貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
通りすがりさんへ:  ..
by Gewerbe at 23:32
2018の試験を目指して..
by 通りすがり at 22:07
なるほど!そういう素敵な..
by もすたん at 07:15
「もずたん」さんへ: ..
by Gewerbe at 07:49
いつも楽しく拝見させてい..
by もすたん at 07:17
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2018年 02月 01日 ( 3 )
『”大豆(ダイズ)パニック!”の再来~・・』
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4250)

『おかめ納豆』値上げ=1~2割り、大豆(ダイズ)高騰でタカノフーズ』
 タカノフーズ(茨木県)は1月31日、「おかめ納豆」の主要製品の出荷価格を1~2割時期上げると発表した。4月11日納入分から実施する。
北米大豆の価格が高騰、人件費、物流費も上昇しているため。外国産大豆を使った”納豆(なっとう)”の値上げは27年半ぶり。
対象は「極小小粒ミニ3」(50グラム×3)など5商品。「旨味かつおミニ3」(40グラム×3)などの5商品も同様に5月1日納入分から引き上げる。
(時事通信・2018/01/31)

『1973年の大豆ショック!』
 食料自給率が低く(40%)、海外からの輸入農産物に頼っている日本の食生活が、いかに不安定なものあるかを思い知らされたのが、1973年に起きた『大豆ショック!』だった。この年の6月22日、当時のニクソン大統領は突然、「大豆(ダイズ)の輸出を禁止する」と声明を発表した。

 日本で消費する大豆の96%は輸入に依存し、その90%はアメリカから買付けていたのだから、ショックは甚大だった。大豆の国内価格が高騰したのはもちろん、あらゆる大豆製品に影響が及び、豆腐(とうふ)の値段が2~3倍に跳ね上がるという騒ぎになった。

 後で振り返ってみると、この騒動の背景には次のような事情があった。1972~1973年は世界の各地が異常気象に見舞われたため、世界の食糧事情はひっ迫気味だった。特にソ連(当時9は大凶作、農業生産は平年作を20%も下回るという状況になった。そこで、ソ連の穀物公団が極秘の内にアメリカの穀物メジャーに接触し、小麦や大豆を大量に買い付けたのである。その量は6週間の内に10億ドルにもなる荒っぽい取引きだったという。

 このため、穀物の国際相場は急騰した。とくに大豆は暴騰した。1972年7月に1ブツセル(約36リットル)当たり3.3ドルだったものが、1973年6月には一時期:10ドルを超える大暴騰となってしまったのである。アメリカ国内でも大騒動となり、大豆だけでなく大豆粕(おから)を飼料にしている牛肉までが値上がりした。ニクソン大統領は、食品価格上昇によって爆発する国内の消費者の不満を抑えるために、輸出をストップして大豆を国内に回そうとした、これが『大豆輸出「禁止声明」なのである。

 この影響は日本を直撃した。我が国の各商社はアメリカ以外の農産物輸出国へも買付けに走り回った。しかし、輸入価格は「大豆」が前年比:1.7倍、「小麦」:2倍、「トウモロコシ」:1.9倍と跳ね上がり、豆腐を初め、パン、うどん、肉など食料品は軒並み値上がりし、折からの”石油ショック!”と重なって家計を圧迫した。
 この1972~1973年から”45年ぶり”の2018~2019年の今年~来年、妙に諸状況が似ているように感じられてならないのは、私一人の取り越し気苦労なのでしょうか・・・?

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_23405836.gif

[PR]
by Gewerbe | 2018-02-01 22:53 | Trackback | Comments(0)
『自動車関連業界共通の要求規格=TS1649とは?』
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4349)

各国の自動車メーカーが世界各国で自動車を生産する”多国籍企業”となった現在、自動車業界に共通の要求事項を定めた規格は”食品の安全管理規格”に先行してののグローバル化の進展を見ています。

『QS-9000から~ISO/TS16949へ』
【ISO/TS16949の歴史】
1987年:「ISO9000」が発行。
1994年:「QS-9000」がアメリカ・ビッグ3(GM、フォード、クライスラー)から北米統一規格として発行。
     ヨーロッパ各国は独自の規格で運用ードイツ=VDA6.1、フランス=EAQF94,イタリア=AVSQ94 等、
1997年11月:各国固有の規格を国際的な規格として統一することを目的にISO/TC176リオ総会の中で検討。
「自動車に関するタスクフォース・グループ」の設置が決定
 メンバーはIAFT(International Automotive Tasku Force)及びISO/TC176委員会
 IATF[の参加メンバー:BMW、DC、フイアット、フォード、GM,プジョー、ルノー、
 VW、AIAG、ANFIA(伊)、FIEV(仏)、SMMT(UK)、VDA(独)
(※)日本はIATF[のメンバーに入っていないため不参加。
1998年3月:QS-9000の第3版が発行
1998年12月:ISO/TR16949として発行
1999年3月:ISO・TS・TS16949 として発行
1999年11月:IATFはIAOB(international Automotive Oversight Bureau)等の運用期間を設け運用を開始。
【運用と認定の状況。見通し】
・日本の自動車メーカーはIATFに参加していないため、現状ではISO/TS16949は採用していない。
・今後、自動車メーカー間、部品供給社の国際的な提携や国際的な部品調達の進行により、国内においても採用が進むと考えらえる。
欧州の自動車メーカーはTS1949の背景からも、TS規格を採用しようとの姿勢が強く、欧州の自動車メーカー、部品メーカーと取引のある企業にたいしては、ISO/TS16949 取得の要請が多くなることが予想される。
・日産自動車がサプライヤーに対してISO/TS16949 の規格を採用する方向であることを発表している。
・TS16949は、顧客規定の要求事項(独、仏、伊、QSの顧客要求事項)を含む場合は、AVSQ,EAQF,QS-9000、VDA6.1を満足することになる、
・QS-9000 は、ISO9001:2000年版には対応せず、2006年12月で無効となっている。
【TS16949の基礎知識】
 TS16949は規格の一種で、自動車業界に共通の要求事項を定めた規格になります。略してTS(ティーエス)と呼ばれることが多いかもしれません。”ISO9001がまるまる元になっている”ため、正式には「ISO/TS16949」とも言います。

 基本的には品質マネジメントシステム(QMS)であるISO9001がベースにあり、これを業界固有の部分をさらに付け足したものといえます。TS16949は自動車業界共通のものですが、さらに個別の自動社メーカーとの取引ではメーカー固有の個別要求事項を満たす必要があります。

 TS16949では徹底した顧客志向が貫かれているため、顧客重視が第一につきます。つまるところ、自動車メーカー主体で作られた規格なので、これらのメーカーが仕入先に要求する事柄と言えます。
(記事参考:新技術開発センター・テクノビジョンダイジェストーISO/TS16949の現在までの流れとその概要ー)

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_21381082.jpg


[PR]
by Gewerbe | 2018-02-01 21:57 | Trackback | Comments(0)
『国際資格と技術倫理・APECエンジニア相互承認プロジェクト』
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4348)

 食品安全規格について、「HASSAP」+「CODEX」=「ISO22000」 ⇒「GFSI (Global Food Safty Initiative)」と国際標準化の話題はアップ済みです。
この国際標準化・統一化の動きは、産業・経済のグロ―バル化と共に、あらゆる分野で急激に進展しています。かつては、「日本の常識は、世界の非常識」と、国が違えば、文化や産業規格が異なるのがあたりまえでしたが、現状の世界では、それでは国際生産・経済活動がなりたちません。

『国際資格と技術倫理』
 技術者の業務には、資格が必要なものとそうでないものがある。この資格認定制度は国によってまちまである。しかし国際化がすすんでくると、くにごとにまちまちな制度では不都合がでてくる。
APEC(Asia-Pacific Economic Cooperation)では、技術者資格の相互承認プロジェクト『APECエンジニア相互承認プロジェクト』をスタートさせている。 2000年6月にはオーストラリア、カナダ、香港、日本、勧告、マレーシア、ニュージランドという7つの国と地域が、技術者資格の実質的同等性を示すために満たすべき要件と免許交付手続き簡略化からなる「APECエンジニアリングワーク」に合意した。
当面、土木、構造、地盤、環境、機械、電機、経営工学、鉱山、化学の9分野について相互承認を行う。日本でこれに対応する資格は、技術士および一級建築士(構造分野)である。

 APECエンジニアの資格要件の一つに、自国(地域)および相手国(地域)の専門職行動規定(Codes of Proffesional conduct)の遵守があげられている。技術者倫理を前面に掲げるのは世界的な要求なのである。日本の技術士法もAPECエンジニア相互承認プロジェクトを視野に入れ2000年4月に一部改正には次の内容が盛りこまれている。
1.技術者が社会や公益に対する責任を企業等の活動の前提とする高い職業倫理を備えること
2.技術者資格の国際的な相互承認へ対応すること
3.質が高く,十分な数の技術者の育成、確保が重要であること
4.有資格者の技術者の普及が必要であること
5.技術士の数の増加を図ること
 
 技術者の資格の国際的相互承認では、何を教えられたかが大切である。すなわち、教育プログラムが技術者を育てるににふさわしいものとなっているかどうかが問題である。これを踏まえ、アメリカのABETを参考につくられたのがJABEE(Japan Accreditation for Engineering Educsation )日本技術者教育認定機構であり、次の項目を掲げている。
① 地球的視点から多面的に物事を考える能力とその素養
② 技術が社会及び自然に及ぼす影響・効果の理解力や責任感を自覚する能力(技術者倫理)
④ 数学、自然科学、情報技術の知識とそれを応用できる能力
⑤ 該当する分野の専門技術知識とそれを問題解決に応用できる能力
⑥ 種々の科学・技術・情報を利用して社会の要求を満たすデザイン能力
⑦ 日本語による倫理的な記述力、口頭発表能力、討議などのコミュニケーション能力および国際的に通用するコミニケーション基礎能力
⑧ 自主的、継続的に学習できる能力
⑩ 与えられた制約の下で計画的に仕事を進め、まとめる能力

(※)
 近年における、あらゆる「国家資格試験の内容変化」に言えることなのですが、『通関士』試験での”読解力”を中心とする合・「否判定ポイント」として記述してきた内容を上記の10点と照らし合わせてみてください・・。

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_2281358.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2018-02-01 07:41 | Trackback | Comments(0)