人気ブログランキング | 話題のタグを見る
貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ

by Gewerbe
フォロー中のブログ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
龍田峻次
by 経済 at 16:23
経済
by 今井慶松 at 16:22
右翼の一部には宮崎正弘氏..
by tanoura1777 at 14:22
日本侵攻の危機と急がれる..
by aki at 22:20
コロナ危機以来、世界のエ..
by tanoura1777 at 13:43
> 通関士勉強中さん ..
by Gewerbe at 08:07
早速回答頂きありがとうご..
by 通関士勉強中 at 17:50
> 通関士勉強中さん ..
by Gewerbe at 15:56
いつも貴重な情報ありがと..
by 通関士勉強中 at 15:00
田賀陽介
by ワサビ at 21:13
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
『「ヒト」を切捨てて衰退した日本、じつは「2023年後半」から流れが一変していた』ー②
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (7575)

『「ヒト」を切捨てて衰退した日本、じつは「2023年後半」から流れが一変していた』ー②
 ~(前号)からの継続アップ~

◆ 金儲けではなく「価値創造」という視点
 『世界は経営でできている』の中では、かなり身近な事例から”経営”を語っています。例えば家の中に夫がちょっと飲み残したコップをあちらこちらに残してしまう問題、受験などで親が子供の学校をどこまで決めていいのかーー。一見すると、まったく経営と関係ないと思ってしまうかもしれませんが、金儲けではなく価値創造=他者と自己の幸せの追求という意味では、家庭もまた経営の対象です。

 たとえば、妻は家を散らかしている夫にイラつき整理整頓を始める。それが妻にとっては居心地がいいからですね。妻の思いは当然、理解はできるけぢ、夫もまた「家の中では何も考えずにすごしたい」という思いがある。整理整頓に対する考え方や行動だけを抜き出すと対立しているように見えても、実は「家の中でくつろいで暮らしたい」という目的は共有している
 ならば、どうするか。一致点があれば、愚痴を言い合うより先に解決策は実はたくさん出てきます。月ごとに買い代行サービスを頼んでもいいし、実際に私がやっているように夫が家の中でマイボトルを首から下げて使うのも良いい。こうした案の一つ一つを「現実味がない」と批判する人はまれにいますが、そうした批判は的を外しています。現実に私はこうして問題解決していますし、大事なのは解決案そのものではなく「各家庭でこうした価値創造による問題解決を行って、よりよい解を見つける」ということです

 『世界は経営でできている』に出てくる問題解決の案そのものには何の意味もなく、大事なのは家庭も職場も友人関係も価値創造=みんなの幸せ追求のための問題解決という「経営の現場」だと認識して、各家庭でも各職場でも、各自が百個、二百個と、自分なりの解決案を出していけばいいのです。

 他者と対立しても物事は良い方には進みません。問題が達者のせいならば、その解決策を持つのは他者だから当たり前です。でも、新しい家庭内の価値を夫婦で創造することができれば、問題は一つ減ります。実はこれが経営の視点なのです

 究極の目的や一致点をちゃんと共有して、具体的な方策を練っていき、目的達成に向けて障害を取り除いていくこと。家庭も会社も経営の基本的な視点は同じです
 会社の中で、無駄な会議、無駄な書類が増えていくのも、究極の目的を見失ってしまうからですよね。

 以下、(次号):「なぜ優秀な部下が無能な上司になるのか?」に継続アップ~

  企業経営最大の目的は、顧客を生み出して、顧客に満足を与えて、その対価を顧客が支払ってくれることでみんなが幸せになるサイクルを作り出すことにある

 部下の失敗を「出来が悪い」と嘆き、叱責するのは”経営”の視点がないと岩尾は言う。「顧客の満足」という目的のために失敗の原因を分析として伝え、さらに成功に必要な現状知を先輩や上司が」教えていくというプロセスを踏んでいく。こうすることで叱責よりもはるかに有意義な成果が生まれる準備が整う。時間はかかるが、人材という戦力は増えて行くからだ

(記事出典:岩尾俊兵 氏(慶應大学准教授)/ 現代ビジネス 2024/02/14)

 blog up by Gewerbe  「貿易ともだち」 K・佐々木
『「ヒト」を切捨てて衰退した日本、じつは「2023年後半」から流れが一変していた』ー②_a0061688_333364.jpg
『「ヒト」を切捨てて衰退した日本、じつは「2023年後半」から流れが一変していた』ー②_a0061688_1958371.jpg



by Gewerbe | 2024-02-19 00:36 | Trackback | Comments(0)