貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
sosoさんへ: コメ..
by Gewerbe at 10:08
"公表の「各6割以上(実..
by soso at 09:22
早速コメント返していただ..
by HS at 23:25
by(HS)さんへ: ..
by Gewerbe at 22:59
いつもとてもためになる記..
by HS at 21:01
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(1)
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧
『国際郵便物の通関手続き・見直し』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?   (949)

【現在の国際郵便物の通関手続き】

現在は、一般の貨物と異なり、郵便物を外国に送る・外国から受け取る際、
税関への輸出入申告を行う必要がないことになっています。
                            (関税法:第76~78条の2)

また、関税等の税金がかかる郵便物を外国から受け取る際には、税関が税金の額を決定
して、その郵便物の配達の際に、税金を配達職員等に支払うことになっています。

【見直しの経緯】

近年、国際郵便物の種類は多様化し、現在では(商業目的)の郵便物も多く取扱うように
なってきました。 このような国際郵便物を取巻く環境の変化に対応するために、
国際郵便物の通関手続きが見直されることとなりました。

【見直しの内容】

平成21年2月16日(月)から、価格が20万円を超える郵便物を外国に送る、または
外国から受け取る際には、原則として『税関へ輸出入申告を行い、その許可を受ける』
ことが必要になります。


○ その輸出入通関手続きは、通関手続きを代行する「通関業者」に依頼することもでき
   ます。
○ 郵便事業株式会社も、「通関業者」としての準備中です。
○ これらの輸出入申告は、差出人、受取人が本人自身ですることもできます。

(※)20万円:外国から受け取る郵便物の「課税価格」は、(郵便料金)、(保険料)が加算
        された額となります。

(※)20万円以下の郵便物については、しばらくの間、従来通り (税関への通関手続き)
   は不要です。

☆ 我々の世代は~、、
   現状の(郵便事業株式会社)でも、(郵政公社)でもない=【郵政省=郵便局】で
   育った年代です・・・。
   
 その(郵便)が「通関業者」の許可を必要とし、「通関士」の設置が義務付けられる・・
  
(記事:税関のホームページより抜粋)


by Gewerbe 「貿易ともだち」  K・佐々木

a0061688_1573623.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2008-10-31 15:05 | Trackback | Comments(0)
『海上運賃は~・・・!?』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?   (948)

『好転一転、凍りつく荷動き 海運2社、通期業績を下方修正』

(日本遊船=NYK)など、日本の海運企業の大手3社の業績が下期に入って急速に悪化し

ている。

世界的な(金融危機の影響が実態経済に及び、海運の貨物輸送量が大きく減少している

ためで、海運大手3社のうち(商船三井)と(川崎汽船)は2009年3月期連

業績予想を7月見通しから下方修正した。

9月中間連結決済は、3社(日本遊船・商船三井・川崎汽船)そろって増収増益!

しかも、売上高、利益ともに(史上最高!)を記録したものの、海運市況の急落もあって

一気に経営環境が厳しくなる格好だ、、、、。

9月中間連結業績をみると、

(日本郵船)は売上高が前年同期比12.9%増の1兆4198億円、経常利益が50.0%増

の1398億円。

(商船三井)は売上高が16.4%増の1兆947億円、経常利益が29.4%増の

1859億円。

海運大手3社とも、(ばら積み船)の運賃が高騰したことで、〔不定期船〕部門の増収増益

につながった。

☆ 「ばら積み船」=(鉄鉱石)などの資源を運搬する(在来船)と呼ばれるタイプの船です。

ただ、ばら積み船の市況の目安となる【バルチック海運指数】は、今年の5月に

は、(最高の=1万1793ポイント)をつけてから急落~!

現在はピークの10分の1程度まで落ち込んでいる。

この結果、今年下期の海運大手3社の不定期専用船部門の利益は大幅に圧縮される。

【コンテナ船】事業も、燃料油の下落で収益性は改善するものの、世界的な景気後退で

荷動きは鈍化しており、下期の業績を下押しする見通し。

日本の海運3社にとって、「今年の上期の”貯金”を同年下期で一気に”吐き出す”形になる。

「今のような海上運賃市況ではコスト割れ。このような市況がいつまでも続くとは思えない」

との楽観的な見方もあるが、はっきりとした市況回復のメドは立っていないのが実情だ。

(記事:Fuji-Sankei Business i (Global Fianace))


☆ わずか1年の間に、、株価も、外国為替相場も、海上運賃も、、(史上最高値!)から

急落~、、、今や、(国際経済)・(貿易)を語るに、、現状までの(原則)は通用しません、、。


by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木
a0061688_21151472.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2008-10-30 21:15 | Trackback | Comments(0)
『通貨圏無き、「円」の限界』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?   (947)

(記事: iza news  国際政治学入門・『通貨圏なき「円」の限界』

(通貨)とは、単なるモノ・サービスの交換手段ではない。 

他国に比べた(その国の豊かさ)を左右する。

(富の格差)は、その通貨の適用度から生じる。

世界を(貿易の決済通貨)別に色分けると、「ドル圏」と「ユーロ圏」に大別される。

(円)はときおり、ドル、ユーロに並ぶ国際通貨だと言われるが、周辺国・地域に(円)の貿易

決済圏は無い。

日本はむしろ中国など他のアジア諸国と同じく「ドル決済圏」に所属する。

中南米、さらにアラブ諸国など産油国の大半も「ドル圏」である。

「ユーロ圏」は独仏などユーロ加盟国と周辺のEU(欧州連合)加盟国及びEU加盟を目指

す国を含む。

(ロシア)は、米ドル、ユーロの混合型で、ロシア通貨=(ルーブル)の決済圏は存在しない。


世界の金融市場は「US$=米ドル」が支配している。

(ユーロ建て債権)の発行は盛んだが、

証券、商品、さらに先物などの金融派生商品(デリバティブ)などドル建ての市場は多様で

層も厚い。

「サブ・プライムローン」=(米国の低所得者向け住宅ローン)危機が昨年の8月に勃発した

とき、欧州の金融市場では(ドル資金が不足)し、米連邦準備理事会(FRB)は

緊急融通した。

欧州の金融機関が(米ドル建て)の金融商品を主に取引しているからだ・・・。

☆ (自国通貨による決済圏を持たざる日本)と、持てる国であるアメリカ、ドイツの差は歴然

としている、、、、。

米国は、ドル高・ドル安とは無関係に一貫して(賃金)を上げている、、、。

ドイツはユーロ高で産業の国際競争力が不利になっているにもかかわらず、賃上げを続け

ている、、。

(日本だけ)が、賃金を据え置いている。自国の通貨でビジネス(貿易)ができれば、

企業の製品価格は(圏内)では同価格で良い。海外進出先の賃金の安い国で製造すれば

利益は膨らみ、母国で賃上げをするゆとりが生まれる、、、。


by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木
a0061688_19241810.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2008-10-29 19:36 | Trackback | Comments(0)
『米ドルの値上がり~・・・』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?   (946)

米国発の金融危機で(大恐慌以来!)と言われている現実・・・

しかし~、、奇妙な(?)事実があります。

今回の金融危機の「震源地」であるべき米国の通貨である「US$」は、円以外の主要通貨

である欧州連合の(ユーロ)や、英国(ポンド)などの主要通貨に対しては(値上がり)している

のです。

(US$=米ドル)は、9月以降~少しずつ上昇を続け、対(ユーロで、14ヶ月ぶり、英ポンド

に対しては、2年半年ぶり、(スイス・フラン)に対しては今年最高の高値をつけた。

対:韓国(ウォン)に至っては、実に7年半ぶりの米ドルの(高値)となっている。

その具体的例として、FRB(米連邦準備理事会)による実行レートで、主要通貨指数が、

(1973年3月を100とする)今年の7月~10月16日の間に13.2%上昇しています。

(現実)は、アメリカ震源の欧州やアジアに金融不安が波及する中、投資家にとっての

不安材料である(株式や原油投資から「米国債」への投資資金がシフトしているのであり、

世界に拡散する金融危機の沈静化は(アメリカが頼り~・・・)という「危機に強いUS$」

という「絶対的な基軸通貨=US$」の現実をまざまざと見せつけられているのです。

今後、(US$への不安)が拡大し、アメリカから大量の資金がアメリカ以外に流出する

と仮定した場合、何処の国の通貨が、その資金の(受け皿)となり得るのか~、、、?

どこも、、どの国の通貨も、(US$)に変わりえないのが=悲しい現実であり、米ドルが

現状経済世界においての(化け物!)である現状なのです。

☆ 確かに、、世界中が(ポスト・US$)として、米ドルの一極集中を打ち破る通貨として、

欧州共通通貨(ユーロ)に期待した、、、。

しかし、今回の現状は、「ポスト・US$」には成り得たかも知れないが、、US$を超える

世界の基軸通貨に(ユーロ)が成り得るとは思えない~、、、、。


by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木
a0061688_22413822.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2008-10-28 22:41 | Trackback | Comments(0)
『26年前~・・・』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?   (945)

あっさりと(バブル崩壊後の最安値)を割り込んで、7,163円をつけた(東証)。

株価急落で、実に(26年ぶり)の安値なのですよねェ~・・・。

(1ドル:360円の固定相場)の時代から、変動相場制に移行後も、

1米ドル:240円~内外の(円安)、 1米ドル:80円を割込む(円高)までと様々な状況を

経験してきた僕の世代ですけど、、

(さすがに~・・・)今日の急落には、呆れて(まともなブログ)を書く気も起こりません、、。

『26年前~・・・』

僕が始めての(海外出張)で、ドイツ(当時は西ドイツ)のエッセンという都市に出向いた年

だと思います。

当然に、欧州連合(EU)は存在せず、ロシアは(ソ連)であり、ドイツは(西)と(東)に分かれ

ていました。

現在はEU加盟国となっている(東欧諸国)はソ連邦諸国として、訪問は望むことさえ困難

な国々でした。

その後、(東西冷戦)が終結し、(ベルリンの壁)が崩壊し、欧州の各国が(EU)として団結

欧州共通通貨(ユーロ)を発行し、(国境の無いがごとくの経済活動)が拡散して、、

『グローバル化』という嵐が吹き荒れた『26年間~・・・』

日本の世界の経済・金融状況が明日以降~どのように動き、どこに落ち着くのか?

まったくに予想不可能な状況ですけど~?

この『26年間~』は何であったのだろう~? ←(僕の26年間は~・・・??)


by Gewerbe   「貿易ともだち」   K・佐々木
a0061688_22575588.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2008-10-27 22:58 | Trackback | Comments(0)
『トピックス:(特例輸入者の承認取り消し!)』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?   (トピックス)

三菱商事 関税逃れ、米国産豚肉でも 14億円追徴』

三菱商事が国産豚肉の保護を目的とした差額関税制度に違反していた問題で、

米国産豚肉についても輸入価格を高く偽って申告、関税約10億円を免れたと東京税関に

指摘されていたことが25日、関係者の話でわかった。

過少申告加算税延滞税を含む追徴課税は約14億円とみられる。

三菱商事は、横浜税関から受けた「特例輸入者」の承認を取消されていたことも

判明。

同資格の承認取り消しは極めて異例で、同社は全ての品目についてこの輸入通関の優遇

が受けられなくなる。

(記事:日経経済新聞 10月26日朝刊)

☆ 「特例輸入者の取り消し」 : (関税法第7条の12・関税法施行令第4条の14)


by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_11101380.gif

[PR]
by Gewerbe | 2008-10-26 11:08 | Trackback | Comments(0)
『円高ー(2)』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?   (944)

世界の金融投資家が一斉に各国に対する(金融投資)を引き上げ、現状で比較的に

不安材料の少ない(円)の現金化! に走る=『円キャリー・トレードの巻返し』は、

「実体経済が正当に評価を受けての(円買い)では無い!」だけに、日本にとって

は、かなり(困難な現状)です・・・。

『円急騰! 製造業の国際競争力に打撃~』

急激な(円高)が日本のメーカー=製造業の国際競争力を低下させている。

円は、米ドルやユーロだけでなく、韓国ウォンなど世界の様々な通貨に対して大幅に上昇

しており、韓国や中国の企業と戦う日本メーカーは価格競争低下や採算性の悪化に苦しん

でいる。

(円)は、この3ヶ月間に、対米ドルで、1割 ・ 対ユーロで、3割 ・ 対韓国ウォンに至っては5割りも上昇した。

この影響を受けているのが(我国の家電メーカー)で、最大の海外ライバルである韓国の

「サムスン電子」が、アメリカで(ウォン安)を武器に薄型液晶テレビの値引き攻勢をかけて

いるからだ。

(ブランド力)の高さを売り物にしてきた日本メーカーも価格競争に巻き込まれ、

アメリカの量販店には、シャープの32型液晶テレビが498ドル(約5万円)で並ぶ。

(※) 日本国内の量販店小売価格は、10万円以上で販売されているのでは、、?

(ソース:NIKKEI 10月25日)


by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木
a0061688_424719.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2008-10-26 04:10 | Trackback | Comments(0)
『円高・・・』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?   (943)

24日の(ロンドン金融市場)で、円が一時【1ドル=90円87銭】をつけ、1995年の

8月以来約13年3ヶ月ぶりの円高/ドル安水準となりました。

このロンドン市場の流れを受けて、昨日のニューヨーク外国為替市場で円相場は急伸!

前日比:3円15銭の円高/ドル安の1ドル=94円20~30銭で取引を終えた。

今年の初めの対・米ドル相場は、〔1ドル=110円〕でスタートしたのですから、16円/ドルも

円高が進んだことになります。

(※) 欧州共通通貨(ユーロ)に対しての円高/ユーロ安は、米ドル以上の急伸で、今年の
    1月は、1ユーロ=160円が、昨日相場では119円、41円(26%)の(円高)となって
    います。

『円高』が進むということは、外国為替市場において他の外国通貨が売られ、
「円」が買われているということになります。

この(金融不安)の現状の中で、(日本経済だけが安定・・)、(日本円だけが健全・・)なので
しょうか~? 

なぜ? 世界の外国為替市場において(円)は急激に買い進まれているのでしょうか~・・・?

その理由は、【円キャリー取引の巻き戻し】と呼ばれるものです。

日本は、世界の中でも特異な(0金利政策)の国です。つまり、外国の投資からすると日本

の(円)を低金利で借りて、ただちにその(円)を金利の高い国の通貨に替えて投資し、その

金利の差を利益とする。

しかし、アメリカの「サブ・プライム問題」を発端として、証券市場=金融投資市場に(不安)

が生じました。 そこで世界の金融投資家達は、(円)→(外貨)に替えて投資していたものを

一斉に取り戻し、再び、(外貨)→(円)に替えて低金利で保有、あるいは(円)で返却。

☆ (利ざや)を稼ぐために外貨に替えられて世界中に投資されていたものが、再び(円)に
   替えるために、(外貨)が売られ=(円)が買われる=『円高』が進む。


つまり、「(円の国際的な価値)が正当な評価を受けて買い進まれれているわけではない。」

のであって、金融投資家にとっての(消去法)=取りあえず、今のところ不安材料の一番に

少ないのが(円)であるため、(株)・(外国通貨)から、(円)に替えて逃げておく・・・。


by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木
  

a0061688_9102116.gif

[PR]
by Gewerbe | 2008-10-25 09:09 | Trackback | Comments(0)
『トピックス:(日本版REACH規制)』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?   (トピックス)

『日本政府が化学物質管理で新規制、製造・輸入量に報告義務』

日本政府は2010年度にも科学物質を扱う企業に対し、全ての化学物質の製造・輸入量・

用途について年1回の報告を義務付ける新たな規制を導入する。

健康や環境に危険が及ぶ恐れのある化学物質の管理を厳しくするのが狙いで、

欧州連合(EU)の化学物質管理規制=『REACH』の日本版といえる。

国際的な規制強化の流れを受けたもので、幅広い業種の企業が対応を迫られる見通し。

新規制は、化学物質規制法案(科審法)を改正して導入する。10月23日に開く

経済産業省、環境、厚生労働省の合同審議会で同法改正案をまとめ、来年の通常国会に

提出する方針。

(記事:10月23日 日経)

 欧州 「REACH」 規制

一般的には、「RoHS(ローズ)指令」と呼ばれるものの正式名で、

「Restriction of the use of the certain Hazardous Substance in Electrical

and Electronic Equipment) =(電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限

に関する欧州議会及び理事会指令)

〔概要〕

特定有害物質の使用制限を目的とし、EU域内で基準値を超えた電気・電子機器の販売を
規制する指令。
規制の対象となる物質は;
(水銀、カドニューム、鉛、六価クロム、PBB(ポリ塩化ビフェニューム、
 PBDE(ポリ臭価ジフェニルエーテル)


by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_19362590.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2008-10-23 19:36 | Trackback | Comments(0)
『ユーロ 急落~!』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?   (942)

『ユーロ急落、一時127円台 4年6ヶ月ぶり水準・・・』

ユーロ(欧州共通通貨)は、10月22日の東京外国為替市場で(円)に対して急落した。

1ユーロ=127円台で推移している。 これは4年6ヶ月ぶりの円高・ユーロ安水準。

欧州景気の先行きへの懸念や利下げ観測を背景に、欧米のファンド勢がユーロ売りを膨らま

せた。

個人投資家の投資信託商品の解約に伴うユーロ売りも出たという。

(円)は、対 (米ドル)でも買われ、一時、一週間ぶりに〔1ドル=90円台〕に上昇した。


☆ (円高)とは、各国の通貨に対して、(日本の通貨=円)が強くなることです。
   でも、日本の政府・経済界は(円安)をのぞみ、この(円高を嘆いています、、)
   「自国の通貨が世界の中で強くなる」のを喜ばない国・・・???

   これは、なぜ?なのでしょうか~?

☆ 今回の(金融不安)は、アメリカの「サブ・プライム問題」を起因としています。
   アメリカ自体も景気下降しているのですが、それ以上に(アメリカ以外!)の
   ヨーロッパ諸国や新興国において、大規模な金融不安が発生しています。

   これは、なぜ?なのでしょうか~?

基軸通貨=(貿易の決済通貨圏)という言葉があります。

大きな変化の波~・・が押し寄せてはいますが、良きにしろ、悪しきにしろ・・

【米ドル=USD】が、依然として世界共通の絶対的な(基軸通貨)としての

どうしようもない現状があるのです・・・。

その(絶対!)を変える・・と期待されていた(ユーロ)が、思いがけない

(弱さ)と(底の浅さ)を露呈させた・・・。


by Gewerbe 「貿易ともだち」   K・佐々木
a0061688_103365.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2008-10-23 10:03 | Trackback | Comments(0)