチャート(Yes or No)→次の”完全終結型分類表”であって、途中まで進んだものが、前に帰ることはありません。順番に細分化=確定されていくものであることを、しっかりと認識してください。

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木



by Gewerbe | 2018-08-31 10:41 | Trackback | Comments(0)
『輸入貨物の品目分類・「クロレラエキス」』
『輸入貨物の品目分類・「クロレラエキス」』_a0061688_19245819.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4307)

「クロレラ」は、水中で繁殖する単細胞植物ですけど、このサプリメント食材も採取後の加工内容によって、あちこちにその”実行関税番号の決定”が移動するややこしい輸入貨物の一つとなり得ますね・・。
「クロレラ」は、「ここに所属区分!」(品名)=(税番)という単純な内容ではありません。
”あらゆる食材”に”あらゆる新たな加工”が施された「新たな食材」が海外から輸入されている現状です・・・。

税関ホームページ・輸出入手続き
輸入貨物の品目分類事例
『クロレラエキス』
【貨物概要】
 クロレラ藻体(クロレラ属の単細胞藻類)を熱水にて藻体中に含まれる水溶性分を抽出(95℃~100℃、1時間)し、細胞壁等固形物を分離除去し、さらに、一部タンパク質を塩酸で取り除いた後、水酸化ナトリウムで中和した無色透明な液体である。
 飲料、うどん、納豆、カステラ、漬物等各種食品の添加物として、極少量添加使用されている。

【分 類】
 関税率表 第1302.19号ー3-(3)-B (統計番号:1302.19-239)の
 その他の植物性エキス

【分類理由】
 抽出物から不要なものを除去する目的で塩酸処理したもので、一部タンパク質が分解していても、第13.02項に分類されます。
 ただし、
・タンパク質を塩酸で加水分解したものは、「第21.06項」に分類されます。
 また、
・植物エキスに標準化以外の目的で、植物エキス以外の物品を加え調整したものは、「第21.06項」に分類されます。

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木


by Gewerbe | 2018-08-30 21:56 | Trackback | Comments(0)
『輸入貨物の分類事例・「アルミニウムメッシュで覆ったハンドバッグ」』
『輸入貨物の分類事例・「アルミニウムメッシュで覆ったハンドバッグ」』_a0061688_19245819.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4306)

税関ホームページ・輸出入手続き
輸入貨物の品目分類事例
『アルミニウムメッシュで覆ったハンドバッグ』
【貨物概要】
 板紙い紡績用繊維を被覆したものから製造されたハンドバッグ。
 外面がアルミニウムメッシュで覆われたもの。

【分 類】
 関税率表 第4202.29号 (統計番号:4202/29-000)のハンドバッグ

【分類理由】
 外面のアルミニウムメッシュシートは、その形状から装飾目的のものであり、基体は板紙を芯とした紡績繊維の織物であることから、第42.02項の「・・紡績繊維・・から製造・・したものに限る。」の規定を満たすものと認められ、外面がアルミニウム製のハンドバッグとして、上記の通り分類されます。

 多くの受験生の「繊維製品」の”苦手意識”は周知の通りですが、過去に幾度か出題されている「第42類」の複雑さも、「加工食品」に並んで”要注意輸入貨物の一つ”です。

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木


by Gewerbe | 2018-08-30 19:38 | Trackback | Comments(0)
『通関業及び通関士の将来像ー③』
『通関業及び通関士の将来像ー③』_a0061688_19245819.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4305)

通関業及び通関士の今後のあり方に関する研究会 
【報告書】
通関業及び通関士の将来像 ~世界最先端の通関業界を目指して~
一般社団法人 日本通関業連合会 平成26年1月17日

第4 通関業及び通関士のあるべき姿
4-2-2 資質・能力の向上
 人材育成は経営者の責務であり、通関業者は教育・研修など通関士及び通関業務従業者が自己研鑽を行うための環境整備を図るべきである。また通関士及び通関業務従業者は、経営者側が用意した教育・研修環境に頼るだけではなく、自己研鑽に努め、一層の専門性の向上に意を用い、顧客から信頼され、社内外で尊敬される通関士及び通関業務従業者にならなければならない。

 日本通関業連合会では、通関業、通関士及び通関業務従業者が適正申告を前提とした迅速な通関手続きが行えるよう、通関士専門研修、通関士試験通信添削研修等について、科目や内容の更なる充実に努めなければならない。
 また、知識や習得のための各種セミナーの実施、国際会議への参加、海外の通関事情等に関する実態調査及び通関業に携わる者が必要とする研修に意を用いなければならない。

 さらに、通関士の知識の向上へのモチベーションアップに繋がる試みとして、各種専門分野に焦点を当てた新たな資格制度(マイスター、エキスパート)の創設や表彰制度等の検討も望ましい。
 今後の中長期的な課題として、大学に寄付講座の設置通関・貿易大学校の創設を検討する。

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木

by Gewerbe | 2018-08-30 11:17 | Trackback | Comments(0)
『通関業及び通関士の将来像ー②』
『通関業及び通関士の将来像ー②』_a0061688_19245819.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4304)

『通関業及び通関士の今後のあり方に関する研究会』・【報告書】
通関業及び通関士の将来像~世界最先端の通関業界を目指して~
平成26年1月17日 一般社団法人 日本通関業連合会

[4-2-3 荷主・税関との連携]
 通関業者及び通関士は、NACCSにおける国際物流情報プラットフォーム及びシームレスなサプライチェーンの一翼を担っていることを認識した上で、荷主及び税関と対等な関係(パートナーシップ)を構築する必要がある。
 そのためには、通関士は関税分類や原産地規則等に関する専門知識の向上に努めるととともに、通関手続きのプロとしての誇りを持って、荷主、税関職員と大いに議論し、相互理解を深めるべきである。
また、MSX業務の拡大により、今後、税関窓口で税関職員とフェース・ツウ・フェースで接する機会が少なくなることから、日本通関業連合会及び各通関業界を介し、通関士及び通関業務従業者と税関職員とが接する機会を設け、信頼関係の醸成に努めていくことも重要である。

 適正申告の実現には、荷主である輸出入者が正確な情報を迅速に通関業者に伝達することが不可欠である。不正確な通関関係書類の段階で、輸出入者がその通関を急がせる場合には断固として応じない毅然とした態度が必要である。

  一方で、通関士が適正な申告を行うために必要な書類等について、通関業者及び通関士が輸出入者に提供を求めることが容易となるような環境整備が望まれる。また、通関業者は輸出入者に対し、コストも含めた透明性の確保に努め、顧客満足度を高めていかなければならない。

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木


by Gewerbe | 2018-08-28 23:48 | Trackback | Comments(0)
『通関業及び通関士の将来像』
『通関業及び通関士の将来像』_a0061688_19245819.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4303)

『通関業及び通関士の今後のあり方に関する研究会』
【報告書】
・通関業及び通関士の将来像
  ~世界最先端の通関業界を目指して~
   平成26年1月17日
   一般社団法人 日本通関業界

【報告書】
総論:国際物流における通関業及び通関士の役割
 通関業は国際物流のソフトの要として企業の貿易活動を支える重要な役割を担っている。
 財務大臣の許可を受けて通関業を営む「通関業者」は、輸出入者の輸出入通関手続きを代理又は代行し、適正かつ迅速な通関に貢献している。そこでは、税関への提出書類の審査を行う通関士の役割は非常に重要される。

 昨今ではテロの未然防止、社会悪物品の密輸入の防止、模倣品・海賊版対策の強化が国民的課題となっており、これら我が国への流入を防ぐ水際取締りにおいても、通関業・通関士の果たす役割は大きく、また、2020年に東京オリンピック開催が決定したところ、水際対策の関連では、通関業及び通関士の重要度は今後更に増してくる。

 近年、貿易の円滑化と貨物のセキュリティ確保の両立を図るため、AEO(認定事業者)制度が国際的にも注目を集めており、EPA(経済連携協定)の進展など通関業を取り巻く情勢は目まぐるしく変化している。

 生産拠点の海外移転などグローバル化の進展に伴い、企業における国際物流戦略の重要度が一層高まる中、通関業者及び通関士が我が国の国際物流を支えることにより、経済の発展に寄与しているといった認識に立った上で、今後予想される事業環境の劇的変化にも対応できる通関業及び通関士のあり方があらためて問われている。

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木


by Gewerbe | 2018-08-28 12:12 | Trackback | Comments(0)
『通関士試験・「模擬試験」』
『通関士試験・「模擬試験」』_a0061688_19245819.jpg
(貿易おもだち)さん、みんな(がんばるチャン!してるかな? ((4302)

 昨日は、「(財)日本関税協会主催の通関士模擬試験日」でしたね。10月の”本試験を目指す多くの受験者がチャレンジされたことと思います。

 皆、人間ですから、模擬試験と言えども、その結果には”一喜一憂”します。「模擬試験」というと、本番試験を控えての”力だめし”という意味合いが強いように感じますが、通関士試験、特に「通関実務科目」を含めての”全科目受験者”にとっての模擬試験とは、その意味合い・目的が少し違うのではないでしょうか?

 皆さんが最終的に目指すものは”本試験での合格!”であって、模擬試験結果ではありません。模擬試験は、その通過過程における合格への道筋への再構築を得る手段です。
要は、「模擬試験が終わった・・」とうるものではなく、「模擬試験を本試験に向けて、どう活用するか」です。難関・理不尽な内容こそ、その活用範囲は大きいのではないでしょうか?

 特に、全科目受験者における「通関実務科目」においての、”時間配分と得点配分”に関して、昨日の模擬試験で何等かに得るものがあれば、十二分に模擬試験受験での目的は達成されていると感じます。

 昨日の「輸出入申告書作成問題」に関して、”無理難題な理不尽な出題”とする書き込みも確認しましたが、本来の受験者の最終目標を10月の本試験に置くとする意味合いからは、”実に有意義な有難い模擬試験であった・・”と感謝すべきです。
一昨年以前の3年間の受験者は、簡易な模擬試験での好成績で臨んだ本試験で”超難易な申告書作成問題”に泣いたのです。
 本試験において、”このレベルでの意味不可解な問題”を平然と出題してきた可能性が実際にあるわけです。その中で、”合格圏内を手中にする「回答時間配分と得点配分」、じっくりと再構築してください。

 幸いにも、本年度の本試験日までは、後”7週間~”あります。決して、昨日の模擬試験結果によって、本試験での結果を決め得る時点とは言えません・・。「本試験での合格のために、昨日は貴重な体験をし、何よりの対応策材料が入手できた!」とポジティブ思考での残る7週間を乗り切って行くことを強く望みます!

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木



by Gewerbe | 2018-08-27 20:13 | Trackback | Comments(0)
『質疑応答事例(関税評価)・「買手が支払う売手が臨時に雇用した作業員の賃金」』
『質疑応答事例(関税評価)・「買手が支払う売手が臨時に雇用した作業員の賃金」』_a0061688_19245819.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4301)

 下記の事例は、売手が貨物代金に加算した額での仕入書価格をで送付すれば済む話で、一見して極、単純そうな内容に思えますが、実際に起こり得る事例とも思え、試験問題として出題されれば、判断に悩むであろうとは感じます。要は、「この語句での経費はどう?」とか、「この場合の費用はどう?」という短絡的な”暗記”ではなくて、「課税価格の決定とは何なのか?」の原則に基づく判断ができるまでの”理解”です。

税関HP・質疑応答事例(関税評価)
『買手が売手に支払う、売手が臨時に雇用した作業員の賃金』
【照会要旨】
 当社は、売手から布製スニーカーを購入(輸入)しています。当社と売手との間に特殊関係はありません。
 国内販売先から今秋冬シーズン限定で革靴を購入したいとの連絡があったことに伴い、今般、当社(買手)は、売手から革靴を購入(輸入)します。
 その革靴を生産するにあたって、売手は、当社の要請に基づき,皮革を靴の木型になじませる「吊り込み工程」の熟練技術を持つ作業員1名を臨時で雇用しました。
 今般、その作業員による吊り込み作業を経て生産された革靴を輸入しますが、輸入貨物の仕入書価格とは別に、この作業員の賃金を売手から請求され、当社はその賃金を支払います。
 輸入貨物の課税価格を計算するにあたって、当社が売手に支払う作業員の賃金は、現実支払価格に含まれますか? なお、その作業員は、当社が輸入する革靴の吊り込み作業にのみ従事します。
【回答要旨】
 上記の取引において、貴社が支払う作業員の賃金は、輸入貨物につき、買手により売手のために支払われるものと認められますので、現実支払価格に含まれます。
(理 由)
 「現実支払価格」とは、買手が売手に対して又は売手のために、輸入貨物に係る取引の状況その他の事情からみてその輸入貨物の輸入取引をするために現実に支払った又は支払うべき総額をいい、売手の債務の弁済等の間接的な支払の額を含みます。
 上記の取引において、貴社(買手)が負担する作業員の賃金は、輸入貨物の製造に直接従事する者に係る費用であり、貨物代金の一部を構成するものです。
 したがって、作業員の賃金は、輸入貨物について売手のために支払われるものと認められますので、輸入貨物の現実支払価格の一部を構成します。
【関係法令通達】
・関税定率法第4条第1項
・関税定率法基本通達4-2(1)、4-2の3(3)

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木



by Gewerbe | 2018-08-26 05:11 | Trackback | Comments(0)
「事前教示回答事例(輸入貨物の分類)「ウエットティッシュ(除菌用)」』
「事前教示回答事例(輸入貨物の分類)「ウエットティッシュ(除菌用)」』_a0061688_19245819.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4300)

 輸入貨物の所属区分は、HS条約品目表に基づき、輸入申告時の輸入貨物の実態により分類決定され、メーカーの”商品名”や一般的な呼称とは無関係な所属区分となり得る貨物(製品)も多くあります。
 「ティッシ」といえば”薄紙”のことで、”ティッシュ・ペーパー”の略とするのが一般的ですが、次の事例はいかがでしょう? 一般のティッシュペーパーを安価で簡単に「ウエットティッシュ」を作れるアルコール消毒液のボトルであるとは思いますが、こんな「品名」がインボイスに記載されていたら、正直、頭を抱えますね・・。(笑)

税関HP・事前教示事例
『ウエットティッシュ(除菌用) 第3808.94号』
【貨物概要】
 除菌用のウエットティッシュ
 成分:エタノール 30%、プロピレングルコール 0.5%、塩化ベンザルコニウム 0.05%、
    エチルパラベン 0.05%、 メチルパラベン 0.05%、緑茶エキス 0.01%、水 69.3%
 用途:手等の除菌用
 包装:プラスチックボトル(除菌用ウエットティッシュと表示
【分 類】
 関税率表第3808.94号 (統計番号3808.94-000)の消毒剤
【分類理由】
 本品は、主としてエタノールを含有するもので、アルコール消毒を目的とするウエットティッシュとして小売用にしたものであることから、上記の通り分類されます。

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木

 



by Gewerbe | 2018-08-25 15:23 | Trackback | Comments(0)