貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
sosoさんへ: コメ..
by Gewerbe at 10:08
"公表の「各6割以上(実..
by soso at 09:22
早速コメント返していただ..
by HS at 23:25
by(HS)さんへ: ..
by Gewerbe at 22:59
いつもとてもためになる記..
by HS at 21:01
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
『「インダストリ4.0」ー②』
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4342)

『ロボット資本主義という悪夢を防げるか』
 -AI導入で人間の進化は止まる?-
 「インダストリー4.0」の話に対して日本企業の食いつきが意外に悪いのは、高額な機械を入れなくても”現場力でカバー”できることが背景にあったのかもしれないと感じる。

 日本の現場には、個々の人がこだわりを持って突き詰めようとする文化もある。これは過剰な創意工夫となり生産性が下がりやすいという負の側面も確かにあるが、一方で優れた技を持った”匠(たくみ)”を生み出す土壌にもなってきた。日本のモノづくりの強さは、匠の存在抜きには語れない。長年の経験と勘で培われた匠の技は、非常に繊細でかつ合理的だ。ありきたりの製品でも、匠の腕にかかれば他に類をみない製品へと変貌をとげてしまう。

 こうした匠のノウハウをAI(人工知能)に学ばせれば、完璧ではないにしても機械で匠の技を高度に再現できるようになる可能性は十分にある。だが、それで喜んでいてはいけない。AIや機械に任せきりになれば、誰も匠の技が生み出されているメカニズムを理解することができなくなり、その技のさらなる進化を扱う人材が育たなくなってしまうのだ。

「AI(人工知能)」が一通り学習した後、匠は用済みと扱われるかも知れない。かつて中国など海外企業に高給で引き抜かれた日本人技術者がノウハウ移転後にあっさりと解雇されたのと同様だ。また、現場で経験を積めなくなれば、匠といえども技術は退化する。匠が姿を消せば、お手本がいないので若手も育たない。匠や次の担い手がいなくなれば、現場発の創意工夫やイノベーション(新機軸)は生まれるはずがない。
 そんな世の中で私たちは、はたして充実感や達成感を味わうことができるのであろうか?

様々な分野でAI(人工知能)や、あらゆるモノがネットにつながる(IoT)の導入が加速している。インターネットやビッグデータを活用した新サービスや、省人化や効率化によるコスト削減など、新技術への期待感は高まる一方だ。これからの時代、どの企業もAIを搭載したロボットを巧みに活用していく必要があるのは間違いないだろう。
 その一方で、AIをはじめとする機械に何もかも任せていいのか。AI化できるところすべてにAIを導入していった先には、どのような未来が待っているのだろうか・・?
(記事出所:長嶋 聡 氏 ローランド・ベルガー日本法人社長 工学博士)
 -「AI現場力」・ン本経済新聞出版社 2017年ー日経BizGateー

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_05043727.jpg

[PR]
# by Gewerbe | 2017-11-17 11:55 | Trackback | Comments(0)
『インダストリー4.0』
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4341)

『ロボット資本主義という悪夢を防げるか』-「AI導入で人間の進化は止まる?-
 たとえば、「インダストリー4.0」で先行するドイツの現場では、天才依存型の世界が進んでいる。厳選されたエリート・チームが産業をまたがる企画や戦略を繰り、ブルーカラーは役割分担のもと、指示されたことだけを忠実にこなすといった動きだ。

 この場合、ブルーカラーは勝手に無駄な作業をしたりしないので、確かに生産性は高くなるが、エリートのホワイトカラーと手足となるブルーカラーとの間に格差が生じやすい。これは繰る人、繰られる人というロボット資本主義の構図と重なる。

 天才依存型は、これまでの日本の現場のありようとは大きく異なる。日本企業では総じて、少数の考える人がすべての企画を立てるのではなく大部屋でみんなが顔を合わせ、知恵を出し合い企画をまとめるという文化を育んできた。部門の壁を越えて対話が行われ、可能な限り周囲に目が配られ、自部門や自分の担当だけでなく、他の仲間のために頑張ろう、顧客に役立つものを一緒に作り上げようという気持ちがあふれている。現場の1人ひとりが考え、それぞれの力を結集・結束させることが、日本企業の強みとなってきたのだ。

 このため、日本の現場には、こうしたブルーカラーやホワイトカラーといった定義に当てはまらない従業員が大勢存在する。「インダストリー4.0』ならば、工作機械にセンサーを取付けて中央制御でこなすところを、”現場力”で消化してしまうという製造現場全体の”あうんの呼吸”という独自性がある。
(記事出所:長嶋 聡 氏 ローランド・ベルガー日本法人社長・工学博士)
 -「AI現場力」日本経済新聞出版社 2017年 日経BizGate~ー
 いずれにしても、”ニッポン”の工業力・産業力・文化を培ってきた”匠(たくみ)”のノウハウを、今後、日本がどう捉え、位置付けるか・・、大きな判断点に差し掛かっていることは間違いないようである。「インダストリー4.0」で先行するドイツの「マイスター制度」の変遷を注意して見つめる必要性を強く感じる・・。

(参考)
『インダストリー4.0』=(Industry4.0)
 2011年にドイツ工学アカデミーとドイツ連邦教育科学省が発表したドイツ政府が推進する製造業の高度化を目指すコンセプト。国家的プロジェクトである「Iot」の普及についてトップダウンで国家プロジェクトとした世界初の事例となる。
 単純には「弟4次産業革命」とも称されるが、サイバーフィジカルシステム(CPS)を導入した「スマートファクトリー(賢い工場)の実現」がインダストリー4.0の根幹である。
 生産工程や流通工程のデジタル化により、生産や流通の自動化、バーチャル化を大幅に高めることで、生産コストと流通コストを極小化し、生産性を向上させることを主眼に置いている。
blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_05043727.jpg

 

[PR]
# by Gewerbe | 2017-11-17 09:44 | Trackback | Comments(0)
『カギは「和ノベーション」にあり』
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4340)

 現在、日本企業の時間当たりの生産性は欧米の3分の2だと言われている。これは、縦割りの慣習や組織のタコツボ化のせいで足並みが揃わず重複や相反する作業が生じたり、すでに世の中にある「有りモノ」を知らずに毎回ゼロベースで考えたりすることで、たくさんの無駄が生じていることに起因する。多くの人が世の中の急速な変化についていくのに必死で、自分のことしか見えなくなっているのだ。本来の強みが失われつつある・・。

『和ノベーション』
 提唱したいのは、”日本型のイノベーション”である『和ノベーション』だ。
この言葉には、日本の「和」だけでなく、対話の「話」、仲間の「輪」という意味も含まれている。
『和ノベーション』
 日本の企業や個人が持っている潜在力(有りモノ)を見える化・
 組合わせることで未来を描く。
『話ノベーション』
 部門、企業、業界を超えて、描いた未来や新たな価値、
 その実現方法についての知の対話を促進。
『輪ノベーション』
 未来志向で、想い・志を共にした仲間が集い、
 異なる様々な能力の輪をつなぎ、能力を拡張。

「有りモノ」を活用する上で重要なのは、企業や個人が持っている様々なノウハウ、技術や知恵、ツール、考えの枠組みなどの「潜在力」「暗黙知」をありものにする、つまり形知化することだ。その際、少し抽象的な質問から入り、だんだん具体的なテーマへと進みながら、関連する知見や能力を深く掘り下げていけば、「使える知恵」が引き出せる。
多段階の質問で各人や各組織の持つ暗黙知、ユニークな能力を引き出していくイメージだ。
(記事出所:長島 聡 氏・ローランド・ベルガー日本法人 社長 工学博士)
ー「AI現場力」・日本経済新聞出版社 2017年ー
 日経BizGate: 「ロボット資本主義という悪夢を防げるか」

(※)
「イノベーション=Innovation」:新機軸、革新、新しいモノの導入、技術革新

blog up by Gewerbe  「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_05043727.jpg


[PR]
# by Gewerbe | 2017-11-16 10:37 | Trackback | Comments(0)