貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
sosoさんへ: コメ..
by Gewerbe at 10:08
"公表の「各6割以上(実..
by soso at 09:22
早速コメント返していただ..
by HS at 23:25
by(HS)さんへ: ..
by Gewerbe at 22:59
いつもとてもためになる記..
by HS at 21:01
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
『平成30年度・関税法改正ー(通関業法 ”欠格事由”の記載表現の見直し)』
a0061688_823648.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?  (4230)



『平成30年度・関税法等改正ーその他(成年後見制度に係る通関業法上の欠格事項の見直し)』

【見直しの必要性】

○「成年後見制度の利用の促進に関する法律(平成28年法律弟29号)」に基づき、成年後見制度の利用の促進に関する施策の総合的かつ計画的な促進を図るため「成年後見制度利用促進基本計画」が決定。

(参考)
:成年後見制度利用促進基本計画(平成29年3月24日閣議決定)(妙)
・成年費後見人等の権利に係る制限が設けられれている制度(いわゆる欠格条項)につい
 ては、成年後見制度の利用を躊躇させる要因の一つとであると指摘されている。
・成年後見人等の人権が尊重され、成年後見人であることを理由に不当に差別されない
 よう、今後政府においては、成年後見人等の権利に係る制度が設けられている制度に
 ついて検討を加え、速やかに必要な見直しを行う。

○通関業法においては、通関業及び通関士に係る欠格事項として、
 「成年後見人又は被保佐人」という名称に着目した形式基準を規定。
(参考):弁護士法、税理士法、医師法、保険業法等においても、
     成年後見人等が欠格事項として規定。

【見直しの方向性】
 通関業法上の欠格事由から「成年被後見人又は被保佐人」を削除し、「通関業及び通関士の業務を適正に遂行する能力を有しない者」である旨の実質的な規定に改める。

(記事抜粋:平成30年度関税改正についてー財務省関税局関税企画調整室 2018/04 「貿易と関税」)

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木


[PR]
# by Gewerbe | 2018-04-25 22:20 | Trackback | Comments(0)
『平成30年度・関税法等改正ー(個別品目の税率見直し)―②』
a0061688_03142350.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4229)

「化粧品」、「繊維製品」・・、過去の受験経験者にとって、「あの頃、受験前に悩まされた所属区分の細分化の複雑さは何だったのだ・・」と憤慨をさせるような実行関税率表の内容改正が実施されてきています・・。

『平成30年度・関税法等の改正ー(個別品目の基本税率等の見直し)』

【化粧品】
 これは(細分化の統合)についてである。日本が輸入している化粧品はもちろんいろいろあるわけだが、品目区分が様々ある中で、最後に「その他のもの」がある。さらにその細分として、「油、脂又はろうを基とした調製品」と「その他のもの」といった税細分が設けられている。

 例えば、化粧品の中で、アロマオイル、皮膚の手入れ用のシート、除毛財の中には、油、脂を使っているものと使っていないものとの2種類があるわけだが、輸入申告に当たっては、輸入者がどちらの製品に分類されるか判断して申告し、また税関でもそれを確認する必要がある。輸入者・税関の双方に事務負担が生じている状況となっている。

 税率を見てみると、(油、脂又はろう):4.8%、(その他):4.0%が適用されているが、輸入額でみると、前者は3億円、後者は215億円と大きな開きがある。仮に4.8%の税率を4%に引下げたとしても、国内産業への影響はほとんど生じないと考えられ、貿易円滑化を促進する観点から、これらの化粧品の税区分を統合して、協定税率の低い方の4%へ統合する改正を行いたいと考えている。

【繊維製品】
 関税率表の61類~63類までの繊維製品は、ジャケット、シャツ、ズボン類等、いろいろあるが、これらは「刺繍したもの、レースを使用したもの」か「その他のもの」の二つに分ける税細分が設定されている。刺繍したもの等については、従来は高付加価値製品であるとして国内産業保護の観点から、その他のものと区別して基本税率が高く設定されていた。
しかし、累次の国際交渉の中で、両方に同じ協定税率が適用されるようになったが、現在でも品目区分が異なるために、分類に当たって輸入者・税関双方で作業が必要になり事務負担となっている。

 また、現行の協定税率が設定されてから長年が過ぎ、国内産業への影響を見てみても、現在の税率水準が定着している状況にあるので、貿易円滑化を進める観点から、税細分を統合して、協定税率の最も低い数字に併せる基本税率を設定することで一本化したいと考えている。
(記事抜粋:平成30年度関税改正について 財務省関税局関税企画調整室 「貿易と関税」2018/04)

blog up by Gewerbe  「貿易ともだち」 K・佐々木


[PR]
# by Gewerbe | 2018-04-25 08:19 | Trackback | Comments(0)
『平成30年度・関税法改正 (金の密輸入ー罰則の引き上げ)-②』
a0061688_2063776.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4228)


平成30年度関税改正について
『金の密輸入に対応するための罰則の引上げ』-財務省・関税局関税企画調整室 2018/04(貿易と関税)』

~(前号への続き)
 『金の密輸入』に関して、現在、税関で摘発に至っているんは、残念ながら氷山の一角にすぎない。したがって、原稿の関税法上罰則の水準は、金の密輸入者に対して効果的に不利益を与えて、抑止効果を発揮するのに十分な水準になっていないと認識している。

 こうした状況を踏まえて、現行500万円になっている罰金の上限をを今回の改正でまずは1,000万円に引上げたい。そのうえ、かっこ書きの中身が重要だが、(貨物の価格の5倍が1,000万円を超える場合には、その価格の5倍まで罰金を科せる)方向で関税法を改正したいと考えている。例えば1億円の金を密輸入する場合には、価格の5倍まで罰金を科すことができるようになるので、最大5億円の罰金を科すことが可能になる。もちろんこれは罰金上限額の引き上げなので、裁判官が司法の場で、罰金上限額の範囲内で実際の犯情に応じて量刑を行うことになる。
しかし、法制上、現行500万円の罰金上限額を貨物の5倍まで科せるように改正して抑止力を高めることで、金の密輸入に対して大きなインパクトになるのではないかとわれわれは考えている。

 今回の関税法上の罰則の引き上げについては、同じく輸出入に関する規制である外為法上の規定を参考にしている。外為法は罰金1,000万円以下、そしてかっこ書きの中(貨物の価格の5倍が1,000万円を超える場合、価格の5倍まで)という規定になっているが、今回、関税法の改正をするに当たっては、こうした外為法の規定も参考にしながら、罰金の引上げを行っている。

 「見直しの方向性」だが、密輸品譲受等の罪についても罰則の引上げをしたい。これは密輸入そのものではなくて、密輸品であることを知りつつ金を買い取る・運搬するといったことについて適用される罪である。

 金の密輸入を根絶する観点からは、密輸入者のみではなくて、悪質な国内買取り業者などにも厳正な対処をする必要があると考えているので、こちらについても罰金額の大幅な引き上げを併せて行いたい。
(記事抜粋:財務省。関税局関税調整室長 藤中康生 氏 平成30年度関税法改正について 2018/04)

blog up by Gewerbe  「貿易ともだち」 K・佐々木

 

[PR]
# by Gewerbe | 2018-04-23 19:09 | Trackback | Comments(0)