貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
sosoさんへ: コメ..
by Gewerbe at 10:08
"公表の「各6割以上(実..
by soso at 09:22
早速コメント返していただ..
by HS at 23:25
by(HS)さんへ: ..
by Gewerbe at 22:59
いつもとてもためになる記..
by HS at 21:01
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(1)
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 03月 ( 42 )   > この月の画像一覧
『漢江の奇跡・・』
 
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2364)

製鉄の(ポスコ:POSCO:浦項総合製鉄)、家電の(三星:SAMSUNG:サムスン)・(LG:
Lucky-Goldstar:金星)、造船の(現代造船:Hundai;ヒュンダイ)、自動車の(ヒュンダイ
:現代自動車)・・・

現状のこれらの「韓国企業の世界制覇の勢い」は、まぎれもない事実であることには違い
ありません。

しかし、鉄鋼、造船、家電、自動車と・・(日本のモノづくりは、次々に韓国に負けていった・・)
と、無意味な焦燥感と感情論に囚われていては、日本・各企業の方向性を見誤ります。

前号までに述べてきた通り、「韓国の工業化」のスタートは、1973年6月9日に浦項総合
製鉄所=(現・ポスコ)の高炉から初めて製鉄が流れ出たところからです。つまり、現在の
韓国企業の躍進は”わずか40年間の歴史”しかありません。2006年には韓国全体の
経済規模は、我が国の(東京都規模)に過ぎなかったわけですから、次々に経済規模
世界第2位の日本を主産業分野で打ち負かしていった韓国経済躍進は、紛れも無く
”漢江の奇跡”とは言えると思いますが、多くの大きな矛盾と無理を抱えこんでいます。

『韓国のIMF(国際通貨基金)救済=韓国の国家破綻』
1997年の(アジア通貨危機)のため、韓国経済は大きな危機に直面し、大量倒産や
失業と財閥解体が起こり、実質的な国家破産に陥った韓国は国際通貨基金(IMF)の
管理下に入りました。 ”それから~、15年しか経過していません・・・。”
IMFからの資金援助を完済したのが、2001年8月、アジア開発銀行に対しても2005
年までに借入金は完済されています。

『IMF管理下=国家破綻』から、各産業・メーカーが、世界一・二位として、世界市場に
躍り出る・・。やはり、『(国家)・(メーカー)のバブル』という懸念・・』を隠しえません。
 
『日・中 サンドイッチ論』
 韓国にとって、中国の安い人件費に抗えず、かといって日本の先端化された技術に追
いつこともできないというジレンマに陥っており、韓国内ではこれを『日・中サンドイッチ論』
と呼ぶ。

『韓国は日本の鵜飼の鵜・・・』
 韓国の対外輸出の増加に比例して、日本からの先端部材や高精度工作機械の輸入、
パテント使用対価の支払いが増加しており、戦後一貫して韓国の対日貿易は赤字が続
いている。その原因として技術、部品、素材など、あらゆる面で日本への依存度が高い。
「韓国が世界貿易で稼いでも、その半分以上を日本へ引渡している構図である」との指摘
もある。この構図から、『韓国は日本の鵜飼の鵜』と比喩される言葉もある。

☆ これらの構図の中で、『産業のコメ』と呼ばれる韓国産業を担う世界第3位の鉄鋼メー
 カーであるー(POSCO・ポスコ)の”泣き所”:韓国には日本のような『商社』が育つ暇が
 なかった・・。日本の(新日鉄)や(JFE)が、大手総合商社とのタグマッチでやってきたこ
 とを、ポスコは、自己のリスクと資金負担で行わなければならない。
 グローバル化の進む中、残された道は、日本の鉄鋼メーカーと日本の『商社』との共同
 (アライアンス)です・・・。

by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木
a0061688_22155876.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2012-03-31 22:16 | Trackback | Comments(0)
『キーワードは、(商社)』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2363)

海外でも「Shosha」で通用する『商社』、激動の東アジア経済において、キーワードと
なる可能性があります・・。

前号の『主な日韓共同の鉄鋼原料確保の取組み』のプロジェクトを見ると;
(伊藤忠商事)・(丸紅)・(住友商事)・(双日)などの我が国の『商社』が顔を出してきます。

何で『商社』なのか?・ What's Shousha?

経済活動において、(合理的)に考えれば、『商社』の存在は(中間者の存在)に過ぎず
コストアップと時間の浪費=国際物流の簡素化・敏速化に逆流する存在でしかない。


(What's Shousha? = 『商社』とは何か?)

結論から言うと、『商社』は、ルーターである。
ルーターというのはネットワークにおいて、パケット、即ちデータを適切に流す機器のことだ。
例えば、ある会社で複数の従業員が同時にPCを使ってインターネット上のWeb Siteを
ブラウズしたり、メールのやりとりしたりする場合、正確にかつ効率的にデータのやりとり
をする為には、誰かがデータの中継をして、正しいところに送ってあげたり、送る順番に
優先順位をつけたりする必要がある。これをやってくれる機器をルーターといい、その機
能をルーティングという。(厳密にはルーター以外にもスイッチング・ハブなども同じような
機能を提供する)

伝統的な輸出入ビジネスから、最近よく取り沙汰される『事業投資』まで、商社の
働きはまさにこれに他ならない。
輸出入ビジネスにおいて「中継点」たる商社の機能を「ルーター」と表現することに違和感
はないだろう。
 では「事業投資」ではどうなのか?新聞の記事などを見る限り、あたかも商社が自ら事
業会社の経営を行い、現場にも従業員を送り込んでオペレーションを行っているかのよう
な印象を受ける。
 しかしその実、商社が行っているのは、ヒト(従業員・顧客)、モノ(商品・設備)、カネ(資金)
のアロケーション(Allocation=割当:配分)だけなのだ。 実際に事業を営んでいるのは
適切な位置でのその業界の人に他ならない。
 『事業投資』というのは、ある企業に対する発言権を強め、自在に配置するための一つの
手段でしかないのだ。勿論、経営においては明確な意思決定と適切なリソース配置が最も
重要であるから、経営そのものが”ルーター的”であると言えるのかもわからない。

☆ ~前号、わずか40年で、世界第3位に躍り出た韓国製鉄の”POSCO”=ポスコ
  その(泣き所)が、日本の(新日鉄)や(JFE)が利用する『商社』の存在・機能です・・・。


(記事参考: 「TEDDY-G本家・はぐれ商社マンの妄想」)

by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木
a0061688_14353459.gif

[PR]
by Gewerbe | 2012-03-31 14:35 | Trackback | Comments(0)
『資源確保、(日・韓)協同グループ』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?     (2362)

『主な、日・韓協同の鉄鋼原料確保の取り組み』

1) (新日鉄)・(JFE)・(双日)・(韓国ポスコ)・(日・韓の政府機関)   
   
   対象資源 :ニオブ(レアメタル)   
   内 容 :ブラジルの世界最大手に、日・韓の”官民共同体”での共同出資

    (※) 「ニオブ」:レア・メタル(希少金属)の一つで、自動車用鋼板やパイプライン用
              鋼管などの”高級鋼材”のの生産には不可欠。


2) (伊藤忠商事)・(住友商事)・(丸紅)・(双日)・(韓国国策資源開発会社)  
   
   対象品目 :石炭
   内 容 : モンゴル南部の世界最大級の炭鉱開発への参画を検討

3) (新日鉄)・(JFE)・(住友金属工業)・(神戸製鋼所)・(日新製鋼)・(ポスコ)・
   (伊藤忠商事)


   対象品目 : 鉄鉱石
   内 容 : ブラジルの鉄鉱石権益を共同取得

4) (住友商事)・(韓国の国策資源開発会社)

   対象品目 : ニッケル
   内 容 : マダカスカルで世界最大規模のニッケル生産事業に参画

(資料参考:日本経済新聞 2012/03/03)

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_10413761.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2012-03-31 10:41 | Trackback | Comments(0)
『新日鉄の支援なしに今日のポスコはないー②』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2361)

『 ”新日鉄の支援なしに今日のポスコはない” 朴泰俊名誉会長ー② 』

ーー資金調達はどうしたのか。
「米国からの借款のために努力した。しかし駄目だった。韓国の総合製鉄所は成功の
可能性が無い。ということだった。
 それで考え出したのが、日本との国交正常化で受けた対日請求資金源だ。朴大統領
も私のアイデアを積極的に指示してくれた。3億ドルのうち、当時残っていた金額は7370
万ドルだった。さらに日本輸出入銀行から5000万ドルを借り、本格的な工事を始めるこ
とができた」

ーー”韓国の総合製鉄所事業は経済的な妥当性がない”という報告書を出した世界
銀行(IBRD)研究員には会ったか。

「1986年にロンドンに出張したとき、その報告書を書いた英国人ジャッぺ博士に会った。
私は”浦項製鉄のおかげで韓国に造船所も自動車工場も誕生し、うまくいっている”と話し
た。そして1969年の報告書についてどう考えているのかと尋ねた。ジャッぺ博士はこう言
った。(今でも報告書を書くのなら結論は同じはずだと。そして当時、自分が把握していなか
ったことが一つあると。それは朴泰俊という変数だ。朴泰俊という人物を知らなかったため、
結果的にあの報告書を書いたということだった」

ーー浦項製鉄がどんどん成長しながら、日本鉄鋼業界では「韓国にあまりにも多くの
技術と情報を支援しすぎたのでは」という批判もでてきた
というが。

「1973年に103万トンの高炉を予想より短い期間で完工するのをみて、日本ではそういう
声が出始めた。当時、稲山会長(新日鉄)はこう話していたと聞いた。
(たくさんのことを教えたことが問題なのではなく、学ぶ人の意志と情熱が強かったという
ことだ。われわれのミスではなく、向こうがよくやったのだ)と」

ーー製鉄所を建設しながら、”譲れない原則”があったというが。
「3つは確実に守った。まず工程を短くし、建設単価はできるだけ低くする。2つ目は、欠陥
工事は絶対に許さない。3つ目は、技術者の養成だった。厳しい環境の中でもこの3つだけ
は絶対に譲れない条件だった」

ーー後輩経営者に一言。
「1993年に浦項製鉄所を離れる際、”一日も早く鉱山を買え”と話した。実際、鉄鋼事業は
良い鉄鉱石と無煙炭をどれだけ安く確保できるかがカギだ。
しかし後輩の友達は私の話を
きちんと聞いていなかった」


(記事:中央日報  2008/03/26)

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_19484518.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2012-03-30 19:48 | Trackback | Comments(0)
『新日鉄の支援なしに今日のポスコはないー①』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2360)

『 ”新日鉄の支援なしに今日のポスコはない” 朴泰俊名誉会長 』ー①

それは神話でも奇跡でもなかった。人間の意志の勝利にすぎない。
世界鉄鋼史を塗り替えている浦項(ポハン)総合製鉄所。 2002年にポスコに改名した
同社が、2008年4月1日に創立40周年を迎えた。朴泰俊(パク・テジュン)名誉会長(81)
ー当時をなくしてポスコを語ることはできない。22日、ソウル・ファイナンスセンターの事務
室で”韓国製鉄の父”と呼ばれる朴泰俊名誉会長に単独インタビューした。これに先立ち、
2月28日にも朴泰俊氏に会い、3月14日には浦項を訪問して製鉄所を見回った。

朴泰俊氏は「韓国経済がずっと繁栄していくには、技術優位を確保するしかない。しかし、
最近の韓国社会は技術者を大切にしていないので心配だ。中国やインドが急速に追い上
げてくる中で、今の状態は良くない。技術開発にもっと力を注ぐ必要がある」
と述べた。

ーー自身も、”大したものだ”という気持ちだと思うが。
「年産1000万トン以上の製鉄所を2ヶ所も造ったのは私以外にいない。私が見て学んだ
新日本製鐵(新日鉄)にもそのような人はいない。1992年10月に光陽製鉄所の4基を終
えた時、”ああ、自分のすべきことは終わった”と感じた。そして後輩たちに経営を任せて
退いた。あれからすでに15年が過ぎた」

ーー当初は見通しが暗かったと言うが。
新日鉄の稲山会長(1987年逝去)に絶対的に依存した。朴正ヒ(パク・ジョンヒ)大統領
の製鉄立国執念と稲山会長の全幅的な支援がなければ、今日の浦項製鉄はなかったは
ずだ。
 苦労の末、1973年6月9日に浦項第一高炉で初めて溶解鉄が流れ出た。
それは一つの”事件”だった。浦項製鉄職員全員の血と汗の結晶であり、
大韓民国が工業国家として第一歩を踏み出した瞬間だった」。
以下、次号~

(記事:中央日報 2008/03/26)

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木

※ 現在のポスコ:から10周年       2002年改名
  (浦項総合製鉄)設立:から45周年   1969年   
   製鉄開始:から40周年         1973年6月9日
a0061688_1852535.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2012-03-30 18:05 | Trackback | Comments(0)
『坂の上の雲・・』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?     (2359)

(製鉄)、(造船)、(自動車)、(家電)・・・
そのいずれもが、「明治維新」~「戦後」の日本において、『坂の上の雲』として、追い求め
続けてきた日本の”活力”であり、実際に順番に(世界一!)を成し遂げました。

 それが、後から追い上げてきた(韓国)に、(中国)に、追い抜かれていった現在、深く日本
を覆う虚無感と、”夢よ再び!”との感情論のみの喧騒・・・

(日本が韓国や中国に負けた・・)とか、反対に中国や韓国からすると(日本を追い抜いた!)
とか・・・まったくに意味のない感情であり、言葉でしかありません。

私自身、現状で若干、上記の(製鉄=鉄鋼産業)に関係しています。先週は『鉄鋼産業』を
この(貿易ともだち)で特集しました。

日本の鉄鋼産業は、韓国のポスコ社に追い抜かれて、新日本製鐵=世界第4位と、JFE=
第5位の地位にあります。
韓国最大の鉄鋼メーカーであるポスコ社が世界第3位であり、造船用の厚鋼板では世界
第一位の生産量です。

しかし、その『POSCO=ポスコ社』は、44年前に日本の(新日本製鐵)の全面的な支援に
よって誕生した「浦項(ポハン)総合製鉄です。

日本や韓国の若者が、(韓国に負けた!)とか、(日本に勝った!)と、感情論を叫んでいる
ことは、まったくに意味のないことです。 少なくとも(日・韓・中)、もっと深いところで繋がっ
ています。
日本の「新日鉄」と韓国の「ポスコ」は、言わば”兄弟会社”のようなもので、互恵関係にあり
ます。

「中央日報」は、40周年を迎えたポスコ社を記念して、朴泰俊(パク・テジュン)
名誉会長(81歳)の談話を掲載した当時の記事があります。 
『新日鉄の支援なしに今日のポスコはない』 朴泰俊名誉会長

次号~。しばらく掲載します。

”東アジアの経済活動は、もっと大きな・深いところで動いています・・”

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_21512762.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2012-03-29 21:51 | Trackback | Comments(0)
『日本企業「前進」の制約を除け』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2358)

『政府が負わせた苦境・・・日本企業「前進」の制約を除け』

(2月26日)・3万6407人が「東京マラソン」を走った。世界最大級のマラソン大会だ。
実現には多くの反対があったが、石原慎太郎東京都知事が押し切った。
今や文句をつける人間はいない。 改めてリーダーシップの重要性を知らされる。
同時にこれだけの祭典を成功させる裏で何万人もが協力していることを想う。

目標が決まり方向性が示された後の日本人のチームワークと現場力の素晴らしさ・・・。

日本人は、前に進む時は強い。「坂の上の雲」は、国家が前を見据えて登っていった輝きの
時代だ。戦後の焼け跡からも、奇跡の復興を成し遂げた。
「三丁目の夕日」の時代も世界を目標に進んだ。そして1968年にはGDP世界第2位に
なった。そのころ日本人は「感動」に後押しされてきた。70年代の大阪万博には6421万
人、日本人の60%以上が訪れた。
 しかし日本人は豊かになり、感動も薄れていった。2005年の愛知万博は2200万人に
減った。海外旅行者も留学生も減った。
新たな目標が日本には必要だ。前進ができなくなったら、別の道を探さなくてはならない。

 日本の企業は競争力を著しく減じ、1989年度に18兆4千億円あった法人税収は、今年
度予算では7兆8千億円まで減少した。約20年間で半分以下に減ったのである。
バランスシート経営に転換してリスクをとらなくなった企業姿勢のせいである。
 
 しかしそれだけではない。日本企業が背負う「7重苦』の故(ゆえ)でもある。
その過半は政府が作り出したもの、つまり人災である。

7重苦を逃れて海外に出た工場は儲けている。人為的な障害さえ除いてやれば、
競争力はまだ十分強いということだ。


産業を阻害している制約を解除せよ。そうすれば、日本は再び前進する。

「記事:岡本行夫 (外交評論化)-人界観望楼ー産経新聞』 2012/03/01」

by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木

a0061688_20272885.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2012-03-29 20:23 | Trackback | Comments(0)
『CPI』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2357)

『CPI』 まじめに考えれば、=(Consumer Price Index)の略で「消費者物価指数」
のことです。

しかし、豚肉の高騰に頭にきた中国の消費者は、・・・・
『CPI』=(China Pig Index)=「中国ブタ指数」と、市場の豚肉価格の高騰を
比喩しているようです。

昨年度も9%近い経済成長を遂げた中国。急激な成長の影で起きている,物価の高騰に、
市民は悲鳴をあげている。中でも、食料品の価格が去年の同じ時期と比べて、13・4%も
上がっている。

最も値上がりしているのが中華料理に多く使われる豚肉だ。上海明珠湖肉食品の市場責
任者・王さんは「去年と比べると豚肉の値段は40~50%値上がりしました。客が買わなく
なりました」と、現状を語る。去年1パックが約270円だった豚肉が、今は約400円に値上
がりしている。

 豚肉価格が高騰しても、養豚農家は経営が大変だともらしている。消費者の”買い控え”
で、消費量が減っているからだと言う。悪環境にも見える価格の高騰。急激な経済成長
の影響もあると専門家は指摘している。

 豚肉の値上がりの原因は、世界的な穀物高によるエサ代の上昇や、急激な経済成長に
伴う人件費の上昇を招いているためだという。

 世界に10億匹いるというブタの半分を育てるという=世界一の豚生産国=「中国」である
が、今年に入ってアメリカから豚肉の輸入を増やすなど、中国以外の地域にも影響が出て
いる。

中国から豚肉を使った冷凍ギョーザなど加工食品を輸入する日本も今後、価格
高騰の余波が及ぶかもしれない。

(記事:日テレNEWS24)

☆ 日本の12~13倍の人口を抱える中国とインドの高度経済成長に伴う食生活の向上、
  この2国だけでも、”我が国・全人口の26倍の胃袋が求める食糧”・・・・
  今年の夏は、庭に芋でも植えますか・・・・
by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木
a0061688_2117429.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2012-03-27 21:06 | Trackback | Comments(0)
『日本の水の輸入総量』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2356)

「海外から、我が国に輸入される”水”」と言うと、ボトル入りの”ミネラル・ウォーター”を
思い浮かべると思います。

 しかし、少なく見積もっても、「食糧自給率=40%」の日本は、60%の食糧を海外か
ら輸入しています。このことは、日本の農地の2.4倍を海外の農地に依存しています。
また、かんがい農業で”穀物:1トンを収穫するのに農業用水は1000トンが必要といわ
れています。
日本は、(食糧輸入)という形で、世界中から”大量の水を輸入”=(農業用水)=440億
トン/年間しているのです。

【日本の”水”の輸入相当量】

 「種目・品目」 「輸入量(千トン/年)」 「1トン生産な必要水量M3」 「水の輸入相当量」

   コメ         749千トン       2,500M3        18,725トン/年
   麦類     27,589           1,000          275,890
   豆類      5,066           1,000           50,660
   綿製品       501            5,000           25,050
   肉類        974            7,000           68,180  
       (合  計)                             438,505トン/年間
 (出所:第3回世界水フォーラム事務局資料)

『”水”資源の安全保障に向け、世界的に議論が本格化』

”水の安全保証”の国際的な議論の中で、先進国における消費のあり方が、環境保全型
か、持続維持可能かどうか厳しく問われています。
 特に、世界の食糧や木材、花などの輸入大国=日本への世界の目は厳しく、我が国に
おいても、国内の食糧安全保障・環境保全に向けた長期政策を真剣に検討するとともに、
地球環境保全に向けた国際貢献を前提にした貿易活動への変化を迫られています。

☆ 我が国、大手建材メーカーの一つに”ウッドワン”社があります。
  上記の観点において、すばらしい企業理念を持つ会社です。
  「国際貢献」・「地球環境保全」 今後において、これらの認識を欠いての企業活動は
  ”不可能”ともいえるのではないでしょうか。

by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木
a0061688_183188.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2012-03-26 18:03 | Trackback | Comments(0)
『メコン川の水利権紛争』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?     (2355)

『メコン川=Mekong River』:東南アジアを流れる河川で、(チベット高原)に源流を発し、
(中国)の雲南省を流れ、(ミャンマー):(ラオス)国境、(タイ):(ラオス)国境、(カンボジア)
(ベトナム)を流れて南シナ海に抜ける。典型的な【国際河川】の一つである。

 『メコン』が現在直面している最も大きな問題は「ダム建設」である。特にメコン川主流へ
のダム建設は、流域全体に深刻な影響を与える。中国は主流へのダム建設の大規模な
プログラムに着手している。既に一つ目の「漫湾ダム」を始め4つのダムを完成し、さらに
11のダムを計画中である。

 経済が未発達な「カンボジア」では、”食糧供給”の大部分を川に依存している。年に一
度の氾濫は、メコンの支流であるトンレサップ流域を肥沃化するために必要な、大量の
水を供給している。氾濫がなければ、この地域は乾いたほこりだらけの生産力の低い土
地となり、ひいては都市を維持することもできなくなる。

 米・ワシントンの有力研究機関「スティムソン・センター」は、2010年4月に、メコン川の
開発について『メコンの分岐点』を発表、中国国内における巨大なダム建設のために、下
流南アジア諸国の経済に大きな脅威になると警告した。
(1)雲南省内では、メコン川主流沿いに、8ヶ所のダム建設が決まり、そのうち貯水量が
  150億立法メートルという世界最大規模の小湾ダムなど4ヶ所が完成した。
(2)小湾ダムなど、中国側のダムは、メコン川の水量の季節的変化や川底の泥を大量
  に減らし、川の漁業や農業を深刻に圧迫する。
(3)メコン川流域では、約6000万人が、メコン川に漁業や農業の80%を依存してきた
  が、中国の一連のダムにより、下流全域で、魚類の産卵のための移動が70%、漁
  獲量が22%、カンボジアでの漁獲が43%。それぞれに減少する。
(4)ベトナムのコメ全体の52%が、メコン流域が栽培されるが、ダムによる泥の流れの
  変化で、おおき減産が予測される。
という見出しを打ち出した。

 さらに、メコン川の開発や管理について、メコン流域各国で構成される『メコン川委員会
=MRO』やアジア開発銀行主体の『大メコン圏地域=GMS』が存在するが、中国は、加
盟しておらず、自国内のダムの実態については秘密にしているため、領内にメコン川を
抱える流域各国が協議という対策が取れないことの危険性を指摘している。

 また、中国が、メコン川上流でダムの使用により流れる水の量を調整できる上、ラオス
とカンボジア領内のダム数ヶ所の建設には中国国有企業が関与しているこも挙げて、

”中国が、メコン川コントロールにより、流域各国の経済や政治を支配できるような状況”
にあると、警告を発した。


(記事・図 参考:ウイキぺディア)

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_17225428.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2012-03-25 17:24 | Trackback | Comments(0)