貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
sosoさんへ: コメ..
by Gewerbe at 10:08
"公表の「各6割以上(実..
by soso at 09:22
早速コメント返していただ..
by HS at 23:25
by(HS)さんへ: ..
by Gewerbe at 22:59
いつもとてもためになる記..
by HS at 21:01
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(1)
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧
『31年ぶり貿易赤字、(円高恐怖大合唱の盲点)-②』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2294)

(円高)が進行すれば、自動車業界を筆頭に「収益悪化」を訴え、政府・日銀に円高進行
阻止に向けた政策実行を求めるケースが、このところ目立っている。
 しかし、実際に2011年の貿易収支が赤字になったのであるから、輸入=円高で利益
を受けた企業もあるはずだ。そうした企業は声を潜め、目立たないようにしているため、メ
ディアへの露出も少ない。お茶の間のテレビを通じて経済ニュースに接している人々に
とっては、「(円高)は不景気につながる」との印象を強める構図になっている。

〈個人消費支える要因に〉
 存在しているはずの(円高メリット)は、どこに行ったのか?--。大きな流れの一つは、
原油やLNGガを大量に輸入した電力業界に流れ込んでいるとみていいのではないか。
2011年の為替レートは前年比7.2%の円高になっているが、もし円高になっていなけれ
ば、電力業界の支払いコストは円高相当分上乗せされていたはずだ。
電力各社がどのようなコスト計算をして、料金に反映させているのか?所管の経済産業省
は厳格にチェックして意見を表明すべきだ。


 また、円高で最終消費財がどの程度の影響を受けているのか? データ等になるはっき
りした証拠はないが、一部医療品や家具などの輸入品価格の値下げなどで消費が刺激さ
れている面は否定できないと考える。 日銀の白川総裁は24日の会見で、「以外に堅調な
個人消費の背景には、薄く広く円高の結果があるだろう」との見解を示した。

ただ、高いブランド・イメージを武器に為替差益の値下げをせずに販売増を図っている欧州
系自動車や服飾品だけでなく、ワインやその他の輸入食料品の値下げもあまり進んでいな
い。「在庫品は、”ユーロ安が進む前に輸入した”」(ワイン輸入業者)という理由から値下げ
に消極的な企業が少なくない。だが、それは表面的な理由に過ぎず、そうしたケースでは、
輸入業者は、”円高を享受”しているのではないか?とすれば、輸入比率の高い企業の業
績は、今後伸びが期待できることになる。

円高の進行は、約1400兆円の個人金融資産の対外的な価値を高める。

そのことがある種の資産効果として、日本経済全体にプラスとして働く面も、
大きな経済の枠組みから見れば、注目すべきだ。

(記事:REUTERS コラム二スト 田巻一彦)

by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木
a0061688_2043279.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2012-01-31 20:04 | Trackback | Comments(0)
『31年ぶり貿易赤字、(円高恐怖大合唱の盲点)』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2293)

『コラム:31年ぶり貿易赤字、(円高恐怖大合唱)の盲点』
 REUTERS(ロイター)コラムニスト:田巻 一彦

2011年の日本の貿易収支が31年ぶりの赤字となったが、急速に進んだ円高のメリット
を指摘する声が小さいのはどうしてなのか。
2兆4000億円超の赤字を記録し、現実に原油高の影響を緩和させる結果を出し、所得
の海外流出をより小さくした点に注目してもいいだろう。

予想外に堅調な個人消費の背景に円高メリットも隠れている可能性が大きく、
『闇雲な『円高恐怖大合唱』はバランスを欠いていると思う。


〈円高で所得流出抑制〉
財務省が今月25日に発表した2011年の貿易集計では、1980年の2兆6129億円に次
ぐ史上2番目の大きさと成る2兆4927億円の赤字となった。
東日本大震災やタイ洪水の影響による輸出減少と、原発事故による原油や天然ガス(LNG)
の輸入増加が重なった結果とみることができる。

この貿易赤字傾向が継続するのか、一時的かという見通しについては様々な指摘が
交錯しているが、輸出が回復するとしても、原発稼動の先行きが見出せない現状では、原
油やLNGの高水準な輸入は継続する可能性が高い。さらに、原油価格にはイラン情勢な
ど、地政学的リスクにより価格上昇圧力がかかり続けると予想される。とすれば、規模縮少
はあるものの2012年も貿易赤字になる可能性は相当にあると予想される。

ここで問題なのは、貿易赤字国である以上、自国通貨高は経済全体にはプラス効果になっ
ていると言う点だ。
(貿易赤字)=(輸出)外国から入る金より、(輸入)外国に払う金の方が多かった。
もし、円高がなかったら、貿易相手国に支払う代金が増加し、海外への所得流出は増えて
いたはずだ。つまり、今よりも(円安)で推移していたら、日本の貿易赤字幅は一段と拡大し、
日本経済の負担するコストが増大していたことになる。

だが、国内メディアの多くは、そうした(円高メリット)に言及することはまれで、(円高のデ
メリット)ばかりを喧伝する傾向がある。


以下、次回に継続させます。             記事:(REATERS 田巻一彦氏)

by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木


a0061688_2120224.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2012-01-30 21:18 | Trackback | Comments(0)
『輸出に頼らず、投資で稼ぐ構造に転換を』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2292)

日本の貿易収支が、第2次石油危機の1980年以来、31年ぶりに赤字となった。
モノを輸出で稼ぐ日本の成長モデルが、歴史的な曲がり角に来たと考えるべきだ。

貿易赤字に転落した直接の原因は、東日本大震災と円高である。国内生産が大打撃を
受け、価格面の競争力も落ちた。 原子力発電所の事故で、火力発電所用の天然ガス
などの燃料の輸入も増えた。欧州を始め世界的な景気後退も影響している。

だが、こうした一時的な要因に目を奪われてはならない。 今までと同じような分野の輸
出品だけに頼っていては、コスト競争で中国など振興国に太刀打ちできないのは明らか
だ。 利益が縮む分野で消耗戦は続けられない。

円高、法人税の高さ、電力の制約など、日本企業の「六重苦」を和らげる取組みが必要
だ。 その一方で、主力産業が輸出で利益を生み出せなくなった現実を直視しなければ
ならない。


輸出の両輪とされてきた自動車と電気の分野では、すでに貿易構造は大きく変わりつ
つある。 自動車では日産自動車や三菱自動車が主力の生産をタイやメキシコに移し
日本への逆輸入を本格化している。電気でもテレビなどの台湾、中国企業への委託生
産が増え、日本は2011年も2年連続で家電の逆輸入国となった。

日本の貿易収支は30年間以上、黒字が続いたが、黒字額は縮小する傾向にあった。
反面、海外からの配当金などからなる所得収支は増え、所得収支の黒字は2005年
に貿易黒字を上回っている。

製造業が海外に軸足を移し、世界で稼ぐ姿を目指すのは自然な流れだ。このまま貿易
赤字が拡大して、経常収支の赤字に陥らないためにも、海外の子会社や投資先から受
け取る配当金、技術ライセンス料を日本に還流し、国内では新しい産業と雇用を伸ばす
循環を生み出す必要がある。

この10年間の日本の輸出のけん引役は、 (自動車)、(電気)、(機械)、(鉄鋼)
4業種に限られている。主役が固定しているのは、産業の新陳代謝が滞っている証
である。


直接投資やM&A(合併・買収)で世界に打って出ると同時に、国内で付加価値が高い
事業の創造に務めるのが経営者の責務だ。
 一方、政府はモノの輸出を重視する旧来の関税政策ではなく、成長センターの
アジア地域を中心に、日本からの投資の舞台を広げる通商政策に力を入れるべきだ。
(記事:日本経済新聞・社説・春秋 2012/01/28)

by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木
a0061688_17203068.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2012-01-29 17:20 | Trackback | Comments(0)
『CDS市場で異変・・③(忍び寄る潮目の変化)』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2291)

「イタリアの次は日本、ファンドが狙う国債売り崩しー中原圭介(エコノミスト)」

中原氏は、日本国債の利回りが安定している理由の一つに、「円高を背景とする振興国
マネーの流入」
を挙げる。欧州の債務危機の深刻化と米国の金融緩和の長期化を背景
に、豊富な外貨準備を持つ振興国の政府系ファンドや機関投資家が、消極的でありなが
らも円を買い、それを日本国債に振り向けている。特に2010年半ば以降、この傾向が顕
著だという。

もう一つの理由は、「金融機関が起こしている国債バブル」。
日本の大手銀行は、新銀行自己資本比率(バーゼルⅢ)の適用の対象となっており、中核
的自己資本比率(コアTier1)
の引き上げを義務付けられている。
生命保険会社もソルベンシー・マージン(保険金の支払い余力比率)の算出基準の厳格
化に合わせて保有株式を売却する一方、国債の運用を増やしている。

目先は、(この二つの動き)が、”日本国債を支えている”と中原氏は指摘する。

(忍び寄る潮目の変化)
こうした状況が変わるのは。対ユーロと対米ドルで円高が終わる時だという。
では、それはいつになるのか?

円がユーロで下落に転じるのは年内の可能性が高いと中原氏はみる。「もし、イタリアが
破綻すれば、世界恐慌が引き起こされる。それを阻止するため、ドイツなどの経常黒字国
が経常赤字国に対して財政的な補てんを行う仕組みが最終的に導入され、欧州危機は年
内に収束に向かうとみる」(中原氏)。
(※)もし、この動きにならなけねば、”EUは解体!”の危機になります。
欧州危機の収束と同時にユーロは買われる展開になるという。

円は米ドルでも、そう遠くない次期に下落に転じる可能性が高い。同氏によると、、米国
は株式相場が大幅に下げたタイミングで、温存している量的緩和第三弾(QE3)
の実施に踏み切る公算が大きい。QE3を実施している間は一段の円高が見込まれるが、
プログラムの終了後、為替は(円安に転換するシナリオ)が有力という。その次期は、恐ら
く2013年か・・・。

(円)が、対(米ドル)と対(ユーロ)で反落すれば、振興国がもはや、
”円資産を保有する理由はない”


(記事参考:「イタリアの次は日本、ファンドが狙う国債売り崩し・中原圭介)

by Gewerbe   「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_1841622.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2012-01-28 18:41 | Trackback | Comments(0)
『CDS市場で異変・・②(日本国債、現状はバブル)』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?      (2290)

「日本国債」の保証料率=(CDS=Credit Default Swap)が上昇したのは、一体改革
を巡る与野党間の狭義が難航すると予想されているからだ
「協議の行方次第では1~3月中に日本国債格付けが見直される」と市場関係者も少なくない。

もちろん、欧州各国の国債と日本国債の保証料率にはかなりの開きがある。
日本国債が1.5%台なのに対して、スペイン国債は4%、イタリア国債は5%を超える。金融
市場にほとんど流通 していない中国国債と日本国債を一律に比較するのも、やや無理があ
る。

ただ、注意しなければならないのは、CDS=保証料率が示すのは海外の投機筋の評価とい
う点だ。欧州各国を債務危機に追い込んだ海外の投機筋が、先進国で最悪の財政状況とい
われる日本を「次の標的に吸えた」(メリルリンチ日本証券・藤田チーフ債券ストラテジスト)
とも映る。


”日本の公的債務がいかに巨額であっても、国債は順調に消化され、利回りは低位
安定している。国債保有者の9割超が国内投資家である上、国民の金融資産が国債
残高を依然上回っていること。経常黒字の計上などを理由に、あと5~10年は国債の
暴落は起こらない”との声は多い。


しかし、エコノミストの中原圭介氏によれば、"早ければ2013年にも日本国債は急落し、
利回りは自力での国債発行が不可能な水準に到達する可能性がある。ギリシャやイタリア
など、欧州重債務国の国債を売り崩したヘッジファンドが次に狙いを定めているのが日本
なのだと言う・・・・。

(記事参考:園田義明メモ:NIKKEI 20112/01/13)

by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木
a0061688_15111379.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2012-01-28 15:11 | Trackback | Comments(0)
『CDS市場で異変・・』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2289)

『CDS:(Credit Default Swap) クレジット・デフォルト・スワップ』

『CDS』とは? 一言で言うと(保険)です。Aさんが、B社の債券を持っているとします。もし、
B社が破綻=倒産すれば、Aさんのもっている債券は”紙くず”になってしまいます。
そのリスクをヘッジ(防御)するためにAさんは、Cさんと「CDS取引」をします。AさんはCDS
契約に基づき、保険料を支払えば、A社の万が一の時にでもCさんから損失を補てんしても
らえるのです。

『ヘッジファンドが、次の標的を日本に据えたか、CDS市場で異変ありー』

債券の信用力を表すクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で、日本国債の保証料率
が急ピッチで上昇している。直近では1.5%台をつけ、わずかながら数字上は中国にも劣る
信用力と評価された。社会保障と税の一体化など、財政再建への取組みが遅れれば、欧州
にかかる市場の圧力が日本にも及びかねない。

CDSは債券を発行する政府や企業の資金繰りが滞った場合に損失額を補填する金融商品。
債券発行体の信用力が低ければ低いほど、保証料率は上がる仕組み。

「日本国債」の保証料率が目立って上昇し始めたのは昨年末からだ。金融情報マークイット
によると、昨年12月上旬には5年物国債の保証料率は1.2%台であったが、今月11日に
は1.5%台にまで上昇。東日本大震災後の1.4%を上回る料率になった。

この間、「中国国債」の保証料率は横ばいだった。足元では1.48%で、5ヶ月ぶりに日本国
債の保証料率を下回っている。

欧米系の格付け会社は日・中の国債をほぼ同水準としているが、CDS市場に限ってみ
れば、「日本国債」の評価は「中国国債」に劣る。
(記事参考: 園田義明めも 2012/01/13)より~
              :日本経済新聞ー「日本国債の信用力、中国を下回る」2012/01/12

by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木
a0061688_2271474.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2012-01-26 22:07 | Trackback | Comments(0)
『貿易赤字⇒経常収支』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?   (2288)

延々と貿易黒字を積み重ねてきた日本が(31年ぶりの貿易赤字に転落!)のニュース
はすでに、1月10日のNo.2275でアップしています。

輸出立国の日本として、貿易赤字=輸入額が輸出額を上回った状態になると、円を米
ドルなどの外貨に替えて海外に支払う(円売り/外貨買い)が増えることになるため、一般
には外国為替市場で(円安)が進みやすくなると言われています。
しかし、「円相場」の現状は、一向にその(原則)は見られません。むしろ、(円高)が進
んでいます。

その要因の一つとして、「経常収支」が黒字で推移していることが挙げられます。
日本の対外経済取引の収支は、いわゆるモノ(財)の出入り=輸出入を示す「貿易収支」
のほか、サービスの国際取引を示す「サービス収支」や、海外保有資産が生み出す利子
や配当金などの出入りにあたる「所得収支」など、複数の収支項目から構成されます。
これらのすべてを合計したものが『経常収支』です。


日本の政府が保有する外貨準備や、日本の企業・個人が保有する海外の国債・株式や
債権・不動産などの金融資産。そして日本の金融機関による海外投資などを累計した額
である「対外純資産」は、2009年度末時点では、266兆円超に上り、19年連続で世界
第1位を記録しており、その恩恵から「貿易収支」が少々悪化しても、日本の「経常収支」
大幅な黒字を維持しているのです。

企業や個人投資家は外貨で受け取った利子や配当金・地代などを円に交換する場合が
多いため(円買い=外貨売り)につながりやすくなります。

つまり、「貿易収支」が”赤字”になっても。それを「所得収支」の”黒字”が補い、「経常収支」
としてプラスが続く間は、輸入代金を支払う(円売り=外貨買い)がインパクトとならないため
本格的な(円安トレンド)へは向かいにくいと考えられます。

(記事参考:貿易収支赤字の影響ーいま聞きたいQ&A)より~

by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木
a0061688_21575797.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2012-01-25 21:56 | Trackback | Comments(0)
『ユーロ財務相会議・ギリシャ問題は?』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2287)

ユーロ17カ国の財務相は23日、ブリュッセルで会合を開き、参加国に財政均衡を義務
付ける財政協定をめぐり狭義した。

最終草案には協定違反国に対し、最大で国内総生産(GDP)の0.1%の制裁金を科す
ことを盛り込んだ協定の厳格化を測る。会合では、重債務国のギリシャの債務削減も議
論。

ただし、小出しの対策を示すにとどまれば、市場の不信感を助長するのは避けられない。

ギリシャの債務削減をめぐる同国政府と交渉していたIMF(国債金融協会)の専務理事が
21日、ギリシャを離れ、合意は今週にずれ込んでいる。

ギリシャ政府とIMFの交渉では、銀行などが保有するギリシャ国債の額面の半分を放棄
した上で、新たな低金利の国債と交換する金利が焦点となっている。 
民間側の損失が60~70%に拡大する可能性があり、合意に至っていない。

ギリシャ政府は、3月20日に約145億ユーロの償還期限を迎える。

合意できずに追加支援が受けられなければ、”ギリシャはデフォルト(債務不履行)の懸念
が確定的となる。


今回のEU財務相会議では、交換する国債の金利は「4%以下」にすべきとの意見である。
発行済み「ギリシャ国債の金利」はいくらであったのか?
・昨年の9月13日時点で、(10年物の利回り;  21.4%)
                 (2年物国債利回り:  80%超)
                 (1年物国債利回り: 100%超)

※ では、(参考)として、「日本国債の金利」はどれくらいなのでしょうか?
                 (個人向け10年)・変動 : 0.72%
                 (個人向け 5年)・固定 : 0.33%
                 (個人向け 3年)・固定 : 0.17%

○ 何ゆえに、(0%)ともいえる”超低金利”なのか? それが、何故売れるのか?
○ これ以上、金利を下げて、デフレ脱却⇒インフレ誘導は不可能・・。
○ 1%でも金利を上げれば、1000兆円の国債金利の支払額の増加は莫大!

以上の3点の意味を、じっくりと考えてみてください・・・・。

by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木
a0061688_21102226.jpg

             
[PR]
by Gewerbe | 2012-01-24 21:10 | Trackback | Comments(0)
『イノベーションのジレンマ』

 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2286)

『イノベーションのジレンマー技術革新が大企業を滅ぼすときー』
(クレイトン・クリステンセン) 著 玉田経平太(監修)、伊豆原弓(翻訳)

19日、130年の歴史を持つフィルム・カメラの代名詞もなっていた名門の「米・コダック社」
が破産申請をした(ロイター)。言うまでも無く、デジタルカメラの普及によって、主力事業の
フィルムの収益が大幅に悪化し続けたからだ。そしてこれも有名な話だが、デジタルカメラ
を最初に発明したのは他でもないコダックだったのだ。コダックは現在でもデジタルカメラ
に関連した多くの特許を保有している。

カメラ事業は、大変儲かるビジネスだった。カメラを買った後にも、人々はフィルムを買い
続けなければいけない。フィルムでも儲かり、そして写真を現像するときにも儲かる。
しかし、デジタルカメラではフィルムでも現像でも儲からない。
デジタル化はコダックのような大企業にとっては魅力のないものにうつったし、何より、自社
の強みを打ち消すような技術である。それゆえにコダックは、デジタルカメラの参入に遅れ
てしまい、キャノンやニコンなどの日本勢に負けてしまう。また同じようなフィルムメーカーで
あった富士フィルムは、フィルム製造に関連した多数の技術を、化粧品などの基礎素材に
応用し、うまくフィルム事業の衰退を新しい分野に置き換えていった。

このように最優秀な人材を集めるエクセレント・カンパニーが、新しい安価な技術にあっさり
と駆逐されてしまうことは珍しいことではない。 あの有名な『イノベーション・ジレンマ』であ
る。

1997年に初めて出版された本であるが、世界的なベストセラーとなり、経営学の古典とし
て必ず読んでおかなければならない一冊となった。一つの技術の発明により、それまで多
くの賞賛を集めていた大企業のビジネス・モデルが瞬く間に破壊されていくことがあるのだ。

少し前に日本の企業といえば、任天堂などがやはりエクセレント・カンパニーとして絶賛さ
れていたが、今ではアイフォンなどで提供される安価なゲームとの競争で先が見えなくな
っている。破産したリーマン・ブラザーズなどは、金融イノベーションの旗手だった。
ソニーやIBMなど、このような例は数挙に暇かかない。

個人的には新しい技術によって、古い大企業が破滅に追い込まれるのは大変素晴らしい
ことだと思う。それこそ資本主義社会が発展していくための成長痛に他ならないからだ。
会社というのは法的な無機質の器に過ぎず、大切なのは常に個人だから。

(記事:金融日誌・藤沢数希)より~

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_22184498.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2012-01-23 22:18 | Trackback | Comments(0)
『今年は、世界大恐慌!・・・?』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2285)

『今年は、世界大恐慌! 榊原英資氏が警告』
 今年も新年早々、不景気な話が続いているが、昨年は世界経済が重大な局面を迎えた
年であった。ヨーロッパでは、ギリシャから始まった経済危機が各国に飛び火し、EU全体
へと波及した。アメリカでも景気後退が止まらず、ドルが暴落。日本もデフレ不況から抜け
出せず、東日本大震災の打撃からなかなか回復できずにいる。さらに増税やむなしの議
論までもが横行し、先行きがまったく見えない。

「今年、世界経済は一体どうなるのか?」
この世界経済の行方を大胆に先読みした本がベストセラーになっている。
著者は「ミスター円」と呼ばれる元財務官の榊原英資氏。
『(通貨)で読み解く世界同時恐慌』(アスコム刊)という本である。

榊原氏は、2010年に出した「世界同時不況がすでに始まっている!」で世界同時不況を
予見しズバリ言い当てた。「この不況は3~4年どころか世界規模で『失われた10年』にな
る可能性が大いにある」、「1ドル=70円台前半になるだろう」と、今、榊原氏の言った通り
の状況になっている。

新刊で榊原氏は、2012年は「世界同時不況」から一歩進んだ「世界同時恐慌」の段階に
入ると警鐘を鳴らしている。世界経済の中心がアメリカから中国に移行しつつあるなか、
欧州発の「第2のリーマン・ショック」が起き、、1ドル=60円台に突入する」と言う。

さらに本書では、「通貨」とは何か? なぜ為替は変動するのか? 市場介入などの経
済の基礎も解り易く解説する。 1ドル=60円台もあり得る中で、私たちは何をなすべき
か、その処方箋も提示。政府に対しても「円高は日本の国益」ということを前提にした、
攻めの戦略への転換を求めている。


年の初めに、本書を読んで世界経済の動向をつかみ、どうすれば2012年を乗り切れる
かを考える一歩になるはず。

by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木
a0061688_20412629.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2012-01-22 20:41 | Trackback | Comments(0)