貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
sosoさんへ: コメ..
by Gewerbe at 10:08
"公表の「各6割以上(実..
by soso at 09:22
早速コメント返していただ..
by HS at 23:25
by(HS)さんへ: ..
by Gewerbe at 22:59
いつもとてもためになる記..
by HS at 21:01
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(1)
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧
『輸出入商品の所属区分・・・』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2477)

(Q) : 「輸出入商品の分類区分に関して、”簡単・早道な学習方法はないでしょうか?」

(A) : 「ないです!」  (笑)

このブログ、今日の追番が「2477」ですけど、実際は、もう少し多い中に”繰り返し!”
書いてあります。

日本の場合は、(輸出統計品目表)と(実行関税率表)と、輸出と輸入の使い分けをしま
すが、中国などでは、輸出:輸入の区別はありません。輸出入とも同一の番号です。
この番号は、世界経済国=200カ国以上が使う『HS条約品目表』が、各国共通である
”前6桁”です。

○ まず、みなさんの”勘違い!”は、(理論整然と分類された商品分類表)と思ってい
  ることです。

◎ 『HS条約品目表』は、1955年作成のBTN(欧州関税率表)が元にされています。

1) (貿易貨物の課税対象表)です。 つまり、輸出入貨物の”経済的影響度の度合い”
  による商品分類表です。

2) 我々、日本、アジアの”商品常識”とは違って、半世紀以上も昔のヨーロッパの商品
   常識をベースとした分類表です。

3) よって、「関税率表の解釈の通則」の、(通則ー1=基本原則)には ;
  「部、類、及び節の表題は、単に参照上の便宜のために設けられたものである。
   この表の適用にあたっては、物品の所属は、項の規定及びこれに関係する部又は
   類の注の規定に従う。」

  と、”はっきり!”と規定されています。

4) この”半世紀以上前の欧州の経済上の商品分類表”と、現在・国ごとの解釈の食い
   違いを補正するものが、HS条約で認められた6桁の後の”細分番号”です。
   日本の場合は、「HS条約品目番号=6桁」に「我が国の細分=3桁」を加えているわ
   けですよね。

「統計品目番号」の”この理屈”を理解しないで、(分類を間違って、”芋ずる崩壊だ~!”」
と騒ぐのは、あなたの勝手でしょう・・。


(海水)が、何故に? 「第5部 第25類:土石類、セメントなどに分類所属されるか?
書いてきましたよね。 世界的常識では、(塩)は、山から掘り出す(岩塩)で、塩素や
ナトリューム製造のための(鉄鉱石や石炭)と同一の”鉱物資源”で、それが、水に溶
けているだけのものが(海水)とするのが、半世紀前のヨーロッパの商品判断基準です。

by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木
a0061688_21521421.gif

[PR]
by Gewerbe | 2012-09-27 21:57 | Trackback | Comments(1)
『通関士試験、10日前~・・・』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?     (2476)

”残る11日・・・”ですね。
本気で(合格!)を狙う受験生の”追い込まれた心情”を察します。

「この(本試験の直前)を、どう過ごすべきか・・・?」
(手持ちの”過去問”は、全てやり尽くした)
(これ以上、何をどうして本試験に備えればよいのか、解らない・・)


あるサイトにおいての(合格者談)としての投稿がありました。
「自分は、この時期”税関HPの(Q&A)を、ひたすら読んでいた。)」

”まったくに、(正しいj”受験対策方法)と感じています。”

特に、【税関HP・(Q&A)の関税評価・所属区分決定】に関しては、ここを読んでおくと、
読まないとでは、大きなスキルの差が生じます。

どうすれば、この【税関HP・(Q&A)サイトに到達できるか?
自分で努力してください・・。 このPCスキルも、現状においては、「通関士試験」におけ
る(合否判定基準の一つ)に組み込まれているのです。

(残る11日をどう過ごすか?)、あくまでも、過去出題されたことのある「過去問」であ
れば、”即決で解答が出せる”という=”完成された受験生”に限って言えることであって、
”現状なお、”基礎学習中~・・”の受験生に有効な手段であるか・ないかの判断に対して
は、言葉を持ちません。 自分で判断してください・・・。

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_22115364.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2012-09-25 22:12 | Trackback | Comments(0)
『通関士試験・(実務申告書)-③』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2475)

2週間(14日)後である”10月7日(日)”の今頃(8時半)は、受験生の皆さんは、すでに
自分のイスについているか、j試験会場近くを急いでいる時間帯ですね。
今月末の30日が日曜日となって、”10月第一日曜日=7日”となり、10月の学習時間が
一週間もあるとは、カレンダーに感謝してください。

この時期になると、『実務の(申告書)は、どんな貨物が出題されるか?』が非常に気に
なることと思います。

すでに実務に携わっている実務者は、(日々、通関をしている貨物であって欲しい)と願
うでしょうし、一般的に女性受験者は、(科学品や機械類が出たら、嫌だなァ・・)と思うの
でしょう。

多くの意見として、(ややこしい”繊維関係”だけは出題しないでくれ!)を見受けます。
確かに、①繊維、②加工食品、③鉄鋼 と、所属区分の決定が困難な”三大貨物”の
一つであることに間違いはありませんが、『第11部 紡績用繊維とその製品』となれば、
「第50類~第63類」のいずれかに所属区分されるわけで、ある面で”楽”なのです。

昨年の通関士試験の『実務申告書問題』が、一昨年までと”大きく異なるポイント”が
どこか、解りますか?
 
出題貨物の範囲が、特定の(部)に限定されていないことです。
過去の試験は、抜粋された品目表の(項の規定)の範囲内での所属決定であったと
言えます。

 しかし、、この(項の規定)を超えて、(類の注の規定)・(部の注の規定)まで大幅に
その「所属区分決定範囲が広げられた」のが、昨年の出題です。


「仕入書=インボイス」上での貨物表現は、”ビジネス上の商品分類”であって、HS条
約品目表に基づく統計品目表の”貿易貨物上の商品分類”とは違います。
 その意味においても、(ドラッグストアーの棚に等しく並べられている洗剤・化粧品)で
あっても、「統計品目表」においては、(部)として、化学品、医薬品、植物・動物生産品
と複数の(部)に分かれることになるのですよね・・・。

 (洗剤・化粧品)が出るか、何の商品になるか? 蓋を開けてみないと解りませんが、
(項の規定)に留まらず、(類の注の規定)、もしくは(部の注の規定)まで、所属分類
の決定範囲とする昨年の試験での方向性は強まったものであろうとは感じています。


by Gewerbe  「貿易ともだち」    K・佐々木
[PR]
by Gewerbe | 2012-09-23 09:28 | Trackback | Comments(0)
『通関士試験・(実務申告書)ー②』

 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2474

何度か、このブログで書いてきましたが、昨年の『実務申告書):【肥料】等の申告書
作成の内容は、許された試験時間=(30分余り~・・)で、その正解を完璧に出すこ
とは、”神業(かみわざ)”以外のなにものでもないと思っています。

”肥料専門商社”担当で、日々に(肥料)を専門として申告している通関士であっても、
30分余りという時間内で、”誤謬(ごびゅう)”なしの完璧な申告を成し得ることには、
疑問を感じます。 

 許された(解答時間)からすると、”一分”・”一回”の躊躇(ちゅうちょ)も立ち止まりも
戸惑いも許されず、まっしぐらに解答用紙の解答用紙のマークシートを埋める作業
時間しかありません。言葉を変えれば”爆走時間”が、通関実務の試験科目です。

「課税価格の決定」とかの、”基礎的な判断ミス”は、一つのミスが、(芋ずる式)に、
輸入申告価格の全欄=5点の全てを失う結果になるつながる結果になります。

問題作成者も、(全問得点)を求めての問題作成ではありません。
今の通関士試験受験者の(優秀受験者)はそのスキル・実力は非常に拮抗して
大きな大差はありません。 
”いかにして、得点の差を生み出す問題内容”を作成するか? 問題作成者の最大
の悩みだと感じています。

本試験まで、”残された学習時間”は2週間です・・・。
とは言っても、もうすでに(学習時間)の時ではありません。 本試験への(慣れ)の
時間です。

昨年の例を見るまでもなく、『実務申告書』で、”満点”=”完全正解”を目指すことは
不可能であり、無理です。
残りの2週間を、”全滅”ではなくて、いかにして解答欄の”3個でも4個でもの正解”
をマークできるか!? の(確立)への努力に傾けてください。
 
今の時期、『申告実務申告書』で、”完全正解の学習”を目指していると、本試験で
待っているものは”芋ずる式・全滅”ですよ。


by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_1429215.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2012-09-22 14:29 | Trackback | Comments(0)
『通関士試験・(実務申告書)』

 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?   (2473)

昨年の通関士試験・(実務申告問題)の『肥料』をみて、”偶然か!?”・”意図的か?”
その確信はありませんが、その(関連性)に愕然とした事実があります。

 大変に誇張したようにも聞こえますが、少なくとも僕個人は、「このグループ・この人
が、実務問題を作成していたのか~・・」と、うがった気持ちを抱いたのは事実です。

その昨年の「肥料」での驚きからして、(もしかして、今年は「洗剤」?)の予測を少な
からず、抱いています。

『第6部・化学工業(類似の工業を含む)の生産品』
 「第33類 : 化粧品等」
 「第34類 : 洗剤等」

重ねて、”確信は無い予測”に過ぎませんが、税関のHPで、第33、第34類両方の
(類の注の規定)と、類の分類全体に目を通しておくことは、無駄にはならないような
気がしてなりません。

例えば、一口に(洗剤)や(化粧品)などと言っても、第33類、第34類はその(類の
注の規定)によって、その所属の決定は、かなり”複雑”です。

むろん、少し前に書いた(自動車車体製造用の鋼板=第72類)が、実務申告書問題
で出題されるよりは、”はるかに楽”とは思いますが・・。

by Gewerbe   「貿易ともだち」   K・佐々木

a0061688_2156445.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2012-09-19 21:56 | Trackback | Comments(0)
『(輸出者:輸入者)、(売手:買手)、(仕入人:荷受人)-②』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?   (2472)

『税関』は、その名の通り、”(税)の徴収機関である=財務省・関税局の国家機関です。
実際に、現状の我が国の税金収入の”一割を稼いでいるのは税関”です。

つまり、(貿易関連)という限定付きとはなりますが、”貿易での税務署”=『税関』です。
「水際取締り」とか、「貿易統計」の業務は、税徴収の付属業務に過ぎません。

○ 「通関士試験」とは=貿易という限定範囲における”税理士試験”とも言えます。
 ・国際統一基準と英文があるだけに、実態は(税理士試験)より、困難な側面も持ち
  ます。

 前号の内容は、解りにくかったかもわかりませんが、「逆委託加工貿易」を考えてみて
ください。
「逆委託加工貿易」は、日本国内の者が、”加工賃”を支払って海外の者にその加工・製造
を委託し、完成した製品を輸入するわけですよね。
 つまり、みなさんが理解している常識的な解釈での(輸出者)は、加工・製造を頼まれた
だけであって、、(輸出)は、完成した製品を日本の依頼者に送り返すだけのことですよ。

関税法の原則的な規定のみで解釈すれば、(輸出者)=(輸入者)は、”同一人物”となりま
す。 そのため、2007年までは「逆委託加工貿易による輸入」は、”課税価格の決定の
原則によることができない輸入」とされていましたが、現状では、加工・製造の海外受託
者を(売手)とみなし、無償・値引きして提供された資材・役務の経費を(加算要素)として
加算することにより、「課税価格の決定の原則」で、課税価格とするよう改正となっていま
す。

この「逆委託加工貿易による製品の輸入」における『課税価格計算の原則』への改正は、
(関税法)とか(関税定率法)の原則的な規定からすると、”こじつけ”以外のなにもでも
ないですよ・・。

”受験費用稼ぎの受験応募要綱・・”、みごとに、それに乗せられて、あるいは、それの
恩恵に預かろうとの”受験産業の姑息な企み”に陥れられて、わが身の実際の資質も
省みずの”舞い上がった受験生が8割”が、「通関士試験の実態」ではないでしょうか?

ここまで書かれると、本当に悔しいでしょうね・・。
あなたは、(その他大勢の8割)ですか?  それとも、”本気の受験生”の2割ですか?

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木

a0061688_22105058.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2012-09-17 22:10 | Trackback | Comments(0)
『関税評価用語等解説ー⑬』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2470)

『関税評価用語等解説:税関 Japan Customs』
6.製造原価に基づく方法

(問6-1) 「製造原価に基づく方法」とは、どのような方法ですか?

(答) : 「製造原価に基づく方法」とは、輸入貨物の製造原価に、その輸入貨物と同類
     の貨物の本邦への輸出のための販売に係る通常の利潤及び一般経費並びに
     その輸入貨物の輸入港までの運賃等n額を加えた価格を課税価格とするもので
     す。
      なお、製造原価は、輸入貨物の容器及び包装の費用並びに買手により無償提
     供された物品及び役務の費用を含みます。
    (また、本邦で開発された役務の費用であっても、生産者が負担した場合は、その
    負担した額を含みます。)


(問6-2) 「同類の貨物」とは、どのような貨物をいうのですか?

(答) : 「製造原価に基づく方法」により課税価格を計算する場合における輸入貨物
     と「同類の貨物」とは、同一の産業部門において生産されたその輸入貨物と同
     一の範疇に属する貨物をいい、その輸入貨物と同一の国から輸入される貨物
     に限られます。

(記事:税関HP・関税評価用語等解説)~

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_13475592.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2012-09-15 13:48 | Trackback | Comments(0)
『関税評価用語等解説ー⑫』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2469)

『関税評価用語等解説』 : 4)無償提供物品・役務
(問2-28) 輸入貨物の生産に関する役務について、「本邦以外において開発された
        もの」
とは、どのようなものをいうのですか?


(答) : 買手により無償で又は値引きをして直接又は間接に提供された、輸入貨物の
     生産に関する役務のうち、その費用が「加算要素」に該当するものは、「本邦以
     外において開発されたもの」に限られますが、「本邦以外において開発されたも
     の」とは、実際の作成が本邦以外の場所で行われたものをいい、その役務の作
     成に係る契約の統括場所や作成者の国籍は問いません。
      したがって、例えば、日本人が外国において作成したデザインは「本邦以外に
     おいて開発されたもの」に該当しますが、外国人が本邦において作成したデザイ
     ンは「本邦以外において開発されたもの」には該当しません。

(問2-29) 無償提供された物品又は役務に要する費用の額は、どのように計算するの
         ですか?


(答) : 無償提供された物品に要する費用の額は :
     
     ○ 買手がその物品を自己と特殊関係にない者から取得した場合は、その
       物品の取得価格によることになりますが、
    
     ○ 買手がその物品を自己と特殊関係にある者から取得した場合は、その
       物品の生産費によることとなります。

     ○ なお、無償提供された物品が、提供前に使用されたものである場合、その
       物品の当初の取得価格又は生産費を、その使用度に応じて減額するこ
       とにより計算することとなります。
     
     ○ また、無償提供された物品に生産ロスを見込んだスペア部品等が含まれ
       ている場合は、そのスペア部品等に係る費用も、無償提供された物品に要
       する費用に含まれます。
    
    無償提供された役務に要する費用の額は;
     
     ○ 買手がその役務を自己と特殊関係の無い者かた購入した場合又は賃借し
       た場合は、その役務の購入の費用又は賃借の額となりますが、

     ○ 買手がその役務を自己と特殊関係にある者から購入した場合又は賃借し
       た場合は、その役務のク乳の費用又は賃借の額は、その役務の開発費に
       よることとなります。

  また、上記の物品又は役務に要する費用の額には、その物品又は役務を取得する
 ために買手が要した費用(例えば、買手が自己の代理人に対して支払う手数料。)の
 額及び提供するために買手が要した費用(例えば、買手が要した運送費用、保険料
 等。)の額を含めることとなります。

(出所 : 税関HP・関税評価用語等の解説)~

by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木  
a0061688_21232524.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2012-09-11 21:23 | Trackback | Comments(0)
『関税評価用語解説ー⑩』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?     (2467)

『課税価格の計算問題』は、「輸入取引」に係る費用か?」輸入取引外で発生している
費用か? の、受験者の『輸入取引』とは何か?』を本当に理解しているか、どうかを問
う出題内容がほとんどです。

(問2-2) : 「輸入取引」とは、どのような取引をいうのですか?

(答) 「輸入取引」とは、現実に貨物が輸入されることとなった取引であって、当該貨物を
    外国から本邦に引取ることを目的として行われた売買をいいます。
     
    したがって、贈与や貸借権といった売買でない取引は、「輸入取引」とはなりません。
    
     なお、ある売買が貨物を外国から本邦へ輸入することを目的として行われたとし
    ても、その貨物がその売買により現実に輸入されていない場合は「輸入取引」とは
    認られません。
    
(問2-5) : 加工賃方式による逆委託加工貿易取引により輸入される貨物は、輸入
         取引によらない輸入ではないのですか?


(答) 「加工賃方式による逆委託加工貿易方式」により輸入される貨物は、形式的には
    売買により輸入される貨物ではありませんが、実質的には委託者が受託者に支払
    う加工賃は「現実支払価格」に相当し、委託者から受託者に無償提供される原材料
    等の費用は「加算要素」に相当すると考えられますので、加工賃を対価として輸入
    貨物の売買が委託者(買手)と受託者(売手)の間で行われたものとみなして、
    輸入取引により輸入される貨物として取り扱うこととしています。

(記事:税関HP・「関税評価用語等解説」)より~

by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木

a0061688_5525198.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2012-09-07 05:53 | Trackback | Comments(0)
『関税評価用語等解説ー⑧』

 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2465)

問ー2-22 「輸入貨物を本邦において複製する権利」とは、どのような権利をいう
         のですか?


(答) 輸入貨物に係るロイヤルティ等が、その「輸入貨物を本邦において複製する権利」 
   の対価として支払われるものである場合は、そのロイヤルティ等は「加算要素」に
   該当しませんが、ここでいう「輸入貨物を本邦において複製する権利」とは、輸入貨
   物を本邦において物理的に複製する権利、その他の輸入貨物に化体され又は表現
   されている考案、創作等を本邦において複製する権利をいいます。

   例えば、次のような権利が「本邦において複製する権利」に該当します。
   ・ 特許発明が実施されている機械が輸入された場合において、これと同じ物を本邦
     において製造する権利
   ・ 特許発明が実施されている遺伝子操作により生み出された昆虫種が輸入された  
     場合において、その昆虫を本邦において繁殖させる権利
   ・ 著作権の対象である写真が輸入された場合において、その写真を使用した写真集
     を作成するため、その写真を本邦において印刷する権利

     等

 (記事:税関HP・関税評価用語等解説~)

by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木
a0061688_21525754.gif

[PR]
by Gewerbe | 2012-09-04 21:53 | Trackback | Comments(0)