貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
sosoさんへ: コメ..
by Gewerbe at 10:08
"公表の「各6割以上(実..
by soso at 09:22
早速コメント返していただ..
by HS at 23:25
by(HS)さんへ: ..
by Gewerbe at 22:59
いつもとてもためになる記..
by HS at 21:01
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 10月 ( 44 )   > この月の画像一覧
『トピックス:(地方港)』
a0061688_19303680.jpg

 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (トピックス)

『地方港、高速道路開通に(便乗)、中・ロ向け利用訴え』

地方の貿易港が国内外の離れた地域の企業に港の利用を呼びかけるポートセールス
力を入れている。

経済成長するロシアや中国に近い日本海側の港の売り込みが目立つ。

鳩山政権が掲げる高速道路無料化が実現すると荷物を運ぶ費用が大幅に減ること
も追い風だ。

公共事業の抑制で港湾整備予算が絞り込まれる中、地方港の生き残りをかけた動き
と訴える。

鳥取、島根両県の企業などで作る協議会は10月中旬、境港(鳥取県)の利用を促す
セミナーを香川県(高松市)で開いた。 高松から米子自動車道などで境港に来れば、
韓国経由でロシア・ウラジオストックまで定期船で2日で運べる→シベリア鉄道→EU
神戸港の貨物船を使う場合より6日間短縮できる。

富山県などは愛知県と岐阜県の工業団地の企業などにウラジオストック航路がある
伏木富山港(富山県)の利用を促している。
昨夏に愛知県と富山県西部を結ぶ東海北陸自動車道が前線開通。
現状まで名古屋港を利用していた企業に選択肢を与える。

(ソース:NIKKEI 10/30)

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
[PR]
by Gewerbe | 2009-10-31 19:30 | Trackback | Comments(0)
『人民元・(通貨バスケット)』

 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (1247)

中国がそれまで(米ドル)との間で事実上固定していた「固定相場」=(ペッグ制)を、
2005年7月21日に代えた『通貨バスケット方式』とは?

中国の『通貨バスケット』による外国為替制度は=通貨バスケット制を参考にした
管理変動相場制と言われています。

つまり、以前のような(ペッグ制)=単一通貨の固定相場でもないが、海外主要通貨
との完全な金融市場変動制でもありません。 各国の通貨変動の動向を参考にしな
がら、各国の海外通貨交換レートを国家が一定の幅で管理するものです。

『通貨バスケット』とは? ある国が通貨の交換レートを決める時に、複数の
国の通貨を選んでまるでバスケット(かご)に入れた一つの通貨のようにみなして、一定
の基準で外貨交換比率を計算する方式のことです。

例えば、(米ドル)と(ユーロ)が50%づつのかご(バスケット)だとします。ドルがユーロ
に対して10%上昇しても、(人民元)はバスケットの中の通貨比率に連動するため、ドル
に対する下落の幅は半分の5%となります。
以前の(ペッグ制)=ドルと直接連動している場合は、10%の下落です。

実際にはもっと複雑な運用決定ですが、中国はバスケット(かご)の中に、どこの通貨
がどれほどの割合で入っているか、その明細と計算方式は発表していません。

『通貨バスケット方式』のメリットは? 為替レートでの急激な変動を抑えることにあり
ます。 これは貿易量に応じてバスケットの為替レートが変動するためで、ある国の
通貨との間で起きた変動幅がバスケット全体の中では緩和されるからです。

2005年7月まで『ペッグ制=米ドル固定相場』を採用してきた中国は、世界経済の
中での存在感が急激に高まったために”人民元の外国為替相場の見直し”を世界
から強く迫られました。 しかし、ここで一気に「変動相場制」にすると、人民元が急騰
してしまう恐れが明白で、沿岸都市部と内陸部では経済力に大きな較差のある中国
の国内経済が不安定になります。そのために”穏やかな変化”が期待できる通貨
バスケット制度を選択したと思われます。


by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_1633850.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2009-10-31 16:33 | Trackback | Comments(0)
『米ドルと連動・(人民元通貨パスケット)』

 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (1246)

『米ドルと連動し人民元安続く=アジア各国に悪影響ー韓国紙』

10月27日、韓国紙は”ドル安に伴い人民元も下落し、アジア各国に影響を与えている”との記事を掲載した。

中国は2005年7月に(固定相場制)から通貨バスケットを用いた(変動相場制)へと
移行した。 その後、3年間d3人民元レートは対ドルで16%上昇したが、昨年7月から
は1ドル=6.82元でほぼ固定している。

米ドルは今年3月をピークに下落傾向転じた。 対(韓国ウォン)では24.3%もの大幅
安となっている。

(人民元)も米ドルと歩調を合わせているため同様に下落した。
”ウォン高”に苦しむ韓国は為替介入を実施。9月だけで外貨準備は88億
ドル(約8040億円)も急増した。

(人民元の下落)は、中国への輸出国及び中国製品との競合国にとっては明らかな
マイナス。


米国連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長が
「世界貿易におけるアジアの立場を調整し、貿易不均衡の現状を是正すべき」
と発言するなど、人民元への風当たりは再び高まりを見せている。

中国は(人民元安)を維持するため、米ドルの買い入れを続けている・・・。

☆ (人民元安)ということは、海外は(中国製品を安く輸入できる)=中国は安い値段で
   海外に売り込める。という結果になります。輸出品目が競合する韓国はまったく反
   対のウォン高となっているため、価格的に輸出競争力は大きく中国に差が生じてい
   ます。

   中国・人民元を正当な評価価格に上げろ!と言っているのが、大幅な対中貿易赤字
   を抱える米国なのですが、中国は米ドルを買い支えることで米ドルの下落を防止し
   =自国人民元の高騰を防ぐことによって、(人民元安)=”輸出促進政策”を継続して
   います。

(参考:Record China)
a0061688_1330420.jpg

  
[PR]
by Gewerbe | 2009-10-31 13:30 | Trackback | Comments(0)
『英文迷惑メール・・・』

 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?   (1245)

(グローバル化)と言うことは、よい物だけが国境を越えて自由に飛び
込んでくるとは限りません・・・。

このブログ=「貿易友達」を更新してることで、多い日には100件以上の英文での
迷惑メールが、世界中から勝手に飛び込んできます。

最近は、なかなかに巧妙で、うっかりすると”ひっかかり”そうです~。
下記の『英文迷惑メール』、(貿易英語)の参考までに~・・・。

「DHL Customer Survices, You should get the parcel NR916・・・」

The carrier company was not able to deliver your parcel by your address.

You may pickup the parcel at our post office personaly!

Please attention!

The shipping label is attached to this e-mail, Print this label to get this

package at our post office.

Please do not reply to this e-mail. It is an unmonitored mailbox.

Thank you,
DHL Global Fowarding Services.


バカかァ~!
本当に、全く、もう~ (止めてくれェ~!)

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_2253587.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2009-10-30 22:05 | Trackback | Comments(0)
『トピックス:(Gianni Versace)』

 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (トピックス)

『高級ブランド ”さよなら日本” 相次ぐ撤退・縮小』

海外の高級ファッションブランドが相次いで日本からの撤退・縮小を決めている。
世界のブランドが日本を「プレミアム市場」と位置づけた時代は過ぎ去ったのか・・・。

【エコナビ2009】 出口見えぬ消費不況 構造変化、対応策無く

◇経済環境が変化

○ (英ファイナンシャル・タイムス)は今月7日、イタリアの高級ブランド「Gianni Versace=
ジャンニ・ベルサーチ)が日本の直営店を既に閉店し、日本法人の事務所も閉鎖すると
報じた。
派手な色合いのスーツやネクタイ、腕時計で、元プロ野球選手の新庄剛志さんなどの
有名人が愛用したことで知られるブランド。
東京のホテルニューオオタニにあった日本法人に電話すると、「番号は使われておりま
せん。」のメッセージが流れるだけ。

○ 三井物産などは5日、英「バーバリ」と結んでいるコートの生産販売に関する2020年
までの契約期間を5年間短縮した。

○ 東京、数寄屋橋の新築ビルには「ルイ・ヴィトン」ジャパンの顔になる大型旗艦店が
入居する計画であったが、昨年12月に白紙に戻った。

○ 高級皮革バッグなどで知られる米「コーチ」の2009年7月~9月の日本
での売上高は前年比3%減となる一方、中国では2ケタの成長を記録した。

☆ 世界的な景気低迷が続く中、欧米有名ブランドの関心は高度成長が続く中国など
   新興市場国に移り、日本のファッション業界には寂寥(せきりょう)感すら漂う~。

一方~、ユニクロが代表とはなっているが、”安くて良い物を”への(本物志向)に
   回帰している我国の若者の志向性に期待する・・・。

(記事:10月29日 毎日新聞)

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_22181058.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2009-10-29 22:06 | Trackback | Comments(0)
『鉄鋼 ”三国志”』

 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (1244)

『日・中・韓 (鉄鋼三国志)の予兆』

回復傾向が続いたアジアの鉄鋼市況に陰りが見え始めた。 震源地は中国。

市況回復を牽引してきた中国では鉄鋼の供給過剰を受け、韓国や東南アジアへ
への安値輸出(ダンピング)が目立ってきた。

中国の変調をみた韓国の需要家も様子見姿勢を強めており、日本の輸出にも影響
がひろがりそうな雲行きだ。

需要の回復力が弱い中で中韓の鉄鋼増産が進めば、日中間の取引関係は大きく変わる。

「昨日の客は明日の敵」。 アジア鉄鋼市況の変調は日中韓が鉄鋼産業の
生き残りを狙う『鉄鋼三国志』の予兆にも見える。


(記事:日経産業新聞)

『新日鉄、最終赤字718億円 4~9月』

新日本製鉄が29日発表した2009年4月~9月の連結決算は、最終損益が718億円
の赤字(前年同期は、1616億円の黒字)になった。

☆ 昨年(2008年)、中国の鉄鋼輸出が前年比200%の142万トンに達した。
   中国の粗鋼生産量は2億7000万トン(04年)と圧倒的な世界トップであり、
   数字だけをみれば、力をつけた中国の鉄鋼業がついに世界市場の攻略に
   乗り出したかのように映る。

   ”しかし・・・、中国の鋼材輸入量は3000万トン/年を超えており、輸出量の
    2倍以上もあるのです、、、。”


(NETアイ プロの視点)
    
    どんな鉄鋼が中国から日本に輸入され、また反対に、どんな鉄鋼が日本から中国に
    輸出されているのか?   
    鉄鋼の国際競争力とは何なのでしょうか~・・・?

(鉄鋼)から、発展して、アジアと日本の”住み分け”とは何なのでしょうか~?
    しんけんに考える時がスタートしています・・・。


by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_2041543.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2009-10-29 20:41 | Trackback | Comments(0)
『全日空(ANA)、沖縄・那覇空港、(貨物ハブ空港)始動』

 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (1243)

金融機関への(3000億円の債権放棄!)、(1900億円の”つなぎ融資”)を要求し、
大幅な人員整理に陥っている「JAL=日本航空」を尻目に~・・・

ANA(全日空)は、今週の月曜日(10月26日)より、アジア全域を睨むセンターとして
沖縄・(那覇空港)を「航空貨物ハブ空港」としてスタートさせました。

全日空(ANA)が那覇空港で開始した国際貨物基地(沖縄貨物ハブ)の最大の特徴
は、国内・アジアの主要拠点を4時間圏内で結ぶ沖縄の地理的優位性に、空港の
24時間運用を加えることで「最遅集荷」・「最速配達」が可能になることだ。

全日空(ANA)は、貨物事業を国内旅客、国際旅客に次ぐ「第三のコア(中核)」ビジ
ネスに成長させる意欲だ。


「沖縄貨物ハブ」でANAが構築したネットワークは、成田、羽田、関西の国内3空港と
ソウル(仁川)、上海(浦東)、香港、台北、バンコクのアジア5空港の計8都市を結ぶ。
8都市を飛び立った貨物専用機が深夜に那覇空港に着陸し、荷物を仕分け・積替えて
翌早朝に各都市に再び各都市に飛び立つ仕組みだ。

☆ 8都市からの路線が沖縄・那覇という拠点(ハブ)に集まり、再び戻る構図は、車輪
  の中心とタイヤを繋ぐスポークの関係になぞらい「ハブ&スポーク」と呼ばれ、ANA
  は”従来の貨物輸送サービスより半日~1日分、輸送時間が短縮される競争力の強
  いダイヤだと胸をはる。」

☆ ALS=(ANAロジスティクスサービス)は、「那覇ハブ空港計画」を効率的に実施す
  るため、今10月より那覇支店を開設した。

  「最遅集荷・最速配達」を掲げるANAにとって、敏速かつ正確な通関業務
求められるが、国際ルールにのっとった高い専門知識が求められるため、輸出入マネー
ジメント業務で実績のあるALSが通関業務を担うこととなった。

(ALS那覇支店)は当面10人規模で事業を開始。将来的にはソウル~台北間など、
アジアーアジア間の輸送ハブ構想も視野に入れている。

◎ ANAは、『沖縄・那覇貨物ハブ』を拠点に、線網と機動性を武器に、
  ”海外インテグレーター”=(国際物流事業者)として本格競争に乗り出した。

(参考:時事通信・沖縄タイムズ)

by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木
a0061688_1824876.jpg
a0061688_183495.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2009-10-28 18:03 | Trackback | Comments(2)
『メコン総合開発』

 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (1242)

カンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナムの五カ国と中国の雲南省を流れる全長
4,900Kmのメコン川は、流域面積が日本の2倍以上、流域人口:2億5千万人
にも及び、その流域は様々な資源に恵まれています。

『メコン総合開発』とは、メコン河流域のこれらの国・地域を国境をまたいで
広域的に開発しようとするプロジェクトです。 これを推進することで、流域諸国間の関
係が強化されるとともに、ASEANの新規加盟国の底上げを通じたASEANの内部格差
の是正、ひいてはASEANの統合強化が期待されます。


1990年代初めのインドシナ地域の情勢安定を受けて、同地域の開発に国際的な関心
が集まりました。97年の"アジア経済危機”により一時勢いを失いましたが、アジア諸国
が経済危機から回復するのに伴い、国際的な関心が再び高まっています。特に99年
「ASEAN10」:10カ国が加盟したASEAN=東南アジア諸国連合)を実現したASEANは、
内部格差の是正の観点から当開発を重視し、また、国連アジア・太平洋経済社会委員会
ESCAP=United Nations Economic and Social Commision for Asia and
the Pacific)
も、2006年6月に2000~2009年を「メコン地域開発協力の10年」とすることを決議
しています。

我国は、従来からこの地域の開発を重視してきました。具体的支援としては、タイ、ラオス
の両国を結ぶ「第2メコン国際橋」のために両国に円借款を供与したのを始め、インドシナ
地域を横断する運輸インフラ(道路、橋梁、港湾など)を整備する「東西回廊」関連などの
支援に積極的に協力しています。

我国はメコン流域開発に対するトップドナーであり、流域諸国やアジア開発銀行(ADB)を
初めとする主要ドナーと協力して開発を推進していく考えです。

☆ 「日・ASEAN経済連携協定(EPA)」促進のため総額5200万ドルの新規拠出を活用
   して、CLMVに対して約4000万ドルの支援を行うこととし、このうち、約2000万ドル
   はCLVの国境貧困地帯である「開発の三角地帯」支援のために新たに供与する。
   
(ソース:MOFA=外務省HPより)
CLMV】=(Cambodia)・(Laos)・(Myammar)・(Viet nam)

◎ それにしても・・・(アジアの構成国)である我国ながら、現状まで欧米ばかりに目を
   向けて、”あまりにも、アジアを知らない私たち・・・”
   例えば、(ブルネイ)?どこにある?どんな国なのだろう~? これが実態ではない
   かと想うのです・・・。
   ”アジアの中の欧米国=日本”⇒【東アジア経済圏構想】という変わらざるをえない
   あるいは、”変わるべき時点”に差し掛かっています。
   しばらく、ASEAN(東南アジア諸国連合)を話題にアップしていくつもりです・・・。

by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木

a0061688_93292.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2009-10-27 09:01 | Trackback | Comments(0)
『BIMP広域開発』

 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (1241)

『ASEAN南東部四カ国、「海の経済圏」作り始動』

東南アジア諸国連合(ASEAN)に加盟するインドネシア、フィリピン、マレーシア、
ブルネイの四カ国は来年から、島諸部を中心とした広域開発を本格化する。

アジア開発銀行(ADP)や日中などの資金協力を得て、3年で10億ドル(約920億円)を
投資、各国が連携してインフラ整備や電力融通、資源開発などに取組む。

インドシナ半島で「メコン総合開発」が先行する中、ASEAN南東部の
「海の経済圏」づくりも動き出す。

広域開発するのはインドネシアとマレーシア、ブルネイが領土を分け合うカリマンタン
(ボルネオ島)やフィリピン南部のミンダナオ島などセレベス海周辺。

各国の英語の頭文字から『BIMP広域開発』と呼ばれ、域内人口=5500
万人、4カ国で人口=約3億5000万人を抱える。

『BIMP』=(Burnei) (Indnesia) (Malaysia) (philippines)

(ソース:NIKKEI 10/23日)

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_23114965.gif

[PR]
by Gewerbe | 2009-10-26 23:11 | Trackback | Comments(0)
『VISTA (ビスタ) 』

 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (1240)

(第43回・通関士試験)も終えて、すでに3週間。 そろそろ~、12月の「貿易実務検定
試験」を目指す受験生への関係するタイトルへのアップに切り替えていきます・・・。

『中堅五カ国=(VISTA)、BRIC'sに迫る成長力』

国際通貨基金(IMF=international Monetary Fund)の最新
経済予測に基づくとベトナムなど『VISTA』と呼ばれる中堅五カ国の
2010年の国内総生産(GDP=Gross Domestic Products)成長率が平均
で3%を超える見通しとなった。 

金融危機の影響が相対的に小さいうえ、個人消費をけん引する若年層の人口比率が
高いため。


BRIC's(ブラジル、ロシア、インド、中国)に続く成長地域として国際企業による市場
開拓が一段と進みそうだ。

『VISTA』はベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチンの五カ国の
頭文字を並べた造語。


BRIC's経済研究所が将来的に経済厚生長が見込める地域として提唱した。
IMFの最新の「世界経済見通し」によると、VISTA五カ国の2010年の経済成長率は
単純平均で3.4%。
BRIC's4カ国の平均5.1%には及ばないが、いち早く成長軌道に戻る姿が鮮明になった。

BRIC's経済研究所の代表者は、

「VISTA五カ国はいずれも資源が豊富で外資の導入にも積極的。労働人口が多く、
中産階級が台頭しているという共通点がある。」


と分析する。

(ソース:日経 10月24日)

☆ (参考) IMF 2009年 IMF予測 実質経済成長率

○ 世界全体  : マイナス1.3% (2010年度予測 : プラス 1.9%)
○ 日 本    : マイナス6.2% (先進国中、最悪)

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_1816191.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2009-10-25 18:16 | Trackback | Comments(0)