貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
sosoさんへ: コメ..
by Gewerbe at 10:08
"公表の「各6割以上(実..
by soso at 09:22
早速コメント返していただ..
by HS at 23:25
by(HS)さんへ: ..
by Gewerbe at 22:59
いつもとてもためになる記..
by HS at 21:01
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(1)
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
『法令と通達』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4180)

【法令と通達】
 「法令」とは、一般に、法律(国会が制定する法規範)と「命令」(行政機関が制定する法規範)を合わせて呼ぶ法用語です。命令には政令、省令などがあります。
 「通達」とは、行政機関内部の文書であり、上級機関が下級機関に対して、法令の解釈を示すものです。
「関税法」ですと、次のようになります。
・法律:(関税法)
・政令:(関税法施行令)
・省令:(関税法施行規則)
・通達:(関税法基本通達)


【法令の優劣j関係】
 法令には、種類毎に優劣関係があり、上位の法令が優先され、上位の法令に反する下位の法令は効力をい持たないことになっています。
法令〉政令〉省令
関税法〉関税法施行令〉関税法施行規則

【法律】
 「法律」とは、国会の議決により成立する成文法です(憲法第59①)。なお、命令(政令、省令)は、その必要がなく、迅速な改正が可能となっています。
 法律は、主任の国務大臣が署名し、内閣総理大臣が連署し(憲法74)、天皇が公布します(憲法7①)

【政令】
 「政令」とは、内閣が制定する成文法です。法令つの実施に必要な規則や法律が委任する事項を定めます(憲法73⑥)。
 政令は、主任の国務大臣が署名し、内閣総理大臣が連署し(憲法74)、天皇が公布します(憲法7①)

【省令】
 「省令」とは、各省大臣が発令する命令。各省大臣が、主任の行政事務について、法律・政令を施行するため、命令として発します。国税の場合には財務省令であり、地方税の場合には、総務省令となります。

【通達】
 「通達」とは、行政機関内部の文書であり、上級機関が下級機関に対して、法令の解釈等を示すものです。通達は、国民を拘束する法令ではなく、あくまでも、下級機関に対する命令としての効果を持ち得るにすぎません。そのため、通達で示された法令の解釈は司法の判断や、国民を拘束するものではありません(理論上・・)
 なお、国税については、上級機関である国税庁の長(国税庁長官)が、全国的な統一的な解釈を図るために、下級機関である国税局、税務署に示すものです。
(記事参考:税理士・中島IT会計事務所 http://123k.zei.ac/)

 輸入物品の輸入通関時には、「関税」に合わせ、国税=租税である「消費税」の納付が確認されない限り原則として、税関はその輸入の許可をいたしません。


Blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_20291221.jpg

[PR]
# by Gewerbe | 2017-05-19 20:29 | Trackback | Comments(0)
『関税法ー(刑罰と犯則事件の違い)』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4179)

 『関税法ー犯則事件』
 「犯」という言葉を使っていますが、刑事罰のある「犯罪」に似ていながら、税関に限られた範囲での処分権限がある点で、検察官が取り扱う犯罪事件とは違っています。

1)【関税法第119条】-質問、検査又は領置権
 嫌疑者・参考人に出頭を求め、質問する。嫌疑者は一般用語では容疑者、刑事用語では被疑者。
参考人はどの法律域でも共通です。
 所持品や放置品などの物件を検査し、任意出頭された物あるいは嫌疑者の放置品を領置する。
参考人の放置品は領置できません。

2)【関税法第120条】-開示の請求
 証拠の隠ぺいをさせないための規定です。怪しければ、それをだしなさいと求めることができます。

3)【関税法第121条~第124条】-臨検、捜索又は差押
 令状による捜索差押です。犯則事件に特有のものとして臨検があります。
嫌疑者発言・受信の郵便の差押は無条件で可能です。それ以外でも怪しい状況があれば差押が可能です。現行犯・準現行犯については無令状の臨検・捜索・差押可能です。
 臨検等の措置の場合は、対象場所の所有者・管理者(会社の場合は代表者、責任者を含む)・成人の使用人(従業員)・同居の親族のいずれかを立ち会わせなければなりません。それらの者がいないときは成人の隣人、警察か自治体の職員を絶ち合わせてもかまいません。
・女性の身体を対象にしたときは、立会人も女性でなければなりません。(第129条)
・臨検等には警察官や海上保安官が同行することがあります。(第130条)
・臨検等を実施したら必ず「調書」が作成されます。供述者は署名押印するのが原則ですが、署名押印を拒否することもできます。 (第131条)
・領置や差押をしたら、目録を作って、所持者に渡さなければなりません。(第132条)
・税関での保管が困難な物件については、税関長の権限で別の場所で倉庫業者に保管させたり、売却してお金に換えることも可能です。(第133条)

4)【犯則事件の第1の特徴・検察官に告発しなけれならない事件】
 必ず告発しなければならない事件は、不正輸出入での脱税・故意の虚偽申告があるケースです。

5)【犯則事件の第2の特徴・税関長が「通告処分」で事件を終結させることができる】
税関長の「通告処分」で済むための要件は;
・懲役刑を言い渡すほどには犯行が悪質でないこと。
・対象者が罰金を払える資産・収入を持っていること。
・対象者の居場所が明らかで、通告書を受領できること。
の3つです。

このうちどれか一つでもひっかかれば、告発されてしまいます。(第138条)
また、せっかく「通告処分」を受けたのに、20日以内に罰金相当額を納付しなければ、やはり告発されてしまいます。

6)【通告処分による不利益】
 「通告処分」は処分ではなく、行政処分ですので、いわゆる「前科にはなりません。」
ただし、税関には処分歴が記録されますので、新たな通関業許可申請や、通関士の登録にあたっては、処分歴が蓄積され、罰金相当額納付後3年間は免許が下りないという不利益が課されます。
また、許可が取消される場合もあります。(必ず取り消されるわけではありません)


(記事:企業法務・法令・知的財産 2015/04/29 YANOUCHKATSURA)~

Blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_17102059.jpg

[PR]
# by Gewerbe | 2017-05-18 17:10 | Trackback | Comments(0)
『第51回通関士試験ー(解答力)』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4178)

 今年の通関士試験は『第51回』つまり、通関業法・通関士制度が創立されて、50年~・半世紀が終わって後半世紀に入る初めての年の試験となります。私が合格したのは昭和55年(1980)の第13回通関士試験の年です。以来~、後半20年間は、講師業として「通関士試験内容の変遷」を実質的に36年間も見続けてきました。途中には、「記述式問題」⇒「選択式」、「五肢選択問題」などの出題形式も大きな変化を重ねてきました。「記述式問題」の時代には、『~について、法令規定の内容を具体的に説明せよ」とするような問題ですから、当時の受験生は受験対策には、本試験まで、3~4個の消しゴムを擂り潰すという実態でした・・。当時は、出題に対しての作文能力が大きく問われる時代でした。

 前号では、「法令規定の理解・暗記=”合格”へは直結しない。”解答力”が重要である」と記述しました。
 通関士試験の出題形式が様々な変遷を重ねてきている中で近年の試験内容は、その内容を過去と大きく様変わりさせています。
通関に係る関税法などの法令知識がベースとなるのは基本ですが、何よりも近年の通関士試験での合否判定基準となっているのは、「受験生の事務処理能力」です。この意味で、近年、このブログの中で”読解力”という言葉を使ってきました。出題の記述を迅速に適正に読み取り、素早く法令規定と対査させ法令に基づく規定の処理を完了させる。そのスキルを問う割合を強めた試験問題構成である。と感じます。

『迅速で適正な事務処理能力』
 税関手続きに係る受験生のそのスキルレベルを問う国家資格試験が「通関士試験」である。
その意味を十二分に意識して残る4か月半の受験期間を過ごしてください。
「自宅で、落ち着いて解答してみたら解った」。
「じっくりと時間をかけて解答してみたら正解が出せた」。
『お呼びではありません。お帰りください。=”不合格”」の世界です。

『解答力』:残る4か月半の受験対策の”的を見間違えない”でください。
=近年の通関士試験は、特にその「通関実務科目」において、現状のグローバル化した国際経済環境を踏まえた”業界用語や独自の決済や物流の内容がアップされています。つまり、過去問題のその出題例が無く、『現場=試験時間に考えろ!』とする出題に特徴があります。これに対応するには、どのような出題内容であろうとも、パニックに陥って自分を見失うことなく、設問記述から、解答への糸口を適正・迅速に見つけ出す『事務処理能力』を高めていく術しかありません・・。

Blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_21523450.jpg

[PR]
# by Gewerbe | 2017-05-15 21:52 | Trackback | Comments(0)