貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
sosoさんへ: コメ..
by Gewerbe at 10:08
"公表の「各6割以上(実..
by soso at 09:22
早速コメント返していただ..
by HS at 23:25
by(HS)さんへ: ..
by Gewerbe at 22:59
いつもとてもためになる記..
by HS at 21:01
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(1)
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
『グローバル化と税』
at 2017-03-30 21:38
『シンガポール・「トレードネ..
at 2017-03-30 03:03
『2008SNA-「第50回..
at 2017-03-28 22:20
『2008SNA (第50回..
at 2017-03-27 18:09
『2008SNA-(弟50回..
at 2017-03-26 05:48
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧
『関税定率法・法改訂検討への着手』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2425)

(6月26日 財務省報道発表)
『関税評価のあり方に関するワーキンググループ』の開催します。』

 財務省では、関税評価に関する法令等のあり方を検討するに当たり、学識経験者や
通関業者の方々からご意見を伺うため、「関税・外国為替等審議会企画部関税評価のあり方に関するワーキンググループ」を開催します。


1. 我が国の関税評価に関する法令(関税定率法及び関税定率法施行令)の規定は、
  1981年(昭和56年)のGATT関税評価協定の発効に当たり整備されて以降現在に
  至るまでの約32年間、改正されていません。   
   
   その一方で、法令の規定が整備された1981年当時と現在とでは、貨物の輸入に
  係る取引の形態の複雑化及び物流等の変化に伴い、取引において生じた費用等が
  法令に規定する課税要件に該当するかどうか
の判断が難しくなっています。


   こうした現状を踏まえ、関税評価に係る法令等のあり方を検討するため、本ワー
  キンググループは、学識経験者や通関実務者の方々からの意見を伺うものです。

2. 本ワーキンググループは、3回程度の開催を予定しており、第1回を6月27日(水)
  に開催する予定です(議事要旨については、財務省ホームページで公表予定)

(記事:6月26日 財務省ホームページ)

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_20225295.gif

[PR]
by Gewerbe | 2012-06-27 20:22 | Trackback | Comments(0)
『NACCS・海外展開の意義』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2424)

『NACCS(ナックス)=(輸出入・港湾関連処理システム)の海外展開の意義』

○ ASEANは、急速な経済成長に伴う貿易や貨物の増加を受け、2012年までに各国に、
  2015年までにASEAN全体で、”シングル・ウインドウ”を構築することを目標。
  (アセアン首脳会議で合意)
○ 我が国の企業も、特に近年、アジア地域をサプライ・チェーンに組み込みながら、それを
  より一層高度化・緻密かさせている(アジア地域における経済統合の深化が新興して
  いる)。

NACCSのアジア地域への展開 ⇒ IT化とシングル・ウインドウ化

○ アジア地域という「世界の成長センター」における貿易ビジネス環境の改善(リード
  タイム・通関など貿易手続きの所要時間の短縮、貿易コストの縮減、不当な手数料要求
  の排除。
○ 行政側(税関など)から身とも、ITかによる規律向上、行政コスト削減、取締効率向上。

・・・特に、我が国の貿易手続関連システムであるNACCSが導入されることにより、
  我が国企業の国際競争力を、ソフトインフラの側面から強化
・・・・・

○ 日本の貿易インフラの基幹部分が、アジア地域の新興国へと展開。
○ 貿易手続きの内容は、事実上は、制度以上にシステムの影響が大きく、システムが
  j実行される手順を規定する場合が多い。
  NACCS導入国における日本の手続きの標準化が期待される。
○ この結果、我が国企業は、日本における場合と同様の貿易システム、日本における
  場合と類似した手続きを前提としたビジネス展開が可能に。

(記事出所:関税・外国為替等審議会”アジアにおける貿易円滑化の推進”)
        関税分科会 企画部会・貿易円滑化ワーキンググループ
        財務省・関税局          平成23年6月17

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_21265219.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2012-06-26 21:27 | Trackback | Comments(0)
『アジア・カーゴ・ハイウェイ構想』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?     (2423)

『貿易円滑化に関する「日・ASEAN関税局長・長官会議」』

○ 平成23年4月28日・29日、カンボジア・プノンペンにて、日・ASEANで始めての、
  貿易円滑化に関する局長会合を開催。
○ 日本とASEANのほか、ADB,JICA,ASEAN事務局、WCO(世界税関機構)事務
  総局長ガ参加。
  また、カンボジア副首相が基調講演。会議の前後にASEAN全10カ国とバイ会談実施。

【議長声明のポイント】
AEO制度構築と相互認証
○ 「アジアカーゴハイウェイ」構想を日本とASEANの共通目標とし、2020年までに実現
  させることで合意。
○ この「アジアカーゴハイウェイ」構想の実現のため、以下の個別目標を達成することに
  合意。
 ① AEO制度を、ASEAN6諸国では2014ねんまでに、ASEAN諸国では2018年まで
   に構築。
 ② AEO制度の国家相互認証のネットワークの拡大を目指す。
シングルウィンドウ構築とシステムの連携・連結
 ③ 国別シングルウインドウを2012年までに、ASEANシングルウインドウを2015年まで
   に構築。
 ④ 今後10年で、「日・ASEANのシングルウインドウを国際的に連携。
○ こうした措置を通じて、2015年までに「日・ASEAN」全体で、通関所要時間を10%
  削減。
○ また、ASEANの目標である貿易手続き費用の50%を削減に貢献する。
○ ADB,JICA,WCOが一体となってASEANの努力を支援。この3機関との連携を取組み
   の主要な戦略的支柱とする。
○ ・これら貿易円滑化の取組みは、地域統合及び経済成長の推進に大きな役割を果たす。
   ・議論の成果をハノイで開かれる大臣会合の前に財務大臣に報告。
   ・インドネシアでの第14回ASEAN首脳会議に報告。

by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木
a0061688_223458100.gif

    
[PR]
by Gewerbe | 2012-06-25 22:38 | Trackback | Comments(0)
『ベトナム、NACCS導入』
 『平成23年7月26日 財務省 (日・越関税当局合意)』

 我が国は、ASEAN諸国を始めとするアジア地域において、貿易・物流システムの
整備を通じた”貿易円滑化”を推進しており、その重要な柱として「アジアカーゴハイウ
エイ」
構想を掲げています。
  一方、ベトナムは、通関手続きのIT化などを2015年までに実現するため、新しい通関
システムの導入を検討してきたところ、財務省関税局は、昨年秋より数次にわたり、我が国
のNACCSを基調としたシステム構築協力を提案してきました。
 その後、両国税関当局間で協議を重ねた結果、NACCSをベトナムに導入することで基本
的な合意に達しました。
 NACCSの導入については、今後、具体的な検討を進め、2年程度かけて実現することを目指しています。

※アジアカーゴハイウエイ構想とは、2011年5月のアジア開発銀行年次総会で野田財務大
 臣から表明された、今後10年で日本とアジアの間において切れ目のない物流を実現する
 というコンセプトです。

※NACCS(輸出入・港湾関連情報システム)とは、輸出入・港湾関連手続きを一括して処理
 する世界最新のIT化された我が国の貿易関連システムです。

(記事・財務省 平成23年7月26日)

by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木
a0061688_965559.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2012-06-24 09:07 | Trackback | Comments(0)
『関税・外国為替等審議会関税分科会』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2421)

『関税・外国為替等審議会・(関税分科会)』は、財務省が、貿易・税関手続きについて、
広く専門家の意見を聞き、法令改正等の指針にする審議会です。

 近年の最大のポイントは、この(関税分科会)の中に設けられている〔貿易円滑化ワー
キンググループ)
であり、議論の一つとして【通関手続きの電子化】があります。

■我が国の通関手続きの電子化の現状
 現在、輸出入の申告処理のためのNACCS(輸出入港湾関連情報システム)の導入・
地域拡大を行っていて、輸出入申告の98%を電子化処理しています。
 このNACCSでは、税関手続き以外にも、食品衛生、植物検疫等、幅広い手続きをカバ
ーするだけでなく。貨物業務、船積指図業務、船舶確認事項登録業務等の民間業務も
併せて処理していることが特徴となっています。


■諸外国の通関手続きの電子化の現状
(韓国):輸出入とも100%が電子化。(法律で義務化)
(シンガポール)、(台湾):
     輸出入とも、ほぼ100%電子化。(事実上の義務化)
   ※これらの国々では、電子入力代行業を育成していて、電子申告が事実上の義務に
    なっています。

(米国):輸入申告について約98%電子化されていて、審査・検査の場合は、通関関係書類
     をPDFで提出することが可能です。
(英国):輸出入ともに約90%が電子化されていて、輸入申告の場合は関係書類をPDF、
     あるいはFAXで提出します。輸出の場合は不要となっています。

 ※ このように、(米)・(英)両国とも電子申告は法令で”義務化”とはなっておらず、書面
   申告との併用が認められています。
(EU):2013年施行予定の「EU・新関税法」によって、”電子申告の義務化”が予定されて
    います。

◎ アジア諸国:2011年11月の京都での「APEC財務大臣会合」において、当時の野田
 財務大臣が、5年間で最大25000万ドル規模の支援を行うことを表明しています。
  現在、(アジア開発銀行)、(国際協力機構)、(世界税関機構)、(財務省関税局・税関)
の4者による、ASEAN諸国を中心とする”我が国NACCSのアジアへの移転”あるいは、
各国電子化システムとの整合・共通化”の作業が着実に進められています。


by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_1334064.gif

[PR]
by Gewerbe | 2012-06-23 13:03 | Trackback | Comments(0)
『HS条約・(HS品目表)』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?   (2420)

 現在、わが国で使われている「関税率表」・「統計品目表」は、『HS条約』に基づくもの。
(前6桁までは、世界共通のHS分類暗号、日本は、その後に3桁の分類番号を加え、9桁)

『HS条約』は、世界税関機構(WCO)が作成した条約であり、その正式名称は:
「商品の名称及び分類についての統一システム」
(International Convention on the Harmonized Commodity Description Coding System)
である。

「HS条約」は1988年1月1日に発効し、現在我が国を含め114カ国・地域が加盟しており、
加盟国以外を含めると、世界の200カ国・地域以上で使用されている。

 主たる目的=その出所は、「関税率表」であるが、「輸出入統計」を始め、(安全保障)を
代表として、FTA・EPAの(原産地基準)、(関税引下げ交渉)、各国の貿易政策(輸入割当・
ライセンス等)、(貿易規制物品の特定ーバーゼル条約やモントリオール議定書など)の各
方面で”国際統一物品分類”として使用されています。
米国の「24時間前ルール」や中国のCCC(強制認証制度)も、この「HS品目表」によって
います。

「HS条約」は加盟国の義務、HSの改正手続き等を定めた本文とHSの「品目表」そのもの
を記載した(付属書)=「HS品目表」からなります。
 ここに記載されているのが、『HS品目表の解釈に関する通則』であり、わが国の関税定
率法で定める『実行関税率表の解釈に関する通則』です。

by Gewerbe 「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_21293457.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2012-06-21 21:29 | Trackback | Comments(0)
『通則3(b)・(機能ユニット)』
(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2419)

『パソコンセット』:(本体、電池、電源アダプター、補助電池)が一つの”機能ユニット”として
オプションとして売られている。

※ 『補助電池』は、”セット”として(84.17=PC)に含まれるか? ”電池”として(85.
  07)に独立させるべきか?

16部注4の”機能ユニット”に関する規定 
”機能ユニット”「個別の構成機器から成る機会(機械を結合したものを含む)については、
当該構成機器(分離しているか、いないか又は配管、伝動装置、電線その他の装置により
相互に接続しているかいないかを問わない)が、第84類、第85類のいずれかの項に明確
に規定された単一の機能を分担して有している場合には、当該機械は、当該単一の機能
に基づいてその所属を決定する」

(判決)
この注4の規定の「明確に規定された単一の機能を分担して有している場合」とは、機能
ユニット全体として、特定の機能を遂行する機械及び機械の結合したもののみを意味し、
”全体の機能を分担しない(補助的機能を遂行する機器)を含まない”

(小売用のセットにした物品)とは、小売用に一緒に展示されることと解すべきであり、補助
電池はオプションであり、補助的な役割であり、「特定の必要性、特定の活動」の基準を満た
さない。 また、あらかじめ決められた組合せの中には灰っておらず、たまたまオプションで
同一のパッケージにされているに過ぎない。

 よって、(補助電池)はPC(84.71項)からは分離して、(電池=85.17項)に分類された。

(記事出所:米国CBPの判例 長瀬 透)

by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木
[PR]
by Gewerbe | 2012-06-19 21:39 | Trackback | Comments(0)
『通則3(b)・異なる構成要素から成る物品-③』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2418)

『通則ー3(b)の”異なる構成要素で作られた物品”に関する関税率表解説の規定』

 ”異なる構成要素で作られた物品”も「通則ー3(b)」の適用対象であり、”小売用の
セット”
と合わせてよく議論されている規定である。

「この通則の適用上、”異なる構成要素で作られた物品”には、これらの構成要素が相互に
連結し、実際上全体が分離不可能となった物品のほか、分離可能な構成要素から成る物品
を含む。ただし、後者の物品にあっては、これら構成要素は相互に適合性を有し、また相互
に補完し合い、かつ、共に全体を構成するものであって、個々の部分品として通常小売用と
ならないものに限る。


 その一例として :
・「灰皿」=取り外すことができる(灰用ボール)とこれを支える(スタンド)からなる物。
・家庭用の香辛料置き台=通常、木製の特別に作った(フレーム)とフレームに適合する形状
 サイズにした(空きビン)からなる物
などが考えられる。

(記事参考:貿易と関税 2012/6月号 セット(その2) Composite Goods
   長瀬 透 ・ 政策研究大学院大学・青山学院大学 客員教授)

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_14522322.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2012-06-17 14:52 | Trackback | Comments(0)
『通則3(b)・小売用のセットにした物品-②』
a0061688_13465645.jpg
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2417)

『実行関税率表の解釈に関する通則』 : (セット)についtの相違点

「通則ー3(b)」 : ①異なる項に属する2つ以上の異なった物品から成る。
            ②ある特定の必要性を満たす・ある特定の活動のためのセット化。
            ③使用者の直接使用に適した”セット包装”。
           の”外形的要件”に加えて;
           ・「特定の必要性・活動の検討」が必要である。
           ・「重要な特性の決定』が必要である。

「通則ー1」 : 所属の規定は品目ごとに異なっているものの、それぞれに規定された
         ”外形的に求められる要件”が整えば、(セット品)としての「通則ー1」。


《具体的な”セット品”の所属区分の決定例》

「通則ー1」 : ① 12~24色等の”絵の具”・”色鉛筆”などのセット
          ② 布と糸等を”セットにした”刺繍セット”、”テーブルクロス製作セット”
          ③ スプーンやテーブルナイフ等のセット
          ④ 衣類のアンサンブル等のセット(パンツ、スーツなどの組合せ)
          ⑤ 発電機 (エンジンと発電機のセット)

「通則ー3(b)」 : 通則ー3(b)のセットとして適用する例
         ① サンドイッチ・セット(パン。ハンバーグ、ポテトチップスのセット)
         ② スパゲティー・セット (必要材料のセット)
         ③ 理髪用具セット(はさみ、くし、電気バリカンなどのセット)
         ④ 製図用キット

          : 通則-3(b)のセットとして適用しない例
         ① 各種”缶詰の詰め合わせセット”
         ② 洋酒・ワインのセットや、チーズ、ソーセージ等との詰め合わせ
  ※ 共に”食品”であり、同時に”食べる”ことも可能であり、”食事”という「特定の必要
    性」のために使われるという意見もあろうが、(缶詰のセット)は、特定の食事のため
    に相互には関連しない ことから、「通則3-(b)の要件」をクリアーしない。


(記事内容参考 : 長瀬 透 政策研究大学院大学・青山学院大学客員教授)
            「米国CBPのインフォームド・コンプライアンスプログラム」

by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木
       
[PR]
by Gewerbe | 2012-06-16 12:51 | Trackback | Comments(0)
『通則3(b)・小売用のセットにした物品』
 
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2416)

 『HS条約品目表』の多用途・多目的な変化による重要性を書いてきました。
この急激な変化を受け、近年の通関士試験においても 「輸入貨物の所属区分」に関し
ての出題は、(個別輸入貨物の所属)よりも、基本となる『実行関税率表の解釈の通則』
の理解度を問う出題に代わっていることに特徴があります。

『実行関税率表の解釈に関する通則』といっても、わが国独自の規定ではなく、「HS条約」の構成をなす国際共通の解釈基準であることに留意する必要があります。

 何年か前の通関士試験で多くの受験生が陥った”ワナ”が「小売用のセットにした物品」の所属ですね。

「小売用のセットにした物品」と聞くと、単純に通則の表面だけを理解して、”2つ以上の材
料又は物質からなる物品は、(通則3)でを適用”
と、通則3(b)を選択しがちです。

 しかし、「小売用のセットにした物品」は、通則ー3(b)だけではありません。通則-1
にもセット品は所属するものがあります。


”通則ー3(b)の規定”とは :
「混合物、異なる材料から成る物品、異なる構成要素で作られた物品及び小売用にした
物品
は、重要な特性を与えている材料又は構成要素に分類」
とした、所属区分となる明確な条件があります。
①異なる項に属するとみられる2つ以上の異なった物品から成るもの
②ある特定の必要性を満たすため又はある特定の活動を行うため、共に包装された産品
  又は製品
③再包装しないで、使用者に直接販売するのに適した状態に包装されている物品

○ ”特定の必要性、特定の活動”の検討が必要
○ ”重要な特性”の決定が必要

 次号で、「通則ー1」と「通則ー3(b)」の具体的なセット品をアップする予定ですが、あく
までも大事なことは、 ”個別セットの丸暗記!”ではなくて、”HS条約・解釈の通則の内容理解”であることを重ねて書きます。

by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木

a0061688_21393648.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2012-06-14 21:39 | Trackback | Comments(0)