貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
sosoさんへ: コメ..
by Gewerbe at 10:08
"公表の「各6割以上(実..
by soso at 09:22
早速コメント返していただ..
by HS at 23:25
by(HS)さんへ: ..
by Gewerbe at 22:59
いつもとてもためになる記..
by HS at 21:01
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(1)
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧
『申告価格ー(2)』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (572)

輸出申告価格=[FOB価格] 、輸入申告価格=[CIF価格] 及び 保険がかけられて

いない場合の[C&F価格]

「(通関士試験)は、この3種の[貿易条件]さえ知っていれば解ける!]とされてきました。

ここで言うFOBとかCIFの「貿易条件」とは、一般に《インコタームズ》と呼ばれるもので、

ICC(国際商業会議所)が「貿易条件の解釈に関する国際規則」として制定した国際解釈
基準です。

これは、輸出者←→輸入者間の(費用分担と貨物の引渡し点)を(4群13種類)で区分して
います。

近年の急激な貿易形態の変化=海外生産、逆委託加工貿易、海外製造委託等の増大は
その「貿易取引条件」をも当然に多様なものに変化させています。

通関士試験に対して、インコタームズの(13種類)の全てを理解する必要はありません。

しかし、急激に取引が増大している「EXW」、「DDP」は、上記の「基本3種」に加えて最低限
覚えておく必要があります。 過去の本試験において実際に出題されています。


「EXW」 (Ex Works)=工場渡し価格条件

積出地の工場(売手の施設、指定場所)で貨物を引き渡す条件のことで、この時点で貨物は
売手から買手に移ります。

[輸出申告価格]:本邦輸出港における本船船積みまでの(本邦内経費)を加算する必要が
           あります。

[輸入申告価格]:輸出国の輸出港までの国内運賃等及び、本邦輸入港までの海上運賃等
           の費用を加算する必要があります。

「DDP」 (Delivered Duty Paid)=関税込み仕向け地持込渡し価格条件

指定仕向地持込渡し(関税込み)のことで、DDU=指定仕向地持込渡し(関税抜き)条件に
輸入通関手続き、関税納付も売手が負担する貿易条件です。

[輸出申告価格]:本邦輸出港における本船船済み以後の海上運賃、輸入国関税等の経費
           を控除する必要があります。

[輸入申告価格]:本邦輸入港到着価格(CIF価格)以後の本邦内での輸入通関、関税、
           買手までの国内運送費等を控除する必要があります。

a0061688_8582970.jpg
by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
[PR]
by Gewerbe | 2007-08-31 08:58 | Trackback | Comments(0)
『申告価格』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (571)

税関への『輸出入申告価格』は、関税法第59条の2で規定されています。 原則として;

「輸出申告価格」:FOB価格(Free on Board)=輸出港における本船甲板渡し価格

「輸入申告価格」:CIF価格(Cosut,Freight & Insurance)
                            =輸入港における運賃、保険料込み価格

(※) しかし、これらの「申告価格」の原則規定は、我国の関税法上の規定であって、実際

の輸出入取引での【貿易条件】は、売手と買手との契約によって決定します。


[輸出申告書] (例問)

別紙1の仕入書に記載されている価格には、東京港における本船甲板渡し価格
(FOB価格)の5%に相当する額の海上運賃・海上保険料が加算されている。


仕入書(インボイス)価格=CIF価格 ÷ 1.05=FOB価格:(輸出申告価格)

FOB=Costに、運賃(Freight)と保険料(Insurance)を加えた額がCIF価格です。

この場合、「FOB価格の5%に相当する額」とは、FOB価格を(100%)として、その5%と

同じ額の運賃・保険料が、FOBの上に乗っかってるわけです。

そうすると、[FOB(100%):Cost + I & F(5%)]=CIF(105%)となります。

CIF価格(105%) ⇒ FOB価格(100%) を求める数式=105のものを100に直す

(算数)は、

仕入書価格(CIF価格) ÷ 1.05 = (FOB価格)=『輸出申告価格』となります。

算数に強い受験者にとっては、(算数の常識・・)となるのでしょうけど、冷静さを

失った本試験で不注意にも(パニック!)に陥り、CIF価格 × 95% とか、 × 0.95の

計算で、『輸出申告価格』である(FOB価格)を求めようとする(算数の基礎)の罠(わな)

にはまることのないように、注意してください。

☆ これは、関税法、関税定率法等の(法律知識)の理解・記憶とは、まったくに関係のない

その前段階の(算数の基礎能力)です。

そして、それが、「通関士試験」の大きなウエイトを占める(もう一つの重大ポイント!)です。

☆ 残る2ヶ月弱の間に、各実務・申告書問題に組み込まれている(算数のワナ、落とし穴)

を経験しておくことが、本試験での沈着・冷静な(解答への糸口へのポイント!)となります。


by Gewerbe 「貿易ともだち」  K・佐々木





                   
a0061688_17314540.gif

[PR]
by Gewerbe | 2007-08-30 17:25 | Trackback | Comments(0)
『算数能力・・・』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (570)

「通関士試験」は、 (計算機=電卓)持込み可能な国家試験であることに、その大
きな特徴があると思います。

『通関士』は、 (税関手続きにおける「法律」と「税金」のプロ)と言いました。

(※) EPA(経済連携協定)の拡大により、多くの輸入貨物の「関税撤廃」が進ん
   ではいますが、(農・畜・水産物等、加工食品の国内産業保護政策での
   高関税率)は以前として存続していますし、輸入には(関税)のみならず、(内国消費税)
   の納付が必要です。
   また、(貿易統計計上)においても、 「適正な課税価格の算出」は、複雑化、
   グローバル化する貿易の中で、申告納税方式として、ますますに納税義務者=輸入者
   :(通関士)に必要とされる能力なのです。

☆ 「通関士試験での隠れた判定基準」

 近年の通関士試験問題においては、実務:「輸入(納税)申告書」に、(適正な課税価格の
 算出)を求める取引条件が組み込まれていることに特徴があります。

 (例):過去の本試験出題例です。

 (1) 仕入書(5)の商品は、仕入書記載の数量よりも10ctns.不足していた。
    輸入者が輸出者に問い合わせたところ、これは輸出者の出荷ミスであり、不足分に
    ついては、同一単価ですでに契約済みの次回の船済みで送付するとの連絡が
    あった。
    このため、実際に保税蔵置場に搬入された数量により、輸入(納税)申告することと
    なった。

 (2) 仕入書(1)~(3)の商品については、輸出者のもとへ生産のため技術者を派遣
    した。
    輸入者はその際の派遣諸費用(365,000円)を仕入書価格とは別に支払っている。
    なお、当該諸費用は、貨物の重量按分することとする。

 (3) 仕入書(4)~(6)の商品については、その生産のための器械を購入価格の半額で
    提供している。 購入価格は(1,256,000円)で、輸出者への運送費用(38,000
    円)を負担している。

◎ 限られた実務科目試験時間において、(複雑怪奇な問題の設定条件)に接すると、
  ややもすると、 (パニック!)になりがちですが、一番に避けるべきポイント
  です。

 〇 (特殊な数学的な公式)の活用を必要とするわけではありません!

 〇「関税法・関税定率法等の原則=基本」に従っての「課税価格の算出」です。

 〇 冷静・沈着に文章を読み込んで、解決への糸口(計算式)を見つけ出してください。

(算数)に強い人、弱い人、、 様々とは思いますけど、所詮:(+、-、×、÷)の世界です。

[按分=あんぶん]という言葉に注意して、(組み込みの危険性のある計算のパターン)
に慣れてください。

[組み込まれているのは、簡単な(算数上の計算式)に過ぎませんが、《慣れ》が必要です。]

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木

a0061688_456731.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2007-08-30 04:56 | Trackback | Comments(0)
『認定手続き』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (569)

□ 認定手続きとは?
知的財産権侵害物品に該当すると思料される貨物を「侵害疑義物品」と言います。
その侵害疑義物品について、侵害物品に該当するか否かを認定するための手続きが、
「認定手続き」です。
[関税法第69条の12、同法施行令第62条の16]

□ 認定手続きの一般的な流れ

〇 輸入申告貨物又は国際郵便物で提示されたもののうち、税関で検査を実施し、知的財産
 権疑義物品を発見した場合に、反則調査を行なわないものについては、知的財産権侵害
 物品に該当するか否かの認定手続きを開始します。

〇 知的財産権侵害物品の疑いのある物品(疑義貨物)を発見した場合には、輸入者及び
 権利者に 対して認定手続きを開始する旨を通知するとともに、これに併せて、輸入者及 び権利者双方にそれぞれの名称又は氏名及び住所を通知します。

   また、輸入申告書等税関に提出された書類等により当該生産者が明らかである場合
 は、当該生産者の名称若しくは氏名又は住所を権利者に通知します。


〇 「認定手続開始通知書」の日付の日の翌日から起算して10日執行日(生鮮疑義貨物については3日執行日)以内に、権利者、輸入者双方が、当該
 疑義貨物について、意見・証拠を税関に提出することとなります。

 輸入差止申立てを行なっている権利者及び輸入者については、申請により、
 当該疑義貨物を点検することができます。

 また、申立者は、申請により、承認要件を満たし、かつ見本検査 に係わる供託
 を行なった場合、見本検査(分解・分析)を実施することもできます。 

 なお、輸入者は、権利者と争わず、当該疑義貨物について滅却、廃棄、任意放棄、積 戻
 し、輸入同意書の取得、切除等の修正などのいわゆる「自発的処理」を行なう
 ことができます。
 輸入同意書の取得、切除等の修正の場合は非該当認定を行い、輸入許可され、その他の
 場合については、認定手続きをとりやめます。


〇 権利者の意見・証拠等については、輸入者に開示できる範囲で開示し、輸入者の意見・
 証拠等についても同様に権利者に開示し、それぞれから反論を求めます。
 その内容に基づき、税関において当該疑義貨物が侵害品に該当するか否かの認定を行い
 ます。
 (認定については、1ヶ月以内を目途に行います。)


〇 認定結果については、「認定通知書」を権利者、輸入者双方に交付し、通知
 します。
 
 ・ 非該当認定の場合は、輸入許可されます。
 ・ 該当認定の場合は、異議申立てができる期間(2ヶ月)を経過し、かつ、
   輸入者による自発的処理がされない場合、税関で当該侵害物品の没収
   行い、処分することになります。

(以上、平成19年 5月13日 税関ホーム・ページ:
   税関による知的財産権侵害物品の取り締まり
a0061688_19491317.jpg
より転写


by Gewerbe 「貿易ともだち」  K・佐々木


   
[PR]
by Gewerbe | 2007-08-28 19:49 | Trackback | Comments(0)
『通関士・模擬試験』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (568)

「通関士試験」は、れっきとした(財務省国家資格試験)ですから、事前に情報漏れの無い
ように恐らく、(どこかの刑務所の印刷所)で、「第41回・通関士試験試験問題」の印刷が
開始されているころではないかなァ~?

ところで、各(受験対策講座スクール実施の通関士模擬試験)が実施されていますね!

僕も、(H)、(L)、(K)の3スクールが実施した(模擬試験問題)を入手して内容を確認
しました。

その各スクール:(模擬試験問題内容)を見た率直な意見は=(逃げてる・・・)です。

それほど(第41回・通関士試験対策)は(難しい~、、)のだと思います。

① 7月1日現在:(施行)の「平成19年度・法令改正」がどこまでの内容で出題に組み込
   まれれてくるのかが見えない。

② (どのような最終判定基準)をもって、何%位の合格率を想定して問題を作成
   しているのかが見えない、、。

(H)、(L)、(K)の3スクールとも、「昨年の本試験問題」の内容を(当り障りなく内容変更
問題作成)しているに過ぎないのでは、、、。

[本当に、これくらいの内容で、このレベルの出題なのだろうか~?]

が僕の疑問?と言うか、、どうも(しっくりとしない・・)のです。

その中で、(L)スクールの(実務輸入申告書)には(感服!)しました。

(ここまでの問題は、試験時間中に物理的に消化できない!)という不合理はあるのですが、

[通関士=法令の(正確・敏速な実施処理)することができるプロ]

[文章解読能力と計算能力の基礎能力]

通関士試験の最終的な(合否判定分岐点=隠れた判定基準)をみごとに見抜いて、巧妙に

組み込んだ(すばらしい問題!)と感じました、、。

[通関業者:通関士を設置する目的=税関手続きの適正かつ敏速な処理の確保のため。]

[適正に! 敏速に! (勢い!)で、解答を時間内に導き出す。]

この言葉を決して忘れずに、残る2ヶ月弱の(直前対策)を過してください、、。

本試験での目新しい難題に対して(パニック!)を発生させず、冷静に(解答への糸口)を探し

出すことを可能にするポイントは、(多くの実務問題を演習することでの「慣れと自信」です。)

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木

a0061688_21545426.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2007-08-27 21:55 | Trackback | Comments(0)
『争う旨の申出』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (567)

知的財産権を侵害する疑いのある物品に係わる認定手続きの一部が次のように変更になっています。

関税法第69条(輸入してはならない貨物)に係わる関税法施行令の一部改正
平成19年3月31日(公布) : 同 6月 1日(施行)

① 輸入差止申立てが受理されている貨物(特許権、意匠権、実用新案権に係わる貨物   はを除きます。)が発見された場合、従来通り認定手続き開始通知書を送付しますが、
  輸入者は、侵害の該否を争う意志がある場合には、当該認定手続き開始通知書  を受けた日から起算して10日(行政機関の休日は含みません、以下「10日執行日」と言い  ます。)以内にその旨を書面で申し出る(以下、「争う旨の申出」といいます。)必要があり
  ます。

② 10日執行日以内に輸入者が争う旨の申出をした場合には、その旨を権利者に通知す
   るとともに、権利者及び輸入者に対し証拠・意見を提出する期限を通知されるので、
   当該期限までに証拠・意見を提出しなければならない。

③ 「10日執行日以内」に輸入者が「争う旨の申出」をしない場合には、権利者及び輸入者
  からの証拠・意見の提出を不要として、税関長は侵害の該否を認定することとなります。
  この場合において、税関長が侵害に該当する旨の認定をしたときは、原則として当該
  貨物を没収することになります。

(※) 認定手続きが開始された貨物について税関が没収するまでの間は、輸入者は、当該
    貨物に係わる侵害の疑いのある部分の切除等の修正、権利者からの同意書取得等
    の自発的処理をすることができる。


by Gewerbe  貿易ともだち」  K・佐々木

a0061688_20222479.gif



  
[PR]
by Gewerbe | 2007-08-25 20:22 | Trackback | Comments(0)
『通関開放制度』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (566)

【税関による知的財産権侵害物品の取り締まり】

[平成19年 3月31日(公布) ・ 同 6月 1日(施行)]

□通関開放制度とは?

輸入差止申立てが受理された特許権、実用新案権又は意匠権に係わる貨物について

認定手続きが執られたとき、輸入者は一定期間経過後、税関長に対して認定手続きの取り

やめを求めることができる制度です。

その場合、税関長は、当該認定手続きに係わる貨物が輸入されることにより権利者が被る

おそれがある損害の賠償を担保するため、相当額の金銭(通関開放金)を供託

する旨を命じ、通関開放金が供託されると、認定手続きを取りやめ、輸入を許可します。

(関税法第69条の20、同施行令第62条の3、62条の32)

□[通関開放金供託命令の期限及び供託額]

〇供託の期限

通関開放金の供託命令書は「通関開放金供託命令書」により通知されます。その命令書の

日付の翌日から起算して10日以内が供託の期限となります。

〇供託額 供託額は次に掲げる額のいずれかになります。

① 特許権、実用新案権又は意匠権のライセンス料に相当する額(これらの権利に係わる
  裁判において認定された額、過去1年間において実際に締結されたライセンス料の額、
  又は類似の事例におけるこれらの額により算定)

② 輸入者が当該物品の販売によって得ることになると考えられる利益額に相当する額
  (輸入申告の課税価格の20%を目安とします)

□[通関開放制度の効果]

〇 認定手続きの取りやめ (貨物の輸入が可能


(※) 次号では、「争う旨の申し出」を解説予定です。

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_15333060.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2007-08-25 15:33 | Trackback | Comments(0)
『当事者間で合意された外国為替相場ー解答・解説』

 (貿易ともだちさん)、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (565)

『当事者間で合意されている外国為替相場の取扱いー(解答・解説)』

「取引の当事者の間において、当該取引に係わる仕入書等に表示されている価格を、当該
当事者間で合意された外国為替相場により、その表示において用いられている通貨とは
異なる通過に換算し、当該通貨により現実に支払いが行なわれるときは、当該通貨による
価格に基づいて課税価格を計算する。
具体的な取扱いは次による。


[関税定率法基本通達 4の7-2(1~3)]


(1)  76,700円   (@118円 × USD650.00)

  外国通貨により表示されている価格が当事者間で合意された外国為替相場により本邦
  通貨に換算され、本邦通貨により現実に支払われる場合は、当該本邦通貨による価格
  に基づいて課税価格を計算する。
  この場合、課税価格の計算に際し、法第4条の7第2項の規定により財務省令で定める
  外国為替相=(実勢外国為替相場表)による本邦通貨への換算は要しない。


(2) 416,071円   
    (2,500ユーロ ÷ 0.70=USD3,571.43×@116.50/US$)

   外国通貨により表示されている価格が当事者間で合意された外国為替相場により
   第三国通貨に換算され、当該第三国通貨により現実に支払われる場合は、当該第三
   国通貨に基づいて課税価格を計算する。
   
   (※) この場合、課税価格の計算に際し、US$3,571.43を法第4条の7第2項の
     規定により、財務省令で定める外国為替相場(実勢外国為替相場)により本邦通貨
     へ換算する。


(3) 2,970,750円
     [3,400,000円×(100円/0.75US$)×(@116.5円/US$)

   本邦通貨により表示されている価格が当事者間で合意された外国為替相場により、
   外国通貨に換算され、当該外国通貨で現実に支払われる場合は、当該外国通貨に
   よる価格に基づいて課税価格を計算する。

  (※) この場合、課税価格の計算に際し、US$25,500.00を法第4条の7第2項の
     規定により、財務省令で定める外国為替相場(実勢外国為替相場)により本邦通貨
     へ換算する。


by Gewerbe 「貿易ともだち」  k・佐々木
a0061688_23401223.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2007-08-24 23:40 | Trackback | Comments(0)
『当事者間で合意された外国為替相場』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (564)

(妙に気持ちに引っかかる・・・)と言うか、非常に(意識している改正)があるのです、、、。

『関税定率法・基本通達4の7-2:(当事者間で合意された外国為替相場の取扱い)』

☆ 次の3件のそれぞれの場合の(課税価格)はいくらになるのか、考えてみてください。


(1) M(買手)は、海外のX(売手)から、「生鮮タマネギ」の輸入契約を締結した。            仕入書(インボイス)価格は、[CIF US$650.00]であるが、MとXとの決済契約に
    より、(118円/@USD)による外国為替相場での換算により、日本円で支払われる
    ことが合意されている。


(2) N(買手)は、欧州のY(売手)から、「機械式ムーブメント腕時計」の輸入契約を締結
    した。
    仕入書(インボイス)価格は、[CIF 2,500ユーロ]であるが、NとYとの決済契約に
    より、(0.70ユーロ/@US$)による外国為替相場での換算により、米ドルで支払
    われるされることが合意されている。


(3) O(買手)は、韓国のZ(売手)から、[革製コート]の輸入契約を締結した。
    仕入書(インボイス)価格は、[CIF 3,400,000円]であるが、OとZとの決済契約
    により、(100円/0.75US$)での換算により、米ドルで支払われることが合意され
    ている。

(※) なお、上記の3件とも、輸入申告日は、平成19年8月25日であり、当日に使用すべき      「実勢外国為替相場表」での(週間平均値)は、下記である。

    (1) [1米ドル通貨に対する円相場]
        
     平成19年8月6日~平成19年8月12日          ¥116.50

    (2) [1欧州統一通貨・ユーロに対する円相場]

     平成19年8月6日~平成19年8月12日          ¥158.50



(解答)は、次号で書きます。


☆ これは、例によっての(僕の過分な「いやァ~な予感・・・」)なのですよね、、、。


by Gewerbe  「貿易ともだち」


   

   

a0061688_21244012.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2007-08-23 21:23 | Trackback | Comments(0)
『輸入商品の所属区分』
 
 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (563)

『輸入商品の所属区分ー(処理、加工された場合の所属の決定)』

(参考:第36回 平成14年度問題)

〇 下記の(A欄)に掲げる物品を(B欄)に記載されているように処理又は加工し、(C欄)に
掲げる物品とした場合、(C欄)の物品が(A欄)の物品と異なる関税率表の「類」に分類され
るものの正しい組み合わせはどれか?

      (A欄)           (B欄)          (C欄)

a) 毛皮  (第43類)    毛織物の裏に張る   毛皮を裏張りした毛織物のコート 

b) 生鮮リンゴ (第8類)    しぼる          リンゴ・ジュース

c) 鶏卵 (第4類)      黄身と白身を分ける   卵白

d) 金の塊           成型加工する       金の指輪

e) 鉄線 (第72類)     成形加工する       クリップ

1, a, b, c
2, a, d, e
3, a, c, e
4, b, c, e
5, c, d, e


【解 答】 : ( 4、 b, c, e)

【解 説】

a, 毛皮を裏張りした毛織物コート : (第43類)        同じ

b, リンゴ・ジュース : (第20類 果実の超製品)  異なる

c, 卵白  : (第35類 蛋白質系物質)        異なる

d, 金の指輪 : (第71類)                     同じ
                                       
e, 鉄製のクリップ : (第73類 鉄鋼製品)     異なる


by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木

a0061688_18403322.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2007-08-22 18:40 | Trackback | Comments(0)