貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
sosoさんへ: コメ..
by Gewerbe at 10:08
"公表の「各6割以上(実..
by soso at 09:22
早速コメント返していただ..
by HS at 23:25
by(HS)さんへ: ..
by Gewerbe at 22:59
いつもとてもためになる記..
by HS at 21:01
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(1)
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
『シンガポール・「トレードネ..
at 2017-03-30 03:03
『2008SNA-「第50回..
at 2017-03-28 22:20
『2008SNA (第50回..
at 2017-03-27 18:09
『2008SNA-(弟50回..
at 2017-03-26 05:48
『2008SNA(国民経済計..
at 2017-03-25 09:08
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 02月 ( 34 )   > この月の画像一覧
『メール期間金利』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (765)

長い(貿易)の歴史の中で、 「荷為替手形」 と呼ばれる決済方法が一般的でした。

これは、(逆為替)と呼ばれるように、輸出貨物代金を受け取るべき輸出者がその

債権書を売る。という手段で貨物代金を回収するというものです。

(荷為替手形決済)に、輸入者国側の銀行による「信用状」がある場合は、

原則として輸出国側の銀行は輸出者の振り出した(荷為替手形)を買い取ります。

「買い取り」という言葉ですが、実質的には(信用状の保証による立て替え前払い)です。

すると、(買取り)時に、輸出者には貨物代金を(前払い)し、その後で買取った(荷為替手形)

を輸入国側の信用状発行銀行に送付・立替金の請求を行なうことになります。

つまり、(買取り銀行)にとっては、 [買取り]←→[入金]の間の時間差が生じます。

この間の(立替金期間貸し出し金利)が=『メール期間金利』と呼ばれるものなの

です。

ですから、輸出者の輸出貨物代金を(荷為替手形)として買取る買取銀行は、

当日の[TTB相場]から、発生した(メール期間金利)を差し引いたTTBより安い円価で買取ます。

これが[アットサイト・レート](At sight Rate)=一覧払い輸出手形買相場と呼ば

れるものです。

同様な理由により、(信用状有り・荷為替手形決済)の場合に、輸入者が円価で決済する

輸入貨物代金の外国為替レートは、当日の[TTS相場]に、発生した(メール機関金利)を

加算したTTSレートより高い価格で決済することになります。

これが「アクセプタンス・レート(Acceptance Rate)=一覧払輸入決済相場)」

と呼ばれるものです。


by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木

a0061688_1915582.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2008-02-28 19:16 | Trackback | Comments(0)
『売り相場/買い相場』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (764)

「今、1米ドルを何円で交換できるのだろう~?」と思っても、『対ドル為替相場表』は、沢山

の(レート)が並んでいますよね。 いったい、どういう仕組みになっているのでしょうか?

[対顧客仲値]:為替レートの基準となるレート(交換比率)です。変動している
                 当日(直物)の午前中の銀行間取引市場(インターバンク)を
                 基準とします。

☆ 「銀行は(お金を[商品]として利益を稼ぐビジネス)]ですから、この(対顧客仲値)の

のままで、顧客と外貨と円の交換をしていたのでは、銀行の利益どころか、マージン持ち

出しとなって赤字となります。そこで、(対顧客仲値)に銀行の(利潤・手数料)を算入した

レートが(売り相場)・(買い相場)となるのです。

このレートは、[当日電信扱い]を基準とし、[銀行から見て]、

外貨の売りか?外貨の買いか?で決められます。

[TTS(Telegraphic Transfer Selling Rate)]=電信売り相場

(輸入)の場合、輸入者は外国の輸入者に払う外貨(米ドル)を日本の銀行から日本円で

買って、輸入者に払う。と言う見方ができます。=(銀行)は、輸入者に決済外貨を売る。

[TTB(Telegraphic Transfer Buying Rate)]=電信買い相場

(輸出)の場合、輸出者は外国の輸入者に売った商品代金の外貨(米ドル)を日本の銀行

に売って、(日本円)を得る。と言う見方ができます。=(銀行)は、輸出者から決済外貨を

買う。

◎ (輸出)=[買い相場=Buying Rate] ◎ (輸入)=[売り相場=Selling Rate]

この(原則)は、(直物=Spot Rate)であっても、(先物=Foward Rate)であっても

かわりません。

しかし、輸出入の決済時の(外貨)と(円価)の交換に、この[TTB]とか[TTS]レートが使用

されるのは、銀行の決済立て替え期間の[メール期間金利]が発生していない場合

です。

(※)[メール期間金利]:次回に解説。


by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_965346.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2008-02-28 09:06 | Trackback | Comments(0)
『外国為替・先物相場』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (763)

『為替予約』とは、輸出入が確定となった時に、将来の決済時での外貨交換率を

銀行と契約することですから、当日交換レート:直物取引(Spot=スポット)

対して、先物取引:(Foward=フォワード)となります。

[ディスカウント]

(円高傾向)=直物に比べて先物相場が、先にいくほど、円高・ドル安となる場合を呼びます。


[プレミアム]

(円安傾向)=直物に比べて先物相場が、先にいくほど、円安・ドル高となる場合を言います。


[直先スプレッド]

(直物相場=Spot)と(先物相場=Foward)に発生する差額のことです。


[スワップ(Swap)取引]

一定金額のの(Spot)を買う(売る)と同時に同額の(Foward)を売る(買う)を交換的に

行い、(今 : 先)・(買い : 売り)を同時&交換的に実行して、変化する為替相場の中

で、為替差損を帳消しにしようとするものです。


by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木
a0061688_17143730.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2008-02-27 17:14 | Trackback | Comments(0)
『トピックス:(輸出マーケティング・日産の失敗)』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (トピックス)

海外市場に新規に商品を投入する場合(グローバル商品)に三つのタイプがあります。

① [エスノセントリック商品(Ethnocentric Products)]

国内で販売している商品をそのまま、海外に売り込むことです。外国の顧客のニーズ等
 を考慮して開発された仕様ではないので、その商品の持つ特性が海外の顧客に受け入れ
 られるかどうかで、決まります。

② [ポリセントリック商品(Polycentric Products)]

輸出しようとする相手の国の特性に対応した新たな商品を開発して輸出することです。

③ [ジオセントリック商品(Geocentric Products)]

世界市場を、一つのマーケットとしてとらえて、全世界共通の仕様=(世界商品)を開発
  し、国内外を問わず、販売戦略を立てることです。

しかし、(輸出マーケティング)には思わぬ[伏兵]が潜んでいるものですね、、、、、

☆ 『日産[ローグ]は命名ミス?』


アメリカの自動車関係のブログで、日産[ローグ]がホットな話題となっている。  

発端は、[ローグ]っていい車なのに、名前がイメージに合っていない! 名前を替えるべき

では?という発言。 これに賛同者が続出、(日産には命名のセンスがない!)

酷評されている。

「Rogue(ローグ)」には、(悪漢、はぐれ者」と、(お茶目な、いたずらな)という2つの意味が

ある。日産は当然に後者をイメージして命名したのだろうが、大多数のアメリカ人は前者の

イメージを思い浮かべるという。

(ソース:レスポンス 2月16日)

[ローグ]は、「滑らかなライン、洗練されたデザイン、優れた乗り心地」と高い評価を得ている

SUVカーだが、その仕様と名前が一致してないというのが市場の反応。

(商品名)は、以外に重要な意味をもつのかも知れない・・・。


by Gewerbe  「貿易ともだち」    K・佐々木
a0061688_20394655.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2008-02-26 20:39 | Trackback | Comments(0)
『オプション取引』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (762)

「大阪証券取引所とアメリカの有力取引所のインターナショナル・セキュリティーズ取引所

(ISE)が昨日、日本に「株式オプション」の新市場を開設することで合意したと

正式に発表しました。

「オプション取引」とは?いったい何なのでしょう。 

(オプション=Option)とは=自由選択とか随意契約とかという意味です。

ビジネス上ではある特定の商品を、

あらかじめ定められた期日(満期日)、または期間内に、

あらかじめ定められた価格(権利行使価格)で、

〇 買い付ける権利(コール・オプション)

〇 売りつける権利(プット・オプション)

をいい、オプション料(権利行使料)を払って、

この(権利)を取引するのが『オプション取引』です。

取引する対象が(商品)であれば「先物取引」となり、(株式)であれば「株式オプション」、

(外貨)であれば、外国為替の「先物予約・通貨オプション」と呼ばれます。

いずれにしても、将来の一定の時期に一定の価格で取引をすることを契約・約束する

「先物取引」となります。

☆ 『通貨オプション』

現在でも、輸出入は(米ドル)や(ユーロ)での「外貨建て」が一般的です。

(変動相場制)ですから、「見積もり時」~「決済時」間の(外国為替相場変動)によっては、

貿易最大のリスク=「外国為替相場変動リスク」での大きな為替差損の発生危険

があります。

この「外国為替変動リスクの回避策」として、

〇 [為替予約]: 決済当日の実行レートに関係なく、決済する期日と決済レート
                   (外貨交換比率)を銀行と輸出入者間で契約することです。

〇 [通貨オプション]: (為替予約)のように契約による実効義務は無く、決済時
                   の為替相場を判断して決定できる自由選択権があります。
                     
(※)ただし、(オプション料)は発生するので、通貨オプションの「権利行使」をするかどうか?
    の判断は、当日の外国為替相場に(オプション料)を算入した金額で判断することが
    必要です。 

by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木

a0061688_1011677.jpg
                
[PR]
by Gewerbe | 2008-02-26 10:01 | Trackback | Comments(0)
『中国の輸出額、WTO加盟で5倍』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (761)

『中国の輸出額、WTO加盟6年で5倍・2007年、アメリカを抜き世界2位』

中国の年間輸出総額が、2001年12月のWTO(世界貿易機関)加盟から6年で

約5倍に拡大した。

2007年の通関輸出額(物の輸出額で、サービス貿易額を除く)は、前年比25.7%増の

1兆2180億ドル(約130兆円)でアメリカを抜き、首位のドイツに次ぐ世界第2位に浮上した。

今後もWTOにロシアなどが加盟すれば、BRIC'sを中心とする新興国の台頭が世界貿易の

拡大を下支えすることになりそうだ。

中国のWTO加盟が世界貿易を刺激した結果、経済のグローバル化が急速に進んだ。

世界全体の輸出額は2003年以降、2ケタの伸びを続け、2001年から2006年までの5年

間で2倍に増えた。 倍増に10年以上かかった1980年代以降に比べると、伸びが飛躍的

に加速。

この5年間の中国の輸出増加額は2007年の日本の輸出額に匹敵する。

(ソース : NIKKEI-NET  2月25日)


by Gewerbe  「貿易ともだち」   by Gewerbe
a0061688_21554892.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2008-02-25 21:55 | Trackback | Comments(0)
『BRIC's 外相会議』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (760)

『 「BRIC's」が、初の外相会議を5月に開催、ロシア主導 』

ロシア外務省は2月21日、(ブラジル、ロシア、インド、中国=BRIC's)の4カ国で初の外相

会議を5月に始めて開くと発表した。 

定期的に会議を開催する中国、インド、ロシアにブラジルを加え、新興諸国(BRIC's)

として外交・経済面の強調を強化する狙い。

(米国の一極支配)への対抗姿勢を示すロシアのイニシアティブとみられる。

外相会議はロシア・ウラル地方のエカテリンブルグで開催される。


☆ 中国・インド・ロシアは昨年10月、中国での外相会議でミャンマーへの制裁にそろって

反対するなど外交面で連携姿勢をみせている。

ロシアはかねて「(先進国主導の)経済・金融体制は世界の現状を反映していない」

(プーチン大統領)などと、世界貿易機関(WTO)や国際通貨基金(IMF)を批判

しており、BRIC'sの結束を強めて経済面でも発言力を強める思惑がありそうだ。

(記事ソース:日経 2月21日)

☆ 一方で、(旧ソ連の小国=ウクライナ)のWTO加盟が1月25日に承認されています。

1993年6月に始まった(ロシアのWTO加盟交渉)の行方は~・・・・?

by Gewerbe  「貿易ともだち」   K・佐々木
a0061688_2015712.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2008-02-25 20:15 | Trackback | Comments(0)
『改正JAS法』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?   (759)

『改正JAS法』

JASとは、「日本農林規格」=(Japan Agricultural Standard)の略で、

「農林物資の規格品及び品質表示の適正化に関する法律(JAS法)」に基づいて、食品や

木質建材などの品質と表示について定めている規格制度。

品目別に品質や表示の基準を設け、合格した製品に認証を与える「JAS規格制度」

飲食料品の適正な表示を義務付けた「品質表示基準制度」からなる。

1999年7月にJAS法が改正され、輸入品を含む全ての飲食料品につ

いて、 

☆ [品質表示][原産地表示]が義務付けられた。また、有機農産

物の規格も改定され、認証がなけねば[有機]と表示ができなくなった。

さらに、2002年6月にも[食品虚偽表示]への罰則を強化する法改正実施。

☆ [CODEX]:(コーデックス)=Codex Ali-mentarius

FAO(世界食料農業機関)とWHO(世界保険機関)が合同により、

策定した国際的な食品規格。

◎ [HACCP]:(Harzard Analysis and Critical Control Point)=(危害分析重要管理点)

近年、飲食料品の[安全と衛生管理]の国際的共通基準として用いられている

ものです。

HACCPはもともとNASA(アメリカ航空宇宙局)での宇宙食の開発チームが生み出した

飲食良品の安全・衛生管理マニュアルで、そのレベルの高さから、世界各国に広がった

もので、輸出入ともに[HACCP]基準に基づいた規制が実施されます。


by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木

a0061688_8372698.gif

[PR]
by Gewerbe | 2008-02-24 08:44 | Trackback | Comments(0)
『貿易ーEDI』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (758)

EDI(Elctronic Data Interchange)=(電子情報交換)

小泉→安倍と継続されてきた「官僚主義の破壊=規制緩和」の動きは、ここに来て何やら

”時代の逆行”で、わけのわからぬ国会答弁が日々繰り返されていますが、世界的な動き

による”外圧”で、貿易手続きに関する諸手続きの(電子化=EDI)は、着々と進んでいます。

『輸出入・港湾関連手続きのシングル・ウインドウ・ワンストップ化』

「ワンストップ・サービス」:複数の手続きを一つの窓口(システム)から行なうこと
            とするもの。これにより、システム毎に端末やアプリケーションを切り替え
            ることなく利用可能となる。

「シングル・ウインドウ」:複数の手続きを一回のPC入力・送信で行なうことを可能              とするもの。
            これにより、共通入力項目の重複入力を排除する事が可能となる。

「税関ー通関情報システム(NACCS)」、「港湾EDIシステム」、「乗組員上陸許可支援シス

テム」等を連携・接続し、関係6省の手続きをシングルウインドウ化。

① 「外為法・(輸出入許可・承認)」  (経済産業省)    : 『JETRAS (ジェトラス)』  
② 「動物検疫手続き」          (農林水産省)    : 『ANIPAS (アニパス)
③ 「植物検疫手続き」          (農林水産省)    : 『PQ-NEYWORK 』
④ 「食品輸入届け」           (厚生労働省)     : 『FAINS (ファインズ)』
⑤ 「輸出入通関手続き」         (財務省)       : 『NACCS (ナックス)』
⑥ 「入港、上陸、入管手続き」      (法務省)
⑦ 「入港通報・入出港届け」      (海上保安庁)
⑧ 「入出港届け等」            (国土交通省)    : 「港湾EDI」
⑨ 「乗組員名簿等・検疫」        (厚生労働省)

☆ 「貿易手続き・EDI最適化推進の基本コンセプト」

5つのコンセプトに基づき、最適化計画を策定する。

1) コンセプト1: 国際標準への準拠    -FAL条約の締結
    -関係法令 (関税法、港湾法の改正)
    -国際標準EDIへの対応

2) コンセプト2: 申請者の視点での検討
    -申請者の視点に立ったシングル・ウインドウ化

3) コンセプト3: 業務・システム双方の見直し
    -FAL条約の締結にとどまらない行政手続きの徹底した見直し
    -行政運営での効率化、敏速化

コンセプト4: 主な行政手続きの原則電子化(PCで行なえる行政手続きの拡大)

コンセプト5: セキュリティー、セーフティーとの両立

☆ 最適化を実施することにより、他の施策と協動して船舶の入港から貨物がコンテナヤード
を出ることが可能となるまでに必要な時間の短縮等を図るものとする。 
また、これらの時間的短縮等により、官民トータルの物流コストの低減化を図る。


by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_19491881.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2008-02-23 19:49 | Trackback | Comments(0)
『北京~ハンブルグ・コンテナ急行列車』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?   (757)

(中国)と(ドイツ):ハンブルグを結ぶ『北京~ハンブルグ・コンテナ急行列車』の試運転が

開始された。

同列車の運営は中国の鉄道組織によって企画され、全工程の運航は「中鉄コンテナ運輸

有限公司」が担当。 ドイツ到着までに通過する各国政府鉄道部門の支持を得ている。

ここ数年来、アジア~欧州間の経済貿易交流は拡大の一途をたどっている。

『北京~ハンブルグ間のコンテナ急行列車』の運行は、アジアと欧州の経済協力と貿易関係

を促進し、途中で通過する各国に対してより安全で便利、安価なコンテナ輸送サービスを

提供するものとなる。

先月の9日に中国・北京(ペキン)の(大紅門駅)で、中国、モンゴル、べラルーシ、ポーランド、

ロシア、ドイツの6カ国鉄道部門担当者が参加してのセレモニーが開催され、同時にアジア~

欧州カ間での(鉄道運輸事業)での、協力の拡大、中国~欧州間コンテナ列車の運営計画

についての覚書が交わされた。

列車は49車輌からなり、98TEU(20フィート標準コンテナ換算単位)

を一度に輸送。 =(20フィートコンテナの98本分相当)

中国・(北京)を出発の後は→モンゴル(ウランバートル)→ロシア(モスクワ)→べラルーシ

(ミンスク)→ポーランド(ワルシャワ)→ドイツ(ハンブルグ)に至る。

全工程行程は9780キロ、所要時間はスエズ運河を通過する海上コンテナ輸送

わずか半分の18日間で走破する。

中国は、今回の「ペキン~ドイツ(ハンブルグ)コンテナ急行」も含め、3つの路線での欧州

コンテナ急行列車路線の開拓を進めています。

① [SLB=シベリア・ランド・ブリッジ]:北京→モンゴルを経由して(シベリア鉄道と並行)
                         してヨーロッパに至るルート。

② [アジア・ハイウェイ] :北京から南下して昆明→(アジア・ハイウェイ)→東南アジア→
                 中近東→ヨーロッパに至るルート。

③ [CLB=チャイナ・ランド・ブリッジ :北京→ウルムチ→中央アジア経由→ヨーロッパに
                         至るルート。

☆ この③[CLB=チャイナ・ランド・ブリッジ]が現実のものとなると、(ウルムチ、キルギスタン

タジキスタン、ウズベクスタン、アフガニスタン、イラン、トルコ)を横断する(新シルク・ロード)

の実現となり、トルコ~南欧~中欧というヨーロッパの大市場に直接に物資を輸送できる利点

が発生するわけで、途中通過国の政治的不安定の課題は残っていますが、

[ユーラシア大陸]の全体が、最短の鉄道網で結ばれようとしています、、、、。


by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_1231232.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2008-02-22 12:03 | Trackback | Comments(0)