貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
フォロー中のブログ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
通りすがりさんへ:  ..
by Gewerbe at 23:32
2018の試験を目指して..
by 通りすがり at 22:07
なるほど!そういう素敵な..
by もすたん at 07:15
「もずたん」さんへ: ..
by Gewerbe at 07:49
いつも楽しく拝見させてい..
by もすたん at 07:17
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2018年 06月 ( 42 )   > この月の画像一覧
『課税価格ー(択一式・五肢選択問題)』
a0061688_19245819.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4258)


「課税価格の決定の原則」に係る出題は、(計算問題)ばかりとは限りません。「択一式問題」や「選択式問題」でも出題されます。特に、通関実務科目において出題されると、内容が基本通達レベルの細かい規定であり、正解の記述がない、及び、全問が正解しないと得点につながらないという難点があります。

『第47回通関士試験・通関実務科目 第14問』
 択一式問題ー(課税価格の決定の原則)-

 次の記述は、関税定率法第4条弟1項(課税価格の決定の原則)の規定に基づく輸入貨物の課税価格の計算に関するものであるが、その記述の正しいものはどれか。一つを選び、その番号をマークしなさい。なお、正しい記述がない場合は「0」をマークしなさい。
 輸入貨物に保険が付されていない場合には、保険を付す場合に通常必要とされる保険料に相当する額は当該輸入貨物の課税価格に算入される。
 輸入貨物の契約がCFR契約であって、当該契約において船舶により運送されることとされていた輸入貨物が航空機によって運送された場合に、この運送方法の変更に伴う費用を売手が負担するときは、当該契約の価格とは別に当該費用の変更に伴う費用の額は当該輸入貨物の課税価格に算入される。
 買手が輸入貨物の生産のために使用された金型を無償で提供した場合には、当該金型を生産するために使用された役務の費用を当該買手が負担していたとしても、当該役務が本邦で開発されたものであるときは、当該役務の費用の額は当該輸入貨物の課税価格に算入されない。
 買い手が従業員を輸入貨物の製造作業に従事させるために派遣した場合には、当該買手が負担する当該従業員の派遣に係る費用は当該輸入貨物の課税価格に算入されない。
 納税し輸入された貨物について、当該輸入の後に当該輸入貨物の売買価格について買手と売手との間で数量値引きをする旨の合意がされた場合には、当該値引き後の価格により当該輸入貨物の課税価格を計算する。

 これらの「択一式問題」や「五肢選択問題」においては、3~4は割りと簡単に判断できますが、”必ず”と言っていいほど、一つの判断が難解な記述が混入してあることを特徴とします。これによって、現状の「その全てを正解でないかぎり得点とならない」とする部分点の無い得点基準により失点することになります。

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木

【正解】は、次号に続けます。







[PR]
by Gewerbe | 2018-06-30 19:29 | Trackback | Comments(0)
『課税価格の決定ー(転売)・(保証料)・(整備費用)』
a0061688_19245819.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4257)


【第47回通関士試験・通関実務科目 第12問】
 -(転売)・(保証料)・(整備費用)-

 次の取引内容に係る輸入貨物の課税価格を計算し、その額をマークしなさい。
 本邦に所在する商社Nは、本邦に到着させることを目的として、A国の輸出者Xとの間で、事務用機器に係る売買契約を締結(売買単価20,000円/台)した。
 当該売買契約に基づき、本邦に向けて事務用機器200台が輸出された後、本邦への運送途上において、本邦に所在する輸入者Mは商社Nとの間間で当該事務用機器を本邦に到着させることを目的とした売買契約を締結(売買単価25,000円/台)し、輸入者Mは当該売買契約に基づき当該事務用機器を商社Nから購入した。
 商社Nは、当該事務用機器に係るA国から本邦の輸入港までの運送を船会社に依頼しており、当該運送に係る運賃300,000円を当該事務用機器の代金とは別に船会社に支払っていたが、輸入者Mとの協議の結果、当該運賃の一部を輸入者Mが負担することとなり、輸入者Mは商社Nに対し当該事務用機器の代金とは別に100,000円を支払った。なお、商社Nと輸入者Mとの間の売買契約における当該事務用機器の売買単価25,000円/台には、当該事務用機器のA国から本邦の輸入港までの運送に係る運賃の額は含まれていない。
 商社Nは、輸入者Mに対して当該事務用機器に係る保証を履行する契約を売買契約とは別に輸入者Mと締結し、輸入者Mは当該保証に関する費用30,000円を商社Nに対して支払っている。なお、当該事務用機器に係る取引の状況その他の事情から見て、商社Nは輸入者Mに対し当該事務用機器の売買をするために当該保証契約の締結を義務付けている。
 輸入者Mは、上記の他、当該事務用機器の輸入に関し、次に掲げる費用を負担する。
 イ 輸入港における船卸s費用 : 120,000円
 ロ 輸入後勝者Nの国内倉庫で行われる整備費用 : 60,000円
 輸入者M、商社N及び輸出者Xの間には、特殊関係はない。

【解答】 : 5,330,000円

【洋上転売】=「甲と乙との間で貨物を本邦へ到着させることを目的として締結された売買契約に基づいて外国から本邦に向けて貨物が輸出された後、本邦への輸送途上において、乙と丙との間で当該貨物を本邦に到着させることを目的とした売買契約が締結され、丙により輸入された場合は、乙と丙との間の売買が”現実に当該貨物が本邦に到着することとなった売買”であることから、乙と丙との間の間の売買が”輸入取引”となる。
(関税定率法基本通達4-1(2)ロ)

blog up by Gewerbe  「貿易ともだち」 K・佐々木


[PR]
by Gewerbe | 2018-06-29 21:47 | Trackback | Comments(0)
『課税価格の決定ー(当事者間で合意された外国為替相場)』
a0061688_19245819.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4256)

第47回通関士試験・痛感実務科目 第11問】
 ー(当事者間で合意された外国為替相場)-

 次の取引内容に係る輸入貨物の課税価格を計算し、その額をマークしなさい。
 輸入者M(買手)は、鞄300個を輸入するため、A国の当該鞄の製造者X(売手)との間で売買契約を締結する。
  当該売買契約においては、次の事項が定められている。
 イ 単価(CIF価格) : 200米ドル/個
 ロ 輸入者Mは、デザインがプリントされた当該鞄の生地を無償で製造者Xに提供する旨。
 ハ 当該契約の代金については、輸入者Mと製造者Xとの間合意された外国為替相場「1米ドル=110円」により本邦通貨に換算のうえ決済する旨。 
3 輸入者Mは、本邦の生地生産工場Yから当該鞄の生地を500,000円で取得し、無償でXに提供する。なお、当該生地にプリントされたデザインは、本邦のデザイン会社Zが本邦において作成したものであり、輸入者Mはデザイン会社にZに対し、当該デザインに要した費用として150,000円を支払っている。
 輸入者Mは、当該生地を無償で提供するために要した運賃70,000円及び保険料20,000円を負担している。なお、A国における当該生地の輸入の通関手続きに要した費用10,000円については製造業者Xが負担している。
 輸入者Mが当該鞄を輸入申告する日における税関長が公示する外国為替相場は「1米ドル=100円」である。
 当該鞄に係る仕入書には、輸入者Mと製造者Xとの売買契約に基づく米ドル建ての代金が記載さているが、輸入者Mは当該売買契約に従い当該契約の代金を本邦通貨に換算のうえ製造者Xに支払う。
7 製造者Xは、輸入者Xから提供を受けた生地を全て使用して当該契約に係る当該鞄を生産するものとする。また、当該鞄の輸出者はXである。
8 輸入者Mは、製造者X、生産工場Y及びデザイン会社Zの間には、それぞれ特殊関係はない。

【解答】 : 7,340,000円

『当事者間で合意された外国為替相場』
 「取引の当事者の間において、当該取引に係る仕入書等に表示されている価格を、当該当事者間で合意された外国為替相場により、その表示において用いられている通貨とは異なる通過に換算し、当該通貨により支払うことが取り決められている場合で、当該通貨により現実に支払いが行われているときは、当該通貨による価格に基づいて課税価格を計算する。」
(関税定率法基本通達4の7-2)

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木


[PR]
by Gewerbe | 2018-06-28 22:06 | Trackback | Comments(0)
『課税価格の決定ー(逆委託加工貿易)』
a0061688_19245819.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?  (4255)

【平成26年度 第48回通関士試験・通関実務科目 第10問】
次の取引内容に係る輸入貨物の課税価格を計算し、その額をマークしなさい。

、本邦の輸入者M(買手)は、シャツを輸入するため、A国の加工業者(輸出者・売手)との間で、委託加工契約を締結した。
、当該委託加工契約には、次の事項が規定されている。
 イ、単価(加工賃) : 500円/枚
 ロ、製造数量 : 800枚
 ハ、引渡し条件 : Xの工場渡し条件
 ニ、Mは、当該シャツを製造するための生地800メートルをXに無償で提供する旨。
 ホ、Mは、当該シャツのデザインをXに無償で提供し、当該デザインに基づきXは当該シャツの製造を行う。
、Mは、本邦の生地メーカーZから800メートルの生地を売買単価300円/メートルで買付け、Xに無償提供した。
Zが当該生地の生産に要した費用は100円/メートルである。なお、当該生地のMからXへの提供に要する運賃50,000円については、Mが負担した。
、Mはイタリア人のデザイナーが本邦で開発したシャツのデザインを300,000円で購入し、電子メールでXに送付した。
、無償提供された生地を使用してXがシャツを製造したところ、当初想定していた用尺よりも多くの生地が必要であったため750枚分のシャツしか製造できなかった。そこで、Xは残り50枚分のシャツを製造するため、現地で生地50メートルを調達した。当該50メートル分の生地の代金20,000円(50メートル×400円/メートル)については、Mが負担した。
、Mは、当該シャツのA国から本邦国内倉庫までの運送費用60,000円を負担したが、当該運送費用には輸入港到着後の運送に要する費用も含まれている。ただし、当該輸入港到着後の運送に要する費用の額は明らかでない。
、上記の者のいずれの間にも特殊関係はない。

【正解】 : 770,000円

 この第48回~50回の3年間に渡る通関士試験は『通関実務科目』の申告書作成問題を含み、それまでの問題内容と一転して、急激に難化した年です。上記の課税価格の決定の計算問題も、それまでは「課税価格の決定方法の原則」により課税価格を求めることはできないとされていた(逆)委託加工貿易が法令改正により、「課税価格の決定の原則」によって、課税価格を決定できる旨の内容を捉えた出題です。
 近年の通関実務科目・課税価格の決定計算問題の出題レベルからすると、上記の問題は決して難しい出題ではありません。
”読解力”によって、課税価格の決定に「必要」・「不要」の記述を、いかに早く選別するかです。=受験者の迷い・混乱を意図的に招くため、不要な記述がなされているのも特徴の一つです。
”不要”な要素について、検討や計算するほどの解答時間の余裕はありません。迅速にすっぱりと選択する”読解力”です。

(参考)
 税関の「事後調査」による調査によって、過少申告加算税や重加算税、延滞税等の「追徴課税」が課されるるものの大部分は、この「(逆)委託加工貿易」取引きに起因するものです。

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木




[PR]
by Gewerbe | 2018-06-27 23:00 | Trackback | Comments(0)
『課税価格の決定ー(延払金利)・(数量値引)・(検査費用)・(仲介手数料)』
a0061688_19245819.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4254)


『第48回通関士試験・通関実務科目 第12問』-(延払金利)・(数量値引)・(検査費用)・(仲介手数料)-
 次の取引内容に係る輸入貨物の課税価格を計算し、その額をマークしなさい。

、 本邦の輸入者M(買手)は、コピー機120台を輸入するため、A国の輸出者X(売手)との間で、当該コピー機に係る延払条件付き売買契約を締結した。
、 当該売買契約には、次の事項が締結されている。
 イ A国の工場渡単価・・・・・70,000円/台
 ロ 数量値引きとして51台から100台までは5%を、101台から120台までは10%を1台当りの工場渡単価から差引く旨。
 ハ コピー機の代金にかかる支払期日を経過した場合には延払金利が発生する旨。
、 Mは、本件売買に係る仲介手数料として、A国所在の仲介者Bに対し、350,000円を別途支払った。
、 Mは、当該コピー機が国内販売のための規格に合致しているかどうかを確認するため、自社の技術者をA国に派遣し、当該コピー機の引渡しを受けた後、自社のための検査を行った。当該派遣及び検査に要した費用は100,000円であった。
、 Mは、当該コピー機が輸入港に到着するまでの運送に係る費用200,000円、保険料50,000円を運送会社及び保険会社に対してそれぞれ支払った。ただし、当該保険料については、当該コピー機に損害がなかったため、特約に基づき20,000円が払戻しされることとなっている。
6、 Mは、延払金利として180,000円をコピー機の代金とは別にXに支払った。
、 上記の者のいずれの間にも特殊関係はない。

【正解】:8,665,000円

 受験者の混乱を招く”憎たらしい”ほどの意図的な問題構成ですね。保険料の払戻しもさることながら;
2のロ:(数量値引き)の記載は、問題作成者がわざと”曖昧な記述”にしていると感じます。受験者によっては、「合計の締結契約数量が120台なのだから、(120台までの数量値引き=10%)が120台全体に適用される。」と解釈された人も多いと思います。しかし、よく読み込んでみると、”契約数量の合計が・・”というような内容にはなっていないですよね。
極めて、”憎たらしい問題”です・・。
 つまり、
・「保険料金の”払い戻し”」
・「数量値引き」の提要割合」
の二つの箇所を見落とすことなく、適正に判断⇒「数式設定」させるという、”沈着冷静・迅速正確”な[読解力]を究極に求めっれている問題です。本試験前までに、これらのスポット(落とし穴)を、難なく消化できるほどの演習を重ねておかないと、本試験での緊張した中での新たな問題に対応するには困難です。

blog up by Gewerbe  「貿易ともだち」 K・佐々木


[PR]
by Gewerbe | 2018-06-27 06:21 | Trackback | Comments(0)
『課税価格の決定ー(仲介手数料)・(販促費用)・(値引き)』
a0061688_19245819.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4252)


『第49回通関士試験・通関実務科目・第11問』-(仲介手数料)・(販促市場調査費用)・(値引き)

 次の取引内容に係る輸入貨物の課税価格を計算し、その額をマークしなさい。
、 本邦の輸入者M(買手)は、サングラス300個を輸入するため、A国の輸出者X(売手)との間で、CFR条件により売買単価1,500円で当該サングラスに係る売買契約を締結した。
、 当該売買契約は、A国の仲介者Yを介して締結されたものであり、MとXはその仲介業務の対価として売買価格の3%をそれぞれ支払った。
、 Mは、A国での事業拡大を予定しており、上記2、とは別にYに対して取引先の開拓のための調査を依頼し、調査費用として70,000円を支払った。
、 当該売買契約には、当該サングラスの代金を一括して支払う場合には売買価格から11%の値引きが与えられることが規定されている。
、 Mは、当該売買契約に基づき、Xからサングラス300個を輸入し、その代金を一括してXに支払った。
、 Mは、当該サングラスの輸入港到着の運送に係る費用12,000円を運送会社に支払い、輸入港までの保険料3,000円を保険会社に支払った。
、 上記の者のいずれの間にも特殊関係はない。

【正解】:417,000円
(ポイント):
・インコタームズ=(CFR) 設問6、輸入港到着後の運送費用=(非加算)
取引先開拓のための調査費用(非加算)
 ※ 本件輸入貨物に係る輸入取引きとは無関係の費用である。=「買手の”自己都合”費用」

 いずれにしても、通関士試験における「課税価格決定の計算問題」は、うっかりして、焦って、「勘違いしてしまった」、「見逃していた」という過ちが一切許されず、なおかつ、全体試験時間の中で、一問当りに許される解答時間は2~3分のみという正確な処理が要求されます。

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木


[PR]
by Gewerbe | 2018-06-26 12:56 | Trackback | Comments(0)
『課税価格の決定ー(保証費用)・(研修費用)』
a0061688_19245819.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4251)


『第49回通関士試験・通関実務科目 第10問』
 次の取引内容に係る輸入貨物の課税価格を計算し、その額をマークしなさい。
、本邦の輸入者M(買手)は、建設機械を輸入するため、A国の輸出者X(売手)との間で当該建設機械に係る売買契約を締結した。
、当該売買契約には、次の事項が規定されている。
 イ A国の工場渡し単価・・・・・・・・・7,000,000円/台
 ロ 売買契約数量・・・・・・・・・・・・・・・・・10台
 ハ Mは、当該家約とは別に、Xと建設機械に係る保証契約を締結しなければならない旨。
、Mは、当該売買契約に基づき、Xから建設機械10台を輸入し、その代金をXに支払った。
、Mは上記2、の保証契約をXと締結し、建設機械の代金とは別に、保証費用を1台につき50,000円をXに支払った。
、Mは、Xに対して当該建設機械の操作方法に係る研修を依頼し、当該研修に係る費用250,000円を支払い、また当該研修に社員3人を派遣し、当該派遣費用の総額150,000円を負担した。
、Mは、当該建設機械の輸入港に到着するまでの運送に係る費用270,000円、保険料80,000円を運送会社及び保険会社に対してそれぞれ支払った。また、輸入港までの運送に先立ち、当該建設機械に係る梱包についてA国の梱包会社Yに依頼し、当該梱包費用120,000円をYに支払った。
、上記の者のいずれの間にも特殊関係はない。

【正解】:7,970,000円

☆ ポイント:設問5、の「研修費用」 この場合、単に「研修費用」という”語句”そのものが、「加算:非加算」を決定するのではなく、あくまでの課税価格決定の原則である「輸入貨物の輸入取引の条件としての費用」なのか、「買手都合」=買手による自己のための費用」なのかの取引内容の適正な”読解”を必要とします。

blog up by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木


[PR]
by Gewerbe | 2018-06-26 10:24 | Trackback | Comments(0)
『課税価格の決定ー「売手帰属収益」』
a0061688_19245819.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?  (4250)


『売手帰属収益』
 輸入取引の条件として、買手による輸入貨物の処分又は使用による収益の一部が直接又は間接に売手に帰属する旨の取決めがなされている場合には、当該売手に帰属する収益は当該輸入取引に係る課税価格に算入されることとされている。
(定率法第4条弟1項第5号)

[輸入貨物の処分又は使用による収益]とは?
 当該輸入貨物の再販売その他の処分又は使用により得られる売上代金、賃貸料、加工賃等を構成するものをいう。
 (定率法基本通達4-14-(1))
 これにより、課税価格に算入することとなる収益には、輸入貨物の利潤分配取引に基づき買手が売手に分配する利潤がある。
ただし、
 輸入貨物の処分又は使用の収益が直接又は間接に売手に帰属する場合であっても;
・ 輸入貨物と関係のないものは、当該収益には該当しない。(定率法基本通達4-14-(2))
・ その額が明らかでない場合には、現実支払価格を基礎として課税価格を決定することはできない
  (この場合は、定率法第4条の2以下の規定により課税価格を決定する)

 通常、売手は買手に対して輸出する貨物の取引価格(仕入書価格)は、仕入原価・製造原価に販売管理費に十分な販売利益を上積して設定している。
 しかし、売手は、買手に対して輸出する貨物が輸出先である我が国において高額で販売することが見込まれるような場合には、輸出先である我が国において買手が行った貨物の販売価格又は販売収益の内の一部を自己の利益として回収した方がはるかに輸出販売利益を大きくすることができると考えられる。
 このような場合においては、売手は、買手に対し輸入取引の条件として、買手が販売した貨物の販売額又は販売収益の一部を売手に支払うようにとり決めることがある。

 この輸入取引の条件として、買手が売手に対して支払う輸入貨物の国内における再販売額又は販売収益等は、「売手帰属収益」に該当する。

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木


[PR]
by Gewerbe | 2018-06-26 03:45 | Trackback | Comments(0)
『課税価格の決定ー「輸入取引によらない輸入」』
a0061688_19245819.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?  (4249)


【課税価格】=「現実支払価格」+「加算要素」-「控除費用」=(取引価格)

『現実支払価格』とは、買手が売手に対し又は売手のために、輸入貨物に係る取引の状況その他の事情からみてその貨物の輸入取引をするために現実に支払った又は支払うべき総額をいう。

 この、「輸入取引に係る輸入貨物」の意味を消化不良のままで、「”輸入取引によらない輸入”とは何??」、一般常識範疇での「輸入」の理解のままで、がむしゃらに定率法第4条の加算・控除項目の”語句”を暗記して本試験に臨む受験者が多いように感じます。要は、「課税価格」と本邦との間の「輸入取引」に対して課せられる税金の基礎額であり、「常識的な一般の”輸入”とは異なる定義」となっていることの理解が必要です。
近年の通関士試験の課税価格に係る出題レベルは、「課税価格要素としての輸入とは?」をきっちりと理解していなくては、”歯が立つ出題内容でない”です。

 関税定率法第4条(課税価格の決定の原則)の規定により課税価格を決定することができない貨物には、下記の三つがある。
1)「輸入取引によらないで輸入する貨物」
2)「輸入取引に関して特別な事情がある貨物」
3)「課税価格への疑義が解明されない貨物」

『輸入取引によらないで輸入される貨物』
 輸入取引によらないで輸入する=次のような貨物には、輸入取引きにおける現実支払価格がないため、課税価格の決定の原則により課税価格を決定することができない。 (定率法基本通達4-1の(2)-(1))
① 無償で輸入される貨物(寄贈品、見本、宣伝用物品、一時的に持ち込まれる物品など)
② 委託販売のために輸入される貨物(国内でのオークション参加での競売物品など)
③ 売手の代理人により輸入され、その後売手の計算と危険負担によって輸入国で販売される貨物
④ 賃貸借契約(買取権付であるか否かを問わない)に基づき輸入される貨物
⑤ 売手の所有権が存続する貸与物品
⑥ 同一の法人格を有する本支店間の取引により輸入される貨物
⑦ 本邦で滅却するために、滅却費用の受領により輸入される貨物(廃棄物、スクラップなど)

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木


[PR]
by Gewerbe | 2018-06-24 20:25 | Trackback | Comments(0)
『輸入貨物に係る保証費』
a0061688_19245819.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?  (4248)


 課税価格の決定方法における『保証』とは、当事者間で合意された所定の条件を満たす場合に行われる対象貨物に係る瑕疵の是正(修繕、取替え又はそれらに要した費用の補填)をいい、いわゆるワランティ(Warranty)又はギャランティ(Guarantee)と称されるものがこれに該当する。
 なお、輸入貨物が輸入された後、当該貨物に係る保証の履行として当該輸入貨物の買手に対して交換部品等が外国から無償で提供される場合、当該部品等は輸入取引により輸入される貨物には該当せず、当該部品等の課税価格は定率法第4条の2以下の規定により計算する。

1) 輸入貨物の輸入取引に係る契約において売手が買手に対して当該輸入貨物に係る保証を履行することになっている場合で、売手が負担する当該保証の費用を考慮して当該輸入貨物の価格が設定されているときは、当該費用は現実支払価格に含まれ、その額を明らかにすることができる場合であっても、現実支払価格から控除しない
 また、売手が当該費用を買手に対して仕入書価格とは別に請求、買手が当該費用を支払う場合は、当該費用の額は仕入書価格に加算され、現実支払価格に含まれる。

2) 輸入貨物の輸入取引に係る契約において売手が買手に対して当該輸入貨物に係る保証を履行することになっている場合で、売手が第三者との間で締結した保証契約により当該保証業務を第三者に移転し、買手が売手からの指示により当該保証の費用を当該第三者に支払うときは、当該費用は売手に対する間接支払いに該当し、現実支払価格に含まれる。

3) 売手と買手との間で輸入貨物の輸入取引に係る契約とは別に、売手が買手に対して当該輸入貨物に係る保証を履行する契約を締結し、買手が売手に対して当該輸入貨物の代金と当該保証の費用を各々支払う場合において、当該輸入貨物に係る取引の状況その他の事情からみて、売手が買手に対して当該輸入貨物の輸入取引をするために当該保証契約の締結を義務付けているときは、当該費用は現実支払価格に含まれる。

 この「保証費」に係る課税価格の計算問題の出題も過去の通関士試験で実際に出題されています。
要は、「保証費」であるから(加算費用)、あるいは、(控除費用)という法令上の語句での加算・非加算お判断ではなく、書かれている設問の記述内容の”読解”での判断とを数式に置き換えられるかの事務処理基礎能力が問われる問題といえます。

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」  K・佐々木



[PR]
by Gewerbe | 2018-06-24 08:52 | Trackback | Comments(0)