貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
フォロー中のブログ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
通りすがりさんへ:  ..
by Gewerbe at 23:32
2018の試験を目指して..
by 通りすがり at 22:07
なるほど!そういう素敵な..
by もすたん at 07:15
「もずたん」さんへ: ..
by Gewerbe at 07:49
いつも楽しく拝見させてい..
by もすたん at 07:17
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2018年 05月 22日 ( 2 )
『行政とは何なのか!?』
a0061688_20291221.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4267)

 現状の我が国は、行政側で課税する一部の「賦課課税方式」とされるものを除き、原則を「申告納税方式」としています。
むろん、納税義務者の適正な税額の申告を自主的に行うという、「申告納税方式」の義務と法令順守を理解していない訳ではありませんが;

「平成28年度関税法等の改正」を受けて、私的には、あまりにも”理不尽・・”という個人的な感情を隠せません。

「行政」の一面として、社会環境の変化を予測し、「国民の健全な生活への指針・指導」にあるとするならば、今回の税制改正に伴う関税法改正は、自分達が行ってきた”不作為”を納税義務者(輸入者)とその業務を依頼・代理する通関業者に”押し付けたとの気持ちを私は拭い切れません。

 今回の改正は、同じ財務省ながら、輸入品に対する関税に係る関税局(税関)と、合わせて徴税される内国消費税にかかる国税庁(税務署)の乖離(規定・解釈の差異)をなくして一元化、統一・同一解釈とするところにあります。

 しかしながら、一昨年の関税法の法改正前までは、「補正による修正」「税関の増額更正を予知した修正申告でないと認められる場合」には「過少申告加算税」は課されない。とされていました。

 これを、平成28年度の税制改革において、突然に、各加算税の税率増加と罰則の強化を実施したわけです。
これは、従来の従来の行政の不作為である「関税局」と「国税庁」の乖離を、”コンプライアンス=(法令順守)”という綺麗げな言葉で納税義務者、通関業者に押し付けたとの解釈もできます。

 少なくとも、今回の税制改正には、納税義務者(輸入者)に、行政として十二分な説明を儲け、資料を直接送付し、各納税者(輸入者)の「確認・承諾書」の回収をするほどまで改正に対する必要性があったように感じます。
その「確認・承諾書」を輸入手続きの再に通関業者に示し、申告書類の一つとし、改正後の加算税の適用を実施する。
依頼・代理業務である通関業者及び通関士にとって、不要なストレス要因が解消されて、適正な通関・納税業務の代行に集中できるでしょう。

 ”改正内容を認識していない納税者(輸入者)が悪い”、”適正な情報・資料の提出を願い、適正な納税申告を怠っていた通関業者が悪い”と、従来の不作為を納税者や通関業者に尻拭いさせる改正との気持ちも抱きます。

 さらに言えば、通関業者の経営者・役員が、今回の改正内容を理解していれば良いですが、上司の理解無き企業においては、”顧客確保”の企業趣旨から、その責任は担当通関士に一方的に押し付けられるという現場の迫った実情があります。

blog up by Gewerbe  「貿易ともだち」 K・佐々木




[PR]
by Gewerbe | 2018-05-22 20:06 | Trackback | Comments(0)
『第52回 通関士試験 「再輸入免税」-(輸出免税)・(輸徴法)』
a0061688_20291221.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?  (4263)


 本年度=第52回通関士試験のポイントになる内容は、「平成28年度関税法等改正」の波及であるとアップしています。
① 税制改正、② 申告官署の自由化、③ 広域・包括的経済連携協定の推進(経済のグローバル化)の三つです。

 とりわけ、平成28年度改正で、波及的影響の大きいものが、①の「税制改正」です。これは、同じ財務省の徴税機関ながら、輸入品に対する「関税」を扱う財務省・”関税局”と、「内国消費税」等を扱う財務省・”国税局”の規定・施策が異なり、同じ輸出入品ながら、関税局=(税関)と国税庁=(税務署)の見解が異なっていたため、多々、混乱の発生要因となっていたものが、ここにきて相互の規定を急いでの調整・統一化の動きです。

「再輸入品に対する消費税の免税制度の変更について』 (平成29年4月1日~施行)

 輸入品に対する内国消費税の徴収等に関する法律(輸徴法)の改正に伴い、関税定率法弟14条弟10号に規定する再輸入免税制度が以下のとおり変更となりました。
(記)
本邦から輸出された貨物について、消費税法弟7条弟1項又は第8条第1項の規定による消費税の免除を受けた(輸出免税)ものについては、再輸入の際、関税定理法第14条第10号に規定する要件を満たしていても、輸徴法第13条1号の規定により消費税の免除は受けられない。

【再輸入免税】
 関 税 : 関税定率法弟14条弟10号
 消費税 : 輸徴法第13条弟1項(関税定率法第14条弟10号に係る適用除外規定を追加)
 適 用 : 平成29年4月1日以降に輸出されたもの
【具体的内容】
 関税定率法弟14条弟10号の規定により、”輸出許可の際の性質及び形状に変化なし”の状態で再輸入された物品は従来m定率法14の⑩⇒関税免除、輸徴法13①⇒消費税免除でした。
 これが、改正後は、定率法14の⑩⇒関税免除。”輸出の際に「輸出免税」の規定により消費税の免除を受けている物品は、
関税定率法14の⑩⇒関税免除、輸徴法13①⇒消費税課税への改正です。

※ 消費税法7①又は8①の消費税の免除を受けていない貨物は、従来どおりになる。
※ 消費税法7①又は8①の消費税の免除有無については、必要に応じて輸入者等に確認する。

(神戸税関業務部 平成29年5月30日29-5-23)


極端なたとえとは思いますが、「一度、貨物を外国に輸出し、そのままの状態で再輸入すると、”消費税分の丸儲け!”」が出るのが従来の国税の(輸出免税)・(輸徴法)制度でした。
 と言うより、いかに”ザル法”であったかというに加え、従来の輸出入品に対する課税業務に対する「関税局」と「国税庁」の間の”連絡不十分”、”意志不通”、”情報不透明化”がいかなるものであったのかと~、実際に間に立ち通関業務を代理する通関士は、相互の窓口での”たらいまわし”にされ顧客との間に挟まれて、憤慨・苦慮してきた人も多いと感じています。

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木


[PR]
by Gewerbe | 2018-05-22 09:24 | Trackback | Comments(0)