貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
フォロー中のブログ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
sosoさんへ: コメ..
by Gewerbe at 10:08
"公表の「各6割以上(実..
by soso at 09:22
早速コメント返していただ..
by HS at 23:25
by(HS)さんへ: ..
by Gewerbe at 22:59
いつもとてもためになる記..
by HS at 21:01
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(3)
その他のジャンル
Skypeボタン
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 08月 ( 34 )   > この月の画像一覧
『濃縮還元ジュースー②』
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?  (2461)

『濃縮果汁』
 果実の果汁を様々な方法で脱水し、濃度を1/5(容量比:20%)とか、1/6程度まで
高めたものです。

(濃縮果汁の目的・メリット)
・全体容量を減らすことによって、(運送・保管・冷却コスト)を削減できます。
・高濃度によって、酸濃度が高まり、細菌などの繁殖が低下します。
・粘度が高くなることによって、凍結開始温度が下がり、(氷点下保存)が可能です。
・収穫期に大量に濃縮⇒冷却保管しておくことが可能です。
〇これらのメリットによって、海外からは、かなりの量が「濃縮果汁」で、我が国に
 輸入され、国内で(水)を加えて還元されているものと思われます。

『濃縮還元ジュース』
 濃縮によって、脱水されている量までの(水)を加えたものです。
(1/5濃縮)であれば、「濃縮ジュース:20」に「水:80」を加えられたものが、
『濃縮還元天然果汁』と呼ばれることになり、(第20類:果実の調製品)に所属さ
 れます。
(一方、果実を絞ったそのままの脱水(濃縮)していないものは『ストレート果汁』
 と、区別して呼ばれています)

☆「濃縮果汁」に、濃縮以上の(水)を加えたものは(濃縮還元果汁)ではありません。
 (第20類:果汁)には所属されず、(第22類:果汁を含む飲料・2208.90項)と
  なります。


☆(含まれる糖度=ブリックス値)、(アルコール度数)、(他の果汁との混合)など
 の形態によって、(第20類、第21類、第22類の各項に所属区分されます)

・ビネガー(醸造酢)は、”調味料”ではなく、「酒」と同じ(第22類)です。
・(料理用ワイン:食塩を加えたもの)は、「酒」ではなくて”調味料”です。

by Gewerbe 「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_13191487.jpg

 
[PR]
by gewerbe | 2013-08-30 13:19 | Trackback | Comments(0)
『ぶどうジュース』
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?  (2460)

前々号で、アップした『濃縮還元ぶどうジュース』、受け狙いでアップしてみましたけど、
実は、試験問題を作る気になれば、かなり”複雑なぶどうジュース”です。
『ぶどうジュース』は、そこから「ワイン=ぶどう酒」や、「シャンパン」、「ブランディー」
などと発展していく果汁だけに、ややこしいですね・・。
加工形態によって、「第20類:果汁」、「第21類:調味料」、「第22類:(酒)、
(ジュース)」の3類にまたがる『ぶどう果汁』だと思いますよ。
日本の(酒税法)では、(塩)を加えた「料理用ワイン」は、”酒税法適用除外”ではなかった
かな?

・ぶどうを搾り、ぶどう自体の糖分が12%あった。
・糖分12%の天然ぶどう果汁に、10%の砂糖を加えた。
・ぶどう果汁の自然な発酵を止めるために煮沸熱加工を加えた。
・ワイン製造用のぶどう果汁のタンクを早期に開封し、「フェダーヴァィサー」=”ワイン
 のどぶろく”として販売されているもの。(アルコール度数:3%)
・ぶどう果汁に風味を増すため、レモン果汁を5%加えたもの。
・ぶどう果汁を容量で5分の1(20%)まで、脱水した「濃縮ぶどうジュース」
20%の(濃縮果汁)に80%の水を加えた「濃縮還元ぶどうジュース」
20%の(濃縮果汁)を30%含むぶどうジュース
・ぶどう果汁のアルコール発酵が、5%まで進んだ段階で、加熱により発酵を止めた
(低アルコール飲料)
・白ぶどうの果汁に人工的に炭酸ガスを加えた「発泡性白ぶどうジュース」で、アル
 コールを含んでいないもの。

☆「フェダーヴァィサー(Federweisser)」
 懐かしいです・・。まさに(ワインのどぶろく)で、真っ白い飲み物です。
 ドイツ・Frannken(フランケン)のワイン醸造農家が、ワイン製造のためにタンクに
 仕込んだぶどう果汁を
a0061688_194324.jpg
1~2週間目に、開封して、地下の醸造蔵で客に飲ませるのです。
 口当たりは(ぶどうジュース)ですから、甘くていくらでも飲めますけど、発酵の
 途中ですから、後になって”か~なりの悪酔い・・”をします(笑)
 客のテーブルにはボトルに入れて出しますが、(栓)はできません。発酵ガスによって
 栓が吹っ飛びます。
 日本でも、発酵を止めた白い(どぶろくワイン)は、販売されているようですね。

by Gewerbe 「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_19343049.jpg

[PR]
by gewerbe | 2013-08-29 19:09 | Trackback | Comments(0)
『やめてくれェ~! ネスカフェ・・(インスタント・コーヒー)』
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?   (2460)

『第9類:コーヒー、茶、マテ及び香辛料』
 ※(含まれないもの:コーヒーエキス、インスタント・コーヒー)
『第21類:コーヒーのエキス、インスタント・コーヒー』

と、コーヒー豆を挽いた(コーヒーの粉)までが、第9類に所属し、コーヒー豆の
エキスや、コーヒー・エキスを脱水・乾燥したインスタント・コーヒーは、第21類
の所属区分となることは、過去の繰り返しの出題から理解済みです。

☆(インスタント・コーヒー)の生みの親=「ネスカフェ」が、(インスタント・コーヒー)
終了!? 全て「挽き豆包みコーヒー=レギュラー・ソリューブル・コーヒー」に変更。


具体的には「インスタント・コーヒー」を代表するメーカーの(ネスカフェ)が今後、
インスタント・コーヒーという呼び方を使用しないというものです。
その理由として、品質向上を狙い「挽き包みコーヒー」=コーヒー豆を微粉砕した粒子
と、コーヒー抽出液と混ぜて乾燥させた製品。だと言うことで、日本の行政上のコーヒー
の区分では、「レギュラー・コーヒー(粉)」と「インスタント・コーヒー(エキス)」
しかない。という理由がありました。

☆ さァ~、税関さん! ネスカフェが、この(コーヒー豆の粉:第9類)と(コーヒー
エキス:第21類)の合体された「ソリューブル・コーヒー」を海外工場で製造し、我が国
に輸入される場合、その輸入所属区分は、(第9類)ですか?(第21類)ですか?
「関税率表の解釈に関する通則」:~通則6までのどの解釈によって、(確定)される
のか?早く知りたくて、うずうずしてます!」(笑)

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木


a0061688_1925224.jpg

[PR]
by gewerbe | 2013-08-28 19:20 | Trackback | Comments(0)
『(濃縮還元果汁) ・・・』
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?  (2459)

 今、冷やした『グレープ(ぶどう)ジュース』を飲みながら、アップしてます(笑)

うんッ!? ・・『濃縮還元果汁』???

アセアンを中心とする多くの国々とのFTA(自由貿易協定)、EPA(経済連携協定)に
よって、グァバなどの熱帯フルーツ果実やその製品が多く輸入され、価格もずいぶんと
安価になってきましたね。正確なところは、これから調べますけど(運送上のコスト)
の関係で、現地で果汁を濃縮して容量を減らし、日本に輸入してから、水を加えて還元
するという方法をとっているのでしょうか~?

『グレープ(ぶどう)』も、どこかの国からこの『濃縮果汁』で輸入されているのです
かね?
『ぶどうジュース(Grape Juice)』は、「第20類:野菜、果実、ナットその他植物
の部分の調製品」
に所属区分されますけど、(ブドウ・ジュース)は”ややこしい!”
ですね・・・。

・ぶどうジュース
・(ぶどう搾汁を含む。)
・(砂糖を加えたものを含む。)
・(発酵しておらず、かつ、アルコールを加えてないもの」
 =アルコール分が全容量の0.5%以下のもの

「第22類:飲料、アルコール及び食酢」
ぶどう酒(強化ぶどう酒を含むものとし、生鮮のぶどうから製造したものに限る。)
及びぶどう搾汁(第20.09項のものを除く。)

☆ 『濃縮還元果汁』、気になるなァ~・・・(悩)
 (濃縮)、(還元)という言葉も気になるし・・、(加える”水”の割合)も気に
 なる・・・(全てが、第20類に収まる物品なのだろうか~?)

by Gewerbe 「貿易ともだち」  K・佐々木 
a0061688_18191141.jpg

[PR]
by gewerbe | 2013-08-28 18:14 | Trackback | Comments(0)
『(受験対策)のポイントが違います!-②』
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?   (2458)

(関税法)や(通関業法)は、”覚える”部分が多いと思います。しかし、「通関実務」
に波及する(関税定率法)は、そうはいきませんよ!
 各条文の”理解”のために、過去問を解いていくのは構いません。しかし、同一内容
の出題に対して、”記憶で受験対策”は、到底に合格は望めません!毎年の試験毎に、
”新規問題”の出題です。

 昨年の本試験においては、本当に「実務科目の1問」を逃したばかりに(合格)を逃した
受験生が多く存在するのです。その問題とは次の2問です。

「第46回 (実務第4問)・”密閉容器”」
5 アルミファイルその他の金属はくの袋で、防湿セロハン又はプラスチックフィルム
  等を貼り合わせ又は熱溶融密閉してあるものは、気密容器に該当する。

☆ (A)又は(B)=(A)and (B)
※ 後半の(B)は、”気密容器”ですが、【又は】の前の(A)は、”気密素材”では
  あるが、溶融密閉しない限り”密閉容器”ではありません!

「第46回 (実務第5問)・第96.19項に属する物品」

5 吸水性を有する母乳パッド
☆「2010年版HS条約品目表」の(第96.19項)が、どのような主旨で、どのような商品
 群が、それまでの(その他の紙製品など)から独立して設定されたか?


★ (母乳パット)って? 「知るわけないだろう~・・!」(怒)、
  (気密フィルムの袋)・・「普通は、"気密容器と考えるだろう・・!」(怒)

・あなたは、今年(第47回)も不合格ですね・・・・(哀)
 
昨年の(合格者)は、この隠された”落とし穴=トラップ=国語力”を見事に”読解”
し、勘(かん)と言えども、正解を勝ち得ているのです・・。

☆(残念ながら~・・)、「昨年と同じ出題は、100%ありません!」
 (新規出題問題)も、想定される一ヶ月後の第47回通関士試験に、あなたは、
 どういう(受験対策)で、残りの”一ヶ月余り”で対応するのですか?
今年も、”また、不合格・・”で、一年間~、不満と愚痴をたらたらと述べる
 のですか・・?

by Gewerbe 「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_18193790.jpg
 
[PR]
by gewerbe | 2013-08-27 18:20 | Trackback | Comments(0)
『(受験対策)のポイントが違います!』
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?   (2457)

「第47回・通関士試験」まで、”1ヶ月余り・・”となった現在、どこまで覚える
気ですか?、どこまで”覚えられる優秀な受験生”と自覚しているのですか?

 昔のように~、「(輸入)とは、海外で作られた海外メーカーの品物を、代価を払って
我が国の輸入者が買い取ること」などと(原則的)な単純なものではなくて、グローバル
化された現状の国際経済下では、まさに(国境の無いがごとしのもの作り)であって、多
くのメーカーが、部材を送り込む=(輸出者)であり、同時に海外で製造された製品を輸入
する=(輸入者)と、(輸入者=輸出者)と同一企業が多くあり、しかも、かつての様に
”自社内生産”ではなくて、(複数国複数の関連企業の間で製品が作られ、流通する)の
が一般的と、”非常に複雑な貿易形態”になっています。
この”複雑な貿易形態”の様々なパターンは限りがありませんし、それを受けた
(出題パターン)も無限大です。数限りない(新問題)の作成が可能です・・。

本試験までに、覚えることは(最限がありません!)=(無限大です)。
それでも、まだ覚えようとするのですか? (笑)

 例えば、「課税価格の決定方法」で言えば;
「(課税価格)は、特別な事情がある場合を除き、その輸入貨物に係る輸入取引がされ
た時に、買手により売手に対し、又は売手のために、現実支払い価格に、その含まれて
いない限度において運賃等の額を加えた取引価格である」

 この内容と、それぞれの(語句の意味)を理解するために「過去問」の消化は有効です。
しかし、昨年度の試験をみる限りでは、(過去出題の組み合わせ)でもありません。
”基本的な条文の理解”が成されていないと、「五肢選択問題」はクリアーできません。

今の通関士試験は、具体的に言って:(国語・算数・の試験)です!
(あえて、一つ加えるならば、”法律条文・語句”の解釈です)

「通関士」は、関税法を主として、(法令)を適正に理解し、具体的にそれを的確に
運用する実務者」として国に認められた「法令実務運用者」です。

表面上の”詰め込み知識量”よりも、この基礎的な”法令用語、条文解釈力”を問う
試験問題構成に”極端に変化!”しているとは感じませんか?

 この(受験対策ポイント)に注目しない限り、今後の一ヶ月余りの過激な受験勉強
が”ムダに終わる・・”ような気がしてなりません・・。

 昨年の試験では(又は)を見落として、法令上”たった一語句の理解ができなくて、
(合格を逃した受験生)が多く居るのが事実ですから・・。

☆ 現在の「通関士試験」は、どれだけ多くの知識を吸収していようとも、法令上の
 わずか一語句(又は)などの法令基本を読解できない受験者は”落とす!”という
 基本姿勢ですし、そういう出題だと感じませんか?


by Gewerbe 「貿易ともだち」  K・佐々木
[PR]
by gewerbe | 2013-08-26 19:00 | Trackback | Comments(0)
『無償で又は値引きをして提供された物品又は役務』
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?   (2456)

『無償では値引きして提供された物品は役務』
(関税定率法第4条第1項第3号)

三 当該輸入貨物の生産及び輸入取引に関連して、買手により無償で又は値引
   きをして直接又は間接に提供された物品又は役務のうち次に掲げるものに
   要する費用

 イ 当該輸入貨物に組み込まれている材料、部分品又はこれらに類するもの
 ロ 当該輸入貨物の生産のために使用された工具、鋳型又はこれらに類するもの
 ハ 当該輸入貨物の生産の過程で消費される物品
 ニ 技術、設計その他当該輸入貨物の生産に関する役務で政令で定めるもの

(関税定率法施行令第1条の5)
2 法第4条第1号第3号イ~ハまでに掲げる物品に要する同号の費用は、各号に掲
  げる物品の区分に応じ、当該各号に定める費用に当該物品を、輸入貨物の生産及び
  輸入取引に関連して提供するために要した運賃、保険料その他の費用であって、
 買手により負担される”ものを加算した費用。
 (当該物品が当該輸入貨物以外の貨物にも組み込まれ、当該輸入貨物以外の生産
  過程で消費されたものである場合には、当該輸入貨物に組み込まれ、当該輸入貨物
  の生産のために使用され又は当該輸入貨物の生産の過程で消費された当該物品の
  使用の程度に応じて按分したものとする。
 一 当該買手が自ら生産した物品又は当該買手と特殊関係にある者が生産した物品
   であって当該者から直接に取得したもの 【当該物品の生産に要した費用】
 ニ 前号に掲げる以外の物品
            【当該買手が当該物品を取得するために通常要する費用】

by Gewerbe 「貿易ともだち」   K・佐々木
a0061688_1415436.jpg

[PR]
by gewerbe | 2013-08-26 14:15 | Trackback | Comments(0)
『生姜(ショウガ)の不思議・・』
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?  (2455)

(食用の野菜:第7類)かと思いきや・・、コーヒー、茶と同じ(第9類)に所属され、
何かと”難解”な『ショウガ』は、昨年の5月23日/No.2403,2404,及び8月15日
のNo/2452で繰り返しアップしています。

『生姜(ショウガ)』は国・文化によって、(野菜)、(飲料=ジンジャー)、(香辛料)
(生薬=漢方薬)と様々な利用法を持つ植物です。
※ 我々、東洋人からすれば(野菜)としても、(欧米的感覚)では、(香辛料・嗜好品)
なのでしょうかねェ~・・・・?。(ジンジャー・エール)

我が国は、(食材)、(漢方薬)の両面からその8割以上を中国からの輸入に頼って
きました。その結果、「平成25年・中国からの輸入品の特恵:国別・品目別特恵停止」
が適用されましたが、我が国(漢方製薬会社による強い要請)により、その救済措置と
して、”同じショウガでありながら、輸入時の形態により、(四つの異なる税率)を持つ
ように改訂されているので留意する必要があります。

『生姜(ショウガ)・Ginger』
(0910.11): 破砕及び粉砕のいずれもしていないもの
      -100:1 塩水、亜硫酸水その他の保存用の溶液により一時的な保存に
             適する処理をしたもの     (基本税率:15%)           
           2 その他のもの
      -210  (1)小売容器入りのもの   (基本税率:10%)
      ー292  A 乾燥したもの(全形のものに限るとし、皮をむいてあるか
                    ないかを問わない。)
                             (基本税率:無税) 
            B その他のもの        (基本税率:5%)
      -291   生鮮のもの
      -299   その他のもの 

☆ 具体的に言えば、今まで、(特恵関税率)で、”特恵無税”で輸入されていたものが
 『国別・品目別特恵供与停止』が発動されたので、(漢方薬製剤の原料用)は:基本税率
 で無税に、(食材用)は有税に替わったのです。


☆『0910.10又は2001.90 1.塩蔵(塩水漬)しょうがの関税分類について』
「塩蔵しょうが」のうち、塩分が13%以上のものは関税率表番号第0910.10号ー1に
分類し、塩分が13%未満のものは関税率表番号第0910.10号ー2に分類する。
 なお、「塩蔵しょうが」に少量の酢酸が加えられている場合があるが、これは一般的
には、塩分の含有量に応じて第0910.10-1又は第10910.10号ー2に分類されるので、
留意。
(第09類 解説)

by Gewerbe 「貿易ともだち」  K・佐々木
     
a0061688_21413985.jpg

[PR]
by gewerbe | 2013-08-23 21:38 | Trackback | Comments(0)
『エビの不思議・・?』
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?   (2454)

FAO(Food and Agricultures Organaization)=国連食料農業機関の要請により、
(食料安全保障)上のデータ化や(生物多様性条約)等の観点から、魚や甲殻類など
の”食料部門”での(HS条約品目表):『実行関税率表』の改正が行われています。
(大きな改正)が進められていますので、注意が必要です。2~3年前の実行関税率
表とでは、かなり内容が違うものもあります。


 一昨年だったでしょうか? 「水煮した殻を剥いた冷凍エビ」が出題されたことが
ありますが、この『エビ』に関しては、かなり複雑な内容に変わっています。

☆注意すべきは、「第3類:魚並びに甲殻類、軟体動物及びその他の水生無脊椎動物」
 の『燻製(くんせい)=Smokedしたもの』の改正です。

『第08.06項』
甲殻類(生きているもの、生鮮のもの及び冷蔵し、冷凍し、乾燥し、塩蔵し又は塩水
漬けにしたものに限るものとし、殻を除いてあるか無いかを問わない又はくん製前に
若しくはくん製する際に調理してあるかないかを問わない。
)、蒸気又は水煮による
調理をした殻付きの甲殻類(冷蔵し、冷凍し、乾燥し、塩蔵又は塩水漬けしたもので
あるか無いかを問わない。)

☆ 下記の改正後;”くん製した”『エビの不思議・・!?』は留意が必要ですよ。

1) 生きたエビ : 第3類

2)冷凍したエビ : 第3類

3)水煮⇒塩漬け⇒冷凍 :第3類

4)殻を剥く   : 第16類

5)殻を剥いたエビを解凍して”くん製”する
         :第3類

☆ HS条約=実効関税率表の(原則)として、「加工の進むほど、番号が下がる」が
 ありますが、”くん製”にはこの原則が通用しません。
 生きたエビ(第3類)から、水煮し殻を剥き、冷凍する加工によって、調整食料品と
 しての(第16類)に下がったものが、更に”くん製”という加工=調理が加えられ
 ることによって、生きたエビ(第3類)と同じ類に帰る=”復帰!”します。

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_17102448.jpg

[PR]
by gewerbe | 2013-08-22 17:10 | Trackback | Comments(0)
『第42.02項・(トランク、スーツケース・・等)-②』
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?  (2453)

『第42.02項』
ートランク、スーツケース、携帯用化粧道具入れ、エグゼクティブケース、書類カバン、
 通学用カバン、その他これらに類する容器ー
(4202.11~4202.19)

ーハンドバッグ(取手がついてないものを含むとし、肩紐が付いてないかを問わない)ー
(4202.21~4202.29)

ーポケット又はハンドバッグに通常入れて携帯する製品ー
(4202・31~42.02・39)

ーその他のものー

☆前号でアップしている(リュックサック)は、どこに所属区分されますか?
 ・今でこそ、多くのビジネスマンや学生が、ビジネスバッグや学生カバンとして、
 (リュックサック)を利用していますが、基本的にピクニック・登山バッグで、
  決して、カバンではないですよね!
 ・カメラ用のアルミ製の頑丈なケースを背負っている旅行者を見かけることがあり
  ますが、どこに所属区分されると思いますか? 同じ(リュックサック)ですか?
 
※ (類)及び、(項)の注の規定を読み込まずに、解答作業に進むことは、申告書問題
   を”捨てた・・”と同じ結果を招きます。

 
3)(A)第42.02項には、2の規定により除かれる物品の他、次の物品を含
      まない)
  (a)取手付きのプラスチックシート製の袋(印刷してあるかどうかを問わない
     ものとし、長期間の使用を目的としないものに限る) (第39.23項を参照)
    ※では、ペットボトル等、冷たい飲料を入れる(保冷シートを挟んだバッグ)
     も、含まれないのですか?
  (b)・組物材料の製品(第46/021項を参照)
     ・網地から製造した製品(第56/08項を参照)

☆・夏用の(竹で編んだバッグ)、(アケビなどの蔓製のバッグ)は、どこに所属
  区分されるのですか? 同じ(バッグ)、(買物かご)ですよね・・(笑)

 ・文房具などを入れている(メッシュのバッグ)は、バッグとして42.02項ですか?
  あるいは、(紐で編んだバッグ)を持っている女性も多い夏ですね?

 ・(革製のブックカバー)は、やはり、(第42類)ですか・・?
 ・キャンピング・ナイフの(革ケース)は、第42類の物品です。
  では、日本刀の鞘(さや)も、第42類ですか? (笑)

◎ 『関税率表の解釈に関する通則』:(通則1~通則6)の理解を飛ばして、申告書
  の解答を進めようと思うこと自体に”無理!”があるとは思いませんか・・?


by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木
a0061688_1843175.jpg

    
[PR]
by gewerbe | 2013-08-21 18:42 | Trackback | Comments(0)