貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
sosoさんへ: コメ..
by Gewerbe at 10:08
"公表の「各6割以上(実..
by soso at 09:22
早速コメント返していただ..
by HS at 23:25
by(HS)さんへ: ..
by Gewerbe at 22:59
いつもとてもためになる記..
by HS at 21:01
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2016年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧
『関税法第138条第1項 (通告処分)-②』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (3129)

『通告処分』とは? 
 「間接税、関税、とん税などに係る犯則事件の調査によって、税務官庁が犯則の心証を得た場合に、理由を明示して、罰金・科料に相当する金額・没収物などを指定の場所に納付すべき旨を反則者に通告する行政処分

 関税法や通関業法においては、「犯」という言葉を使っているが、刑事罰のある「犯罪」と似ていながら、税関に限られた範囲での処分権限がある点で、検察官が取り扱う犯則事件とは異なっています。

 関税法第119条以下に「税関の権限」が規定されている。
・質問・検査又は留置等 (関税法第119条)
・開示の請求 (関税法第120条)
・臨検・捜索又は差押 (関税法第121~124条)

・嫌疑者発信・受信の郵便物の差押えは無条件で可能です。
・それ以外でも怪しい状況があれば差押えが可能です。
現行犯・準現行犯については令状無しの臨検・捜索・差押え
 が可能です。立入禁止処置も令状がいりません。

・臨検等には海上保安官や警察官が同行することもあります。

『反則事件の特徴ー(1)』
 検察官に告発しなければならない事件かどうかが、法律で規定されている。
必ず告発しなければならない事件は、不正輸出入で脱税・故意の虚偽申告があるケースです。
(関税法第137条)
『反則事件の特徴ー(2)』
税関長が「通告処分」で事件を集結させることができる。税関長の通告処分で済むためには;
① 懲役刑を言い渡すほどには犯行の内容が悪質でないこと。
② 対象者が罰金を払える資産・財産を持っていること。
③ 対象者の居場所が明らかで、通告書を受領できること。
※ 通告処分を受けてから20日以内に罰金相当額を納付しなければ、告発されます。

『通告処分の不利益』
 通告処分は刑事処罰ではなく、行政処分ですので、いわゆる「前科」にはなりません。
 ただし、税関には「処分歴」が記録されますので、新たな通関業許可申請や、通関士の登録には処分歴が審査され、罰金相当額納付後3年間は免許が下りないという不利益が課されます。また、場合によっては、許可が取消される場合もあります。
(※)通関業法第6条第4号ー[欠格事由]


by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_11174141.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2016-07-29 11:17 | Trackback | Comments(0)
『関税法第138条第1項ー(通告処分)』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (3128)

[通告処分ー関税法第138条第1項]
 [税関長は、犯則事件の調査により犯則の心証を得たときは、その理由を明示し、罰金に相当する金額及び没収に該当する物件又は追徴金に相当する金額を税関に納付すべき旨を通告しなければならない。」

[通告処分の履行の効果ー関税法第138条第4項]
 「反則者が通告の旨を履行したときは、同一物件について再び訴訟を提起されることはない。」

 関税法による通告処分は”行政処分”であるので、反則者が仮にその旨を履行したとしても、「法的には、行政処分に服従はしたが、必ずしも、国の”刑事罰”が消滅したとは言えない。」

 このため、反則者が密輸事件等について、通告処分の履行に重ねて更に刑事訴追を受けることがあるとすれば適当でないので、このような不合理を避けるため、反則者が通告内容を履行したときは、一時不再理と同様の法律効果を生じることを規定したものである。

[通告処分の不履行と告発ー関税法第139条]
 反則者が通告処分を受けた場合に、20日以内に通告の旨を履行しないときは、税関長は検察官に告発しなければならない。
 ただし、上記の20日を経過していても、反則者が告発前に履行した場合には、告発は行われない。

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木

a0061688_714055.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2016-07-29 07:01 | Trackback | Comments(0)
『税関職員の権限ー関税法第105条』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (3127)

 通関業者及び通関士の違反行為に対して、通関業法上の罰則のみにとらわれがちですが、『関税法上での通関業者及び通関士に対する処罰規定』にも注意が必要です。

【税関職員の権限 (関税法第105条)】
 税関職員は、関税法又は関税定率法、その他関税に関する法律で政令で定めるものの規定により職務を執行するため必要があるときは、その必要とされる範囲内において、見本の採取や帳簿書類の検査などの行為をすることができる。
 なお、税関職員の質問に対して虚偽の陳述等をした者は、1年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられることがある。(関税法第114条の2)

【問 題】
「輸入された貨物の当該輸入に係る通関業務を取り扱った通関業者は、関税法第105条第1項第6号(税関職員の権限)の規定による税関職員の当該貨物についての質問に対して答弁しなかった場合には、関税法に基づき罰せられることがある。」
【解答・解説】
 〇 正しい記述である。 
「関税法第114条の2第10号」ー(報告等を怠った等の罪)

〔両罰規定〕
 法人(人格のない社団等(法人でない社団又は財団で代表者又は管理人の定めがあるものは、法人とみなす。)の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者がその法人又は人の業務又は財産について、関税法第112条~第116条に該当する違反行為をしたときは、その行為者を罰するほか、その法人又は人に対してそれぞれの条の罰金刑を科する。
(関税法第117条第1項、第3項)

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_659065.gif

[PR]
by Gewerbe | 2016-07-28 06:59 | Trackback | Comments(0)
『通関業法 (両罰規定)-②』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (3126)

 通関業法第45条に規定される「両罰規定」に関し、『両罰規定が適用されない罪』は、次の三つで、いずれも通関士又は従業者を犯罪の主体とするもので、併せて事業者にも罰金刑を科すという両罰規定は科されない。
① 秘密を漏洩する等の罪 (第41条第1項第3号)
② 通関士に対する懲戒処分に違反する罪 (第42条第2号)
③ 通関士の名義貸しの罪 (第44条第2号)

 しかしながら、『両罰規定』は、関税法にも同様の規定があり、通関業・通関士による違反に係るものもあるので、注意が必要です。
『関税法第117条第1項、第3項』
① ・輸出入してはならない貨物を輸出入する罪
  ・輸入してはならない貨物を保税地域に置く罪
  ・関税を免れれる等の罪
  ・許可を受けないで輸出入する等の罪
  ・密輸貨物の運搬等をする罪
② 規定の用途外に使用する罪
③ 特例申告書を提出期限までに提出しない罪
④ 報告等を怠った等の罪
⑤ 帳簿の記載を怠った等の罪
⑥ 重大な過失犯

『通関業者の処罰』
 通関業者は、委託を受けて通関業務を行う者であるので(納税義務者)又は(輸出入者)ではないが、その通関業務上において果たしている重要な役割を考慮し、通関業者の偽りその他不正の行為により関税を免れ、又は、通関業者の偽った申告若しくは証明又は偽った書類の提出により貨物を輸出入することとなった場合は、このような行為をした通関業者も、上記と同様に処罰されることとなる。
「関税法第111条第2項』


by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_19433371.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2016-07-27 19:43 | Trackback | Comments(0)
『通関業法 (両罰規定)」
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (3125)

[通関業法 第45条ー両罰規定]
「通関業法において規定する罰則のうち、特定の罪については、その行為者を罰するほか、その法人等(業務主)に対して、罰金刑を科することとされている。」

 通関業法における業務規制は、主として、通関業者等の業務主を対象として規定されている。
しかし、通関業務は、通関業者の役員その他の従業者によって処理されるものであり、これらの者により違反行為が行われることがある。従業者等による違反行為は、犯罪の主体となる身分を持たない点を除けば、通関業法に規定する構成要件に該当する違反行為である。
「法人の代表者、法人又は人の代理人、使用人その他の従業者が法人又は人の業務に関し、
・通関業法第41条第1号
 (偽りその他不正な手段により通関業の許可又は営業所の新設許可を受けた者)
・通関業法第42条第1号
 (偽りその他不正な手段により通関士の確認を受けた者)
・通関業法第43条
 (財務大臣の定めに反して料金を受けた者)
 (偽りの報告、答弁及び、検査を拒み、もしくは忌避をした者)
・通関業法第44条第1号
 (通関業者の名義貸しをした者)
 (通関業者又は通関士でない者が通関業者又は通関士という名称を使用した者)
の違反をしたときは、その行為者を罰するほか、その法人又は人に対して、それぞれに規定する罰金刑を科する。」

 では、通関士等、通関業者の従業者による違反行為があった場合に、その通関業者等の業務主にも罰金刑が科される『両罰規定が適用されない罪』とされるものには、どのようなものがあるのでしょうか?

(※)
 このあたりの条文も、「通関業法改正」施行の来年10月1日~には”ガラリと内容が改正”となりますね・・・。


by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_21531648.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2016-07-26 21:53 | Trackback | Comments(0)
『通関業法 「(監督処分):(罰則)」』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (3124)

・通関業法第34条: 「通関業者に対する監督処分」
・通関業法第40条~:「通関業法 罰則」

 上記、通関業法上の「監督処分」と「罰則」の位置付け・違いが理解できていますか?

 通関業者が通関業法又は関税に関する法令に違反したときは、それらの違反が各法令のが適用されることはいうまでもないが、これらの罰則による制裁とは別に、通関業法においては、このような違反者に対して、税関長が通関業法の許可の取消し等の行政処分(違反者に対する制裁)
を行う旨を規定している。

【罰則の対象とされていない行為】
① 所定の手続きを得ないで営業区域外で通関業務を行った場合。
  (第9条但し書き違反)
② 営業内容等の変更、許可の消滅等に関する手続きを怠った場合。
  (第12条違反)
③ 通関士の設置を要する営業所において通関士を設置しない場合。
  (第13条違反)
④ 通関士でない者に通関士として業務を行わせた場合。
  (第14条違反)
⑤ 料金の掲示義務に違反した場合。
  (第18条第1項違反)
⑥ 通関業者又は通関士の信用又は品位を害するような行為をした場合。
  (第20条違反)
⑦ 記帳、届出、報告等の義務に違反した場合。
  (第22条違反)
(※)
 通関業者又は通関士が通関業法に違反する行為をおこなった場合や通関業法の規定に基づく所定の手続きを履行しなかった場合には、通関業者に対しては監督処分、通関士に対しては懲戒処分をすることによって、十分に、このような違反行為の防止及び取締りをすることが期待できるので、このような手続きの不履行などの違反行為は、通関業法上の罰則の対象とはされていない


 「通関業法の改正」-施行後は、【罰則・(罰金)】の額が現状の”十倍”となります。


by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_22448.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2016-07-25 22:04 | Trackback | Comments(0)
『通関士試験問題の特徴』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (3123)

 我が国においては、『受験』=「関係知識の暗記」という長年の片寄った対応策が定着し、「記憶すべき内容の”理解と応用”」が軽視され続けてきました。関係知識・情報を覚えなければ、その先の理解も活用にも至らないのは事実ですが、長年の”受験戦争”においては、ひたすらにその”記憶量”のみを問う試験内容であったことは間違いなく、誤った受験体制の弊害を生じさせており、「”理解”・実務処理”」への方向性転換が実社会から求められている早急な課題ではないでしょうか。

 この意味で、『受験生の「読解力」=”沈着・冷静ー迅速・適正な事務基礎能力”と言っても、なかなか解ってもらえないのですが、次の通関業法に係る過去問題例はいかがでしょうか?
【問 題ー(通関業の許可の基準)】
「・通関業の許可を受けるためには、許可申請に係る通関業の開始が、その営まれる地域における通関業務量及び通関士の数に照らして、必要かつ適当なものである必要がある。」
【解 答】: ✖ 誤り、問題は誤った内容の記述である。
【解 説】
 (通関業法第5条第3号)
 通関業の許可を受けるためには、許可申請に係る通関業の開始が、その営まれる地域における通関業務の量及び通関業者の数に照らして、必要かつ適当なものである必要があると規定されている。したがって、「通関士の数」という記述は誤りである。

 実際は、何年も前から”死条文”とは思えますが、通関業法においては第5条第3号にはっきりと規定されている「需給関係についての基準」であり、改正前の本年の試験においては、解答・解説の通りとなります。
(※)
・「通関業者の数」←「通関士の数」という”誤記”を迅速に読み取ることができるか、しっかりと見落とさないかどうかによって、”得点に繋がるか否か”の分かれ道となります。
 つまり、通関業法第5条第3号の「通関業の許可・需給関係」の条文を受験前に記憶しているかどうかというよりも、本試験中での問題記述の”誤記”を見つけ出し、誤記であることの判断力で勝敗が決められてしまいます。

(※)
 また、この条文は通関業法改正後は”廃止される条文”である旨が発効されており、併せて「専任通関士制度の廃止」により、「通関業者は、営業所ごとに、通関業務に係る貨物の数量及び種類並びに通関士が審査しなければならないこととされている通関書類の数、種類及び内容に応じて必要な数の通関士を置かなければならない。」(改正後ー通関業法施行令第5条)と改正となります。

 本年度=第50回通関士試験においては、「現職、通関業従事者の受験生も多く居る」と予想いたします。
 この通関業務従事者は、「通関業法改正」内容を税関及び業界での「法改正説明会」等で、すでに事前に理解しているのであり、これを逆に狙った上記の問題のように、「7月1日現在施行法令を出題範囲とする。」本年度の通関業法科目において、”改正後の内容との混乱”を呼ぶ”逆仕込み”での問題が出題されてくる危険性も当然に想定されるのではないでしょうか。

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_1047527.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2016-07-24 10:47 | Trackback | Comments(0)
『第50回通関士試験・(通関業法改正)』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (3122)

 今年の3月31日に発効されていると言え、施行前で”直接的には今年の第50回通関士試験の出題範囲とはならない内容をこのブログで公開して、受験生の混乱を引き起こすような内容アップを続けた理由はどこにあるのでしょうか?

 見方によれば、こと「通関業法」に関して言えば、来年10月1日~からは、通関業・通関士制度の創設以来の抜本的改正が実施されるのは確実な訳で、本年度の通関士試験の目的が、来年以降の通関業務を担う受験者の選抜試験とすると、現状までの通関業法規定の知識の記憶量を問う試験の意味からすれば、”まったく意味の無い試験”と言えます。=試験問題として出題された法令規定は、来年以降にガラリとその内容が一変します。=実務面では、受験対策で記憶する規定が反って邪魔します。

 一方で、通関士試験は「法令規定の”暗記能力・暗記量”」を問う試験の性格よりも、「通関業務を遂行する”沈着・冷静、迅速・適正な基礎的な事務処理能力”として、通関士に適する人材かどうかの受験者の資質を問う意味合いが強い国家試験」ともアップを継続してきました。

 この意味からすると、本年度=第50回の通関士試験・通関業法科目において、既存=現状の法令規定による出題であっても何らの出題者側の困難は発生しません。問題構成の主旨が、受験生の思う趣旨と、試験実施者側の目的が違うのです。

 あえて言うならば、法令改正に大きく関わる通関業法の前半部の「基本的な内容規定」よりも、「強化される罰則や、通関業者・通関士のコンプライアンス(法令遵守)に係る内容からの出題」が重視されるのではないでしょうか?

 「公務員特例」、「通関業務15年以上~」の受験者においては、通関実務・関税法等の2科目の受験が免除され、”受験は、「通関業法」のみ”とされています。抜本的改正の施行前の第50回通関士試験において;
・改正前年度の今回試験においての”合格率を大幅に絞ってくる”か、
・改正前に、公務員特例における現職税関職員の”大幅な合格増員”を狙ってくる。
かのいずれかに振れると思われます。

 特に本年度=第50回の通関士試験での「全科目受験者」は、来年以降の通関業・通関士制度改革の”当馬”で、あまり大きな意味合いを持つ判定基準ではないのではないでしょうか・・。
(※)
 極めて”片寄った”、”穿った意見”ではありますが、正直、こんな考えを抱いています・・。
それだけに、第50回通関士試験が、「誰もが納得する出題構成で、合否基準である」公正・平等で、透明性の高い試験内容であることを強く願います!」


by Gewerbe   「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_2331122.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2016-07-21 23:03 | Trackback | Comments(0)
『通関業法改正 (通関業の地位の承継)』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (3121)

☆ 通関業法改正 (※)平成28年4月1日~施行
「通関業の地位の承継」 (新設)←通関業法第 (通関業法基本通達3-8)

 -通関業法第11条の2、関税法第79条の6-
【通関業の許可の承継】
 第11条の2 通関業者について相続があったときは、その相続人(相続人が二人以上ある場合において、その全員の同意によr通関業の許可に基づく地位を承継すべき相続人を選定したときには、その者)は、被相続人の当該許可に基づく地位を承継する。

2.前項の規定により通関業の許可基づく地位を承継した者(事項において「承継人」という。)は、政令で定めるところにより、被相続人の死亡後60日以内に、その承継について税関長に承認の申請をすることができる。

3.税関長は、承継人について第5条各号のいずれかに適合しない場合又は第6条各号のいずれかに該当する場合には、前項の承認をしないものとする。

4.通関業者について合併若しくは分割(通関業を承継させるものに限る。)があった場合又は通関業者が通関業を譲り渡した場合において、政令で定めるところによりあらかじめ税関長の承認を受けたときは、合併後存続する法人又は通関業を譲り受けた者(次項において「合併後の法人等」という。)は、第10条第1号又は第3号の規定にかかわらず、当該合併により消滅した法人若しくは分割をした法人又は当該通関業を譲り渡した者の当該通関業の許可に基づく地位を承継することができる。
5.
6.
7.税関長は、第2項又は第4項の承認をしたときは、直ちにその旨を公告しなければならない。

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_401875.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2016-07-21 04:00 | Trackback | Comments(0)
『通関業制度の見直しについて』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (3120)

【通関業制度の見直しの概要】
 輸出入申告官署の自由化に伴い、通関業法の営業区域の制限を廃止する改正を機に、昨今の通関手続きを取り巻く環境の変化等に対応するため、必要な見直しを行う。

【通関業を取り巻く環境の変化】
[通関手続きの自由化・迅速化の要請]-電子化・ペーパーレス化の進展
[テロ・不正薬物等への対応]-セキュリティ・コンプライアンスの重要性増大
[EPA等の拡大に伴う、関税率・原産地規則等の複雑化]

【基本的方向性】
〇経済的規制は最小限に。通関業者の創意工夫が生かされる環境を整備
〇自由な競争環境の下で、自己規律の発揮と透明性のある事後チェック体制の整備
〇通関士、通関業者による高度な専門性の発揮

(記事出所:平成28年5月20日 神戸税関業務部通関業監督官)

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_82792.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2016-07-20 08:02 | Trackback | Comments(0)