貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
sosoさんへ: コメ..
by Gewerbe at 10:08
"公表の「各6割以上(実..
by soso at 09:22
早速コメント返していただ..
by HS at 23:25
by(HS)さんへ: ..
by Gewerbe at 22:59
いつもとてもためになる記..
by HS at 21:01
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧
『(買付手数料)・出題中の記載の違い・・』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2462)

『買付手数料』が、(加算要素)になるか? 否か? は、(加算要素)という言葉では
なくて、”実質的なその内容”であるとアップしてきました。
実際に、『買付手数料』に関しての通関士試験出題中の扱いは、次の3点の記載パタ
ーンが見受けられます。

1) 出題問題中に、具体的『買付手数料』と言い切っている、

2) 問題記載中に「買付手数料」という言葉は記載されているが、単に買手の”支払い
   項目”であるに過ぎない内容を感じさせる記述内容になっている。

3) (買付手数料)という言葉は、具体的に記述されていない。
  

1)の場合は、出題中において、”法令上の『買付手数料』であることを前提としての
  問題の記述ですから、(加算要素とならない)と限定理解して良いです。

2)の場合は、「買付手数料」という単に”言葉記載”に惑わされずに、全体・前後関係
  から、加算要素とならない「買付手数料」か、買手の任意表現であるか、加算要素
  となる「買付手数料」であるかを見極める必要があります。

3)の場合は、より”実務的な判断”を要求される問題記述で、問題記述全体から、買手
  が、(仲介者に支払った手数料が”買付手数料”に該当するか?否か?)の判断が
  要求されます。

※ (私的)であり、(偏見)とも思える蛇足的な追記とは感じますが、”厄介(やっかい)”
  なのは、2)のパターンの出題記述内容であった場合です。
  試験後において、問題記述内容への”不満”・”疑問”が尾を引き続けるのが、この
  出題パターンです。具体的な表現をすると、「買付手数料」という言葉がはっきりと
  書いてあるのに、何故?加算要素になるのか?という反論です。

   ”優秀な受験生”と思えるほど、この反論が強いのですが、はっきり言って、”暗記
  優先”で、頂点に上り詰めた”秀才タイプ”が陥りやすいワナです。本人達は、人一倍
  にプライドが高いだけに、自分自身の”考える力”・”総合判断力”の欠如を認めようと
  はしません。
  「通関の実務現場」においては、このタイプは、”使えません・・・” 使いものになりま
   せん。

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_2048568.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2012-08-31 20:48 | Trackback | Comments(0)
『関税評価用語解説ー⑤』

 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2461)

(問2-24) : 「買付手数料」であるか否かの判断は、どのように行うのですか?

(答) 
 買手により支払われる手数料が、「加算要素」とならない「買付手数料」に該当するか
 否かは、その手数料の契約書上の名称のみによって判断するのではなく、その手数
 料を受領する者が輸入取引において果たしている役務及び提供している役務の性質
 を考慮して判断することとなります。
  具体的には次の要件を満たすものであることが必要です。

 ・ 手数料を受領する者が、「買手に代わり業務を行う者」であることが、買付業務契
   約書等の文書により明らかであること。

 ・ 手数料を受領する者が、輸入貨物の購入に関して買手に代わり業務を実際に行っ
   ているという実態の存在が文書や記録その他の資料により確認できること。

 ・ 税関の要請がある場合には、売手と買手との間の売買契約書、売手(製造者等)
   が買手あてに作成した仕入書等の提示が可能であること。

(※) 「買付手数料」という名目で買手により支払われる手数料であっても、「加算要素
    とならない買付手数料には該当しない「買付手数料」もあるので留意が必要」


記事 : 税関HP・「関税評価用語等解説」

by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木
a0061688_2148544.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2012-08-30 21:48 | Trackback | Comments(0)
『関税評価用語解説ー④』

 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?     (2460)

(問2-22) : 「買付手数料」とはどのような手数料を言うのですか?

(答え) : 
 加算要素とはならない「買付手数料」とは、輸入貨物の購入に関して外国において
 売手に代わり業務を行う者に対して、買手が支払う手数料をいいます。
  
 ※ なお、買付手数料という名目で買手により支払われる手数料であっても、加算
  要素とならない買付手数料に該当しないものもあります。
 
    ※ (問2-24)

(問2-23) : 「買手に代わり業務を行う者」とは、どのような者をいうのですか?

(答え) :
 「買手に代わり業務を行う者」とは、買手の管理の下で、買手の計算と危険負担に
 より次のような業務を行う者をいいます。
 ・ 輸入取引に係る契約の成立までの業務(例えば、供給者を探し、買手の要求を
   売手に通知し、見本を集める業務等)
 ・ 輸入貨物の引渡しに関する業務(例えば、貨物を検査し、貨物についての付保、
   運送、保管、引渡しを手配する業務など
 ・ 輸入貨物代金の決済の代行に関する業務
 ・ その他 (例えば、クレーム処理に関する交渉を行う業務)

(問2-24) : 「買付手数料」であるか否かの判断は、どのように行うのですか?
 (次号に続けます)

(記事内容:税関HP・「関税評価用語等解説」より~)

by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木
a0061688_21455570.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2012-08-29 21:46 | Trackback | Comments(0)
『関税評価用語解説ー③』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2459)

前号=昨日のブログでは、『課税価格・運賃等』について、(質問)を投げかけています。

『(本船扱いの承認)を受けて”輸入許可”された貨物に係る輸入港に到着する
 までの滞船料の関税評価上の取り扱いについて』


この(質問)の内容は、(輸入通関・本船扱い)という、”限られた輸入者”が限られた
輸入貨物”において、税関長の異例な承認を受けてのみ実施される(特異な輸入通
関)に当たります。

実は、この内容に関し、税関当局の運用面でも、”その解釈に混乱”があったようで、
下記の様な(異例な通関時報)があります。

平成22年9月13日・「通関時報」 神戸税関業務部・管理課長 小林智弘
(抜粋)
「・・これまで、荷揚げ港に着岸する前に”本船扱い”の承認を受けて輸入の許可を受
けた輸入貨物に係る輸入港に到着するまでの滞船料については、特異な例として、
輸入の許可の時をもって当該輸入貨物が輸入港に到着したものとし、当該許可の
時以後の滞船料の額を当該輸入貨物の課税価格に含まないとして取り扱っていた
ものがありました。

 しかし、今般、当該(滞船料の額の関税評価上の取り扱い)について再検討した
結果、今後は、輸入の許可の時点に関わらず、当該輸入貨物を積載した船舶が
”荷揚げする岸壁に着いた時”もしくは”船卸しする内航船が当該船舶の下に到着
した時”を【輸入港に到着した時】として取り扱うことが、関税定率法基本通達4-8
ー(3)ニにより適切であるとの結論に至りました。

 これに伴い、当該取扱いの変更の日を平成22年10月1日とします。

※ 関税法基本通達7-16(1)ロ(イ)に定めるとおり、当該取り扱いの変更の日
  の前日までの日を「法令適用の日」(輸入許可前引取りの承認を受けた貨物に
  ついてはその承認日)とする輸入貨物については、当該輸入貨物に係る”修正
  申告”
はしないものとする。

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_20405443.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2012-08-28 20:40 | Trackback | Comments(0)
『関税評価用語解説ー②』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2458)

『関税評価用語等解説ー②』
1)輸入港までの運賃

(問2-15):輸入貨物が「輸入港に到着する」とは、どの時点をいうのですか?

(答え) : 輸入貨物が「輸入港に到着する」とは、単に輸入港の領域に到着するという
       ことではなく、その輸入貨物の船卸し等ができる状態になることをいいます。
                              (関税定率法基本通達 4-8-(3)) 

(問2-16):「輸入貨物が輸入港に到着するまでの運送に要する費用」とは、
       どのようなものを言うのですか?」


(答え) : 「輸入貨物が輸入港に到着するまでの運送に要する費用」とは、輸入貨物を
       輸入港まで運送するために実際に要した運送費用をいい、その輸入貨物の
       輸出港までの運送費用を含みます。
        ただし、運送が特殊な事情の下において行われたことにより、実際に要した
       輸入港までの運賃の額が、通常必要とされるその輸入港までの運賃の額を
       著しく超えるものとなった場合は、その通常必要とされる運賃となります。
                             (関税定率法基本通達4-8-(3)-ニ)

※ では、上記に関連しての(質問)です。

 「本船扱い」の承認を受けて”輸入許可”された後に発生した、貨物に係る輸入港に
 到着するまでの(滞船料=デマレッジ Demurage)は、課税価格への加算要素と
 なりますか? なりませんか?
 もし、(加算要素)となるならば、”輸入許可”を受けた後に、どうやって、課税価格の
 評価アップをするのですか?

 もう、このレベルの出題が出されてもおかしくない状況ですし、(五肢選択問題)の
 一つに組み込まれていて、間違えば、他の選択肢を正解していても、得点”0”です
 よね・・。

(記事出所:税関HP・「関税評価用語等解説」)より~

by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木
a0061688_215536.gif

[PR]
by Gewerbe | 2012-08-27 21:05 | Trackback | Comments(0)
『関税評価用語解説』

 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?   (2457)

「税関HP・(関税評価用語解説)」

(問1-4) 重量税が適用される貨物についても、従価税が課される貨物と同様に価格を       計算する必要があるのですか? 

(答え) 重量税が課される貨物についても、従価税が課される貨物と同様に価格を計算
     する必要があります。
   (参考)
     ・貨物を輸入する場合には、その貨物の価格を申告することとされており、その価
      格は関税定率法の第4条~第4条の8までの規定される課税価格に相当する価
      格とされています。 : (関税法第67条、関税法施行令第59条の2) 
      この価格は、例えば”貿易統計”の作成に使用されています。

     ・貨物を輸入する場合には、(消費税)が課されますが、輸入貨物に係る消費税の
      課税標準は、その輸入貨物について関税定率法だい4条~第4条の8までの規
      定に準じて算出した価格を基礎として計算することとされています。
      (消費税法第29条第3項)

(問1-5) 関税が”無税”である輸入貨物についても、従価税が課される輸入貨物と同様       に価格を計算する必要があるのですか?

(答え) 関税が”無税”である輸入貨物についても、従価税が課される輸入貨
      物と同様に価格を計算する必要があります。

(記事出所:税関HP・関税評価用語解説)より~

by Gewerbe   「貿易ともだち」   K・佐々木
a0061688_20331152.gif

[PR]
by Gewerbe | 2012-08-26 20:33 | Trackback | Comments(0)
『ミル・シート 鉄鋼材質分析表)』

 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2456)

昨年の「通関士試験」での申告書問題では、「統計品目表」・「実行関税率表」の抜粋
範囲が膨大・多岐にわたり、受験生を悩ませました。
 しかし、昨年を含め、出題の”資料”としては、①インボイス、②梱包明細書、③関係
箇所抜粋の品目表 の(3点に限定)されていることには変化ありません。

 実際の(通関申告)において、①仕入書、②梱包明細書の2点のみのデータで、品目
表の「所属区分の決定」が成し得ることは困難で、貨物の種類により、多くのデータを基
に所属区分を決定していきます。

『Mill/Sheet(ミル・シート』=(Mill Test Certificate)』
鉄鋼メーカーが鋼材製品を納入時に発行する『鋼材材質証明書』です。内容は鋼材の
機械的性質や化学成分が数値記載さrています。
【Chemical Composition (化学成分欄)】の一例
 C     Si      Mn      P      S
-4    -3     -3     -4     -4
 20     3     140     72     41
(読み方)
C=Carbon(炭素)、Si=Silicon(ケイ素)、Mn=Manganese(マンガン)、
P=Phossphorse(燐・リン)、S=Supphur(硫黄)

-4 : × 1/10000 、   -3 : × 1/1000   ”0”の数

C : -4  20  = Carbon 1/10000×20 
(C=炭素含有量が、0.002%の鉄鋼)となります。

【Coating Weight g/m2(皮膜=メッキ)】
Zn : 45.7  
Zn=Zink(亜鉛):鉄板の1平方メートルあたり、45.7グラムの(亜鉛の電気メッキ)
            処理が施されたもの。

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_12203344.gif

[PR]
by Gewerbe | 2012-08-25 12:20 | Trackback | Comments(0)
『ミル・シート 鉄鋼材質分析表)』

 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2456)

昨年の「通関士試験」での申告書問題では、「統計品目表」・「実行関税率表」の抜粋
範囲が膨大・多岐にわたり、受験生を悩ませました。
 しかし、昨年を含め、出題の”資料”としては、①インボイス、②梱包明細書、③関係
箇所抜粋の品目表 の(3点に限定)されていることには変化ありません。

 実際の(通関申告)において、①仕入書、②梱包明細書の2点のみのデータで、品目
表の「所属区分の決定」が成し得ることは困難で、貨物の種類により、多くのデータを基
に所属区分を決定していきます。

『Mill/Sheet(ミル・シート』=(Mill Test Certificate)』
鉄鋼メーカーが鋼材製品を納入時に発行する『鋼材材質証明書』です。内容は鋼材の
機械的性質や化学成分が数値記載さrています。
【Chemical Composition (化学成分欄)】の一例
 C     Si      Mn      P      S
-4    -3     -3     -4     -4
 20     3     140     72     41
(読み方)
C=Carbon(炭素)、Si=Silicon(ケイ素)、Mn=Manganese(マンガン)、
P=Phossphorse(燐・リン)、S=Supphur(硫黄)

-4 : × 1/10000 、   -3 : × 1/1000   ”0”の数

C : -4  20  = Carbon 1/10000×20 
(C=炭素含有量が、0.002%の鉄鋼)となります。

【Coating Weight g/m2(皮膜=メッキ)】
Zn : 45.7  
Zn=Zink(亜鉛):鉄板の1平方メートルあたり、45.7グラムの(亜鉛の電気メッキ)
            処理が施されたもの。

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_12203344.gif

[PR]
by Gewerbe | 2012-08-25 12:20 | Trackback | Comments(0)
『実務・(申告書の貨物予想)・・』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2455)

”できることならば~・・” 今年の通関士試験・(実務申告書)の輸出入貨物は?と、
できる限りの絞り込んだ見込み予測を立てて、事前対応を取りたいものです・・。

正直にいって、(昔と違い)今年の輸出入申告書の対照貨物の予測を立てることは、
僕には不可能です。「(貨物)よりも、(所属区分の決定の原則)のスキルを問題にす
る」。と、出題ポイントが、以前の試験とは違います。

当然にあり得ないことですが仮に、『昨年なみの出題を作れ』と命じられたとす
れば、躊躇(ちゅうちょ)なく僕は、「鉄板」での申告書問題を作成します。

(自動車のボディー)や(家電製品)に使用される「薄板鋼板」。おもしろいことに、その
品質によって、「水平貿易」と呼ばれるHS品目番号同一商品が大量に、輸出も輸入も
されています。


【第15部・非金属及びその製品】

1)、↓  (鉄鋼)か?、 (ステンレス鋼)か?、   (合金鋼)か?、
2)、 『第15部・第72類 ”鉄鋼”』
   ↓ ① (熱間圧延)か? 、 (冷間圧延)か?
      ② 圧延に加えて、さらに加工が加えてないか?
       ・ 酸洗いをしてあるか?否か?
       ・ 亜鉛メッキ等がしてあるか? 否か?
   ↓ ③ 長尺鋼板を巻いてあるか?=(Coil コイル
3)、「鉄鋼板」・鉄又は非合金鋼のFlat Roll
   ↓
4)、(幅):600ミリメートル以上の幅か? 以下か?
   ↓
5)、(厚さ): ① 鋼板の厚さは、4.75mm以上か?
         ② 鋼板の厚さは、3.00~4.75mmの間の厚さか?
         ③ 鋼板の厚さは、3.00mm未満か?
   ↓
6)、(炭素含有量)     炭素含有量が、全重量の0.6%未満か? 以上か?
   ↓
7)、(降伏点=引っ張り強度
     (降伏点=Minimum Yield point) は、355メガパスカル以上か? 否か?

☆ 「鋼板」の輸出入の”特徴”として、輸入申告時の「実行関税率表の所属区分の決定」
  に必要とされる(仕様=Spec)は、【Mill Test Certification:ミル・シート】と呼ば
  れる(分析票)に記載されています。
   つまり、(インボイス)、(パッキングリスト)、(ミルシート)の”3種の書類”と(実行関税
  率表を精読しないと、実行関税率表の所属区分はできません。

  【ミル・シート】は、特殊な内容記載がされていますが、若干の解説を加筆すれば、理
  解できないものでもありません。何より、(受験者の基礎的な読解力や算数力など・・)
  をチェックするには、この上ない(書類)です。


◎ 自動車用鋼板の「実行関税番号」の例

  1) 【7208.27-010-1】    Flat-(Hot) Rolled Iron : T<3mm、C<0.6%
  2)  【7210.30-010-1】    Flat-(Hot) Rolled Iron with Zink
                  (亜鉛電気メッキ薄鋼板コイル)

by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木

a0061688_20504058.jpg

       

  
[PR]
by Gewerbe | 2012-08-21 20:50 | Trackback | Comments(1)
『実行関税率表の所属区分ということ・・』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2454)

輸入貨物の所属区分が行われる『実行関税率表』は、一見、植物・動物・鉱物から始まる
(物品分類表)に見えるのですが、実際はそうでは無くて”貿易において、どれほどの影響
を与える物品”
か?という、貿易=国際経済上での分類表です。

1) 輸出入”商品”の分類表である。
2) 我が国独自のものではなく、前6桁までは、200ヶ国・地域で使用される”国際
   共通”の国際統一輸出入商品分類表である。

3) その根幹は、BTN(欧州共通関税表)で、”欧米の物品分類”が基本となって
   いる。

4) 4~5年ごとに(HS条約品目表)は改正されるが、基幹となる21類・97類の
   基本分類は50年以上も前のBTN(欧州共通関税表)を引き継いでいる。


○ 前号で、(コーヒー)を取り上げましたが、(紅茶やウーロン茶)と共に、これらの輸
  入商品は、”我が国の国際競争力の弱い=零細産業としての飲料産業である(緑茶)
  と正面から競合する輸入商品ですから、他の(農林水産業産品)の例に漏れず
  「関税率」は高く設定されています。

 
  「コーヒー」        (基本税率)     (協定税率)
                   20%         12%
  「 茶 」            20%         17%

が、原則的な(関税率)となります。
ここで、「関税率表」の重要なポイントがあります。 
・コーヒーの生の豆の関税率   : (無税)
・コーヒーの”炒った豆”の関税率 : (20%)
と”大きな税率の違い”がありますよね。 コーヒー豆を炒る=(焙煎)という産業=経済
行為が、外国で加えられているか? 日本国内で行われるか?という、我が国のコーヒー
国内産業に与える影響度を考慮した(関税率設定)=所属区分
になっています。

一方、(茶)は、(緑茶=無発酵茶)、(紅茶=発酵茶)、(ウーロン茶=半発酵茶)のいず
れもが、(基本税率)=20%、(協定税率)=17%が原則となっています。
コーヒー豆は”豆”ですから、乾燥状態の(生の豆)を輸入して、自国内で炒る(焙煎)を
することが可能ですが、”新鮮な茶の葉”を輸入して、輸入国内で加工することは、経済
的(航空便や冷蔵コンテナ)等から困難であり、(茶)は、その種類に限らず、(完成された
商品)としての輸入貨物となりますから、(くず茶)の無税を除いて、お茶に関して”加工の
程度による関税率の違いによる所属区分はありません。

お茶の(種類)に関して言えば、我が国の”お茶産業”である「緑茶」に対して、競合とな
る度合いの違いで、(紅茶)と(ウーロン茶)の協定税率が異なっていますよね。
・ (緑茶)により競合となる(ウーロン茶)の協定税率は、  (17%)です。
・ (緑茶)よりコーヒーの嗜好に近い(紅茶)の協定税率は、(12%)です。

※ 「実行関税率表」:(輸入商品の所属区分の原則)は、ずいぶんと受験生の皆さんを
悩ます分野ですが、”上記の4)つの特徴”をとらえて、”常識的な私たちの物品分類”と
は違う、経済的価値=(貿易・輸出入商品の分類)に
見方を切り替えるだけでも、役立つ
ことと信じています。

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_14352677.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2012-08-19 14:36 | Trackback | Comments(0)