貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
sosoさんへ: コメ..
by Gewerbe at 10:08
"公表の「各6割以上(実..
by soso at 09:22
早速コメント返していただ..
by HS at 23:25
by(HS)さんへ: ..
by Gewerbe at 22:59
いつもとてもためになる記..
by HS at 21:01
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
『平成25年度関税定率法等の改正(概要)』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?   (2456)

 実は、今秋の通関士試験に直接的に関係してくると思える大きな改正はありません。

 ただ、数年間~試験終了後に物議をかもしてきた「課税価格の計算問題」に関して、法令制定後30数年ぶりに現状の貿易態様に沿った具体化をしただけに、”昨年まで以上に、現状の(国境が無いがごとしのグローバルな国際経済活動下”における、より具体的・複雑な「課税価格計算問題」及び、それらの取引を組み込んだ「輸入(納税)申告書の作成問題を今年は今まで以上に”遠慮なしに!”出題してくることは当然に想定できます。

 テキストでの学習のみでなく、「税関ホームページ」で公表している内容を細かく目を通しておくことが有効かと感じています。これらの分野の出題内容に関しては、各テキストでの(原則論の記憶)からの解釈では”太刀打ちできる内容”ではありません。

(参考)として、「平成25年度改正(概要)」を列記しておきます。

1)特恵関税制度に係る改正
  ・中国からの輸入品である(生成繊維又は半合成繊維の糸)、(香水用噴霧器、化粧用噴
   霧器、化粧用パフ及びパッド)の特恵停止

2)暫定税率の適用期限の延長
  ・今年の3月末に適用期限が到来した暫定税率:「農産品に係る特別緊急関税制度及び
   牛肉等に係る関税の緊急措置」の適用期限を1年間延長する。

3)納税環境の整備
  ・延滞税及び還付金加算金の見直し (平成26年1月1日以後~)

4)輸出許可内容の変更手続きの明確化
  ・輸出価格未定貨物の価格変更の取扱い
  ・輸出申告価格を誤った場合の取扱い

5)記載事項漏れなどの「不備のある原産地証明書の取扱い」
  (25年10月1日~実施予定)

6)関税評価に関する法令等の改正の概要

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_21412096.jpg

[PR]
by gewerbe | 2013-04-30 21:41 | Trackback | Comments(0)
『関税評価に関する法令等の改正ー⑬』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?   (2455)

『課税価格の計算に用いる資料等』:(関税定率法第4条の8)
 第四条から前条までの規定により輸入貨物の課税価格を計算する場合において、当該計算の基礎となる額その他の事項は、合理的な根拠を示す資料により証明されるものでなければならず、かつ、一般に公正妥当と認められる慣行に従って算定されたものでなければならない。

『関税定率法基本通達4の8-1』

「計算の基礎となる額その他の事項」 
⇒ 適用条項に規定する価格、手数料、利潤及び一般経費、費用等の額その他取引に関する事情等
 (他取引に関する事情等)
 → 定率法第4条第1項を適用して課税価格を計算する場合の例
   輸入取引、買手、売手、現実支払価格、同項各号に掲げる費用等、同条第2項に掲げ
   る事(当該事情がないこと)等。

「合理的な根拠を示す資料」
⇒ 客観的な資料であって、適用条項において輸入貨物の課税価格の計算の基礎となる額、当該額を 構成する要素に係る額、これらの額の算定方法その他取引に関する事情等の真実性及び正確性を示すもの。
 → 例えば、売買契約書そのたこれに代わる書類、決済関係書類、経理帳票

「一般に公正妥当と認められる会計の慣行に従って算定されたもの」
⇒「計算の基礎となる額その他の事項」に関する国(又は地域)において、当該事項に係る産業にお いて相当の期間にわたり広く慣例的に行われている会計の処理に関する具体的な基準及び基準及び 処理方法に従って算定されたもの。
 → 例えば、法第4条第1項第3号ロに規定する工具等であって本邦において生産されたものに要する費用の額については、本邦において一般に公正妥当と認められる会計の慣行に従って算定する。

(出所:税関研修配布資料~)

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_10103359.jpg

[PR]
by gewerbe | 2013-04-29 10:10 | Trackback | Comments(0)
『関税評価に関する法令等の改正ー⑫』

 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?   (2454)

『特殊な輸入貨物に係る課税価格の決定』(関税定率法施行令第1条の12)

 法第四条から第四条の三までに規定する方法により課税価格の計算の基礎となる事項の一部がこれらの規定による計算を行うために必要とされる要件を満たさないためこれらの規定に規定する方法により課税価格を計算することができない場合において、その必要とされる要件を満たさない事項につき合理的な調整を加えることにより当該事項が当該要件を満たすこととなるとき。

 当該要件を満たさない事項につき当該調整を加えてこれらの規定に規定する方法により計算される価格

「関税定率法基本通達4の4-1(特殊な輸入貨物に係る課税価格の決定」
 合理的な調整を加えることにより法第4条第1項から第4条の3までの規定に基づき課税価格を計算する方法について例示

〇「税関長が定める方法」の例    (定率法施行例第1条の12)

〇「課税価格の計算に用いる資料等」 (関税定率法第4条の8)

〇「課税価格の計算に用いる資料等」 (関税定率法基本通達4の8-1)
  (計算の基礎となる額その他の事項)
  (合理的な根拠を示す資料)
  (一般に構成妥当と認められる会計の慣行に従って算定されたもの)

ー(明細、次号~)-

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_1433031.jpg

[PR]
by gewerbe | 2013-04-28 14:33 | Trackback | Comments(0)
『関税評価に関する法令等の改正ー⑪』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?  (2453)

『製造原価を確認することができるとき』(関税定率法第4条の3第2項)

「関税定率法第4条の3(製造原価に基づく課税価格の決定)」
2 前項の規定により当該輸入貨物の課税価格を計算することができない場合において、当該輸入貨物の製造原価を確認することができるとき(当該輸入貨物を輸入しようとする者と当該輸入貨物の生産者との間の当該輸入貨物に係る取引に基づき当該輸入貨物が本邦に到着することとなる場合に限る。事項において同じ。)は、当該輸入貨物の課税価格は、当該輸入貨物の製造原価に当該輸入貨物の生産国で生産された当該輸入貨物同類の貨物の本邦への輸出のための販売に係る通常の利潤及び一般経費並びに当該輸入貨物の輸入港までの運賃等の額を加えた額とする。

「関税定率法基本通達4の3-2(製造原価に基づく課税価格の決定)」
(5)輸入者と生産者との間に仲介者、代理人等が存在する場合には、法第4条の3第2項に規定する「生産者との間の当該輸入貨物に係る取引に基づき当該輸入貨物が本邦に到着することとなる場合」として取り扱わないこととなるので留意する。
(記事:税関研修配布資料~)

☆ この場合においては、「製造原価に基づく課税価格の決定方法」により課税価格を決定できないわけですから、「国内販売価格に基づく課税価格の決定方法」等によりその課税価格を決定することとなります。
(関税定率法第4条の3第2項及び第3項):「製造原価に基づく方法」
 (国内販売価格に基づく課税価格の決定)の国内販売価格から輸入貨物の課税価格を計算することができない場合で、かつ、その輸入貨物の製造原価を確認することができる場合に適用する。

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_15475765.jpg

[PR]
by gewerbe | 2013-04-27 15:48 | Trackback | Comments(0)
『関税評価に関する法令等の改正ー⑩』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?   (2452)

『逆委託加工貿易取引により本邦に到着する製品の取扱い』(関税定率法第4条第3項、同施行令第1条の9、同基本通達4-1(1)”ただし書き”
 ⇒ 【関税定率法第4条第3項(課税価格の決定の原則)

 前号の(逆委託加工貿易)は、いわゆる【暫八(ざんぱち)】=関税暫定法第8条に規定される、我が国から製品材料や生産設備等を供給し、海外においてその製造・加工を委託して製造された製品が輸入された場合の課税価格の評価です。

 これは、取り分けて”目新しい法令改正”というべきものでなく、改正内容を具体的に整理したというべきものです。「逆委託加工貿易取引により本邦に到着した貨物」は、長い間、(課税価格の決定の原則)によりその課税価格を決定することができず(課税価格の決定方法の例外)によりその課税価格を決定しなければない「輸入取引によらない輸入」・「特殊な事情がある輸入」と規定されていました。

 しかし、(2008年6月の法令改正)により、「逆委託加工貿易による輸入取引」も、関税定率法第4条(課税価格の決定の原則)により、課税価格を決定することができるように改正されました。

 ただ、この場合、(買手)により(売手)に支払った・支払うべき(現実支払価格)は(加工賃)
などに限定されるのが一般的ですから、買手により売手に対して無償・値引きして提供された資材や役務費用及びその運搬費用等の「輸入貨物の本邦輸入港到着時における貨物の経済的価値=CIF」に必要とされる全てが加算されたものでなくてはなりません。

 通常の課税価格(課税価格の決定の原則)により決定された課税価格から、(暫八=関税暫定措置法第8条)の規定により、買手から提供された資材・役務等の費用に相応する割合の関税相当額の納付が減税される処理となります。

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木


a0061688_14114875.png

[PR]
by gewerbe | 2013-04-27 14:10 | Trackback | Comments(0)
『関税評価に関する法令の改正-⑨』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?   (2451)

『逆委託加工貿易取引により本邦に到着する製品の取扱い』(関税定率法第4条第3項、同施行令第1条の9)

(旧)関税定率法基本通達4-1(1) ただし書き (逆委託加工貿易取引)

「関税定率法第4条第3項(課税価格の決定の原則)」
 本邦にある者(委託者)から委託を受けた者(受託者)が当該委託者から直接又は間接に提供された原料又は材料を外国において加工又は組み立て(加工等)をし、当該委託者が当該加工等によってできた製品を取得することを内容とする当該委託者と当該受託者との間の取引に基づき当該製品が本邦に到着することとなる場合には、当該取引を輸入取引と、当該委託者と買手と、当該受託者を売手と、当該加工等の対価として現実支払われた又は支払われるべき額を輸入貨物につき現実に支払われた又は支払われるべき価格とそれぞれみなして、前二項の規定を適用する。この場合において、第1項第2号イ中「手数料(買付けに関し当該買手を代理する者に対し、当該買付けに係る業務の対価として支払われるものを除く。)とあるのは、「手数料」とする。

by Gewerbe 「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_19312612.jpg

[PR]
by gewerbe | 2013-04-26 19:31 | Trackback | Comments(0)
『関税評価に関する法令等の改正ー⑧』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?   (2450)

『特許権等の使用に伴う対価』 (関税定率法第4条第1項第4号)


関税定率法第4条第1項・(課税価格の決定の原則)

 当該輸入貨物に係る特許権、意匠権、商標権その他これらに類するもの(当該輸入貨物を本邦において複製する権利を除く。)で政令で定めるものの仕様に伴う対価で、当該輸入貨物の輸入取引をするために買手により直接又は間接に支払われるもの

※当該輸入貨物の輸入取引の条件として

「関税定率法基本通達4-13(課税価格に含まれる特許権等の対価)」
(4)
 「輸入貨物に係る取引の状況その他の事情からみて当該輸入貨物の輸入取引をするために買手により支払われるもの」とは、当該輸入貨物に係る特許権等の使用に伴う対価であって、買手が当該対価を特許権者等に支払わなければ、実質的に当該輸入貨物にかかる輸入取引を行うことができないこととなる又はおこなわれないこととなるものをいい、その判断は、当該輸入貨物に係る売買契約やライセンス契約の内容だけでなく、当該輸入貨物に係る取引に関する契約の内容及び実態、取引に関与する者が当該取引に果たす役割、当該取引に関与する者の間の関係その他の当該取引に関する事情を考慮して行うものとし、(略)
(出所:税関研修配布資料~)

☆ 最近の試験における(課税価格の計算問題)には、「輸入貨物の生産のための機械の使用に伴い 売手が特許権者に支払う特許権使用料・・・)などという出題が、”遠慮もなく!”ごく普通に出題されていますよね・・・。
ーー当該輸入貨物の当該輸入取引の”以前の経費”であって、特別の契約内容が無い限り、(無視)すべき費用ですよね。

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_18531226.jpg

[PR]
by gewerbe | 2013-04-25 18:53 | Trackback | Comments(0)
『関税評価に関する法令等の改正ー⑦』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2449)

『無償で又は値引きして提供された物品又は役務』
「関税定率法施行令第1条の5-2」  -前号からの続きー

 この場合において、当該物品につき加工、改良その他の価値を増加させるための行為による価値の増加又は使用による減耗、変質その他ののやむを得ない理由による価値の減少があったときは、当該価値の増加又は価値の減少に相当する額を加算又は控除するものとする。
・第1号物品(材料、部分品)については、物品が生産された後と、買手により輸入貨物の生産及び 輸入取引に関連して提供されるまでの間の価値の増加又は減少に限る。
・第2号物品(工具、鋳型)については、物品が買手に取得された後、買手により輸入貨物の生産及 び輸入取引に関連して提供されるまでの間の価値の増加又は減少に限る。

一)当該買手が自ら生産した物品又は当該買手と特殊関係にある者が生産した物品であっ
  て当該買手が当該者から直接に取得したもの
  ・当該物品の生産に要した費用
二)前号に掲げる物品以外の物品
  ・当該買手が当該物品を取得するために通常要する費用


関税定率法基本通達4-12
(5)
 令第1条の5第2項第2号に規定する「当該買手が当該物品を取得するために通常要する費用」及び同条第4項第2号に規定する「当該買手が当該役務の提供を受けるために通常要する費用」とは、一般的な競争的条件の下に輸入貨物の買手が当該物品又は当該技術等を購入又は貸借をするとした場合に、その購入又は貸借のために通常必要とされる費用をいう。
 例えば、買手が自己と特殊関係にある者から、当該特殊関係による影響を受けた価格により当該物品を購入するような場合には、一般的な競争条件の下に買手が当該物品を購入していないから、当該価格に基づく費用を「通常必要する費用」とすることはできない。

by Gewerbe 「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_12503944.jpg

[PR]
by gewerbe | 2013-04-24 12:50 | Trackback | Comments(0)
『課税価格に関する法令等の改正ー⑥』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?  (2448)

『無償で又は値引きをして提供された物品又は役務』
(関税定率法第4条第1項第3号、関税定率法施行令第1条の5第2項及び第4項)

関税定率法第4条第1項:(課税価格の決定の原則)

三 当該輸入貨物の生産及び輸入取引に関連して、買手により無償で又は値引きをして直接又は間接 に提供された物品又は役務のうち次に掲げるものに要する費用
 イ 当該輸入貨物に組み込まれている材料、部分品又はこれらに類するもの
 ロ 当該輸入貨物の生産のために使用された工具、鋳型又はこれらに類するもの
 ハ 当該輸入貨物の生産の過程で消費された物品
 ニ 技術、設計その他当該輸入貨物の生産に関する役務で政令で定めるもの

『関税定率法施行令第1条の5』

2 法第4条第1項代3号イからハまでに掲げる物品に要する同号の費用は、次の各号に掲げる物品 の区分に応じ、当該各号に定める費用に当該物品を輸入貨物の生産及び輸入取引に関連して提供す るために要した運賃、保険料その他の費用であって買手により負担されるものを加算した費用。
(当該貨物が当該輸入貨物以外の貨物にも組み込まれ、当該輸入貨物以外の貨物の生産のためにも使用され又は当該輸入貨物以外の生産の過程でも消費されるものである場合には、当該輸入貨物の生産のために使用され又は当該輸入貨物の生産の過程で消費された当該物品の使用の程度に応じて按分したもの

(以下、次号継続~)
☆ 最近の出題においては、
 ① ”値引き”して供与された部材
 ② 無償・値引きして供与された物品の”運賃・保険料”
 ③ 供与物品・役務の仕入先による評価の違い

 ④ 今回の(輸入取引に関連する費用)と(今回輸入取引とは無関係分)の費用との『按分』が大きなポイントとなり、毎回に組み込まれています。

by Gewerbe 「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_4573252.jpg

[PR]
by gewerbe | 2013-04-24 04:57 | Trackback | Comments(0)
『課税価格に関する法令等の改正ー⑤』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?   (2447)

『買付手数料』-(関税定率法第4条第1項第2号イ)

関税定率法第4条第1項《課税価格の決定の原則》

二 当該輸入貨物に係る輸入取引に関し買手により負担される手数料又は費用のうち次に
  掲げるもの 
 イ 仲介料その他の手数料(買付けに関し当該買手を代理する者に対し、当該買付けに係
   る業務対価として支払われるもの
を除く) ☆ 買付手数料

「関税定率法基本通達4-9」(課税価格に含まれる仲介料その他の手数料)

(1)仲介料その他の手数料とは、輸入取引に関して業務を行う者に対し買手が支払う手数料をいい、このうち、「買付けに関し当該買手を代理する者に対し、当該買付けに係る業務の対価として買手により支払われる手数料(以下「買付手数料」という。)以外のものは、課税価格に算入する。

(3)買付手数料に該当するか否かの判断は、契約書等における名称のみによるものでなく、手数料を受領する輸入取引において果たしている役割及び提供している役務の性質を考慮して行うものし(略)。
「買付けに関し買手を代理して当該買付けに係る業務を行う者」とは、買手の管理の下で、買手の計算と危険負担により(イ)から(二)までのような業務を行う者をいう。
ただし、
当該手数料を受領する者が一の輸入取引に関し売手と買手の双方を代理している場合には、当該手数料は買付手数料には該当せず、課税価格に算入する手数料となる。
(資料出所:税関研修配布資料)~

☆「課税価格計算問題」の重要なポイントは、”(輸入取引)によらない(輸入)”の意味を具体的に理解することにあります。

by Gewerbe 「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_10405663.jpg

[PR]
by gewerbe | 2013-04-23 10:41 | Trackback | Comments(0)