人気ブログランキング |
貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フォロー中のブログ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
ご返信いただき、ありがと..
by Gewerbe  「 at 04:52
すみません! 第45回試..
by Gewerbe at 23:36
「試験合格を目指して」さ..
by Gewerbe at 23:25
いつも大変お世話になって..
by 試験合格を目指して at 21:59
モチモチ犬さんへ: 「..
by Gewerbe at 08:50
モチモチ犬さんへ: 完..
by Gewerbe at 08:17
ちなみに、1605には、..
by モチモチ犬 at 02:51
お返事ありがとうございま..
by モチモチ犬 at 02:49
モチモチ犬さんへ: す..
by Gewerbe at 21:36
モチモチ犬さんへ: あ..
by Gewerbe at 09:49
最新のトラックバック
sunsetldg.ex..
from sunsetldg.exbl..
Iwc 時計 メンズ 7万
from Iwc 時計 メンズ 7万
パテックフィリップ ジャ..
from パテックフィリップ ジャック..
please click..
from please click t..
saorincocoro..
from saorincocoro.e..
ライフログ
検索
タグ
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2019年 03月 07日 ( 3 )
『輸入車の関税”ゼロ”:非関税障害という高関税率』
a0061688_21382575.gif
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4582)

『アメリカ2.5%に対し、日本の自動車関税は実質的に12%!』

 日本のメディアは本当に素直だと驚く!「騙され易い」のか。日本政府が「我が国に自動車を輸入しようとすると”関税はゼロ”。アメリカだと乗用車はは2.5%の関税」という主張を真に受けているらしく、大手メディアからも(日本はフェアなのに、なぜアメリカは文句を言っているのか?」と頻繁に聞かれる。

 改めて「非関税障害」について確認しておく。アメリカで3万ドルするトヨタ86を輸出するときに支払う関税は、おおよそ5万5千円。同じくアメリカでは3万ドルのダッジ・チャチャレンジャーを日本に輸入したら、関税は”ゼロ”である。「自動車税」はどうか?トヨタ86の場合、10年分の自動車税は39万5千円。
 3600ccのダッジ・チャレンジャーを10年間乗ったときの自動車税は66万5千円。27万円も多く支払わなくてはならない。排気量区分の自動車税はアメリカ車を敗訴するために作ったもの。実質的な関税です。税率に換算したら12%程度になる。アメリカの2.5%に対し、日本12%という具合。
 参考までに書いておくと、ダッチ・チャレンジャーの出力は305馬力。スバル・WRXの2000ccターボと同等だし、高速燃費だって極めて実燃費に近いアメリカ式で12.8Km/L。2000ccターボを搭載するレクサスNXの11.9Km/Lより良い数字。馬力や燃費課税なら同額ということになります。
(今どき、自動車の性能区分を「排気量」で分類するのはF1(レース車)の世界くらいでしょう)。

 私らの世代からすれば、バニシングポイントで憧れた左ハンドルのカッコいいダッジ・チャレンジャーが300万円で、しかも自動車税が3万9500円なら乗ってみたくなる。非関税障害の代表的存在である排気量別課税は明らかにアンフェア。とっとと改訂すべきだと強く思う。
(記事出典:自動車評論家・国沢光宏 氏 2017/02/131)

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木


by Gewerbe | 2019-03-07 09:21 | Trackback | Comments(0)
『日本、自動車の関税”ゼロ”はなぜ実現されたのか?-④』
a0061688_21382575.gif
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4581)

『欧州では日本車が激売れも?トランプ大統領も驚愕!輸入車の「関税ゼロ」はなぜ実現されたのか』

※※※
 2017年の1年間、EU諸国全体で約1,504万台の新車が販売されました。このうち日本車全メーカー合計の新車販売シェアは約13%となり、そのうち「トヨタ4.2%(レクサス0.3%)」、「ニッサン3.6%」と続きます。

 品質の良さや部品供給の速さ、ハードの信頼性などが人気の理由となり、なかでも欧州で人気の3車種は、トヨタ「ヤリス」、日産「キャシュカイ」、トヨタ「C-HR」です。
トヨタ「ヤリス」は、日本では「ヴィッツ」という名称で販売されていますが、日本以外の海外ではすべて「ヤリス(YARIS)」という車名で販売されており、WRC世界ラリー選手権にもエントリーしています。欧州では、常に販売ランキングの上位に位置しており、フォルクスワーゲン「ゴルフ」や「ポロ」などがライバルです。
 ニッサン「キャシュカイ」は、日本では2014年まで販売されていた日産デュァリスに相当します。欧州はもちろん、中国でも大変な人気車となっています。欧州で人気の理由はコンパクトな都会派SUVというキャラクターで、オフロード性能よりも車高低めのスタイリッシュなデザインのため人気です。トヨタ「C-HR」は、2017年4月から欧州で販売されました。発売からおよそ1カ月で受注台数が8万台を超えるなど大人気となっています。

 売れ筋は、ハイブリッドモデルとなり販売台数の8割を占めるとのこと。トヨタのSUVといえば、アメリカでは「RAV4」が爆発的ヒットとなっていますが、欧州ではコンパクトなサイズが好まれているようです。

 世界各国で、問題となっている「関税」。アメリカ合衆国大統領のトランプ氏による発言でも度々ニュースに取り上げられています。
 そんななか、自動車大国日本が諸外国から輸入されるクルマに対しての「関税」をゼロにしていたことは意外と知らない人もいたのではないでしょうか。
(記事出典:くるまニュース 2019/02/18)

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木


by Gewerbe | 2019-03-07 08:49 | Trackback | Comments(0)
『日本、自動車の関税”ゼロ”はなぜに実現されたか?-③』
a0061688_7194924.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4580)

『8年後には、EU諸国における日本車への関税がゼロに!』
2019年2月1日、日本とEU諸国の間で「EPA(Economic Partonership Agreement=経済連携協定)が発効されました。これにより、工業製品や農林水産品のほとんどの関税が即時撤廃され、自動車部品も9割以上が即時撤廃し、関税がゼロとなりました。

 EUへの輸出には10%の関税が課せられていた日本製の乗用車に関しても8年後には関税撤廃。車両価格300万円の乗用車に掛かっていた関税10%分の30万円がゼロになるというわけです。
 この状況を日本の自動車メーカーはどのように思っているのでしょうか。日本自動車工業会では「日本ーEU経済連携協定(EPA)」の大筋合意の際、西川会長(当時)が以下のコメントをしています。「日本ーEU経済連携協定が大枠合意に至ったことを歓迎します。2013年4月に交渉が正式に始まって以降、4年に渡り厳しい交渉が続けられてきました。グローバルに事業を展開している日本の自動車産業にとって、自由貿易の拡大は極めて重要な課題であり、世界貿易の3割超えを占める日本とEUによる経済連携がもたらす異義は大きいと言えます」。

 2017年の1年間、EU(欧州連合)諸国全体で約1504万台の新車が販売されています。このうち日本車全メーカー合計の新車販売シェアは約13%となり、そのうち「トヨタ4.2%(レクサス0.3%)」、「ニッサン3.6%」と続きます。
(次号に継続~)
(記事出典:くるまのニュース 2019/02/18)

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木


by Gewerbe | 2019-03-07 08:48 | Trackback | Comments(0)