貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
sosoさんへ: コメ..
by Gewerbe at 10:08
"公表の「各6割以上(実..
by soso at 09:22
早速コメント返していただ..
by HS at 23:25
by(HS)さんへ: ..
by Gewerbe at 22:59
いつもとてもためになる記..
by HS at 21:01
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 09月 ( 41 )   > この月の画像一覧
『輸入貨物の(修繕)←:→(整備)』

 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2306)

前号において、「輸入貨物に係る瑕疵の是正(かしのぜせい)=

”輸入貨物の輸入取引の条件として、買手が負担する(修繕・取替え)の費用”

は、(保証)として、原則、「現実支払価格」に含まれる費用である。」ことを書きました。

ここで、関税定率法第4条:(課税価格の決定)においての(修繕)と(整備)の違いに
留意しておく必要があります、、。

『控除費用』 : 次の費用は、その額を明らかにすることができる場合には、現実支払
          価格に算入しない。

☆ 輸入申告の日(課税物件確定の時の属する日)以後に行われる当該輸入貨物の
  ”据付け”、”組み立て”、”整備”、または”技術指導”に要する費用。

(注) ”整備”は、
    当該輸入貨物の(機能を維持するために通常的に行なわれる予防処置)をいい、
    当該輸入貨物の(瑕疵を是正するため)に行われる保証の履行(修繕、取替え)
    を含まない。


つまり、海外から到着した貨物を、、輸送中に錆びた機械の”サビ落し”をしたり、”油さし”
などをすることを実施したする場合、これに要する費用は、(整備費)として現実支払い価格に
加算すべき費用とはなりません。

反対に、輸送中に破損した部品を取替え”たり、”修繕”する場合は「輸入貨物の瑕疵の是正
のために行われる(保証)の履行」とみなされ、現実支払価格に加算すべき費用となります。

(注)なお、輸入申告の後においての”据付け”を容易にするためなどの理由により、
  事前に=輸入申告の前に、これらの「据付けのための土台等を取り付ける費用」は、
  ”輸入申告の後に行われる”据付けに係る費用”とみなされ、現実支払価格に加算
  すべき費用とはされません。

☆ ポイントは、輸入貨物の輸入取引の条件として
  (仕入書価格)にこれらの費用を買手が負担することとして含まれているか、
  (仕入書価格)とは、別に支払うことが締結されているか、
  ということですよね。

  当該輸入貨物の輸入取引の条件となっていなければ、これらの費用は、
  当該輸入貨物の課税価格の計算に際しての考慮すべき費用とは無関係となります。

                              (関税定率法施行令第1条の4第1号)

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_13373553.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2009-09-30 13:37 | Trackback | Comments(0)
『輸入貨物に係る(保証費用)の取扱い』

 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?   (2305)

「課税価格の算出」においての『保証』とは?

”当事者間で合意された所定の条件を満たす場合に行われる対象貨物に係る
 瑕疵の是正(かしのぜせい)=「修繕、取替え又はそれらに要した費用の補てん)
 をいい、いわゆるワランティ(Warranty) 又はギャランティ(Guarantee)
称されるものがこれに該当する。

【無償提供の交換・修繕部品】

なお、輸入貨物が輸入された後、当該輸入貨物にかかわる保証の履行として
買手に対して交換部品等が外国から無償で提供される場合、当該部品等は
輸入取引により輸入される貨物には該当せず、
→法第4条の2以下(課税価格の決定方法の例外)により計算する。

【(保証費用)込み仕入書価格】

(1) 輸入貨物の輸入取引に係る契約において売手が買手に対して当該輸入
   貨物に係る保証を履行することになっている場合で、売手が負担する当該
   費用は現実支払価格に含まれ、その額を明らかにすることができる場合で
   あっても、現実支払価格から控除しない。

【(保証費用の別支払い】   
   
   また、売手が当該費用を買手に対して仕入書価格と別に請求し、買手が
   当該費用を支払う場合は、当該費用の額は仕入書価格に加算され、現実
   支払価格に含まれる。

【第三者への保証義務の移転】

(2) 同様の取引条件下において、売手が第三者との間で締結した保証契約に
   より当該保証履行義務を第三者に移転し、買手が売手からの指示により、
   当該保証の費用を第三者に支払うときは、当該費用は売手に対する間接
   支払いに該当し、現実支払価格に含まれる。


【(輸入貨物)・(保証費用)の別契約】

(3) 売手と買手との間で輸入貨物の輸入取引に係る契約とは別に、売手が買手
    に対して当該輸入貨物に係る保証契約を締結し、買手が売手に対して当該
    (輸入貨物の代金)と(保証費用)を各々別に支払うときは、売手が
    買手に対して当該輸入取引の条件として当該保証契約の締結を義務付け
    いるときは、当該費用は現実支払い価格に含まれる。

【買手の自己のための(保証契約)】

(4) 輸入貨物の買手が自己のために当該輸入貨物に係る保証の取決めを行い、
   当該保証の費用を負担するときは、当該費用は現実支払価格に含まれず、
   また、法第4条第1項(加算要素)に掲げる費用等にも該当しない。

(関税定率法基本通達 4-2の4の(1)~(4)) 「保証費用の取扱い」 ) 

by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木
a0061688_830488.jpg
  
[PR]
by Gewerbe | 2009-09-30 08:30 | Trackback | Comments(0)
『輸入申告、納税後の別払い金』

 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?   (2304)

『(別払い金)等がある場合の現実支払価格の算出』
=輸入貨物の輸入取引に係る(仕入書価格)と(現実支払価格)が一致しない
 場合。

○ 買手による輸入貨物に係る仕入書価格の支払い後に、当該輸入
  貨物の輸入取引に付されている価格調整条項の適用等により、
  当該輸入貨物について調整が行われ、(別払金)の支払が行われる場合の
  現実支払価格は、当該(仕入書価格)に当該(別払金)を加えた額である。

☆ 当該「輸入(納税)申告」が行われた後に、当該調整が行われ、別払金が支払い
   が行われたときも同様である。


 (※) この場合は、【修正申告】の規定により当該納税申告に係る課税標準及び
     関税額等を修正する申告がなされなけねば、(更正及び決定)の規定により
     税関長による【更正】することとなることに注意する。


     当然に、反対=(返金)がある場合は、【更正の請求】をすることによって、
     「輸入(納税)申告」後に(現実支払価格)を正すことになります。

(売手)が本邦における「販売代理店」である(買手)に対して行う”リターン・コミッション”
の取扱いは、契約内容及び販売代理店としての活動実態等を勘案して個別に判断
するものであるが、当該”リターン・コミッション”は、一般的には国内販売等の費用の
補てん費用として支払われるものであり、その場合には輸入貨物に係る価格の調整
として支払われる(返戻金とは認められない) ので、現実支払価格の算出
に際して、仕入書価格から控除しない。


                           (関税定率法基本通達4-2の2~3(注))

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木

a0061688_2243518.gif

[PR]
by Gewerbe | 2009-09-29 22:04 | Trackback | Comments(0)
『(通関士試験)とは~?』

 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2303)

このブログを読んでいただいてる皆さんの何人かは、6日後!に「第43回・通関士試験」
を受験するのですよね、、。

6日前となった今日現在において、『(通関士試験)とは~?』のタイトルでもないと思いま
すが、いったい~?受験生のみなさんは、(何のための?)、(何を主題とした?)試験を
受験しようとしているのですか~・・・?

その(答え)は、

関税法 (趣旨) 第1条:「この法律は、
○ 関税の確定、納付、徴収及び還付 並びに、
○ 貨物の輸出及び輸入についての税関手続き
適正な処理を図るため必要な事項を定めるものとする。」

です。

「通関士試験」において、この(主題)が”ぶれる”事は絶対にありません!

前号にて、 「輸入取引とは?」、「課税価格とは?」が、”2008年度法令改正”で、

その(意義・取扱い)が、具体化、明確化されたと書きました。

通関業法)や(関税法)の基礎的な法令規定の出題部分で、合格ラインに到達しない
のは問題外です・・。


(※) ここ数年の通関士試験において、

(通関業法)と(通関実務)はできたけど、(関税法等)で”合格を逃した~、、。)とか、
(関税法等)と(通関実務)はできたけど、(通関業法)で、”合格を逃した~、、。)

という(受験生)の反省の弁を聞いたことがありません!
一定以上の受験対策を済ませた受験者が(合格)を逃すのは、上記の2点以外に有り得ない
と僕は、この時点で言い切ります・・・。

恐らく~、このブログを日々訪問していただいている受験生の皆さんは、6日後の本試験
において、「通関業法」=9割り以上、「関税法等」=8割り以上は、楽々と得点するのでは
ないかと、、確信しています!

あくまでも、今回の本試験での(合・否を分ける)のは、上記のポイントなのです、、、。

『当該輸入貨物に係る輸入取引がされた時に、買手により売手に対し、又は売手のために
 当該輸入貨物につき現実に支払われた又は支払われるべき価格=(現実支払価格)』
 
                                      (関税定率法第4条第1項)

この「輸入取引」とは? 具体例を掲げて明確化されたのが(2008年度法令改正)です。

「輸入取引」とは?

(従来規定):「原則として、貨物を海外から本邦に向けて輸出することを目的としたとき
↓         の売買」と規定されていました。

(追加明確化):「外国から、本邦への当該貨物の輸出を現実にもたらした売買である
           ことを意味する。」


(もっと、具体的に出題内容の予想を書け!)と怒られるかもわかりません、、、。

従来の(単純な輸入)と違って、現状の輸入は(非常に複雑な取引関係)のもとに、
関税を課すべきとする「課税価格の構成要素」も極めて”不透明”です。

☆ 「逆委託加工貿易」、「海外工場生産」、「輸出国集荷・仕出代理人」等~、

このあたりの具体的な理解での「輸入取引」、「課税価格」げ導き出すことができないと、
まず、、「第43回 通関士試験」での(合格!)は無理です・・・。

受験生のみなさんは、6日後に(本試験)を控えての今日のこのブログを読めば、、、
相当の(苛立ち、、と、腹立ち!)を感じていると思います・・・。

◎ 10月4日の本試験での午後の(通関実務)の出題問題を見ていただければ、必然的
   に解ることです、、。

   (自分がどこを押さえていたから、「合格できた!」)
   (自分は、どこの正解を出せなかったら「合格できなかった・・・」かが、、)

☆ 「気になるポイント~、、、」は、特に7月以降~、このブログで日々、アップしてきま
   した・・・。左の(以前の記事)をリピートしてもらうことによって、何等かの受験生の
   助力にはなると信じています・・・。


by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_1983390.jpg


  




         
[PR]
by Gewerbe | 2009-09-28 19:08 | Trackback | Comments(0)
『法令改正~・・・』

 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?   (2302)

残る、一週間~、、いよいよ、来週の今日は、「第43回 通関士試験日」ですね。

明日からの6日間~、このブログ・「貿易ともだち」は、(何をアップしていくか?)

日々、訪問してくれている受験生の皆さんには非常に興味があると思います、、。

できれば、本試験で(1点でも!2点でも、 得点につながる内容)をアップできれば、
とは思っています。

多くの受験生が、(法令改正部分)を非常に気にしているようですが、、、

”前年度、前々年度の(法令改正)の出題に注意!”という通関士試験の鉄則があり
ます。

昨年=2008年度は、呆れる位の沢山の法令改正が実施された年です。

その中で、最も(留意すべきポイント)は、関税定率法において、

○ 「輸入取引とは~?」

○ 「課税価格とは~?」


2点が、その(意義・取扱い)において、、具体化、明確化されたことです。

僕が今年、例年以上に「課税価格」にこだわった理由です、、、、。

☆ ここ数年の通関士試験の試験問題が、より”実務的出題”に変化してきて
   いるのを傾向としています。

  「輸入申告書」も含め、『法令改正』が、具体的に(どのような実務的な内容)に
  表現されて出題されてくる可能性があるのか~・・・?

  4月~から、継続して「貿易ともだち」に日々、アップしてきたのですが、残る6日、
  これらの点を書いていってみたいと思っています、、、。


by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木





a0061688_281755.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2009-09-27 02:05 | Trackback | Comments(0)
『輸入貨物の所属区分ー⑩』

 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2301)

実行関税率表の第71類に所属する物品の一つとして、『貴金属及びその製品』
があります。

第71類 (注) 4(a) 『貴金属』とは、(銀)、(金)及び(白金)をいう。

第71類 (注) 5 この類において貴金属を含有する合金のうち、貴金属のいずれか
            の割合が2%以上であるものは、貴金属の合金として取り扱う。

        (a) 「白金」の含有量が全体の2%以上のものは、「白金の合金」とする。
        (b) 「金」 の含有量が全体の2%以上のものは、「金」の合金とする。
        (c) (その他の合金)で、「銀」の含有量が全体の2%以上のものは、
            「銀の合金」として取り扱う。

第71類 (注) 6 この表において(貴金属)には、文脈により別に解釈される場合を除く
            他、(注ー5の規定)により、合金として取り扱われる合金を含むもの
            とし、
            「貴金属を張った金属、貴金属をメッキ(鍍金)した金属を含まない。」

第71類 (注) 7 この表において「貴金属を張った金属」とは、金属の一つ以上
            の面にはんだ付け、ろう付け、溶接、熱間圧延その他これらに類する
            機械的方法により(貴金属を張った金属)をいう。
            ただし、文脈により別に解釈される場合を除くほか、
            (卑金属)に貴金属を象嵌=ぞうがん(埋め込み)したものを含む。

面白い~!と言うか、(貴金属=金、銀、白金)において、非常に複雑な規定は~・・・

(特定の貴金属が2%以上含まれる合金)は、その特定貴金属の合金と見なすけれど、

たとえ、2%以上~、例えば、銅にその5%以上の重量の金を(張り)、(メッキ)、(象嵌)
したものは、「貴金属を張った金属」及び「貴金属をメッキした金属」として分類され、決して
「貴金属」には区分されないことです・・・。

① 「貴金属」
② 「貴金属を張った金属」   (埋め込み=象嵌(ぞうがん)を含む)
③ 「貴金属をメッキした金属」


by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木

a0061688_18175642.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2009-09-26 18:17 | Trackback | Comments(0)
『輸入貨物の所属区分ー⑨』

 
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?   (2300)

【第71類 (注) 9-(a)

第71.13項において、『身辺用細貨類』とは、次の物品をいう。

a) 【小型の身辺用装飾品】 :

    「たとえば、指輪、腕輪、首飾り、ブローチ、イヤリング、時計用鎖、ペンダント、
     ネクタイピン、カフスボタン、衣装用飾りボタン、メダル及び記章」

b) 【通常、ポケット若しくはハンドバックに入れて携帯し又は身辺に付けて使用する
   身辺用品】 :

    「たとえば、シガーケース、シガレットケース、嗅ぎタバコ入れ、口中香剤入れ
     錠剤入れ、おしろい入れ、鎖入れ及び数珠(じゅず)」

☆ これらの物品は、組合わせてあるセットであるかを問わない(例えば、天然又は
  養殖の真珠、貴石、半貴石、合成若しくは再生した貴石、半貴石、べっ甲、真珠層
  象牙、天然又は再生させたコハク、黒玉及びサンゴ)

第71.17項において、『身辺用模造細貨類』とは、次の物品をいう。

前期 (注) 9-(a)の『身辺用細貨類』で、

① 天然若しくは養殖の真珠、天然、合成を使用していないもの。
② 天然、合成、再生の貴石若しくは半貴石を使用していないもの。
③ 貴金属 又は 貴金属を張った金属を使用していないもの。

をいう。

(※) ただし、96.06項の(ボタン、その他の物品)        
         96.15項の(くし、ヘアスライド、ヘアピン)その他これらに類する物品
    を除く。
    
   ☆ 面白い~ですね! (本物)ならば、第71類に所属し、ガラスやプラスチック製
      の(模造品)を飾りに使ってる物となると、この二つの物品は、
      (身辺模造装飾品)とは考えない! ということになるのですね・・・。

(※) これらの物品で、○貴金属をメッキしたもの、貴金属又は貴金属を張った金属を
    (さ細な部分に使用)したものは、身辺用模造細貨類に含まれる。 


by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_17303338.jpg
        
[PR]
by Gewerbe | 2009-09-25 17:30 | Trackback | Comments(0)
『輸入貨物の所属区分ー⑧』

 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2299)

「実行関税率表 第71類」は、その内容をみればみるほど~複雑・怪奇でなかなかに、
おもしろいですよ!

第71類 ① 「天然又は養殖の真珠(パール)」
      ② 「貴石、半貴石」
      ③ 「貴金属及び貴金属を張った金属」
      ④ 「並びに、これらの製品」
      ⑤ 「身辺用模造細貨類」
      ⑥ 「貨幣」

と、具体的には(六つの商品)が所属することになるのですよね。

その中でも別格扱いが、(真珠:パール)です! 堂々と、ダイヤモンドやルビー
などの(宝石)と同格で扱われているが不思議です、、、。

第71類 (注)4(c)の規定には:

「貴石又は半貴石には、第96類の(注)2(b)の物品を含まない。」との規定があります。

第96類:(注)2(b)の物品は具体的には、「琥珀(コハク)」、「黒玉(ジェド)」、「海泡石」
などです。

同様に、「さんご」、「象牙(アイボリー)」、「鼈甲(ベッコウ)」、などは、『動物生産物』として
第71類には属しません。

☆ 『真珠』は、(あこや貝)等の貝類(軟体動物)の生成物ですから~、本来は
   「さんご」と同じく、(動物生産物)であり、第71類に所属するのは変ですよね・・・。

このポイントが、(実行関税率表)は、”動物・植物図鑑では無い!” あくまでも、貿易貨物
経済商品の分類表という重要課題なのです。


◎ さらに(面白い~!)のは、「サンゴ」、「琥珀(こはく)」や「象牙」、「べっ甲」そのものは、
   第71類に所属区分されませんけど~、これらを(組み込んだ製品は、第71.13項の
   『身辺用細貨類』物品として、第71類に区分されることになるのですよねェ~。


by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木
a0061688_22311082.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2009-09-24 22:31 | Trackback | Comments(0)
『輸入貨物の所属区分ー⑦』

 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?    (2298)

いよいよ~10日後が、「第43回 通関士試験日」ですよね~・・。
受験生の皆さんは、昨年から(1問のみの一発勝負!)となった「輸入申告書」の
実務問題は、”どんな商品が?” ”どんな内容で?”出題されてくるのか・・・?
非常に気になるポイントだと思います。

僕なりに、、(フルーツ) ※ 「原産地証明書」の有無による”同一税番ー2欄分割”、
(第71類の貴金属、身辺装飾品)、(第96類の雑品)をマークしていますが、

この(第71類・貴金属)に関係して、携帯電話やパソコン、ハイブリッド自動車などの
先端産業に欠かすことのできない資源として、『レア・メタル(希少金属)やレア・アース
(希土類金属)』も含めて注目しています・・・。

今日は、スクールの第2回目の(模擬試験)に立ち会ったのですが、その実務の
「輸入申告書」の対象貨物は、

『第6部(化学工業生産品)、第28類(無機化学品及び貴金属、希土類金属、放射性
                       元素又は、同位元素の無機又は有機の化合物)


という、どちらかというと(女性の受験者がもっとも嫌がる輸入貨物)でした。

Molybdenum oxides (モリブデン酸化物)
Antimony oxides    (アンチモン酸化物)
Lithium hydroxide   (水酸化リチウム)

などという~、あまり馴染みのない(レア・メタル化合物)である輸入貨物に、

① 仕入書はFOB価格条件 (運賃・保険料は価格按分)
② 仲介手数料:3%の別途支払い
③ 少額貨物が(有税)・(無税)の分割2欄
※ (有税品):最高税率品を代表貨物、 (無税品):最高価格品を代表貨物とする
④ 税番が、重量当たりの輸入価格により異なる
  
となかなかに(複雑な解答処理)を要求される内容でしたが、模擬試験受験者は、臆する
ことなく、、淡々と原則に従って解答処理を進め、正解を出していました。

☆ 今日は、わずか半年間での受験者の並々ならぬ努力と、驚くほどの進歩に我ながら
   に驚くと同時に大変嬉しく感じた日でした・・・。

   後は、残る10日=本試験日までの健康管理を最重要課題として、リラックスした上
   で、(本試験)に臨んで欲しいと願っています。

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_1913862.gif

[PR]
by Gewerbe | 2009-09-23 19:12 | Trackback | Comments(0)
『輸入商品の所属区分ー(トピックス)』

 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?   (トピックス)

「第71類の所属区区分」の(注)の規定に関することですから(追番)でもよくて、
(トピックス)にする必要もなかったのですが、、さすがに!呆れて~まともに取
上げる気にもなれません・・・。

『宝飾腕時計』 (時計=第91類)か? (宝飾品=第71類)か?

添付の画像は、高級腕時計で有名な”ピアジェ”の女性用宝飾腕時計です。

腕時計の全面を大粒の高品位ダイヤモンドで埋め尽くし、その量は78カラットを
超えるそうで、問題はその価格 : ”4億635万円”だそうです~・・・。

☆ して~、、この「女性用宝飾腕時計」の所属区分は、誰が思っても(常識的)
には、「第71類=宝石の製品」に区分されるべき!と考えますが、、、、

「第91類 時計及びその部分品」

(注) 
 2、第91.01項には。ケース全体に貴金属又は貴金属を張った金属を使用した
   時計
  及び、
   貴金属又は金属に第71.01~71.04項までの真珠、貴石、半貴石を取付
   けた時計のみを含むものとする。

と記載され、反対に「第71類」の(注)3-(n)には、第91類の注2の物品は、含ま
ない。と記載されています。

つまり~、1個=千円の腕時計も、、この1個で4億635万円の”ダイヤまみれ”の
宝飾腕時計も、、実行関税率表では、同じ(第91類)に所属します、、、。

by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木
a0061688_1931962.jpg
[PR]
by Gewerbe | 2009-09-22 19:31 | Trackback | Comments(0)