貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
sosoさんへ: コメ..
by Gewerbe at 10:08
"公表の「各6割以上(実..
by soso at 09:22
早速コメント返していただ..
by HS at 23:25
by(HS)さんへ: ..
by Gewerbe at 22:59
いつもとてもためになる記..
by HS at 21:01
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
『DRIED BONITO ..
at 2017-10-17 17:38
『DRIED BONITO ..
at 2017-10-17 07:25
『DRIED BONITO ..
at 2017-10-16 23:34
『DRIED BONITO ..
at 2017-10-15 22:20
『DRIED BONITO ..
at 2017-10-15 03:54
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧
『通関士試験・・・(品質表示ラベル)』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (3103)

多くの衣料品等は、(海外での委託製造)であり、我国委託者から製造原材料の(無償
供与)されています。その(無償供与原材料)の中には、衣料品等に縫い付けられてい
る日本語での表示の「品質表示ラベル」がありますが、その「課税価格」上の扱い
は微妙です。

(関税定率法第4条第1項3号イ)
「輸入貨物の生産及び輸入取引に関連して、買手により無償で又は値引きして提供され
た、輸入貨物に組み込まれている材料、部分品又はこれらに類するものに要する費用
は現実支払い価格に加算する。」

(関税定率法基本通達4-12-(1))
「材料、部分品又はこれらに類するもの」には、商標ラベル、商品ラベル等(我国の法律
等に基づき表示することが義務付けられている表示等を併せて表示されているものを含
む。
)が含まれる。
 
 ただし、
○ 「食品衛生法に基づく品名、原産国、原材料等の表示ラベル」
○ 「家庭用品品質表示法に基づく繊維製品に対する品質、洗濯ラベル」 等、
我国の法律等に基づき表示することが義務付けられている事項のみが表示されている
ラベルは除く。


(事例:ラベルC)
 ① 繊維の組成
 ② 家庭洗濯取扱方法
 ③ 販売者の名称及び電話番号
 ④ 原産国
 ⑤ サイズ
 ⑥ 品番
 ⑦ メーカー記号

(※)上記の内容が記載されている「無償供与のラベル」において:
①、②、③は、「家庭用品品質表示及び経済産業省告示」における表示義務がある。
④は、「不当景品類及び不当表示防止法並びに公正取引委員会告示」における表示
 義務がある、

しかし、⑤の(サイズ)、⑥(品番)、⑦の(メーカー記号)は、 ”我国法令等により表示を
義務付けられた内容ではない。”

従って、『買手により(無償で供与された部材等)』に該当し、このラベルの無償供与に
要した費用は現実支払い価格に(加算)すべき費用とされます。


by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_2221973.jpg

[PR]
by gewerbe | 2011-07-29 22:04 | Trackback | Comments(0)
『通関士試験・・・(課税価格・逆委託加工貿易)』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (3102)

以下の記述は、関税定率法基本通達改正の(具体的事例)として記載されているものです。

平成19年6月の改正以前では、(逆委託加工貿易)による輸入は、 『輸入取引によら
ない輸入』
として規定され、 「課税価格の決定方法の例外:第4条の2~4」の規定で
計算しなければならないとされていました。
 しかし、WTO(世界貿易機関)・関税評価協定の前文規定に従い、「加工賃を対価と
して売買が行われた。」
ものとみなして、(課税価格決定の原則)=現実支払価格となる
加工賃に委託者が無償提供した物品・役務の費用を加算要素として課税価格を計算する
ように、改正されています。

『事実事例』
 イ、本邦の特殊車両販売会社I 輸入者I)は、特殊関係に無いE国の自動車特殊加工業
   者X(輸出者X)との間で締結した加工契約(加工役務提供契約)に基づき、輸出者 X
   から防弾車10台を輸入する。

 ロ、当該輸入貨物は、輸入者IがE国の自動車製造会社Mから購入し、輸出者Xに無償
   提供したベース車両に、輸出者Xの工場において当該加工契約に基づく防弾加工が
   施されたものである。

 ハ、輸入者Iは、防弾加工の対価として輸出者Xに対し、総額5,000万円を支払い、ベー
   ス車両代(輸出者Xの工場までの輸送費を含む)として、車両製造者Mに対し、2,000
   万円を支払う。

 二、また、輸入者Iは、上記輸入貨物に係るE国から本邦までの運送について自らが手配
    し、当該運送に係る会場運賃及び保険料500万円を負担している。

(※) 逆委託加工貿易ながら、平成19年改正後は、上記ハ、の(委託加工費)は、関税
    定率法第4条第1項(課税価格の決定方法の原則)の規定により計算されること
    となります。
    従って、〔課税価格〕=7,500万円となります。

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木

a0061688_21564211.jpg

[PR]
by gewerbe | 2011-07-28 21:57 | Trackback | Comments(0)
『通関士試験・・・(輸入取引)』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?     (3101)

(売手)と(買手)

実際の輸入取引においては、(複数の者)が取引に関与し、輸入貨物が輸出国や
輸送途上、本邦到着直後に”転売”されることも多数発生しています。

これら(複数の者による関与のある取引)においては、これら複数の売買のどれが、
課税価格の計算の基礎となるべき:【輸入取引】になるのか? 的確に見極めなく
てはなりません。

「輸入取引となる売買」とは:
”貨物を外国から本邦に向けて輸出することを目的として行われたときの売買”

この(輸入取引)における(買手)と(売手)とは
”実質的に(自己の計算と危険負担)の下に輸入取引する者をいい、具体的には、
売手と買手は自ら輸入取引における輸入貨物の数量、品質、価格等を取決め、
事故、不良債権等の危険を負担する者をいう。(関税定率法基本通達4-2)

(売手)と(買手)の所在地については、国内外かどうかは関係ない。

一般的な輸入取引では、貨物の輸出者=(売手)であり、輸入者=(買手)である
が、近年の(グループ貿易)等の複雑な輸入取引における輸入に際しては、本邦
への輸出を具体的にもたらすこととなる売買の(売手)と(買手)を正確に判断して
その取引価格から課税価格を計算しなければなりません。


記事:(社)日本通関業連合会 会報No.107 (関税評価と事後調査)

☆ 「NACCS(ナックス)」のベトナムへ採用が正式に調印されたようですね!

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_2114620.jpg


 
[PR]
by gewerbe | 2011-07-26 21:14 | Trackback | Comments(0)
『通関士試験・・・(文章で煙にまく~)』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (3100)

”通関士試験には、公務員試験的な国語力の判断基準が組み込まれている。』
と僕の独断的な解釈を書いていますが、別な表現をすれば、”受験者を煙にまく”
文章表現で、受験者の(読解力)と(算数)の能力を試しているとしか思えない出題
もあります。

「通関士」に求められるのが、”冷静沈着な判断で、適正・敏速処理”な業務遂行に
あるわけですから、(この種の出題パターン)に文句の付けようがありません。

「第38回・2004年度の出題問題・課税価格の計算」

【問 題】
1、輸入者M(買手)は、輸出者X(売手)から農産物を継続して輸入している。
2、今回、輸入する農産物のFOB価格は、FOB価格2,870,000円である。
3、Mは、前回輸入した農産物(FOB価格1,300,000円)について、契約した
  品質よりも劣っていたことから、10%の値引きを要求したところ、Xは当該
  値引きを承諾した。このため、今回の仕入書価格は、当該値引額を相殺
  した後の価格となっている。
4、Mは、上記のほか、当該輸入農産物に係る次の費用を負担している。
 イ Mの買付代理人であるAに支払った買付手数料・・・・・・・・・170,000円
 ロ Xに支払った農産物農家からの集荷費用・・・・・・・・・・・・・・・・90,000円
 ハ 輸出港から輸入港までの運賃・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・140,000円
 二 輸入港からMの倉庫までの国内運賃・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 40,000円
ホ 輸出港から輸入港までの保険料・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 20,000円
5、MとXの間には、特殊関係はない。

【解 答】 : 3,250,000円

☆ (7年前)の出題です。 ここ2~3年の出題内容の複雑さからすれば、
  上記の記述であっても、単純な「課税価格の計算問題」と言えます。

  最近の「課税価格の計算問題」には、”必ず、何かの伏兵がいるートラップ
  が仕掛けられている”と思って、まず間違いありません。

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_21515576.gif

[PR]
by gewerbe | 2011-07-25 21:52 | Trackback | Comments(4)
『通関士試験・・・(国語力=読解力)』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (3099)

(誰でも受験できる)という通関士試験ながら、”準国家公務員的な責務”を負う通関士を
選定すべき”通関士試験”には、公務員試験的な(基礎学力判断基準)が隠されている。
と独断的な表現を重ねて書いてきました。

次の記述は、昨年度(題43回)の選択式・(語句選択)問題の抜粋です・・・。

【関税法・(納税義務者)】
 次の記述は、関税が徴収される場合の納税義務に関するものであるが、(  )に入れる
べき最も適切な語句を下の選択肢から選びなさい。

5、関税定率法第15条第1項(特定用途免税)の規定を受けて輸入された貨物で、その免税
 に係る特定の用途に供するために所定の手続きを経て譲り受けた者が当該特定の用途以
 外の用途に供したものの関税については、(    )がその納税義務を負う。

【解 答】
 上記の記述の(   )に選択すべき最も適切な語句は「貨物を譲り受けた者」となります。

(※) 他の選択肢に「貨物を譲り渡した者」もあり、多くの受験者がこちらを選びました。
(※) 関税定率法第15条第2項の規定でも、「用途以外の用途に譲り渡した者」が納税
    義務者と、はっきりと記載されています。


◎ 上記の問題の記載を”絵に描く”ことができているでしょうか?

  (A)が、特定用途免税で輸入し、→所定の手続きを経て(B)に譲り渡しています。
  この場合の(譲り渡し)は、所定の手続きを経てですから(用途外使用)にはなりません。

  この後、(A)から、正規に”譲り受けた者”である(B)が、用途外使用を行った場合は、
  この(B)が、納税義務者であり、上記の文章の流れからすると、『譲り受けた者』が最も
  適切である選択語句となります。

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木

a0061688_2039248.jpg

[PR]
by gewerbe | 2011-07-24 20:39 | Trackback | Comments(0)
『通関士試験・・・(検品費用、解答・解説)』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?     (3098)

前号の第33回・1999年の課税価格の計算問題の解答は、「2,330,000円」でした。

計算式としては:(2,000,000円)+(120,000円)+(200,000円)+(10,000円)
の極、簡単な(算数)でしかありません。

ポイントとなってくるのは、前号でも書いているように、「課税価格」で求めなけねばなら
ないのは、”今回の輸入取引に係る課税価格”です。

最近の貿易取引では、数回分の輸入に係る資材・機械をまとめて供与したり、決済が
行われることは普通に行われます。


この場合は、全体費用を(按分)して、「今回取引分」だけの費用を算出しなければなり
ません。
つまり、別ルート(A国のBから購入して、無償で供与した裏地)は:
(300,000円÷1000着)=@300円×400着=120,000円として、(今回分費用)
を計算します。

なお、(100,000円)の「検品費用」は、”買手が自己のために行う活動費用”に該当し、
課税価格には加算されません。従って、”無視すべき費用”となります。

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_2010093.jpg

[PR]
by gewerbe | 2011-07-24 20:10 | Trackback | Comments(0)
『通関士試験・・・(算数能力)』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (3097)

下記は、(平成11年=第33回)の通関士試験での出題です。(10年前)
関税定率法第4条:「課税価格の決定方法」の理解というより、受験者の”算数能力”を問う問題ですね。

【問 題】

輸入者M(買手)は、次の条件により、A国の輸出者X(売手)から紳士服1,000着を3回
に分割して輸入契約を締結した。 当該契約に基づき、1回目に400着を輸入する場合の
課税価格を計算しなさい。

1、 契約価格はFOB価格で、1着当たり5,000円である。
2、 Xは、当該輸入貨物に使用する裏地をA国のBから購入するが、当該裏地の費用の
  (1,000着分:300,000円)は、Mが直接Bに支払うことになっている。
3、 Mは、自己のために、A国の検品会社Cに出荷の際の検品の依頼をしており、当該
   検品に要する費用(1,000着分:100,000円)は、Mが負担することとなっている。
4、 1回目の輸入に要する輸出港から輸入港までの運賃(200,000円)及び保険料の
  (10,000円)は、Mが負担することとなっている。
5、 上記の者のいずれの間にも、特殊関係はない。

【解 答】 : 上記の課税価格    (2,330,000円)

この出題は、受験者の関税定率法第4条における「課税価格の決定方法」の”理解度”を
問う内容であることはもちろんですが:

① 「関税価格」=”今回の輸入取引に係る輸入貨物の課税価格”の原則理解度判断
② 加算要素・控除費用の具体的な理解度判断
③ 受験者の”算数基礎能力”判断

一貫して書き続けている言葉、「出題の内容を具体的な取引関係下における貨物・経費
の流れを”絵に描ける”


「按分計算」(あんぶん計算)が、この出題のキー・ポイントとなっています。

by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木
a0061688_8362655.jpg

[PR]
by gewerbe | 2011-07-22 08:36 | Trackback | Comments(0)
『通関士試験・・・(買付手数料)』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (3097)

「関税定率法基本通達4-9」 仲介料その他の手数料(買付手数料は除く)

「売手や買手のために、売手と買手との間に入って輸入取引の成立及び履行のた
めの業務を行った者に、買手から支払われる手数料(仲介手数料や販売手数料)は
課税価格に算入される。ただし、(買付手数料)については課税価格に算入されない。」

この「買付手数料」に係る計算問題も、最近ではなかなかに複雑ですね。
これも、「買付手数料」という語句の暗記とか、条文の読み流しで、とても対応できる
出題レベルではなくなってきています。
”過去に出題された実例としては(輸入貨物の製造に使用する原材料の買付手数料)があります。”

代理人(仲介者)が買手の指示を受けて原材料等を売手に提供している場合は、
輸入貨物の生産に使用される原材料を提供するに要した役務の費用相当額が
値引きされたものと解釈され、仮にその具体的費用額が表明できない場合は、
(買付手数料)の全額が課税価格に加算されることになります。

また、代理人(仲介者)が売手の要求に基づいて原材料の買付けを行い、その費用を買手
が負担していたという場合は、この手数料相当額は(買手による売手の債務に対する間接
支払い)
であると解釈されます。

どちらの場合であっても、(買付手数料)という語句表現にかかわらず、課税価格に加算す
べき費用となります。


by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_21192726.jpg

[PR]
by gewerbe | 2011-07-20 21:19 | Trackback | Comments(0)
『通関士試験・・・(累積数量値引きー解答・解説))』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (3096)

前号の「累積数量値引き」の課税価格を求める計算式は、下記の通り、極めて
”簡単な算数”でしかありません。

(@70円×50,000個)-(3,500,000円×2%)+150,000円=
                                       3,580,000円

☆ 「課税価格」計算は、 ”簡単な算数”ながら、関税定率法第4条の「課税価格
  の決定方法」に従っての”計算式の組み立て”が重要なのです。

☆ 通り一遍等の条文の読み込み・暗記では、この問題の(ひっかけ)にみごと
  にはまります。
  確かに、定率法第4条には、 「数量値引きは、値引き後の価格を現実支払い
  価格とする。」
と規定されています。

1) インボイス上の(数量値引き額=434,000円)は、今回の50、000個の
   輸入によって、今回までの全ての輸入実績である”累積数量=300,000個
   全体に対するものです。

2) 「課税価格」は、(今回取引に係るに本邦到着の運賃・保険料込みでの輸入貨物
   の”経済的価値”です。
   今回取引ではない、過去の取引価格に係る価格調整があるとすると、全て排除
   されなけねばなりません。 具体的な表現で言えば:
    (前回取引の内容は、今回取引の課税価格に影響を与えない!)

3) 今回の輸入50,000個の輸入単価@70円/個は、つまり、2%の数量
   値引き前の価格です。

4) 今回の輸入数量50,000個も含めて、300,000万個を超えたことに
   対する数量値引きですから、いったん、インボイス上の(数量値引き額=
   434,000円)は無視します。

5) 今回の輸入数量=50,000個×2%=70,000円となります。

6) この70,000円のみが、今回取引で認められる(数量値引き額)です。

7) 運賃・保険料等の運送に係る費用は、”現実支払い価格とは別=インボイス
   価格に含まれていない”を輸入者=買手が負担するのですから、当然に!
  (現実支払い価格に加算される額)となります。

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_21274013.jpg

[PR]
by gewerbe | 2011-07-18 21:28 | Trackback | Comments(0)
『通関士試験・・・(累積数量値引)』

 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (3095)

※ 下記は、(平成21年度・第43回の通関士試験における”課税価格計算問題”ですが、
  簡単なようで、”引っかかり易い”内容ですね。

【問 題】:平成21年度=第43回出題

次の取引に係る輸入貨物(缶詰50,000個)の課税価格を計算しなさい。

1、輸入者M(買手)は、A国の輸出者X(売手)から缶詰を継続して輸入している。
2、今般、MがXとの間で締結した缶詰に係る売買契約には、次の事項が規定され
  ている。
 イ) FOB価格・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・70円/個
 ロ) 売買契約数量・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・50,000個
 ハ) 今回の取引で取引数量の累計が300,000個を超えることとなったため、今回
    の売買に係る貨物を含めてこれまでの売買に係る全ての貨物について2%の数
    量値引きを適用する旨。
 二) Xは,上記ハ)の数量値引きの総額を今回の取引に係る売買価格から控除して
    M宛ての仕入書を作成する旨。
 ホ) Mは、売買契約締結後、当該缶詰に係る仕入書の20%に相当する額をXの日本
    支社に支払い、当該缶詰の引渡し後に残額をXに支払う旨。
3、Mは、当該売買契約に基づき、Xから缶詰50,000個を輸入する。
4、上記の2)イ~二までに掲げる事項について、次の通り仕入書に記載されている。

    仕入書のFOB価格・・・・・・・・・・・・3,500,000円
    数量値引きの総額・・・・・・・・・・・・・・・434,000円
          計)             3、066,000円
5、Mは、当該仕入書に従ってX及びXの日本支社に支払いを行う。
6、Mは、X及びXの日本支社への支払いとは別に、A国の輸出港から本邦の輸入港まで
  の運送に係る運賃、保険料その他運送関連費用の総額として150,000円を負担する。
7、MとXとの間及びMとXの日本支社との間には、それぞれ特殊関係はない。

【解 答】 上記内容における「課税価格」=3,580,000円 

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_11453.jpg
 
[PR]
by gewerbe | 2011-07-18 01:14 | Trackback | Comments(0)