貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
フォロー中のブログ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
sosoさんへ: コメ..
by Gewerbe at 10:08
"公表の「各6割以上(実..
by soso at 09:22
早速コメント返していただ..
by HS at 23:25
by(HS)さんへ: ..
by Gewerbe at 22:59
いつもとてもためになる記..
by HS at 21:01
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(3)
その他のジャンル
Skypeボタン
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2017年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧
『通関士試験・関税法等科目 (五肢選択問題)』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4251)

 本試験まで残る一カ月となるこの時期となると、「通関実務科目への対応不足・・」への焦りが高まり、申告書等の問題に集中して「関税法等試験科目」への演習がないがしろとなりやすい時期です。
 例年の合否基準は「各科目ともに満点の6割以上の正解」が標準となっていますが、現状の問題形式において、6割以上の正解を得ることは思うほど簡単ではありません。「択一式問題」、「五肢選択問題」ともに、得点に繋がらないような(ミスを誘う)伏線があちこちに仕掛けられています。

【問題】
「総合保税地域に入れられた外国貨物のうち、総合保税地域における販売又は消費を目的とするものに対し関税を課す場合の基礎となる当該貨物の性質及び数量は、総合保税地域に置くことが承認された時における現況による」
【回答】
 × 設問の記述は誤っている。
【解説】
 総合保税地域に入れられた外国貨物のうち、当該貨物を販売又は消費することを目的とするものは、当該貨物を入れることの届出がされた時(置くこと承認された時ではない。)の現況によって課税物件が確定することになっている。
(関税法第4条第1項第3号の2、第62条の1)

【販売・消費を目的として保税展示場・総合保税地域に入れられた貨物の課税物件の確定の時】
1)保税展示場において、販売・消費、加工、製造、有償で観覧又は使用される貨物
 ー保税展示場に外国貨物を入れることの承認の時
2)総合保税地域において、販売・消費、有償で観覧又は使用される貨物
 -販売用貨物等を入れる届出がされた時
3)総合保税地域に置くことの承認を受けた貨物で、展示・使用等の理由により
  価値の低下があった貨物で税関長の承認を受けたもの
 ー輸入申告の時
『総合保税地域』は、「保税蔵置場」=外国貨物を置くこと、「保税工場」=外国貨物を加工すること、「保税展示場」=外国貨物を展示すること、いずれもができる場所して許可された一連の保税地域であり、単独の施設・設備の「連合保税地域」ではなく、”外国貨物を置く、加工、展示”するといずれのことをすことが許されているという保税”機能の総合地域”です。
 設問中の「販売・消費を目的として~」という記載だけを安易に捉えて、「保税展示場」の規定に走り、「総合保税地域」との差異を失念しやすい注意すべきポイントの1つではあります。 「五肢選択肢問題」においては、このような受験者が”誤りやすい箇所”をその選択肢の一つに組合わせてくるのが、近年での出題の特徴となっています。
(※)
 この記述が、「保税展示場」と「総合保税地域」の両方の”課税物件の確定の時」に出て来る言葉であり、この二つの保税地域はその機能が異なることを失念しています・・・。

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_03142350.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2017-08-30 22:07 | Trackback | Comments(0)
『関税率表の解釈に関する通則 (みりん)は”酒”か”調味料”か?』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4250)

『”みりん”は、第22類の「酒」か、第21類の調味料か?』
 前号では、調味料として用いられる「ワインビネガー」の回答事例を取り上げ、第22類の(注の規定)により、第22類に属する旨の話題をアップしました。
 では、このワインビネガーと使用目的は類似の料理調味料としての「みりん」の関税率表の解釈の扱いは、「酒=第22類」になるのでしょうか?それとも、「調味料=第21類」になるのでしょうか?

 結論から言うと、「みりん」という語句からのみでは、第22類:第21類の何れへの所属区分の確定はできません。申告時のみりんの組成の現況で、その所属区分は双方に分かれます。
 関税率表第22類(注1(a)「料理用に調整したこの類の物品(第22.09項のものを除く。)で飲料に適さない処理をしたもの(主として第21.03項に属する。)とは、アルコール飲料に調味料、香辛料その他これらに類する物品(以下「調味料等」を加えたもの)で、飲料び供することが困難なもののうち、料理用に用いられることがラベル等の記載から明らかに認められるものをいう。
 なお、ラベル等に料理用である旨の記載がされてあるものであっても、調味料等を加えていないもの、及び調味料等を加えたものであっても、”みりん”等の原料に使用するものは第22類のアルコール飲料に属する。

「みりん」
みりん(味醂、味醂)は、日本料理の調味料や飲料(お屠蘇)に用いられる飲料の一つで、混成酒に分類される。「みりん風調味料=第21類」と区別するため「本みりん=第22類」と呼称されることがある。


blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_03142350.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2017-08-29 21:49 | Trackback | Comments(0)
『関税率表の解釈に関する通則ー通則1、通則6 (ワインビネガー)』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4249)

『ワインビネガー(食酢) 第2209.00号』
【貨物概要】
 ワインビネガーに濃縮ぶどう果汁を混合し、樽で熟成したもの。
(製法):ワインビネガーと濃縮ぶどう果汁を混合→樽で酢酸発酵(8ケ月以上)
     →品質検査→瓶詰→箱詰
(原料):ワインビネガー、濃縮ぶどう果汁
(性状):液体
(用途):調味、香味付け用
(包装):250ml/瓶

【分 類】
 関税率表第2209.00項(統計番号2209.99-000)の食酢

【分類理由】
 ワインビネガーに濃縮ぶどう果汁を混合し、樽で酢酸発酵した食酢であり、関税率表第22.09項の規定により、上記のとおり分類された。

(参 考)第22類 飲料、アルコール及び食酢
 「注1」-この類には次の物品を含まない。
  (a)料理用に調整したこの項の物品(第22.09項のものを除く。)で飲料に適さない処理をしたもの。
    (主として第21.03項に属する。)
(注記):関税を課する場合の基礎となる貨物の性質は、特定の場合を除き、当該貨物の輸入申告の時における現況によります。
    (関税法第4条)

(記事出所:税関HP 輸入貨物の所属区分事前教示回答事例)

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_03142350.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2017-08-29 04:27 | Trackback | Comments(0)
『関税率表の解釈に関する通則ー通則3(b)』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4248)

『関税率表の解釈に関する通則』
 通則3-「二つ以上の材料又は物品からなる所属の決定方法」
(通則3(b))
 「混合物、異なる材料から成る物品で、異なる構成要素で作られた物品及び小売用のセットにした物品であって、(a)で所属を決定できないときは、当該物品に重要な特性を与えている材料又は構成要素から成るものとして、その所属を決定する」。 

(参)3(a):最も特殊な限定をしている項が、これよりも一般的な記載をしている項に優先する。

『とうポット』ー第39.24項

【貨物概要】
 プラスチック製の水さし。容器及び取手部分はとう(藤=ラタン)の組物で覆われている。
(プラスチック製の水差しを、とう(ラタン)を組んで覆い、籠(カゴ)状にしたもの)

【分 類】
 関税率表第3924.10項(統計番号3924.10-000)のプラスチック製の食卓用品

【分類理由】
 水差しとして食卓で使用されるものであり、表面を覆っているとう(藤=ラタン)の組物は単なる装飾のためのものと認められることから、容器を形成するプラスチックが重要な特性を与えているものとして、関税率表の解釈に関する通則3(b)の規定を適用し、上記のとおり分類されます。

[注記]
 関税を課する場合の基礎となる貨物の性質は、特定の場合を除き、当該貨物の輸入申告の時における現況によります。(関税法第4条)

(記事出所:税関HP 輸入貨物の所属区分の回答例示]

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_22473313.jpg


[PR]
by Gewerbe | 2017-08-28 21:02 | Trackback | Comments(0)
『関税率表の所属の決定ー②』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4247)

 前号では、2015年度通関士試験で・通関実務科目第5問の「風車の柄にキャンディが詰められた製品」の関税率表の適用上の決定の出題を取上げましたが、次の問題はその前年=2014年通関士試験・実務科目第5問です。関税率表の解釈に関する通則3(b)の解釈限定に関して類似、かつ、解釈内容の異なるの出題を続けて設定してくるとは~・・・。

『214年通関士試験 通関実務科目(その他の問題)第5問』
 次の物品について、関税率表の適用上の所属を決定するにあたり、適用する関税率表の解釈に関する通則の正しいものはどれか。すべてを選び、その番号をマークしなさい。

「クリーンルーム清掃用の綿棒(長さ13cm、直径3mm)で、ポリプロピレン製の柄(第39類)の一方の端に二層のポリエステル製編物が熱圧着により取付けられている。本品は紡績用繊維の編物の製品として第6307.90号に分類されるものである。」
【選択肢】
1.通則ー1、2.通則ー3(b)、3.通則ー3(c)、4.通則ー4、5、通則ー6 (※ 通則内容の記述あり)
【正 解】
1,2,5
【解 説】
(正=1,2,5)
 設問の物品は、ポリプロピレン製の柄及び二層のポリエステル製編物の二つの異なる構成要素で作られた物品であることから、関税率表の解釈に関する通則ー3(b)を適用し、当該物品に重要な特性を与えている構成要素を決定しなければならない。
 当該物品に重要な特性を与えている構成要素は、クリーンルーム清掃に使用するポリエステル製編物と考えられ、紡績用繊維の編物の製品として分類されたと解釈される。
 また、設問の物品が紡績用繊維の編物の製品として第6707.90号に分類されるものであるということは、通則ー1の適用により第6307.90号の所属が決定されるものである。
 したがって、選択肢1.(通則ー1)、選択肢2.(通則ー3(b)及び選択肢5.(通則ー6)が関税率表の所属を決定するにあたり、適用する通則の正しいものである。
(誤=3,4)
 選択肢3(通則ー3(c))及び選択肢4(通則ー4)は、設問の物品の所属の決定に関与していない。
(※) 5.「通則ー6」
 この表の適用に当たっては、項のうちいずれの号に物品が属するかは、号の規定及びこれに関係する号の注の規定に従い、かつ、前記の原則を準用して決定するものとし、この場合において、同一の水準にある号のみを比較することができる。この6の原則の適用上、文脈により別に解釈される場合を除くほか、関係する部又は類の注も適用する。
(記事出所:通関士試験 問題・解説集(平成29年度版) (公財)日本関税協会)

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_19245819.jpg


[PR]
by Gewerbe | 2017-08-25 17:58 | Trackback | Comments(0)
『関税率表の適用上の所属の決定』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4246)

 通関士試験の「通関実務・その他の問題:15問」の内には、「輸入物品の実行関税率表における所属区分」に係る出題が5問程度あります。具体的な輸入物品の実行関税率番号の決定、又は、類・項に含まれない物での出題に加え、近年の通関士試験においては、『関税率表の解釈の通則(通則1~通則6)』の基本的な理解を求める出題が増えてきていることにその特徴があります。”個別の輸入物品の実行関税率番号の暗記”に走り、その基本とする「通則規程の理解」を怠っていると、この分野での出題をことごとく失点する危険性が大です・・。

【2015年度通関士試験問題・通関実務第5問】
 次の物品について、関税率表の適用上の所属を決定するにあたり、適用する関税率表の解釈に関する通則及び関税率表の類注の正しいものはどれか。全てを選び、その番号をマークしなさい。

「プラスチック製の風車(直径70mm)であって、透明な硬質プラスチック製の柄(長さ140mm、直径10mm)の内部にキャンディ(砂糖菓子)が詰められている物品。本品はがん具として第95.03項に分類されるものである。」
[選択肢]
1・通則ー1、2・通則ー3(b)、3・通則3(c)、4・第17類(糖類及び砂糖菓子)、5・第95類(がん具)
【正解】:1、5
【解説】
 設問の物品を構成している風車及びキャンディは小売用の形態と考えられるが、関税率表の解釈に関する通則3(b)の小売用のセットにした要件(ある特定の必要性を満たすため又はある特定の活動を行うために共に包装されたもの)を充足しないことから、通則3(b)には該当せず、当該物品が単独で提示される場合は、それぞれ該当する項に属する。
 設問によれば、がん具として第95.03項に分類されるものであるということを考慮するとがん具の重要な特性を有する組合せにしたものであると考えられ、選択肢5(第95類注4)に従って所属が決定されることになる。
 類注の規定に従って所属が決定されたことは、選択肢1(通則1)が適用されたことになり、1及び5が正しい正解の組合せとなる。
(記事出所:通関士試験 問題・解説集(平成29年度版)-(公財)日本関税協会)

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_03142350.jpg


[PR]
by Gewerbe | 2017-08-24 20:07 | Trackback | Comments(0)
『インターネットによる事前教示照会の取扱いの変更について』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4245)

『インターネットによる事前教示照会の取扱いの変更について』
平成25年4月1日~実施  (財関第222号 平25/03/12)
 一昨年の改正により、「事前教示」の照会が、”文書による照会”と同様、輸入申告の際に尊重される回答書を受取ることができるよう改正されましたが、”一定の条件を満たす”ものについての限定内容がありますので、出題の記述内容の細部を注意する必要があります。

【変更の主なポイント】
 インターネットによる照会のうち、一定の条件(※)を満たすものについては、文書による照会と同様、輸入申告の際に尊重される回答書を受け取ることができるように改正となっています。
《(※)①~④全ての条件を満たすものが対象》
① インターネット用の様式(C第1000号ー13(関税分類)
 又はC第1000-16(原産地)に押印又は署名し、画像情報(PDF等)
 とした照会であること。
② 具体的な(架空の貨物でない)照会であること。
③ サンプル及び追加資料の提出等が不要であること。
④ 関税分類の一つの細分又は一つの原産地に確定した
 文書回答が可能と認められること。
 要は、インターネットでの照会と言えども、従来の「文書照会」での照会文書を電子画像として、PDFでインターネットでの送受信に代わるだけの内容とも判断できます。

 なお、回答書は、郵送又は照会者が希望する税関官署(日本全国可能)で受け取ることができます。
改正前の口頭による照会と同様の扱いも、引き続き利用できます。=(輸入申告に尊重されないインターネット照会)

blog by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_03142350.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2017-08-23 19:20 | Trackback | Comments(0)
『課税価格の決定・(加工賃のみを支払う場合)』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4244)

『加工賃のみを支払う場合』
【問】
 本邦の輸入者Iは、輸出者Eと委託加工契約を結び調整食料品を輸入します。輸入者は、輸出者に輸入貨物の原料を無償で提供し、生産された輸入貨物の輸入にあたっては、輸出者に加工賃を支払います。
 この場合、関税定率法第4条を適用して、仕入書(インボイス)に表示された加工賃に基づき、輸入貨物の課税価格を計算することができますか?

【答】
 輸入貨物の課税価格の決定の原則は、当該輸入貨物の「輸入取引き」がされた時に買手により売手に対して又は売手のために、当該輸入貨物つき現実に支払われた又は支払われるべき価格(現実支払価格)にその含まれない範囲内において「加算要素」を加えた額とすることとされています。

 また、本件の場合のように、本邦にある者(委託者)から委託を受けた者(受託者)が当該委託者から直接又は間接に提供された原料又は材料を外国において加工又は組立(加工等)をし、当該委託者が当該加工等によってできた製品を取得することを内容とする当該委託者と受託者との間の取引に基づき当該製品が本邦に到着することとなる場合には、当該取引きを輸入取引と、当該委託者を買手と、当該受託者を売手、当該加工等の対価として現実の支払われた又は支払われるべき価格とそれぞれみなして、課税価格の決定の原則を適用することとされています。

 なお、この場合において、「仲介料その他の手数料(買付けに関し当該買手を代理する者に対し、当該買付けに係る業務の対価として支払われるものを除く。)」とあるのは、「仲介料その他の手数料」とすることとされています。
【関係法令通達」 
 関税定率法第4条第3項
(記事出所:関税評価303第7版/No.177・(公財・日本関税協会)

blog up by Gewerbe  「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_03142350.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2017-08-22 22:45 | Trackback | Comments(0)
『郵便貨物の通関手続き』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4243)

『課税価格が20万円を超える輸入郵便物であっても、当該輸入郵便物が寄贈物品であり、かつ、当該輸入郵便物を輸入しようとする者から当該輸入郵便物につき輸入申告を行う旨の申出がなかった場合には輸入申告を要しない』
: 正しい、要しない

 価格が20万円を超える郵便物を輸出しようとする者(差出人)は、当該郵便物について関税法第67条(輸出又は輸入の許可)に規定する輸出申告を行う旨を日本郵便株式会社・通関局に申し出た後、税関長に対し、輸出申告をし、必要な検査を経て、輸出の許可を受けなければならない。
 また、その課税標準ななるべき価格が20万円を超える郵便物(寄贈物品、無償の貸与品、その他名宛人において郵便物の価格などを把握できないものを除く。)を輸入しようとする名宛人は・・・

【郵便による寄贈物品又は無償貸与品等の輸出入
 郵便で外国から送られてくる寄贈物品又は貸与品等(輸入取引によらないで輸入する貨物)については、その輸入者(名宛人)が、その課税標準となるべき価格を知ることができないものである。このため、寄贈物品、無償貸与品その他の名宛人において郵便物の価格などを把握できないものについては、輸入(納税)申告を要しないことにして、税関長がその課税価格を決定する。

 一方、郵便で輸出する貨物については、それが寄贈物品又は無償貸与品であっても、その輸出者は、当該貨物の価格が20万円を超えるかどうかを知っているので、輸入する貨物のように「寄贈物品、無償貸与品その他差出人において郵便物の価格などを把握できないものを除く」とはされていない。

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_19565893.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2017-08-21 22:03 | Trackback | Comments(0)
『輸入後に商標を付す場合に商標権者である売手に支払うロイヤルティ』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4242)

 前号では、『輸入後に調合され商標を付して販売する商品のロイヤルティ』として、炭酸清涼飲料の濃縮原液の輸入に係る関税評価”非加算”の例をアップしています。極めて類似する輸入取引きですが、今回は”加算”とされるロイヤルティの支払い例です。

『輸入後に商標を付す場合に商標権者である売手に支払うロイヤルティ』
【照会要旨】
 当社(買手)は、売手から紅茶を購入(輸入)します。当社は、商標権者である売手と輸入貨物の売買契約のはか、ライセンス契約を締結し、輸入貨物の代金とは別に、A商標の使用の対価としてロイヤルティを売手に支払います。
 また、このライセンス契約を締結することにより、当社は売手から紅茶を輸入することができます。
輸入貨物は、箱に詰められて輸入されますので、輸入(納税)申告時にはA商標を付してはいませんが、当社の工場において小売用の袋に詰めたものにA商標を付します。
 輸入貨物の梶価格を計算するにあたって、当社が売手に支払うロイヤルティを、現実支払価格に加算する必要がありますか?
【回答要旨】
 上記の取引において、貴社がライセンス契約に基づき商標の使用の対価として売手に支払うロイヤルティは、輸入貨物に係るものであり、かつ、輸入貨物に係る取引の状況その他の事情からみてその輸入取引をするために支払われるものと認められますので、現実支払価格に加算する必要があります。
(理 由)
 輸入貨物に係る商標権の使用の対価で、その輸入貨物に係る取引の状況その他の事情からみてその輸入貨物の輸入取引をするために買手により支払われるものは、現実支払価格に加算することとされています。
 上記の取引において、貴社(買手)が売手に支払う問いヤルティは、本邦において商標を付して販売された紅茶にに関するものであり、その紅茶は、箱に詰められていた輸入貨物(紅茶)を単に小売用の袋に詰め替えたものに過ぎないものであることから、「輸入貨物に係る」ものと認められます。
 また、そのロイヤルティは、貴社と売手とのライセンス契約により貴社により売手に対し支払われたものであり、その支払いがない場合には売手は輸入貨物を貴社に販売しないものとされますので、輸入貨物に係る取引の状況その他の事情からみてその輸入貨物の輸入取引をするために買手により支払われるものと認められます。
【関係法令通達】
・関税定率法第4条第1項第4号
・関税定率法施行令第1条の5第5項
・完成定率法基本通達4-13(2)、(3)ハ、(4)イ
・関税評価に関する取扱事例について 事例24

(記事出所:税関HP 質疑応答事例(関税評価))

blog up by Bewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_19245819.jpg




[PR]
by Gewerbe | 2017-08-20 23:26 | Trackback | Comments(0)