貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
sosoさんへ: コメ..
by Gewerbe at 10:08
"公表の「各6割以上(実..
by soso at 09:22
早速コメント返していただ..
by HS at 23:25
by(HS)さんへ: ..
by Gewerbe at 22:59
いつもとてもためになる記..
by HS at 21:01
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
『DRIED BONITO ..
at 2017-10-17 17:38
『DRIED BONITO ..
at 2017-10-17 07:25
『DRIED BONITO ..
at 2017-10-16 23:34
『DRIED BONITO ..
at 2017-10-15 22:20
『DRIED BONITO ..
at 2017-10-15 03:54
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2017年 09月 ( 35 )   > この月の画像一覧
『第51回・通関士試験ー「読解力」=沈着・冷静、迅速・正確』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4277)

 「申告官署の自由化」、「通関業法改正」や「税法改正」、「不服申立て」などや、グローバル化が急進展下での通関に係る抜本的な諸改正が盛り込まれた半世紀後半の初回となる「第51回 通関士試験」が3日後と迫りました。

 このブログで、「輸入貨物の分類回答事例」や「関税評価回答事例」を継続してアップしていますが、特別にこれらの具体的な輸入貨物の分類問題や関税評価=課税価格の決定問題を想定し、その出題を恐れてアップしているのではありません。

「分類解答事例」に関して言えば、HS条約品目分類規定に基づく実行関税率表の”解釈の通則”、とりわけ、通則ー1による「部、類及び節の表現は、単に参照上の便宜のために設けたもので、物品の所属は、項の規定これに関係する部又は類の注の規定に従う」の実態への留意の必要性であり、
「関税評価回答事例」に係るアップは、その”加算/非加算の判断”において、関税定率法第4条中に記載さえる”語句”での短絡的な判断ではなくて、その語句が使用されている輸入貨物の輸入取引きの実態内容の把握判断です。
 近年の通関士試験における問題構成の特質として、従来の”受験学習の特徴とする「記憶からの語句・記述との短絡的判断」を避け、受験者の実質的な「理解度、判断能力」を問う、複数の”語句”や”規定”を組合せ、受験者の判断のスクランブル=混乱を狙う意図的な問題への傾向が強いです。
 むろん、適正な判断のためには、「基礎的知識の記憶」ガ基礎となることは言うまでもありませんが、現状の通関士試験がその合格者に求めるものは、「記憶した各規定内容の内容を”どこまで”理解できているか?”、”輸出入の実態に対し、どこまで規定を対照できるか?”の各受験者の総合的な「事務処理能力」であり、それは一重に問題に向かう「読解力」=(問題への”沈着・冷静”、”迅速・適正”な読み込みと判断力です。←(それが、今の通関士試験の”本質”です)
 次日曜日(10月1日)の第51回通関士試験の試験日には、遠方から早起きして試験会場に駆けつける受験者も多いと思います。
この「読解力」を最大公約数的に発揮するためには、”身心ともに最良のコンディションで臨む”ことが必要とされることは言うまでもありません。残る=3日、もう”最後の追い込み”という時期でもありません。睡眠不足を重ねたり、風邪をひいたり、お腹をこわしたりして体調不良に陥ることを避けることを最重点におき、現状でどのようなレベルであっても、自己の心身共に最良な状態で試験に臨めるよう、気持ちの安定に残る三日間を過ごしてください。
”焦りと不安”からの精神的不安定は、3日後の本試験での”最大の敵”となります。

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_03142350.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2017-09-27 04:55 | Trackback | Comments(0)
『輸入貨物の所属区分ー「化学的に調整された”海水” 化粧品材料」』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4276)

『海水成分を科学的に調整したもの : 第38.24項』
【貨物概要】
 ”海水”から不純物を除去した後、乾燥し、化学的方法により塩化ナトリウム分を約30%まで減少させた無機混合物。
[主な成分]
 塩化マグネシウム  38.5%
 塩化ナトリウム   30.5%
 硫酸ナトリウム   19.9%
 塩化カリウム     5.4%
 臭化カリウム      0.7%
 塩化カルシウム    0.1%
[用途]
 化粧品の原料
【分 類】
 関税率表第3814.99号ー4 (統計品目番号 3824.99-999)の、他の項に該当しない化学工業調製品
【運類理由】
 ”海水を乾燥した塩ではなく、化学的方法によりその成分割合を調整して製造されたものですので、第25.01項には分類されません。
また、第30類=の「医薬品」として調整されたものでもなく、第33.07項=「浴用塩」でもないことから、他に該当する項のない化学工業製品であり、上記の通り分類されます。
(記事出所:税関HP 分類回答事例)

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_19245819.jpg

  
 

[PR]
by Gewerbe | 2017-09-26 22:23 | Trackback | Comments(0)
『輸入貨物の所属区分ー「ロールキャベツ=第20.05類」』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4275)

『ロールキャベツ 第20.05項』
【貨物概要】
 ミンチ肉及びたまねぎを調味し、ボイルしたキャベツで包み、トマトケチャップで調味したロールキャベツの缶詰。
肉及びキャベツは、それぞれ全重量の15%及び70%で、調味に使用したトマトケチャップには砂糖(製品全体の0.3~0.4%程度)が含まれている。
「一缶当たりの重量」:800g(容器ともの重量)
【分 類】
 関税率表第2005.99号ー2-(4)-A-(b) 統計番号 2005.99-919)の”気密容器入りの混合野菜の調製品”
【分類理由】
 肉の含有量が全重量の15%、キャベツが70%であり、第16類注2及び第20類注1(b)の規定から、第16類の肉の調製品には分類されず、第20類の混合野菜の調製品(第2005.99号)に分類されます。
 また。トマトケチャップ中の砂糖は、国内分類例規第19.02項、第20.01項~第20.05項又は第21.06項の【1.関税率表番号・第20.05項における「砂糖を加えたもの」の解釈により、「砂糖を加えたもの」とはならないこと、容器の種類、容器ともの重量から、上記のとおり分類されます。

(注記)
 関税を課する場合の基礎となる貨物の性質は、特定の場合を除き、当該貨物の輸入申告の時における現況によります(関税法第4条)
(記事出所」税関HP 分類回答例規)

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_19245819.jpg


[PR]
by Gewerbe | 2017-09-26 19:19 | Trackback | Comments(0)
『輸入貨物の所属分類ー「類の注の規定」』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4274)

『ステンレス鋼のフラットロール(銅を圧着したもの)第7220.90号』
【貨物概要】
 銅板を圧着(クラッド)したステンレス鋼のフラットロール製品

 圧延したステンレス鋼板(炭素含有量1.2%以下、クロム含有量10.5%以上)
 に銅板をクラッド処理したもの
 厚さ0.4mm(ステンレス板0.3mm、銅板0.1mm)、幅600mm未満の
 ロール状
 雨どいの主材料として使用する。
【分 類】
 関税率表第7220.90号(統計番号7220.90-000)のその他のステンレス鋼
 のフラットロール製品(幅が600mm未満のもの)
【分類理由】
 本品は、幅が600mm未満のステンレスロール製品で、銅板をクラッドした
 ものであることから、
 関税率表第15部注7、同表第72.20類注1(e),(k)及び
 注2、同表解説第72類総設(Ⅳ)(c)(2)(e)、
 同表第72.20項並びに関税率表解説第72.20項
 の規定により、上記に分類される。
【参 考】
[関税率表第72類 注2】
 材質の異なる鉄鋼によりクラッドした鉄鋼の物品は、重量が最大の鉄鋼
 から成るものとみなしてその所属を決定する。
(記事出所:税関HP 分類事例)

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_03142350.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2017-09-26 06:46 | Trackback | Comments(0)
『法令解釈の”思い込み”での落し穴』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4273)

 前号では、「特例輸入者」における輸入申告貨物の検査場所に係る出題例をとらえ、「輸入(納税)申告」や「保税原則」が特例扱いとなる特例輸入者であっても、同じ関税法内でありながら、異なる条文である「検査場所」においては、”特例輸入者であろうとも、”指定検査場所以外の他の場所での検査を受けるには税関長の許可を要する」と言うような”各法令規定間の”アンバランス”が五肢選択問題での失点につながる落し穴となるとアップしました。このポイントに関し、次の出題例はいかがでしょうか?

罰則ー(関税法第108条の4~第118条)』
【問題】
 火薬類を不正に輸出した者は、関税法第108条の4第1項(輸出してはならない貨物を輸出する罪)の規定により10年以下の懲役又は3千万円以下の罰金に処せられることがある。
【解答】
 × 誤り 問題は誤った記述である。
【解説】
 火薬類は、(輸出してはならない貨物)ではないので、これを不正に輸出しても、関税法第108条の4第1項により処罰されることはない。

(※)(輸入してはならない貨物)として「火薬類」は規定されています。(関税法第69条の11第1項第4号)
 これらの受験者の思考のスクランブルを突いた出題の組込みによる五肢選択問題での”丸々の失点”となる危険性を充分に理解する必要があります。

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_19245819.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2017-09-25 11:04 | Trackback | Comments(0)
『整理された法令解釈の必要性ー(原則):(特例)』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4272)

 急激な貿易量の増大と経済のグローバル化は関税法の法令整備が追いつかず、「原則規定」が残されたままで「特例規定」が積み重なり、法令内部においても、「特例規定」と「原則規定」との解釈が”矛盾”する内容も多々発生し、これら「受験者の法令判断の混乱・・」を見事についた出題が、特に「五肢選択問題」の一つに組込まれているケースが見受けられます。次の出題例はいかがでしょうか?

『貨物の検査場所( 関税法第69条)』
【問題】
 「特例輸入者が税関長の指定した場所以外の場所でえ関税法第67条(輸出又は輸入の許可)の検査を受けようとするときは、同法第69条第2項(貨物の検査場所)の規定による税関長の許可を受けなければならない」
【回答】
 〇 正しい記述である。
【解説】
 輸入申告に係る貨物の検査は、原則として、税関長が指定した場所で行うものとされており、当該検査指定場所以外の場所で検査を受けようとする者は、特例輸入者であっても、税関長の許可を受けければならない。
(関税法第69条)
【留意】
 特例輸入申告は、①「輸入(納税)申告」=輸入申告と納税申告の分離独立の申告が許される特別例外申告であることに合わせ、いま一つの特徴である、②「保税搬入原則」の特例でもあり、その貨物を保税地域に搬入することなく、その申告ー許可が可能とする特質が許された特例です。=つまり、関税法の原則規定である、輸出入の通関において貨物を税関の管理する「保税地域に搬入することは要しません。しかし、この「保税地域搬入の原則」が特例となっているのは、申告ー許可であって、「貨物の指定検査場所」の規定までには及んでいません。
(※)
 一般的・常識的な解釈で、「特例輸入申告」をとらえて、それを他の関税法規定までをも判断すると、「税関長の届出」でよいとかの出題の”トラップ(落とし穴)”に見事に嵌ります。

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_03142350.jpg





[PR]
by Gewerbe | 2017-09-25 09:31 | Trackback | Comments(0)
『関税評価ー無償供与原材料に係る検査依頼費用』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4271)

質問をもらったのですが、「アドレス表示不表示」のため、発信者不明で、直接返信することができませんので、このブログで回答します。

質問は、「HA・完全攻略ガイド 巻末の練習問題・「輸入申告書 記-8」(808P)の解釈についてでした。

【テキスト・設問記述】
「8.輸入者(買手)は、仕入書の5番目の商品の生産に使用する原料の一部を買手と特殊関係にない韓国に所在するP社からUS$500.00(送料込み)にて購入し、輸出者(売手)に無償で供給するが、不良品を避けるため、P社から取得する前に、韓国に所在する検査機関にP社でのその原料の検査を依頼し、その検査に係る費用US$100.00を支払っている。

【テキスト・解説】
 仕入書価格に含まれる費用等ー無償提供した原料の費用(US$500.00)とその原料の検査費用(US$100.00)は現実支払い価格を構成する費用であるので、共に加算する。ただし、仕入書の5番目の商品にのみ使用される原料であるため、仕入書5番目の商品にのみ加算する。

【感想意見】
 最近の試験問題の特徴の一つとも言えるかと思いますが、”回答者の”読解・判断能力”を問う問題構成です。課税価格の決定に係る複数の要件を組合わせて、回答者の判断の”ブレ”を誘うための意図的な記述です。
ポイントは「輸入取引きの輸入貨物に買手によって無償で供与された、輸入貨物に組込まれた原材料」に、「買手による検査費用」が、あえて付加されています。
 「輸入取引きの輸入貨物に買手によって無償で供与された輸入貨物に組込まれた原材料に係る費用」は、特殊関係に無い相手からの場合は”その取得費用”とする規定ですから、当然にその原材料の検査費用も「無償供与原材料の取得費用の一部となり加算要素」になります。
(※)
 ここに、「その検査を検査機関に依頼した費用(US$100.00)の内容をもってきたのは、問題作成者の意図的なもので、”買手都合による検査費用”との判断で、回答者の解釈の思考スクランブルを狙うものであり、関税定率法第4条での(検査費用)の解釈はこの場合、無関係=考慮すべき必要性がない要件となります。

 必要とされることは、あくまでも「迅速・適正、沈着・冷静な”読解力”」で、(課税価格の決定方法)の規定の中に記述される”語句”のみに短絡的にとらわれず、記述の”実態解釈”の一言に尽きます。

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_03142350.jpg


[PR]
by Gewerbe | 2017-09-24 23:38 | Trackback | Comments(0)
『関税評価ー「輸入貨物の検査機器の費用」』
a0061688_13232163.jpg
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4270)

☆ 「買手の意向による輸出国での検査」に係る費用の扱いは、”わずかな実態の違い”により、「加算要素」ともなり、反対に「買手都合による自己都合検査」として非加算とも成り得ますので、加算/非加算の決定に慎重な判断を要するものの一つと言えます・・。

『輸入貨物の検査機器の費用』
【照会要旨】
 当社(買手)は、売手からアルミホイールを購入(輸入)しています。輸入貨物にゆがみによる不良品がしばしば含まれていたため、今般、当社は、輸入貨物の生産工程において、ゆがみを検知する検査機器を売手に無償で提供し、その検査機器による検査に合格したもののみを輸入することを売手と取決めました。
 輸入貨物の課税価格を計算するにあたって、当社が無償で提供した検査機器に要する費用の額を、現実支払価格に加算する必要がありますか?
【回答要旨】
 上記の取引において、貴社が無償で提供した検査機器は、「輸入貨物の生産のために使用された工具。鋳型又はこれらに類するもの」に該当し、その検査機器に要する費用の額を、現実支払価格に加算する必要があります。
(理 由)
 「輸入貨物の生産のために使用された工具、鋳型又はこれらに類するもの」が買手により無償で提供された場合は、その物品に要する費用の額を現実支払価格に加算することとされています。
 貴社(買手)により無償で提供された検査機器によって行われる検査は、その検査に合格した貨物のみを売手が買手に引き渡すために、生産工程において行われるものであることから、その検査機器は、輸入貨物の生産のために使用された工具等に該当します。
【関係法令通達】
関税定率法第4条第1項第3号ロ
(記事出所:税関HP 質疑応答事例(関税評価))

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木


[PR]
by Gewerbe | 2017-09-23 08:57 | Trackback | Comments(0)
『関税評価ー輸出国で廃棄した貨物に組込まれた副資材の費用』
 「貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4269)
『輸出国で廃棄した貨物に組込まれた副資材の費用』
【照会要旨】
 当社(買手)は、売手から靴を購入(輸入)します。また、当社は、輸入貨物に組込むバックルを売手に無償で提供しました。
無償提供したバックルは計画通り全て靴の生産に使用されましたが、生産した靴の一部に不良が発生したため、不良品については売手が輸出国で廃棄しました。なお、廃棄した不良品の数量については、廃棄業者が発行した廃棄証明書により確認できます。
 輸入貨物の課税価格を計算するにあたって、廃棄された靴に使用されたバックルに要した費用の額を、現実支払価格に加算する必要はありますか?
【回答要旨】
 上記の取引きにおいて、売手により輸出国で廃棄された靴に使用されたバックルは、「輸入貨物に組込まれている材料、部分品又はこれらに類するもの」に該当しませんので、そのバックルに要した費用の額を、現実支払価格に加算する必要はありません。
(理 由)
「輸入貨物に組込まれている材料、部分品又はこれらに類するもの」が買手により無償で提供された場合は、その物品に要する費用の額は、現実支払価格に加算することとされています。
 しかしながら、貴社(買手)により、無償で提供されたバックルのうち、不良品として売手により廃棄された靴に使用されたものは、実際に輸入された貨物に組込まれたものでないことが、廃棄業者が発行した廃棄証明書により確認できますので、そのバックルに要した費用の額は、輸入貨物の現実支払価格に加算する必要はありません。
【関係法令通達】
 関税定率法第4条第1項第3号イ
(記事出所:税関HP 質疑応答事例(関税評価))

 この「関税評価・質疑応答事例(関税評価)」のアップは、”輸入申告書作成問題や課税価格計算問題を簡単な内容で、いかようにも複雑な問題が作成できる”ことの一つの例としてアップしました。具体的には、「実際に輸入された良品の靴の数量」と「廃棄された不良品の靴の数量」とで、無償提供されたバックルの費用及び運送等に要した費用を”按分計算”し、「実際に輸入された良品の靴のする数量分のみのバックルの費用」だけを課税価格に加算することとなります。
 なお、「不良品」、「スペア用」、「予備品」、「補修用」とその実態によって、「加算:非加算」の扱いは異なってきますので、適格・迅速に記述の内容を正確に読解・判読する必要があります。

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_19245819.jpg
 

[PR]
by Gewerbe | 2017-09-23 07:06 | Trackback | Comments(0)
『関税評価ー「代替品として輸入される無償貨物の課税価格」』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4268)

『代替品として輸入される無償貨物の課税価格』
【照会要旨】
 当社(買手)は、売手からフェイスマスクを購入(輸入)しましたが、輸入後にカビが発生していることが判明しました。売手と協議した結果、その貨物を廃棄処分とし、その代替品として、廃棄処分した貨物と同一の貨物が、翌週に無償で送られることとなりました。
 売手から当社宛てに送付された代替品の仕入書価格は、売手が便宜上設定したもので、前回輸入した貨物の仕入し価格の1/10の価格となっています。
 輸入貨物である代替品の課税価格は、仕入書価格(前回の1/10の価格)を現実支払価格として計算できますか?
【回答要旨】
 上記の取引きにおいて、貴社が輸入する代替品は無償貨物であり、”輸入取引きによらない輸入貨物”ですので、現実支払価格に基づく【輸入貨物の取引価格による方法】により課税価格を計算することはできません。
(理由)
 輸入取引により輸入される貨物の課税価格は、原則として、現実支払価格に運賃等(加算要素)の額を加えた取引価格となりますが、「輸入取引」とは、本邦に拠点(住所、居所、本店、支店、事務所その他これらに準ずるもの。)を有する者(個人であるか法人であるかを問わない。)が買手として貨物を本邦に到着させることを目的として売手との間で行った売買であって、現実に当該貨物が本邦に到着することとなったものをいいます。
 上記の取引における前回輸入した貨物の代替品は無償貨物であり、輸入取引き(売買)によらない輸入貨物ですので、原則的な方法である「輸入貨物の取引価格による方法」により、その課税価格を計算することはできません。

 したがって、関税定率法第4条の2(同種又は類似の貨物に係る取引価格による方法)以下の規定により課税価格を決定することとなります。
 なお、上記の取引における代替品は、前回輸入した貨物と同種の貨物であり、その同種の貨物の本邦への輸出の日に近接する日に本邦へ向けて輸出されたものですので、前回輸入した貨物の課税価格が「輸入貨物の取引価格による方法」により計算されたものであれば、その前回輸入した貨物の取引価格により課税価格を計算することとなります。
【関係法令通達】
関税定率法第4条第1項、第4条の2第1項
関税定率法施行令第1条の10
関税定率法基本通達4-1(1)、4-1の2(1)イ、4の2-1(1)、(3)、(4)
(記事出所:税関HP 質疑応答事例ー関税評価)

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_19245819.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2017-09-22 08:01 | Trackback | Comments(0)