貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
フォロー中のブログ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
sosoさんへ: コメ..
by Gewerbe at 10:08
"公表の「各6割以上(実..
by soso at 09:22
早速コメント返していただ..
by HS at 23:25
by(HS)さんへ: ..
by Gewerbe at 22:59
いつもとてもためになる記..
by HS at 21:01
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(1)
人気ジャンル
Skypeボタン
ブログパーツ
最新の記事
『グローバル化と税』
at 2017-03-30 21:38
『シンガポール・「トレードネ..
at 2017-03-30 03:03
『2008SNA-「第50回..
at 2017-03-28 22:20
『2008SNA (第50回..
at 2017-03-27 18:09
『2008SNA-(弟50回..
at 2017-03-26 05:48
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧
『通関士試験・・・(課税価格ー③)』

 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?   (3083)

平成19年度、通関士試験・実務科目出題 (課税価格の計算)

次の取引内容に係る輸入貨物の課税価格を計算しなさい。

1、輸入者M(買手)は、輸出者X(売手)から特殊事務用機器を輸入する。
2、当該特殊事務用機器の売買契約書には、次の事項が記載されている。
 イ 当該特殊事務用機器のCIF価格(5,000,000円)
 ロ 契約後1月以内に上記CIF価格の10%以上の前払いが行われたときには、
   前払金の10%相当額の値引きが行われる旨
 ハ 契約日と船積日における為替相場が異なるときは、その変動分を調整する旨、
 二 当該特殊事務用機器の耐用年数(5年間)中は、Xの在日代理店Yが定期的に
   整備を行い、当該整備の費用(1年当たり960,000円)はMが負担する旨、
   また、1年目の整備費用は当該特殊事務用機器の代金とともにXに支払い、
   2年目以降は毎年Yに支払う。
3、当該特殊事務用機器に係る仕入書の明細は次ぎの通りである。

    特殊事務用機器(CIF)          5,000,000円
    整備費(1年目)           +)    960,000円
    前払金                 -) 1、000、000円
    前払い値引き             -)   100、000円
    為替変動調整金           +)    500,000円
         計                   5、360、000円

4、MとXとの間には特殊関係はない。

【正解 : 5,400,000円】

※ 数年前から~、「通関実務科目」における(計算問題)は、ほぼ、このレベルです・・・。

by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木

a0061688_21462610.jpg

[PR]
by gewerbe | 2011-06-29 21:46 | Trackback | Comments(0)
『通関士試験・・・(貿易の税理士ー②)』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (3082)

※ 前号の「通関士試験」は、貿易に係る税理士試験である。の記述は”きつ過ぎる”
  内容でしたか?

しかし、次の内容は(平成21年度=第44回通関士試験)=昨年度の本試験での出題
です。

「下表の経緯で特例申告書の提出後に修正申告を行い、当該修正申告により納付
すべき関税額として5,079,500円を納付することになった場合において、当該関税
額に併せて納付すべき延滞税の額を計算しなさい。 なお、延滞税の税率は、2009年
にあっては年4.5%とし、2010年にあっては年4.3%として、計算しなさい。」

2009年8月20日  輸入(引取)申告及び輸入許可の日
      8月21日  保税地域から貨物を搬出した日
      9月16日  特例申告書の提出及び納税の日
2010年2月 2日  修正申告をする旨を税関に申し出た日
      2月12日  修正申告及び納税の日

(正解):83,100円

1) (延滞税の起算日)となる「法定納期限」は?

2) (延滞税率が倍=14.6%)となるのは?

3) (うるう年)での2月29日の扱いは?

○ この”年を越す長期における延滞税の内容出題にパニック!”で、もうあなたは、
  この問題に対してアウトです。


① (延滞税の起算日)は、「法定納期限」はこの場合、期限内特例申告である引取り
  申告の許可の日の属する翌月末=2009年9月30日ですが、”2ヶ月を過ぎる日
  以後”の14.6%となる(加重分の起算日)は「納期限」は、(修正申告の日)ですよね。

  (※) 加重分(14.6%)を考える必要性は、まったくありません!
  (※) 延滞日数は、2009年10月1日~2010年2月12日間であり、(うるう年)が
      関係してくる「2月29日」は、対象外です!
 (時間不足の通関実務の試験時間中に、この2点を考えること自体が”無駄!”
  です。)


☆ ① つまり、(法定納期限)・(納期限)の区別もついていない・・・。
   ② 各手続きにおける(法定納期限)も見えない・・・。
   ③ ”期間の初日は算入されない”=「法定納期限の翌日から~」という、(期間の
     計算)の基礎を理解・処理できない・・・。
   ④  上記の過程を”絵に描く”ことをしようとしない・・・。
   ⑤ (端数処理)は、(関税)、(過少申告加算税)等の端数処理と区別ができていない。

(※) 本試験において、(合格!)を勝ち得ることができるレベルと自分で思えますか? 

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_1523224.jpg
 
[PR]
by gewerbe | 2011-06-26 15:23 | Trackback | Comments(0)
『通関士試験・・・(貿易の税理士)』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (3081)

「通関士試験を、簡単に考え過ぎている・・。」とは言いませんが、多くの受験者が、
「通関士試験を、誤って捉えています。」 受験対策とするべきポイントが見えてい
ない=まるで、見当外れの部分に力を注いでいます。

1) 多くの役目を負う「税関」ですが、原点とするところは、”財務省・関税局”です。
   つまり、(貿易に係る”税務署”)です。

2) 「通関士」は、45年前の(申告納税方式)のスタート時に生まれた国家資格です。
   つまり、「通関士」”貿易に係る税理士”との見方ができます。

3) 貿易の変化とともに、(関税)について、”無税品”の割合は増えていますが、海外
   からの貨物は、原則として(内国消費税)を納付しないと輸入の許可はされません。

4) これら、(税関による税収入)は、我国の国税収入の1割を占めています。
   つまり、それを輸入者に代わり納税手続きを行っているのが(通関士)です。

5) 当然のことながら、「通関」=税関の担う多くの役割全域からの出題とはなり
   ますが、それらは、(基本的必須事項)であって、合格・不合格を判定すべき
   レベル以前の、”学習初歩段階のレベル”です。


「通関士試験」は、”実務国家資格試験”です。
”輸入貨物に係る適正な納税額の算出”

(条文知識)→(具体的な輸入取引の適正判断)→(適正な計算能力)→
「正しい納税額」


◎ (関税法)・(関税定率法)の”条文の記載”では理解していたけど、”計算問題で、
  判断を誤った・・・。” このポイントが、通関士試験が目的とする(合・否判定基準)
  です。
  つまり、これは”受験者の単なる言い訳”であって、受験者側が求める=「適正な
  納税額の算出能力・理解力に至っていない受験者」でしかありません。

☆ 貿易に係る各法令記載内容を知っており、→その記載内容の意味を理解して
おり、→具体的な取引内容を条文規定に照らし、→適正な納税額を算出できる。


by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_13193425.jpg

[PR]
by gewerbe | 2011-06-26 13:19 | Trackback | Comments(0)
『通関士試験・・・「輸入(納税)申告書②」』

 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?   (3080)

次の記述は、平成18年度(第40回・通関士試験)での「輸入(納税)申告書」の問題
に組み込まれていた内容です。

「輸入者は、今回購入した物品(男子用織物衣類)に付された商標権の使用対価とし
て、FOB価格の合計の3%のロイヤルティを商権者である輸出者の親会社へ直接に
支払う義務がある。」

(関税定率法第4条第1項第4号、同基本通達4-13)
「特許権、意匠権、商標権その他これらに類するもので政令で定めるものの使用に伴
う対価で、輸入貨物の輸入取引の条件として、買手により直接又は間接に支払われる
ものは、課税価格に算入する。


☆ もし、上記の内容が、・・・・支払う義務があり、その価格は(仕入書価格に含まれて
 いる。)との記載であったならば、どうしますか?

(※) 仕入書価格に含まれている「加算要素」を、更に重ねて=二重に加算してはいけ
   ません。この記述内容であれば、(無視!)すべき記載です。
    第40回の出題記載は、(加算要素)である費用が、仕入書価格に含まれておらず、
   別途に買手により支払われるのですから、”加算”しなければならなかったのです。


☆ (加算するか?)、(控除=減額するか?)、(無視!するか)

☆ ”絵が描ける・・・”


改めて、僕が皆さんに言おうとしていることを考えてみてください。
この(2点のポイント)への留意が無い限り、本試験での「輸入(納税)申告書」及び、
「課税価格・計算問題」をクリアーすることは不可能です。
つまり、全体として”そここの得点確保”には至るとは思えますが、(合格)を望むことは、
無理です。

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木

a0061688_20243433.jpg

[PR]
by gewerbe | 2011-06-21 20:24 | Trackback | Comments(0)
『通関士試験・・・「輸入(納税)申告書」』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (3079)

次の内容は、「平成21年度・通関士試験』の「輸入(納税)申告書」作成の(記ー7)に
記載されていた記述です。

「輸入者(買手)は、別紙1の仕入書に記載されている物品を輸入した後に、米国に所
在する輸出者(売手)以外の者による技術指導の下で当該物品に加工を施す。
輸入者は、当該技術指導の対価として当該物品1Kgsにつき、0.1米ドルを当該輸出
者以外の者に対して支払う。」

(通関士試験)における「輸入(納税)申告書」の作成問題ですから、上記の設問ー7の
記載が、”課税価格=申告価格”に、どのように扱われるか?の受験者の判断を問うも
のです。

最近の「輸入(納税)申告書」作成問題には、必ず、この関税定率法第4条の「課税価格
の決定方法」
が、何らかの内容で組み込まれています。


この「課税価格の計算方法」の設問の解釈を誤ると、5欄である(輸入申告価格)の
”5欄の全てが誤りとなります。
(5欄の内、数欄だけが間違った。)ということは、あり得ません。正解か、全問が不正解か
です。

その設問の内容は(単純に条文の”語句)、(条文の暗記)のみの受験対策では、いとも簡単
に判断を誤るような、独特な記載表現の出題記述になっています。

要は、(受験者の国語能力=読解力)と、(条文の具体的内容の理解力)を試す記載です。

○ 上記の”技術指導料”は、仕入書価格に含まれている。との設問の記述がわずかに
違っていたとするならば、それは「控除費用」となり、仕入書価格から減額しなけれ
ばなりません。

○ 上記=今回の記述は”技術指導料”が、今回の(輸入取引)とは違う相手に輸入の後
  に支払いをするわけですから、「今回の輸入価格には算入されない費用」となり、記7
  の記載は(無視!)されなければなりません。

☆ (加算 + するか?)・(控除 - するか?)・(無視 するか?)

※ (関税定率法第4条第1項)
「輸入貨物の課税標準となる価格(課税価格)は、「特別な事情」がある場合を除き、その
輸入貨物に係る輸入取引がされたときに、買手により売手に対し、又は売手のために
その輸入貨物につき現実に支払われた又は支払われるべき価格=(現実支払価格)
その含まれていない限度において、運賃等の価格を加えた額(取引価格)とする。」

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_21333085.jpg

 
[PR]
by gewerbe | 2011-06-19 21:33 | Trackback | Comments(0)
『通関士試験・・・(EPA関税割当)』

 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?   (3078)

『経済連携協定における関税割当制度の枠の管理方式』

「特恵関税制度」「EPA税率」の双方の扱いは、何が、どう違うのか?

(決定的な違い)が存在します。

EPA(Economic Partnership Agewwment)=「経済連携協定」は、我国と相手国・
地域との”原則としての2国間協定”です。
従って、「特恵税率」のように、一定の条件の基に該当国に一律に適用される制度と違い、
発効されているEPA相手国の産業構造、我国との貿易内容によって、各EPAごとにその
内容は違います。

いずれにしても、「EPA」は、原則としての”相互間、関税撤廃”を目標とするものですから、
EPAを発効したことにより、EPA相手国から(無税)・(低税率)の輸入品の増大が、我国
同種産品にダメージを与える
場合もあり得ます。
その対処策が、表題の『経済連携協定における関税割当制度の枠の管理方式』ですが、
前述の理由により、(締約相手国)・(輸入品目)によって、その内容はばらばらです。

1) 【事前割当方式】・(関税暫定措置法第8条の6第1項)

    現行の(関税割当制度)と同様の仕組みで、(EPA税率割当証明書)の発給を事前
    に受けます。メキシコからの革靴や、フィリピンからの鶏肉などが該当します。

2) 【輸出国管理方式】・(関税暫定措置法第8条の6第2項)

    輸出国の発給する証明書により先着順に割当を行います。
    マレーシアからの生鮮バナナや、チリからの牛肉などが該当します。

3) 【シーリング方式】・(関税暫定措置法第8条の6第4項)

    各年度において、税関において対象品目の輸入額を集計し、輸入額が約束金額
    を超えた場合に、超えた月の翌々月の初日から当該年度の末日まで、枠内EPA
    税率の適用を停止する方式。

    メキシコからのバッグ類、時計バンド等が該当します。

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木

a0061688_13583656.jpg

[PR]
by gewerbe | 2011-06-18 13:58 | Trackback | Comments(0)
『通関士試験・・・(EPA税率②)』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?   (3077)

当初、日本として始めて、シンガポールとの間に2002年に「FTA=Free Trade
Agreement(自由貿易協定)として、我国として始めてスタートした”二国間貿易
協定)は、その後、貿易のみならず”経済全域での協力体制”へと内容を拡大した
『EPA(Economic Partonership Agreement)=経済連携協定』へと
なって、メキシコ、マレーシア、チリ、タイ、インドネシア、ブルネイ、ASEAN、フィリピン、
スイス、ベトナムとの間において発効され、インド(2月、署名)、GCO、韓国、ペルー、
オーストラリア、”日・中・韓”、モンゴル、EU、カナダにおいて締結に向けての交渉開始
がされています。

先進国との間での(スイス)間でEPAが発効されてから、2年ぶりの(インド)との署名に
はなりますが、”例外品目無き経済連携協定を原則とする:
TPP(Trans Pacific-Stragic Economics Partonership Agreement)
「環太平洋戦略的経済連携協定」
が、我国の食糧主要生産地
である東日本が大震災と福島原発事故による残留放射能の影響で、農産物の安定
確保が危ぶまれていることを起因として、TPPの早期加盟は宙に浮いた中、取り合えず
の二国・地域間の「EPA」締結は継続されると考えられます。

本年の「特恵関税の法改正」において、特別鉱工業製品への(特恵税率の供与方式)
である(シーリング方式)”削除”されました。
しかしながら、同じ(関税暫定措置法)の中に、この「EPA関税割当て」に関
して(シーリング方式)という言葉が生きています。

現状においては、「実効関税率表=タリフ」での(基本税率)・(協定税率)(特恵税率)・
(暫定税率)よりも、東アジア等の「EPA締結国」からの輸入品が大半を占め、
実務上は(EPA税率)の適用ウエイトが高いのです・・。

いずれにしても、”昨年度の内に作成された(各受験テキスト)に、
① ”平成22年度法改正”の内容がどれだけ盛り込まれているか?
② 本年度の本試験に(法改正部分)をどれだけ、どんな形で出題してくるか?
は、一つのポイントに成り得ると言えるでしょうね・・。

by Gewerbe  (貿易ともだち)   K・佐々木
a0061688_21143093.gif

[PR]
by gewerbe | 2011-06-17 21:14 | Trackback | Comments(0)
『通関士試験・・・(EPA税率)』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (3076)

平成23年度の法令改正の目玉として、「関税暫定措置法・特恵関税制度」に係る
大幅な法令改正があるが、本試験問題として注意しなくてはいけないのは、”裏”に
ある『EPA(経済連携協定)』ではないか?との内容をすでにアップ済みです。

僕としては、なぜか? 同じ関税暫定措置法の(特恵関税の裏にあるEPA)が気に
なります・・。

この『EPA(経済連携協定)』に関して、【MFN逆転現象】という意味がわかるでしょうか?

「EPA(経済連携協定)」とは? 経済全域に渡る関係強化を目標とし、(相互間での
関税撤廃)などを具体策とする2国。地域間の経済連携協定です。

相手国との協定によって、(即・関税撤廃)・(段階的関税率の削減)など、その運用
は様々ですが、締結国・地域からの輸入品に関し、締結前までの適用関税率より原
則として軽減されます。

「MFN逆転現象」とは? 特定品目においてMFN税率=最恵国税率(協定税率))よ
EPA税率が高くなることを言います。これでは(EPA(経済連携協定)を締結したメリッ
ト(便益)が生じない=意味がない。ことになります。

今年の2月16日に署名された「日・インドEPA」においては、この問題点の対策が
とられており、「MFN税率」が「EPA税率」より低い場合、「MFN税率」を「EPA税率」
として適用するという内容です。

この(インド)と同様な防止策を講じているEPAは、(ブルネイ)、(インドネシア)、(べ
トナム)、(スイス)とのEPA=経済連携協定です。

一方、それ以前に経済連携協定を締結した(シンガポール)、(メキシコ)、(マレー
シア)、(タイ)、(チリ)、(フィリピン)、及び、(AJCEP=日・アセアン包括経済連携
協定)においては、上記のような規定はなく、『MFN逆転現象』が生じる品目もあり
ます。



つまり、わざわざ「EPA原産地証明書」を取得して、「EPA税率」を適用して輸入納税
申告したほうが、反対に納付すべき”関税額が高くなる”ことになります。


by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木

a0061688_21271452.gif

[PR]
by gewerbe | 2011-06-16 21:27 | Trackback | Comments(0)
『通関士試験・・・(絵が描ける)』

 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (3075)

過去10年間の「通関士試験」に対する(受験産業界の功罪)は、あまりにも大きい。
と感じています。

「過去問のクリアー」としての”受験テクニック”に先走り :

① 「通関士」が、どういう職業なのか?

② 「通関士試験」は、受験生の何を判断しようとしているのか?

”招来の通関手続きを担って立つ人材を育てる”という(教育産業界の使命)を置き去
りにして、(集客)・(合格率確保)のみに明け暮れてきたという事実は誤魔化しようが
ない。と感じています。

前号で、『絵が描ける』と、アップしました。
そう言うと、「実務経験がないから、具体的な物流や取引契約内容はわからない。」
との返答が帰ってくると思います。

しかし、「通関士試験」は、決して、(知識力を問う試験)ではありません。

「貿易に関する法律と税金」を”法令に基づいて、適正に運用する専門家”としての
国が判断する『実務国家資格試験』です。

法令内容を”みごとに暗記”している受験者であっても、”実務で適正に運用する人”
で無い限り、「通関士」」としては、認めがたい人となります。

当然のことながら、(受験勉強段階)や(合格直後の時点)で、”完璧に絵が描ける”ことは不可能です。

が、(その人が、どういう心構えで受験勉強をしてきたか?)、(知識を適正・敏速に
実務に応用する基礎能力を持つか?)を判断するポイントを出題に組み込むことは
可能です。

「通関士試験」(貿易に係る「法令」と「税」の適正・敏速な運用処理能力」の判断            試験である。)

このポイントを見失っていると、”高得点獲得の不合格者”になる危険性が高いのです。

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木

a0061688_2182567.jpg

[PR]
by gewerbe | 2011-06-14 21:08 | Trackback | Comments(0)
『関税法基本通達法改正・(続き ③)』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (3074)

「輸入取引の意義及び取扱い」 
4-2(ロ)

【改正前】

外国から本邦又は第三国へ輸出することを目的として行われた売買に基づいて、
外国から輸出された貨物が、本邦又は当該第三国への運送途上において、当該
売買の買手と本邦の第三者との間で売買され、当該第三者により本邦に輸入され
る場合には、当該第三者を買手とする売買を輸入取引とする。


【改正後】

売買に基づいて外国から本邦又は第三国に向けて輸出された貨物が、本邦又は
当該第三国への運送途上において、当該売買の買手と本邦の第三者との間で、
本邦へ引取ることを目的として売買契約が締結され、当該第三者により本邦に輸入
された場合は、当該貨物は当該第三者を買手とする売買により現実に輸入される
こととなったもの
であるから、当該第三者を買手とする売買が輸入取引となる。

☆ (絵が書ける~・・・)

「海外生産」、「海外工場」、「海外逆委託生産加工貿易」、「仲介貿易」・・・
現状の貿易は、単純に(売手):(買手)という2元的な関係ではなく、(企業内貿易)
(グループ内貿易)と、その”契約内容”と”資材・製品の物流”は極めて複雑です。

通関士試験において、受験者に求められる能力は、条文の”暗記”ではなく、条文が
言おうとする”意味”の理解能力です。

実務国家資格試験」として、(条文を”絵”に描ける) :最重要ポイントです。

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木

a0061688_734066.jpg

[PR]
by gewerbe | 2011-06-11 07:34 | Trackback | Comments(0)