貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
sosoさんへ: コメ..
by Gewerbe at 10:08
"公表の「各6割以上(実..
by soso at 09:22
早速コメント返していただ..
by HS at 23:25
by(HS)さんへ: ..
by Gewerbe at 22:59
いつもとてもためになる記..
by HS at 21:01
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
『DRIED BONITO ..
at 2017-10-17 17:38
『DRIED BONITO ..
at 2017-10-17 07:25
『DRIED BONITO ..
at 2017-10-16 23:34
『DRIED BONITO ..
at 2017-10-15 22:20
『DRIED BONITO ..
at 2017-10-15 03:54
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
『DRIED BONITO : KATSUOBUSHI(鰹節)-②』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4299)

「2年前のミラノ万博での”カツオ節事件”」を知って、何を感じるだろうか?
EU規制に従って、「カツオ節って、危険だったんだ!」と素直に思う人。「伝統的和食の食材を危険視するEUはケシカラン!と思う人」、「EU市場への和食拡大を妨害しようとする人々の圧力」・・、読取る人の捉え方によって、様々でしょう~。

 いうまでもなく、カツオ節そのものは自然界の材料から作られたものだ。カツオはもちろんカビ菌も、いぶす煙の元の木材も自然物である。
自然なんだから安全なはずという思いを持つ人もいるだろうが、実は自然界で作り出される毒物は意外と多い。フグ毒や毒キノコなどの毒物だって自然界で作り出されるものである。また無農薬栽培では、野菜そのものが天然性農薬様物質を生成するという研究結果も発表されている。それで我が身を齧る虫を追い払うというものだ。
 とは言え、EUの主張するように本当にカツオ節が危険食品かどうか?。本来はその毒性と摂取量のバランスを考えて論理的に判断すべきなのだが・・。

 日本政府は、ミラノ万博で使用する分に限って持ち込みを認めて欲しいと働きかけた。安全税に問題がない点を説明した上で、万博会場以外で展示・提供はしないからと”万博特例措置”として国産カツオ節の持ち込みを認めるよう働きかけた。
 しかし、これだって、厳密には変だ。安全だといいつつ、規制そのものの撤廃を主張するわけではないのである。

 ところで、フランスの大西洋沿岸のブルタニュー地方のコンカルノーにカツオ節工場を建てる計画が進行し、昨年の9月2日に始動した。鹿児島県枕崎市の枕崎水産加工協同組合などが出資して建設された。原料のカツオはインド洋で調達し、技術指導も日本が指導して製造するという。

 つまり政府のおよび腰に、その生き残りのために民間がしびれを切らして、海外進出を決めたのである。ある意味、これも日本の「産業の空洞化=”食の空洞化”」と言えるかもしれない。そのうち、”和食”の素材は全部海外調達となるのであろうか・・?
(記事抜粋:田中敦夫 氏 森林ジャーナリスト)
 ミラノ万博への我が国参加構成メンバーとして、農林水産省、経済産業省、国土交通省の幹事省に加え、JETRO(日本貿易振興機構)も参加している。公益財団法人として、”関税法規定”は十二分に理解し、「国際見本市会場としての保税地域規定」の中身は習熟していたはずである。日本政府全体としてのイタリアに対する交渉の”横の連絡協議”はなかったのであろうか・・。この問題に関しても、我が国の”官僚体制・縦割り行政”の弊害を強く感じる一面でした。
 と言うよりも、現状~今後において、「関税法第70j条 他法令の証明。確認」でこれらを運用していくことは、すでに無理な時点に達しているのではないでしょうか?米国の「国土安全保障省」のような、貿易・海外に係る部署を一元化した独立省庁の創設の必要性が迫られているようにも感じます。財務省、農林水産省、国土交通省・・この既得権保持と体制保持の縦割り行政の再構築のない限り、同様な問題を再び引き起こすような気がしてなりません・・。

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_7194924.jpg

[PR]
# by Gewerbe | 2017-10-15 22:20 | Trackback | Comments(0)
『DRIED BONITO : KATSUOBUSHI(鰹節)ー①」
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4298)

『ミラノ博覧会で発覚!「かつお節事件」の衝撃』

 我が国としてはミラノ国際博覧会の場を通じて、ユネスコ無形文化財遺産となった「和食」を大いに広めたい意気込みで臨んだ。
ところが、日本館でのレストランで使用する国産の水産・畜産物の食材の多くが、EUの食品安全規制に触れて持ち込めないことが発覚した。例えば、EU食品安全規制で毒魚とするフグや、細かな規制のある(牛肉以外の)国産肉類、乳製品、そして「カツオ節」だ。
カツオ節の製造・燻す(燻蒸)過程で発がん性の強いベンゾピレン等が発生し、規制値を超えるというのがその理由だ。また、高級カツオ節は乾燥・成熟の際にカビが付着するためにカビ毒の懸念も輸入禁止の理由と言われる。
カツオ節がなくては、”和食の基本であるダシ”を取ることができない。そこで農水省は、2014年5月から特例措置を創設するようにイタリア政府に働きかけていた。

『イタリアはEU食品規制のおひざ元』
 そもそもイタリアには食品の安全や品質、偽原産国表示品などフードチェーン全般をチェックするEU食品安全局の本部がある。
そのイタリアで、日本の食料品の安全と高品質が認められるならば、EU市場全域への道が開けることも夢ではなくなるかも知れない。-そんな期待が多少はあったのかも知れない。
 前年度から、我が国の食料産業局長がEU委員会保険総局を訪問し、動物由来食品の特例措置を協議するなど積極的に働いていた。その結果、「ミラノ国際博覧会へ持ち込む動物由来食品に関する動物衛生及び公衆衛生上の例外規制」が公表され、万博会場内での消費に限り、EUーHACCPの認定施設で製造されていなくても使用できることになったのであった。

 これで、日本産のカツオ節を使った”和食”をミラノ万博で存分に振る舞うことができるはずだった。だが、とんでもないことが発覚した。7月11日夜にステッリーネ宮殿で開催される”ジャパンデェイ記念レセプション”で、日本から持ち込んだカツオ節が使えないというものだった。
 特例措置が決められたはずなのに、なぜ使えなかったのか? その理由はきわめて単純なものだ。ステッリーネ宮殿は万博会場の外にある。そのため、保税施設として国内法の「特例措置」の対象にならないことだ。農水省はイタリアと交渉する際に、この問題にどうして気付かなかったのか。ジャパンデェイのレセプションをステッリーネ宮殿で行うことは早くから決まっていたことである。特例措置が適用される場所の範囲を「万博会場及びその関連施設」と付け加えれば済むことではなかったのか?
(記事参考:安積明子 氏・ジャーナリスト 週刊東洋経済)

(次号予定):
「レセプションでは、EU産のカツオ節を使用」
「念願のEU輸出へ・EU-HACCP認定書取得、焼津港」~
「フランス・ブルタニューにカツオ節工場、枕崎港」~

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_19261035.jpg

 

[PR]
# by Gewerbe | 2017-10-15 03:54 | Trackback | Comments(0)
『Milano Expo-2015 -Japan day』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4297)

 2年も前に開催された国際博覧会の話題を、なぜに今頃になってアップするのか? 
世界的な”和食ブーム”、”食の空洞化”に係る重要な転機となる、ある事件がありました。

『ミラノ国際博覧会(2015年) 2015年5月1日~10月31日(184日間)』
 「地球に食料を、生命にエネルギーを」のスローガンを掲げたミラノ国際博覧会は、2年前に184日間に渡って開催、184ヶ国・地域・国際機関と約2000万人が訪問した”世界最大の食のイベント”でした。

 我が国の、ミラノ国際博覧会への参加については、平成24年3月の閣僚会議了承により、農林水産省、経済産業省を幹事省、国土交通省を副幹事省とし、独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)を参加機関として公式参加。「日本館」は、展示デザイン部門で金賞を受賞し、”行列嫌いのイタリア人を並ばせた”と、10時間待ちの日も発生するなど人気バビリオンとなった。

 このイベントに日本政府はなみなみならぬ意欲を示してきた。世界の”食の市場”は今後10年間で340兆円~680兆円と倍増することが見込まれており、日本の農水産業や食品産業の発展のために、なんとしてもそのその成長を取り込む必要があると考えているためだ。
 2020年には日本産の農林水産物・食品の輸出額1兆円を目指しており、ミラノ博覧会は”日本食”を世界にアピールするのに絶好の機会だったのである。
万博参加にかかる費用75億円のうち、50億円は幹事省である農林水産省と経済産業省が拠出し、残りは10億円をJAグループなどが負担。
会場に建設された「日本館」の面積が約4100㎡で、参加国中5番目に広いというのも、日本政府の本気度がうかがえた。
 だが、そこには”大きな”カベ”があった。
その”壁”とは、きわめて厳しいEU(欧州連合)の「食品輸入規制」だ。EU は食品輸入に極めて厳しいことで有名で、原則としてEU認定施設で製造されたものしか輸入を許可しない。
『HACCP(ハサップ)』=国際的な食品衛生管理システム。元々は、アメリカのNASA(アメリカ航空宇宙局)が開発した食品安全基準。
(記事参考:安積明子 氏 東洋経済オンライン 2015/07/10)

 次号では、『DRIED BONITO : KATSUOBUSHI』の話題をアップしてみます。
blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_7194924.jpg

[PR]
# by Gewerbe | 2017-10-14 12:16 | Trackback | Comments(0)