人気ブログランキング |
貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
コメント、ありがとうござ..
by Gewerbe at 18:06
すみません、実務的にはD..
by ty at 23:37
コメント、ありがとうござ..
by Gewerbe at 15:29
ご連絡、ありがとうござい..
by Gewerbe at 10:11
いつもお世話になっており..
by 過少申告加算税について at 07:37
上記のコメントの質問はゼ..
by 上記の質問につきまして at 07:43
私が外国人だからかも知れ..
by 合格を目指して at 00:34
いつも大変お世話になって..
by 合格を目指して at 00:17
感謝致します。勉強になり..
by ご回答誠にありがとうございます。 at 09:48
後、(通関料金の上限規定..
by Gewerbe at 09:23
最新のトラックバック
simply click..
from simply click t..
yamato2.exbl..
from yamato2.exblog..
fujitaka1.ex..
from fujitaka1.exbl..
i was readin..
from i was reading ..
Zurakenji.ex..
from Zurakenji.exbl..
ライフログ
検索
タグ
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
『GDP・世界第1位、2位 中国:米国ー(ウイルス感染症)』
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4337)

「米国」と中国、GDPで世界第1と第2位の”経済大国”です。
『COVIID-19(新型コロナウイルス肺炎)』中国の公表による現在の国内感染者数は7万4000人以上、死者数は計2000人以上となった。
『インフルエンザ』米国の今シーズンのインフルエンザの感染者数2600万人以上、死者数は万4000人以上。
※ 「国総人口比」:(中国)=約14億人:(米国)=約3憶5千万人  4:1で7倍の死者数。

全米でインフルエンザの猛威続く 死者1.4万人、感染者2600万人』
 (CNN) 米国でインフルエンザの猛威が続いている。米疾病対策センター(CDC)によると、今シーズンの感染者は全米で少なくとも2600万人、死者数は少なくとも1万4000人に増えた。
米国立アレルギー・」感染症研究所(NIAID)によると、昨年9月29日から始まった2019年~2020年のインフルエンザシーズンは、過去10年で最高級の状況が予想される。これまでに少なくとも25万人が、インフルエンザによる合併症のために入院した。猛威が続く中、この数はさらに増える見通しだ。

 今シーズンのインフルエンザで死亡した1万4000人のうち、少なくとも92人は子供だった。CDCかが今秋まとめた報告書によれば、インフルエンザはほぼ米国全地域に拡大し、48州とプエルトルコで猛威を振るっている。

 インフルエンザは2次感染が起きると危険性が増す

これは免疫系が弱っていることによるもので、細菌やウイルス感染の合併症を起こす危険が大きい。合併症による肺炎、心臓や脳の炎症、臓器不全のため死に至ることもある。

 インフルエンザはウイルスが毎年変異することから対応が難しい。そのシーズンに優勢なウイルスが、それまでの年より毒性が強まることもあり、それが感染者数や症状の重さに影響する。

 CDCの報告書によると、今シーズンのインフルエンザは、ウイルスが極端に変化する抗原不連続変異を起こしている兆候は見られない。ただ、直近では2009年のHIN1ウイルスにこの変化が起き、人々に免疫がなかったことからパンデミック(世界的な大流行)を聴き起こした。
(記事:CNN.co.jp-2020/02/19)
『死者1万人超え「米国インフルエンザ」は”新型コロナウイルス”かもしれない』
ー米国疾病対策センター(CDC)は、「インフルエンザだった人に新型コロナウイルス検査する」と発表した。「インフルエンザ患者とされた人の中に、相当数の新型コロナウイルス患者がいる恐れがある・・」 (PRESIDENT Online 2020.\/02/17)

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
『GDP・世界第1位、2位 中国:米国ー(ウイルス感染症)』_a0061688_21381082.jpg

# by Gewerbe | 2020-02-19 21:10 | Trackback | Comments(0)
『1日50人以上「インフル死者」ー日本』
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4336)

 2016年1463人⇒2017年2569人⇒2018年3325人。ここ数年、インフルエンザで亡くなる人が増え続けている。2019年も1~9月の統計で、すでに3000人超。統計データ分析家の本川裕氏は、「怖いのは新コロナウイルスだけではない」と言うー。

◆怖いのは新型コロナウイルスだけじゃない。
 新型コロナウイルスによる感染拡大は確かに発生地である中国・湖北省ではかなり深刻な事態になっており、同じことが日本でも起きないかと心配するのは当たり前かもしれない。
 新型ウイルスであるだけに、どのぐらいの影響が今後生じるのか得体が知れず、予防接種の準備もなく、治療方法も何が効くのか分からない。不安が募るのは当然だろう。
 しかし、同じウイルスによる感染症であり、毎年、秋から冬にかけて猛威を振るっているインフルエンザの犠牲者と比較するとヒートアップし過ぎだとも言えるのではなかろうか。
◆日本では毎年3000人以上の人が亡くなるインフルエンザ
 インフルエンザは、予防のためのワクチン接種が普及し、タミフルなどの治療薬もある。しかし、それでも子供や高齢者を中心に多くの人が亡くなっている。
◆2019年1月は「1日平均54人」が亡くなっていた
 月別のデータをみると、昨年1月にはインフルエンザで1685人の方が亡くなっている。1日平均で死者54人となる計算になる。
 昨年2019年もデータが公表されている9月までにインフルエンザ死亡者数は3000人を超えている。この人数は、医師が死因をインフルエンザと認めた人のみである。インフルエンザで入院した人でも、肺炎を併発したり、持病が悪化し心不全などその他の病気で亡くなったりした場合は含まれない。
(記事抜粋:PRESIDENTO Online 2020/02/18)

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
『1日50人以上「インフル死者」ー日本』_a0061688_2281358.jpg


# by Gewerbe | 2020-02-19 17:23 | Trackback | Comments(0)
『ウイルス(Virus)』
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4335)

 「COVID-19」(新型コロナウイルス肺炎)が今後の”世界経済”に与える影響は、まだまだ不透明です。最悪の場合は、今夏の東京オリンピック・パラリンピックの中止も、すでに視野に入っています。
 このブログのタイトル=「貿易」(国際経済)や(国際物流)への悪影響の予測に関しては順次アップしていきます。

「新型コロナウイルス肺炎」というと、まったく新たに出てきた伝染病のように思われがちですが、一言で言えば”インフルエンザ”です。 さまざまな”変性”の過程の中で、インフルエンザがあり、SARS、MARSがあり、今回の新型コロナウイルス肺炎があるのです。

 かつて、世界を震撼させた「SARS」や「MARS」も、今アメリカに拡がっている「インフルエンザ」と同じウイルス性感染症です。

『インフルエンザ・ウイルスとは?』
・本来はカモなどの水鳥のウイルスで、その腸間に感染する弱毒性ウイルス
・突然変異によりヒトの呼吸器への感染性を獲得したと考えられている
・A型、B型、C型の3型が存在。A型とB型のうち、ヒトに感染するもをインフルエンザと呼ぶ場合が多い。
〇 A型:ヒト、鳥類、ウマ、ブタなどに感染。世界的大流行(パンデミック)を起す。
〇 B型:ヒトとアシカに感染、パンデミックは発生しない。
〇 C型:ヒトとブタに感染。A型、B型より稀だが、重篤化する事もある。

『ウイルスの定義』
 ウイルスというのは、実に興味深い存在です。そして説明しにくい。いわば「生物」と「非生物」の中間に位置するものである。ウイルスも細菌も病気を引き起こす原因となるものだから同じものだと思っている人がいるが、それは違う、「細菌」は単細胞生物だが、ウイルスは第一に細胞ではない。ウイルスは細胞を構成単位とせず、自己増殖できないが、遺伝子を有するという無生物⇔生物の両方の特性を持っている。現在のところ、自然科学では「非細胞生物」と位置付けている。

「細胞」は周りに「餌」さえあれば、どこでも簡単に自分のDNAを複製・増殖させ、繁殖することができる”生物”と言えます。
 一方、「ウイルス」は中にDNA(またはRNA)という遺伝子が1個か2個入ったカプセル」という非常にシンプルな粒子です。細菌のように自ら餌を食べて増殖する機能は持っていませんから、他の生物の細胞に入り込み、その細胞が持っているDNAを使って増殖させます。
 大掴みで言えば、ウイルスは細胞が飛び出して、核のみで放浪している様なものです。キャプシドタンパク質も遺伝子である核酸も比較的単純な物質であり、高度に純化すれば結晶化します。
 つまり、侵入する細胞・特定の動物の無い限り、ウイルスが単独では何もできません。
 20~30nm(ナノミリ)=100万分の1mmという電子顕微鏡でしか見えない微粒子です。
これが、「マスク着用は無意味」と言われる由縁です。家庭にウイルスを持ち込む事を避けての使用済みマスクの外部投棄は、ウイルス拡大の大きな要因となります・・。

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
『ウイルス(Virus)』_a0061688_19261035.jpg


# by Gewerbe | 2020-02-18 23:49 | Trackback | Comments(0)