人気ブログランキング |
貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
ご返信いただき、ありがと..
by Gewerbe  「 at 04:52
すみません! 第45回試..
by Gewerbe at 23:36
「試験合格を目指して」さ..
by Gewerbe at 23:25
いつも大変お世話になって..
by 試験合格を目指して at 21:59
モチモチ犬さんへ: 「..
by Gewerbe at 08:50
モチモチ犬さんへ: 完..
by Gewerbe at 08:17
ちなみに、1605には、..
by モチモチ犬 at 02:51
お返事ありがとうございま..
by モチモチ犬 at 02:49
モチモチ犬さんへ: す..
by Gewerbe at 21:36
モチモチ犬さんへ: あ..
by Gewerbe at 09:49
最新のトラックバック
sunsetldg.ex..
from sunsetldg.exbl..
Iwc 時計 メンズ 7万
from Iwc 時計 メンズ 7万
パテックフィリップ ジャ..
from パテックフィリップ ジャック..
please click..
from please click t..
saorincocoro..
from saorincocoro.e..
ライフログ
検索
タグ
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2019年 02月 28日 ( 3 )
『”黒毛和牛焼き肉店”ー中国人富裕層の不満』
a0061688_2281358.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4569)

 中国人の食の多様化は急速に進んでいるが、日本で見られるような「焼き肉店」はまだそれほど多くない。日本を訪れる中国人観光客は、「和牛は美味しいと聞いている。ぜひ日本で、日本スタイルの焼肉を食べてみたい」という憧れを持っている。そこで、神戸牛、松阪牛、宮崎牛、山形牛など、様々なブランド牛が食べられる日本の焼肉店をわざわざ検索してやって来る人が多い。
【わざわざ一番高いコースを頼む以外な理由】
 焼肉店だけでなく、他の日本料理店でも「いちばん値段の高い会席料理のコースをお願いします」というのが最も多いリクエストだとか。
そう聞くと、「中国人富裕層はお金があるから、高いコースを選んで食べているだけでしょう?」と日本人は思ってしまうが、理由はそれだけではないらしい。彼らが心配しているのは、「値段が安い料理=料理人が手を抜いているのでは?」=「安い=本物ではない!」という疑いです。
 こちらがびっくりして「そんなことはありません。日本ではこれくらいの料金でも、十分すばらしいお料理を出しています。お店に来る日本人もまったく同じものを食べています」といくら説明しても信じていただけない場合もあります」と言う。
【上海の高級日本料理は、びっくりするほど値段が高い】
 2018年に上海にオープンした和食「くろぎ(黒木)上海」は地元の富裕層に大人気だが、夜のコースは料金が日本円換算で7万~10万円ほどもするという。また、別の高級すし店などでは、1人あたり10万円を超えることもざらにあるそうだ。
【どんな有名店でも値段が安いと自慢できない】
 富裕層は海外でもよくミシュランの星付きレストランに行くが、それも「世界的なお墨付きがある」という他人による評価からくる安心感と、友人にSNSで「自分はこんない有名な店(かつ、値段が高い店)に行けるほどの「立派な)人間なんだぞ」と自慢できるからという背景がある。今の中国富裕層にとって、”値段の高さだけが物事の価値を決める判断準”になってしまっているという側面がある。つまり、彼らにとっては値段が高い料理を食べることは、自身のステータスに直結しているのだ。
【日本の皆への平等な”おもてなし精神”が不満】
 日本人的には「あまりお値段が高くてはお客様に申し訳ない・・」とか「高すぎると来ていただけないのでは・・」という心配があるが、一方の中国富裕層観光客にしてみれば、「わざわざこの老舗を探して出かけて行ったのに、値段が安すぎてガッカリした・・」と言う今の中国人ならではの思いがあるようだ。
 双方の考え方が擦違っているとしたら残念だが、そこには、急激な経済成長によってモノやサービスの値段がつり上がり、価値観さえも変わっている中国の現状や背景、中国人のメンツなどが関係している。
 日本人の側もそれを理解し、日本の飲食事情をきちんと説明する必要もあるし、そろそろ富裕層向けのマーケットも考えてみる必要性もあるのではないだろうかと、考えさせられた。
(記事抜粋:中島 恵 氏(フリージャーナリスト)・DIAMOND Online 2019/01/16)

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木


by Gewerbe | 2019-02-28 22:35 | Trackback | Comments(0)
『日本人の勝算ー大変革時代の生存競争ー⑦』
a0061688_2212307.gif
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4568)

 借金(累積国債発行残高)と社会保障(高齢者医療・年金)の負担に苦しんでいる日本は、実はビッグマックの価格が安いことで、世界中で一番悪影響を被っている国なのかも知れません。

【「いいものを安く」という無責任を止めるべき】
 人口がコンスタントに増えていた時代と違い、人口減少・高齢化が進む時代に、最低賃金が安いことをベースにして、「いいものを、安く、たくさん」という経営戦略をとることは無責任極まりない行為です。
 最低賃金の引上げに反対する人は、「最低賃金を上げると、中小企業は潰れる」と言います。しかし、どんなに無能な経営者でも可能な「いいものを安く」を可能にしている経営戦略を可能にしている「最低賃金の安さ」によるメリットは、いったいどこにあるのでしょうか。

 最低賃金を引き上げたら、あたかも全ての中小企業が倒産するというような極論を言われても、暴言としか思えません。最低賃金を毎年5%程度づつ引上げていけば、大きな影響を受ける企業は数パーセントという試算になりますし、生産性向上を実行すれば、その影響は軽減されます。
 マスコミでは人材の質の高さを自慢しながらも、経営者はその人材に払うべき給料を払わないと言うのは、矛盾以外の何物でもありません。自慢する労働者の能力に見合った賃金を払わないのなら、人材の自慢もすぐに止めるべきです。

 要するに、今の日本の最低賃金のレベルでは、世界第4位と極めて高い評価を受けている日本の貴重な人的資源を無駄にするだけなのです・・。

 日本経済の将来は、恐ろしく安い賃金の問題を解決しない限り、明るいものにはなりません。技術改革うんぬんを言う前に、さっさとこの問題を解決するしかないのです。そうして初めて、ようやく日本にも明るい未来が開かれるのです。

(記事抜粋:デービット・アトキンソン氏ー「日本人の勝算」-週刊東洋経済)

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木

 

by Gewerbe | 2019-02-28 06:59 | Trackback | Comments(0)
『「日本人の勝算」-⑥ ”安売りのメリットとデメリット”』
a0061688_8422661.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4567)

『日本人の勝算ー「ビッグマック指数」に見る経営者の歪み』
 -「安売り」のメリットとデメリットー
 「給料を上げても物価も上がるから、結局何の意味もないじゃないか」という、経営学リテラシーのない反論もよく言われます。しかし、マックを食べる層とマックで働く層は完全に同じではありませんし、その割合が高いとはいえ、付加価値の構成要素には給料以外ののものも含まれますので、給料を上げてビッグマックの単価を上げても、同じだけ物価が上がるわけではありません。ゼロサムではないのです。アメリカの分析によると、最低賃金を10%上げると、食料品の価格が約4%上昇するものの、全体の物価水準に対する影響は0.4%にとどまるとしています。

 ですから、日本ほどではないにしても日本と同じような人口減少問題を抱えるヨーロッパの先進国では、どこもビッグマックの価格が高く、最低賃金も高いことの背景と理由を真剣に考えるべきです。最低賃金はイギリスは1999年、ドイツは2015年から導入し、徐々に引き上げています。政府が労働市場に介入している動きに、特に注目しています。

 人口減少のなか、過当競争に対応するため、会社は商品価格を下げてなんとか生き残ったかもしれませんが、それ以外のメリットはよくわかりません。労働者のデメリットは非常に大きいです。しかも、デメリットはそれだけではありません。
 日本人の生産性はイギリス人とほぼ同じですが、最低賃金はイギリスの7割しかもらえていません。日本の場合、最低賃金を低く設定して、それをベースに商品価格の価格を下げているのです。その結果、本来もらうべき給料がもらえなくなっているので、払えたはずの税金も払えなくなってしまっています。所得が低く抑えられているので、消費に回らず、間接的に消費税へも悪影響を及ぼしています。ワーキングプアも増えます。

 我が国の驚異的な人口減少の下、このように、ビッグマックの価格が安いことによって生じるメリットに比べて、ビッグマックを安く提供することを可能にしている、極めて低い最低賃金のデメリットの方が何倍も大きいのです。
(記事抜粋:デービット・アトキンソン氏ー「日本人の勝算」 ・週刊東洋経済)

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木


by Gewerbe | 2019-02-28 06:42 | Trackback | Comments(0)