貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
フォロー中のブログ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
sosoさんへ: コメ..
by Gewerbe at 10:08
"公表の「各6割以上(実..
by soso at 09:22
早速コメント返していただ..
by HS at 23:25
by(HS)さんへ: ..
by Gewerbe at 22:59
いつもとてもためになる記..
by HS at 21:01
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(3)
その他のジャンル
Skypeボタン
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2015年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
『中国主導、国際融資銀行 AIIB-③』
a0061688_2255337.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?   (2721)

『中国指導のアジア投資銀行(AIIB)、世界的スケールに』
■ 創設メンバーが40カ国超えに

 前号に続き、”あえてこの話題を再度アップします”。
別段、これほどの規模に拡大した中、40ヶ国以上がAIIB参加を表明し、G7(経済先進7カ国)の中で参加を表明していないのは、米国と日本のみで、躊躇することは、”日本の針路を誤る”とか、「アジア開発銀行(ADB)の総裁国である日本は、参加すべきではない」との両方の極からの意見を述べているわけではありません。

驚いている点が2つあります。
1) NHK、日経を始めてとして、メディアの注目・報道の少なさ・静寂は何なのか!?
    
前号でのアップの通り、戦後70年の米国やそれを追従する日本にとって、”決して
   無視することのできない70年目の初めての出来事!”には違いありません。
  (参加)・(不参加)の何れの選択を選ぶべきであるにしろ、「日米の一大事」を
  各マスコミが取り上げないのは何故ですか? ニュースとして取り上げる判断力
  を持たない報道機関に成り下がってしまっているのですか?
  僕には、NHKも日経も、自らの報道機関としての役目を放棄して、出てきた事実
  の(後追い)に徹しているとしか思えません。
   その中でも、「毎日新聞」のAIIBに関するニュースには、興味を抱かせる内容が
  あります。きっちりと!(こうあるべきではないのか?)という毎日新聞なりの疑問
  と問題定義を行っています。(政府の出方次第~)と”顔色をうかがっているNHK、
  日経とは一味違う面を感じました・・。

2) 若い人達の中の、”包み隠さない直接的な意見”
    
すべての若い人達とも思いませんが、予想外に若者が、この話題を沈着・冷静
   に捉えて興味を持っています。
    そして、包み隠さずに、各人の意見を直接的に表現します。
  我々世代以上の(常識判断の大人?)の一般的な思考回路;
  ・(大局的に判断しなければ~・・)
  ・(八方が、うまく収まるよに”波風を立てずに、軟着陸の方向を見定め
   なくては~・・・
 その「柔順不断」!な態度がどれほど今までの日本の針路を誤らせてきたことか~!


「アジア融資銀行(AIIB)」 参加にしろ不参加にしろ、安倍首相、麻生財務大臣にしろ、ここ数日は(夜も眠れない・・)苦渋の決断を迫られている「戦後70年最大の選択肢」のはずです。
その日本の選択肢に対して、”はっきりした方向が見えるまで、自社の意見は大人しくしていて報道を控えましょう~・・・」とする態度は、現在の若者の辛辣な意見の方がよほど信頼がおけます。と感じるのは僕だけですか?

 ましてや、駅前で(当たり障りのない演説ばかりしている地方選立候補者)に対して、何も感じるものはありませんね!


 今週半ばから~9月一杯までは、再び「通関士受験対策」に係る内容にこのブログの内容を切り替えて継続します。

by Gewerbe   「貿易ともだち」   K・佐々木






  
[PR]
by Gewerbe | 2015-03-30 22:23 | Trackback | Comments(0)
『中国主導 国際融資銀行 AIIBとは?-②』
a0061688_2255337.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?   (2720)

・(韓国)に続き、(トルコ)もAIIBへの参加表明を中国に伝達。
・(台湾)が参加表明。
・中国の一部である(香港)が、参加可能な場合は1549億ドの出資表明。
 (ADB)には香港は単独で参加しています)
・(カナダ)が参加への検討開始。
(※) カナダが、AIIBへの参加を正式決定すれば先進7カ国(G7)ででの不参加国は、
    米国と日本のみが孤立することになります。

『米・財務長官が訪中へ AIIBも協議か』
 米国・財務省は25日、ルー財務長官が28~31日の日程で中国・北京を訪問すると発表した。
30日に中国高官と会談する。毎年開かれる米中戦略・経済対話や米中の経済関係などについて協議する予定で、中国主導で年内の設立が目差されている『アジアインフラ投資銀行(AIIB)』について意見交換するとみられる。

 中国は3月末までの参加表明国を「AIIB設立メンバー」に加えるとしており、英仏独伊からも参加が相次いでいる。
 一方、米国はAIIBの組織統合のあり方の不透明さなどを問題視して参加に否定的な立場をとっており、中国に対して「世界銀行」など既存組織との連携を求めている。
(記事:産経新聞 2015/03/26)

◇途上国にインフラ融資 日米、影響力拡大を警戒

Q
:中国も世界銀行やADB(アジア開発銀行)に入っているよね。
  なぜ、別の銀行を作るんだろう?

A:主な国際金融機関には、「世界銀行」や「アジア開発銀行(ADB)」のほか、
  経済危機に陥った国にお金を貸す「国際通貨基金(IMF)」があります。
  「世界銀行」のトップは米国から、「IMF」は欧州から、「ADB」は日本から
  選ばれています。
   中国は、この3機関が「米日欧主導で運営されている」として、発言権
  の強化を求めてきました。
  IMF自身は、新興国の発言権を拡大する改革を目差していますが、主導
  権を奪われたくない米国の反対で進んでいません。
 
   そのため、中国は既存の国際金融機関に見切りをつけ、AIIB設立に動
  きました。中国は、インド、ロシア、ブラジル、南アフリカの新興5カ国、い
  わゆる「BRICS(ブリックス)」と一緒に、同じくインフラ整備資金を貸す「新
  開発銀行」も作る予定です。両銀行の資金力で新興国・途上国への影響
  力を高める考えです。
(記事:井出普平氏 毎日新聞・北京特派員  2015/03/22)


 第二次世界大戦後~70年間において;
・盟主である米国の意向を無視して、同盟国が一斉に反旗を翻したのは初めてのことであり、
・米国が、ここまで大きな”誤算=見間違い”をおかしたのも初めてのことです。
冷戦の終結した今、(安全保障)に加え(経済)という「2軸で動いている国際現状」をしっかりと把握する必要があると思えます。

 英国を代表として、盟友に次々に裏切られた米国は、従来通り何らかのの主導権の確保に向けて”崖っぷちに立っている”わけですから、(日本には事前協議なしに)来週初め、ルー米国財務長官はどのような発表を北京から発するか、わからないですね・・・。

by  Gewerbe   「貿易ともだち」   K・佐々木

 







[PR]
by Gewerbe | 2015-03-28 14:12 | Trackback | Comments(0)
『中国主導 国際融資銀行=[AIIB]とは?』
a0061688_21305856.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?   (2720)

『〈中国主導銀〉台湾も参加表明へ 馬総統「傍観できない」』
 27日の台湾紙のインタビューで、AIIBについて「傍観していられない。積極的に参加すべきだ」と言及し、初めて参加への意欲を表明した。

◇途上国にインフラ融資 日米、影響力拡大を警戒

Q:中国が国際銀行を作るんだって?

A:「アジアインフラ投資銀行のことですね。中国の習近平(しゅうきんぺい)国家主席が
  2013年10月に設立を呼びかけた国際金融機関です。
  英語名は「Asian Infrastructure Investment Bank」、略して「AIIB」と呼ばれます。

Q:どこに融資するの?

A:「東南アジアや中央アジアなどの新興国・途上国に、鉄道、道路、発電所といった
  インフラを建設するお金を貸します。
  年内の設立を目差しており、本部は北京(ペキン)に置く予定です。
  発足にあたって参加各国が持ち寄る資本金は1000億ドル(約12兆円)で、
  中国が最大の出資国になる見込みです。
  初代総裁も中国が出すでしょう。

Q:途上国のインフラ造りには「世界銀行」や「アジア開発銀行(ADB)」も
  お金を貸しているよね?

A:「本部をワシントンに置く「世界銀行」は、第二次世界大戦で荒れ果てた国々
  の復興を目的に1994年に設立合意されました。近年は貧困をなくし、生活
  水準を向上させることに力を入れています。
   フィリピンのマニラに本部のある「アジア開発銀行(ADB)」は、アジア・太
  平洋地域の貧困をなくそうと1966年に設立されました。「世銀」、「ADB」は、
  教育や保健衛生、環境保護関連の事業にもお金を貸しています。
  「AIIB」は、融資対象をインフラ整備に絞る予定で、その点が異なります。

Q:中国も「世界銀行」や「アジア開発銀行(ADB)」に入っているよね。
  
なぜ、別の銀行をつくるんだろう?

A:  ー(以下、次号に継続~)-

(記事:井出習平氏=(毎日新聞・北京特派員) 2015/03/22)

by Gewerbe  「貿易ともだち」    K・佐々木







[PR]
by Gewerbe | 2015-03-28 09:04 | Trackback | Comments(0)
『今月末、戦後最大の選択肢!・・AIIB-③』
a0061688_21305856.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?   (2719)

『米、孤立回避へ硬軟両様 アジア投資銀参加問題』
 米国政府は、中国が主導するAIIB(アジアインフラ投資銀行)について、硬軟両様の構えを示した始めた。国際社会での孤立を避ける狙いとみられる。

 AIIBのガバナンス(経営統治)の不透明さを引き続き指摘しながら、「世界銀行」など既存の国際金融機関との部分連携を促している。AIIBの外部から一定の影響力を行使する思惑がある。

「国際金融機関の強化につながる新たな多国間機関を歓迎する」。シーツ米財務次官(国際問題担当)は米メディアにこう名言。「世界銀行」や「アジア開発銀行(ADB)」との協調融資など具体的な連携をAIIBに促した。

 米・オバマ政権は、「高い水準のガバナンスと透明性が重要」(ラッセル米国務次官補)とAIIBを突き放してきた・・。
だが、地政学的に中国が脅威にならず、対中ビジネスを優先する欧州勢がAIIBになびいたのを受け、中国との連携を探る方向に重心が移った。

 一方、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルによると、中国は「AIIBでは拒否権を持たない意向」を欧州の主要国に伝えた。中国が恣意的にAIIBを使うとの懸念を払拭する狙いとみられ、米:中の綱引きが激しくなっている・・・。
(記事:日本経済新聞・電子版  2015/03/27)


さて、日本は!?
残る期日は後3日です。 英国のように、米国と協議なしでの独自決定はあり得ないと思え、水面下で今現在も、日米間で、与党内部での熾烈な協議が重ねられていると思えます。
日本は既存システムである「アジア開発銀行」の総裁国であるだけに、英国、ドイツ、韓国などと違って、かなり難しい選択を迫られます。

 戦後70年、米国との「一蓮托生」の国家運営を行ってきた”アジアの一国の日本”の最大の選択肢と僕には思えるのですが、さほどのニュースにならないのが不可解でしかたありません・・・。
by Gewerbe   「貿易ともだち」  K・佐々木



[PR]
by Gewerbe | 2015-03-27 19:50 | Trackback | Comments(0)
『今月末は戦後最大の選択肢!・・AIIB-②』
a0061688_2255337.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?   (2718)

『韓国もアジア投資銀に参加 (地域の経済関係強化)』
 韓国企画財務省は26日、中国主導で子年末に発足する予定のアジアインフラ投資銀行(AIIB)に参加する方針を決めたと発表した。
中国側が期限に定める3月末までに表明することで設立メンバーを目差す。
欧州主要国に続き、AIIBに慎重な立場をとる米国の同盟国である韓国も参加を決めたことで日本の対応が注目されそうだ。

 韓国は中国との関係を強化しているが、AIIBを巡っては中韓首脳会談などの場で参加を求められても態度を保留してきた。AIIBは、「世界銀行」や「アジア開発銀行(ADB)」といった既存の枠組みに影響力を持つ日米欧と:中国による国際金融秩序を巡る主導権争いの側面があるからだ。
 韓国にとって中国は最大の貿易相手国で、取引額は米国の2倍に達する。米中という二大大国の間で板ばさみになっている韓国が、経済では中国の誘いに抗しきれない現状があらためて浮き彫りになった。


 
最終的に1千億ドル(約12兆円)にのぼるAIIBの資本金の多くは中国が拠出し、初代の総裁には中国の元財政次官が就くとみられている。中国が大きな影響力を持つ可能性が高い。組織運営や意思決定のプロセスが不透明だとの指摘もある。

【AIIBに参加を表明した主な国】
[アジア]
中国、ASEANー10ヶ国、インド、モンゴル、韓国、カザフスタン、ウズベキスタン
[オセアニア]
ニュージランド
、オーストラリア
[中 東]
サウジアラビア、カタール、オマーン、クウエート、ヨルダン
[欧 州]
英国、ドイツ、フランス、イタリア

(記事:日本経済新聞・電子版 2015/03/26)


 極めて(身内)だったはずの欧州や中東、韓国さえもが、米国の懸念を恐れず、早々と参加を決定したと言うことは、第二次世界大戦後~70年間の[米国主導の経済・金融システムの大きな転換期との見方もできます。一方、東アジアの経済発展のボリュームは、それほど魅力的なものだと言えます。

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木

[PR]
by Gewerbe | 2015-03-27 14:17 | Trackback | Comments(0)
『今月末は戦後最大の選択肢!・・AIIB』
a0061688_21305856.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?   (2717)

 今週末から火曜日の3月末にかけて、「戦後の日本として最大の選択肢!」を迫られることになります。日米間、政府与党内部での調整で慌しいと思えます。

『AIIB(Asian Infrastructure Investment Bank)=アジアインフラ投資銀行』

 
中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)への参加を巡って、日本政府が難しい立場に置かれている。

 欧州主要国が相次いで参加を表明し、高い成長が見込まれるアジアでのビジネス競争で我が国が後手を踏むとの懸念も一部で浮上しているためだ。
ただ、政府は参加に慎重な米国との協調姿勢を重視する声が多く、月末31日(火曜日)ギリギリの判断を迫られることになりそうだ・・・。

・『AIIB』は、中国が提唱し、年内の運営開始を予定しているアジア地域向けの開発支援金融機関です。
・資本金は1000億ドル(約12兆円)といわれており(当初は500億ドル)、膨大な外貨準備を背景に中国が高い比率で出資する予定です。
・これまでに東南アジア諸国連合(ASEAN)各国やインド、ニュージランドなど、27ヶ国が参加を表明していましたが、主要先進国は様子見の状態でした。

・3月12日、G7(経済先進7カ国)の中では初めて、英国が参加を表明。
・3月17日にはドイツ、フランス、イタリアの参加表明が続いた。
・3月25日、オーストラリアが、透明性を条件に参加希望を表明。

『アジア開発銀行=ADB(Asian Development Bank)』
 
米国は第二次世界大戦後、圧倒的な経済力を背景に、米国主導の国際的な金融システムを構築しました。アジア太平洋地域でその役割を担っているのが「アジア開発銀行」です。米国と日本が最大出資国となっており、実質的な運営は日本に任されています。
このため同行の歴代総裁はすべて日本人が就任しています。ちなみに現在の黒田・日本銀行総裁も第8代の総裁を務めていました。

 地域支援金融機関はその地域のインフラ開発などに資金を提供することになりますから、大きな発言権を持つことになります。つまり、お金の部分を握ることによって、外交上の主導権を確保できるわけです。日本がこれまでアジア地域でリーダーとして振る舞うことができていたのは、米国との同盟関係を密にし、米国主導の金融システムにしっかりと乗っていたからです。

 戦後~、日米同盟下での「アジア開発銀行」によるアジア開発リーダーシップに真正面から挑戦を仕掛けてきたとも言えるものが「AIIB(アジアインフラ投資銀行)」なのです。
”懐に飛び込む”のが、流れと言うか、一策とも感じます・・・。


 この中国主導の『アジアインフラ投資銀行(AIIB)』が、現在の流れで本格的に稼動することになると、米国は主導権を確保できるよう中国と、”どたんばで”日本の頭越え”の交渉をする可能性もあります。 日本にとっては、注意が必要でしょう。
 日本がこの「AIIB」に対抗し、従来通りに「ADB」での主導権を持続するためには、より多くの外貨準備を持つ必要がありますが、中国のGDP(国内総生産額)はすでに日本の2倍以上の規模があり、両国の差は広がるばかりです。
日本のアジア外交はさらに難しくなってくるでしょう。
(記事出所:THE PAGE 2015/03/24)

by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木








[PR]
by Gewerbe | 2015-03-26 23:18 | Trackback | Comments(0)
『胡麻(ゴマ)』
a0061688_19171622.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?   (2716)

『セサミン・健康志向の高まりもあって《ごま》の輸入が急増』
 日本で食される[胡麻)(ごま)]は、60%が「ゴマ油」で、残りが「炒りごま」や「摺りごま」として食されています。
しかし、これら我が国で食される「ごま」の99.9%は海外からの輸入品に頼っており、(国産ごま)の生産は鹿児島県の他、茨城県や長崎県など僅かな地域で栽培されるのみで、国内生産量は100~200トン程度に留まっていると言われています。

【胡麻(ごま)の輸入】・平成25年度輸入統計~
[輸入量]  : 168,223トン     (17万トン)
[輸入額]  : 40,458,611,000円 (405億円)
[輸入先]  : ナイジェリアなど(アフリカ諸国:約70%)、グアテマラなど(南米諸国)など,
[輸入港]  :(名古屋港)で、全輸入量の約4割が輸入される
[輸入価格] :2000年~2014年の輸入数量においては大差ないのですが、
         2000年に比して、その国際価格は”約3倍!”に高騰しています。


 2000年度の「胡麻(ごま)」の輸入統計をみると、中国からの輸入数量が、全輸入量の約25%を占めていましたが、かつて、胡麻の輸出国であった中国では、より付加価値の高い農作物への栽培へと転作が進む一方で、健康志向の高まりから胡麻の輸入量が急増し、今や、世界一の”胡麻の輸入大国”と急激に変貌しました。

【胡麻(ごま)】
 ゴマ科の一年生作物。原産地はアフリカとされ、胡(こ)=西域を経て中国から渡来した作物。
ごまは、温かい地域で水はけのよい土地であれば容易に栽培できたことから、かつて日本では北海道を除く全国各地で栽培され、栽培面積も1万ヘクタール以上あった。しかし、1トン(1000Kg)収穫するのに、甲子園球場2個分に相当する広さの畑が必要とされ、また、収穫時には房が破裂し落下したごまを人力で回収するなど収穫には手間がかかり、機械化も進まなかったため国内での栽培は年々減少し、ほぼ100%輸入に頼る現在である。

(記事参考:関税通報 No.3241 2015/03/13) 

by Gewerbe 「貿易ともだち」   K・佐々木






[PR]
by Gewerbe | 2015-03-25 22:48 | Trackback | Comments(0)
『沖縄、「ハブ空港」は眠らない・アジアへ生鮮食品』
a0061688_9583888.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?   (2715)

(日本)という単位で見た場合、「沖縄・那覇」は、日本の僻地と見れますが、(東アジア)という単位で考えると、その中心に位置する空港であり、東アジアのどの空港へも4時間で結ぶ中心空港であることから、ANA Carogo(All Nippon Air Cargo)=全日空貨物は、ハブ(Hub)=車輪の車軸部=センター・中心空港として、沖縄・那覇空港を決定していることは、何度かこのブログでアップしてきました。

 我が国の農産物がどれほど安全で品質の高いものであっても、物流・配送のネットワークなくしては、その展開を実現することは不可能です。今、日本の食材とロジスティック(物流)サービスが、世界の食文化を変えようとしている大事な時期です。

「あれです!飛行機が来ました」。真夜中の午前1時過ぎ、暗闇から除々に姿を現すANAカーゴの貨物専用機。沖縄・那覇空港の「沖縄ハブ」で荷物を待ち構える作業員が慌しく動き始めた。

 到着した機体かた積荷が次々と降ろされる。その一つにヤマト運輸の国際宅配サービスの冷凍コンテナがあった。中には前日に収穫したイチゴの箱。鮮度を保つため、約10℃の定温仕分室に素早く運び、数量を確かめ海外向けに発送作業を進めていく。ヤマトの強みの温度管理技術と、ANAカーゴの配送のノウハウを生かした連携プレーだ。
他にも、リンゴ、カニ、クルマエビなどの生鮮食品を最速で翌日に(東アジア主要都市)に配送することができ、世界12都市64航空路線を結んでいる。
通関を済ませた荷物を積んだ機体は夜明けの4時過ぎ、消費者の待つ(香港)へと飛び立った。

 自治体もビジネスチャンスを見逃さない。昨年は青森県、熊本県が特産品の販路の拡大でヤマトと提携。今年1月には愛媛県、ヤマト、ANAカーゴの3者が連携協定を結んだ。
高い品質の「日本産」を携えて、地方からアジアの巨大市場へ打って出るねらいだ。

「沖縄貨物ハブ」は、24時間運用できる全日本空輸の国際貨物基地。アジアの主要都市から4時間圏内で中国や韓国、タイ、シンガポールの各都市を結ぶ重要な貨物便ネットワークの役割を担っている。駐機場は10ヶ所でサッカー場4面分の広さだ。

 24時間運用できる空港は新千歳、羽田、中部、関西、北九州など他にもあるが、アジアへの距離や広い土地の確保を考えると沖縄。那覇が最適のスポットになる。
地の利を生かした「眠らない空港」と連携した宅配サービスが今熱い。
(記事:日本経済新聞・2015/03/20)

by Gewerbe 「貿易ともだち」    K・佐々木







[PR]
by Gewerbe | 2015-03-24 22:18 | Trackback | Comments(0)
『九経連、7県農産物を一括輸出:(オール九州)』
a0061688_21305856.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?   (2714)


 九州経済連合会の麻生泰会長(麻生セメント社長)は、九州域内各県が連携して農産物を一括輸出する事業を来年から本格化する方針を明らかにした。

 ホンコンとシンガポールを軸に、販売店の出店に向けた調査も進める。一方で、輸出や外国人観光客の誘客に九州・沖縄が一体的に取り組む必要性も協調。各県の相乗効果で域内の競争力強化を目差す。

『シンガポールで”オール九州農産物商談会ーバイヤー100人超参加』 
 日本貿易振興機構(ジェトロ)と「九州成長産業化連携協議会」は3月2日、シンガポール中心部クラークキーホテル「ノボルクラーキー」で、業界関係者向けの商談会「オール九州農産物トレードフェア」を初開催した。

 同商談会は、相乗効果を狙い、オール九州の農産物生産者・食品企業27社・団体が、一体となって実施した商談会。食品卸売業者や飲食店、小売業者など100人を超えるバイヤーが参加した。
(記事参考:日本経済新聞  2014/12/19)


 重要なポイントが2つ、あります!

1) 我が国の(地方名)の中で、唯一「州」を名乗る『九州』、都道府県区割
   →「州」への日本の変化を予見させるようです・・。 (地域の垣根を超えた)、
  「地域連合」 クラスター(房)での連携行動。
   「水平思考」=何か事を起こす時、縦に見ないで(横に考えている)。

2) 「九州経済連合会」=全国レベルで言えば「経団連」です。その経団連が
  (農産物)を次代の輸出を担う産業として(農産物)を担ぎ上げた。
 
※ 一昔前であれば、
1)九州各県が一つの目的に連携協調行動に協調する
  とか、
2)「経団連」が海外への輸出戦略に(農産物)を取り上げる事など
  考えられましたか~?

 アベノミクスで「地方創生」を大きなターゲットの一つとして4千数百億円の交付金を予算化してはしていますが、「地方」とは何なのか? 将来を見据え、じっくりと考慮しないと、末端市町村への”ばら撒き政策”を従来通りに繰り返す危険性が高いのでは?
将来の「州」=現状の「地方」単位での(地方創生)を考えるべき時であり、交付金の数十倍~数百倍の経済創生への可能性を持つ新な「地方創生」案の厳しい選択が求められます・・・。


by Gewerbe   「貿易ともだち」  K・佐々木








[PR]
by Gewerbe | 2015-03-23 21:44 | Trackback | Comments(0)
『マーケティングの達人! (カメヤロウソク)』
a0061688_9273257.jpg
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?  (2713)

「マーケティングの定義」として、言われる様に=「新たな市場を創造し、成長させ、維持することである」とするならば、『カメヤマロウソク(株)』は、日本企業には珍しく『マーケティングの達人!』と言うべき驚きべき企業ではないでしょうか!?

 現在は大阪市・大淀中に本社を置くも、三重県・亀山市に由来。1927年の蝋燭(ろうそく)製造の企業です。葬祭での宗教上での利用があるとは言え、蝋燭(ろうそく)と言えば、LED照明の現在、”過去の産業”と社会の末端に細々と生き永らえる伝統産業の一つに過ぎないとするのが普通ですが、『カメヤマロウソク』は、次々と新たな市場を開拓・創造し、我が国のロウソク市場の50%、世界的にも有数のキャンドルメーカーです。

 若い人達には「キャンドル」のイメージですが、「蝋燭(ロウソク)を、「キャンドル」という市場に変えて=「キャンドル文化」という、自らの市場を創造したのが『カメヤマロウソク』です。
この企業の「マーケティング力」には、心底に感嘆しています。
・「スパイラル・キャンドル」=らせん状の形状を持つ長いキャンドルを生み出した。
・1959年、結婚式においての「キャンドル・サービス」を生み出し、2002年からは
 「パーティスタイル・ウエディング」を作り上げた。

『故人の好物シリーズ 仏壇・墓前に~』
 故人の好物であった食べ物などを墓前にお供えしたいと思うのは身内の自然な感情ですが、カラスや野生動物などの食外により、食べ物をお供えする事を禁止する墓所が増えています。
・生前~、故人が好きだった(桜餅)を墓前に・・・
・日本酒が好きだった父に『One CuP2 OOZEI」を墓前に~
『カメヤマロウソク・ワンカップ大関のロウソク』
 
「カメヤマロウソク」と酒造メーカーの「大関」によるコラボレーションで、『大関・ワンカップのろうそく』が販売されている。他にも、(だんご)や(焼き芋)、(ソフトクリーム)、(おでん)、(にぎり寿司)など、”本物そっくり!のお供え用ロウソク”が製造・販売されている。


 この『カメヤマロウソク㈱』の、日本的思考回路を飛躍した「マーケティング志向」は、”世界的なロウソク→キャンドル市場の新たな製品”を創り出しそうで、興味深々な企業です。

・レストランの「食品サンプル」を本物の(ロウソク)にしてしまった。
・「ろうそくメーカー」と「酒造メーカー」とのコラボ。
”大事”なのは「縦割り思考」ではなく、「水平思考」・「クラスター(房)思考」の自由な発想です。

by Gewerbe   「貿易ともだち」   K・佐々木




[PR]
by Gewerbe | 2015-03-22 23:34 | Trackback | Comments(2)