貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
sosoさんへ: コメ..
by Gewerbe at 10:08
"公表の「各6割以上(実..
by soso at 09:22
早速コメント返していただ..
by HS at 23:25
by(HS)さんへ: ..
by Gewerbe at 22:59
いつもとてもためになる記..
by HS at 21:01
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 06月 ( 38 )   > この月の画像一覧
『臨時開庁手数料の軽減処置・政令改正』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (502)


☆ 「特定輸出者」、「特例輸入者」の両申告制度の改正に伴って、『臨時開庁手数料令』の

改正が7月1日から(施行)となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関税法 第98条に「臨時開庁」の規定があります。

=(臨時開庁とは、行政機関の休日又はこれ以外の日の税関の執務時間外において、税関

  が臨時に執務する制度)

  税関に対して(臨時開庁)を求める場合には、税関に「臨時開庁承認申請書」を提出して、

  その承認を受け、「臨時開庁承認手数料」を納付しなければなりません。(第100条)

『臨時開庁承認手数料の軽減・免除処置 (関税法 第101条第5号)』

② 貿易の振興に資するため特に必要があるものとして財務大臣が定める場合


税関関係手数料令の一部を改正する政令(平成19年度政令 第196号)』

(理由)

税関の(臨時開庁承認手数料)について、港湾の深夜・早朝等の利用を促進するため、一定

の優良な輸入者等に対して特別な軽減を行なう必要があるからである、)

(概要)

港湾の深夜及び早朝等における利用を促進し、我が国の国際物流機能を強化するため、

額を、特例輸入者・特定輸出者の輸入、輸出の許可を求める場合にあっては、更に2分の1

(4分の3に相当する額)を軽減することとする。

(施行)

この政令は、平成19年7月1日から施行する。


by Gewerbe 「貿易ともだち」  K・佐々木

a0061688_2111424.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2007-06-30 21:11 | Trackback | Comments(0)
『 Over vol.500』

(貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  

一昨年の11月にこのブログ:「貿易ともだち」をスタートして、昨日が(500号)、通算での

アクセス数は、本日で(15、000アクセス)となりました。

(この前に同タイトルのメルマガを月刊で5年ほど継続し、最大で読者、1443名があります。)

読者の皆さん=(貿易ともだち & 頑張るチャン!)には、こんな僕のブログでも継続して

読んで頂いていることに、本当に感謝しています。


☆ 僕自身も「通関士受験講座」を持つ、いわゆる(受験産業:受験屋さん」の末席に席をおく

「通関士受験対策講座」の非常勤講師であることに違いありません・・・。

だけど、、以前から(僕自身の悩み?葛藤(かっとう)がありました、、。)

「通関士試験」を実施する(財務省・関税局)にとって、民間各スクールの「通関士受験講座」

は、どのような意識でとらえられているのだろうか?という疑問です。

(通関士の誕生に努力し、日本の貿易発展への多大な寄与に深く感謝されている) か、

(財務省・関税局にとって、苦々しく思われている。)

そのいずれかです、、、。

この10数年の「通関士試験出題問題の変遷」は、(過去問題攻略)と(出題形式改定)の

攻防戦でした、、。

(試験を実施する者)と(その試験問題をクリアーし合格者を輩出する者)とのイタチごっこ

だったのです。

(たしか、、僕が通関士試験に合格したのは、第13回試験だと思う、、)と書きました。

当時は、「通関士受験講座」を開催するスクールは皆無で、通信講座もありませんでした、

当時の受験勉強と言えば、(関税六法→施行令→基本通達)を読み進めて理解するしか

術はなかったのです。

唯一の(法令解釈理解)の手助けとするものは、「関税協会(通関士の指針)」だけでした。

僕の真意としては、政府系一組織が独占する受験体制は、決して好ましいものとは思いませ

んし、(国家資格試験)への実施、挑戦はオープンであるべきと考えます。

しかし、、、、、

「通関士とは、(税関手続きに関しての法務・税務の専門家)と書きました。」

本来の「通関士試験」は、この(関税・関税法)などの税務・法務の基礎・判断能力

を問うべき(国家試験)なのです。

各スクールの講座は、そのポイントを忘れて、(合格率への合理的・短期的な受験テクニック)

に偏った運営を継続して来てはいなかっただろうか~?

また、(結果として)「通関士試験の出題内容」を、(受験産業側が変えさせてしまった!)と

いえないだろうか?

一言で言えば。最近の通関士試験は、「いかに、受験者をパニックと時間不足に陥れるか」

の小細工の問題ばかりです、、、。

本来、(小細工)はいらないのです。(基礎・理解力)のはずです・・・。

(本来の=税関手続きに関しての法務・税務専門家としての通関士)を選び、育てるべきの

本来の通関士試験の目的に大きく(揺れ戻し)が始まるような気がするのです。


←これも(僕独特・・・)の(過分な懸念)と(神経質な考え過ぎ)なのかな~、、、、。


by Gewerbe 「貿易ともだち」  K・佐々木

a0061688_22563986.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2007-06-28 22:56 | Trackback | Comments(0)
『(通関業連合会国際連盟(IFCBA)』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (501)

『通関業の現状と課題(参考資料)』 より抜粋

平成19年4月19日 (社団法人 日本通関業連合会)


『通関業連合会国際連盟』

IFCBA(International Federation of Customs Broker Association)

各国通関業連合会の国際組織

1990年11月28日に設置

設立目標:国際的レベルで各国通関業連合会相互の協力関係の援助・促進・有する業務

問題に関する情報及び意見交換、類似の目的を有する組織との連携等。

加盟国:現在30カ国 (我が国は、毎年開催される総会・理事会に出席し、指導力を発揮
               している。)

『FAOCBA』

(アジア・オセアニア通関業連合会連盟) 

2004年5月設置

加盟国は現在12カ国(オーストラリア、中国、インド、イスラエル、日本、韓国、モンゴル、

ミャンマー、ネパール、ニュージーランド、フィリピン、スリランカ)

現在、(インドネシア、マレーシア、タイ、ベトナム)に対して、IFCBA・FACBAへの加盟を

促している。

☆ アセアン域内の通関業者に対する技術・ノウハウの移転

我が国通関業界のIT化促進、リスクマネージメントの向上、通関士の育成・能力向上への

取り組み状況を紹介することにより、アセアン域内の通関業者を支援。


by Gewerbe 「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_18185054.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2007-06-28 18:18 | Trackback | Comments(0)
『日本経団連/貿易制度の抜本的改革要求(2)』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (500)

『(2006年11月22日)・日本経団連/貿易制度の抜本的改革要求』

ー「各省庁の連携強化・横断的な政策調整・意思決定の実現」-

貿易の円滑化とセキュリティ強化の両立を目的として、国際物流を含めた通商戦略・経済

安全保障問題を関係省の一段上に立って一元的・一体的に検討する組織として、内閣に

調整本部を設置すべきである。 その上で、例えば、通商戦略の指令塔として担当大臣を

任命し、政策を総合的に企画・立案し必要な調整を行なう方向で改めるべきである。

戦略性、一貫性のある貿易政策・意思決定、制度運用を行い、企業のグローバル・サプライ

チェーンの全体最適化を支援すべきである。

米国では同時多発テロを契機として、セキュリティ強化と貿易の効率化・円滑化を同時に

達成できるよう、国土安全保障省(DHS)が創設され、一元的かつ包括的に取組

みが行なわれている。 また、韓国では「電子貿易促進法」に基づき国務総理の

下に「国家電子貿易委員会」が設置され、スピーディな意思決定が実現している。

我が国としても、これらを参考に、国としてグランドデザインを描き、セキュリティの確保と

効率的な国際物流を両立させる将来的な体制整備に向けた検討に着手すべきである。

また、官民一体となって経済のグローバル化への対応を図る観点から、調整本部の運営

には、民間有識者をメンバーに加え、民間企業のニーズを把握し具体的に対応する体制

を整備すべきであろう。

ーーー☆ーーー

【国土安全保障省】(U.S.Department of Homeland Security)

2003年に新設されたアメリカ合衆国の連邦行政官庁であり、テロ対策に係わる既存の

8省庁22の政府機関・部門を統合し作られた。

【電子貿易促進法】

韓国における電子貿易の促進に関する法律で、2005年12月に成立し、2006年6月施行。

Eトレードプラットフォームを通じ、すべての貿易手続きがシームレスネットワーク化を実現し、

「シングルウィンドウ化・ワンストップサービス化」を目指している。


by Gewerbe 「貿易ともだち」  K・佐々木

a0061688_6321826.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2007-06-27 06:33 | Trackback | Comments(0)
『トピックス・(見えてきた~!)』
(貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (トピックス)

だんだんと、、(見えてきました~!)←何が~?

第41回・通関士試験の(こう出てくるのではないか~?)という概要が・・・。

その「ポイント]は何か?

ここまで、(財務省・関税局・税関)がそのホームページで昨年まで[活動の明細]の全容を

漏らさずオープンに発表していましたか?

たぶん~、(たぶんです!)

税関は、[その詳細は、逐一、H・P(ホームページ)で、公布済みである。]と打って出る

のではないかな?

その意味で、今日の(税関ホームページ=http://www.custom.go.jp)の、

6月26日 新着情報

「(今日の動き)[貿易改革プログラムを実施するにあたっての論点整理]を公表。

「4月24日[関税・外国為替等審査会・関税分科会・企画部会懇談会]
【(社)日本通関業連合会 説明会資料(2-1)(2-2)

は、必読しておく必要があるでしょうね。

[そんな詳細、ルーツは関係ない!「通関士試験の合格秘訣!」は、

(受験テクニックのみである!)

と言う従来通りの考え方の(受験産業=受験屋さん)の反発と批判には、

素直に(受けてたちます!)

もし、今年の「第41回・通関士試験の実施内容」が、ことごとく僕の予想・懸念と

違っていたら、

このブログ=「貿易ともだち」をクローズ(閉鎖)する覚悟です!


それほど、(今年の通関士試験)に対しては、「昨年以上に!」

(今までとは、違う・・・)という気持ちを抱いているのです、、、。


by Gewerbe 「貿易ともだち」  K・佐々木
a0061688_23531450.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2007-06-26 23:53 | Trackback | Comments(0)
『日本経団連/貿易制度の抜本的改革要求(1)』
(貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (499)

『(2006年11月22日)・日本経団連/貿易制度の抜本的改革要求』

「効率化とセキュリティーの両立を目的とした制度・システム設計」

効率化とセキュリティーの両立の観点から、WCO(世界税関機構)で合意されたAEO・ACI

政策に準拠したコンプライアンス制度を構築すべきである。

国際的に進められている制度・システム改革の方向は、ITの活用による完全電子化と

コンプライアンス制度に基づく手続きの簡素化であり、これを国際的なパートナーシップを

通じて早急に実現すべきである。

○ WCOのACIガイドラインに準拠した完全電子化の実現

貿易手続きに際しては、WCOにおいて合意されたACIに関するガイドラインに準拠した

完全電子化を実現すべきである。

2008年稼動予定となっている(次世代シングルウィンドウ・システム)については

諸手続き(通関手続き、港湾関連手続き、防疫・検疫手続き、乗員上陸許可手続き等)を

省庁横断的に徹底して見直す業務改革が断行されたうえで構築されるべきであり

真のワンストップ・サービスが実現されるよう強く求めたい。

その上で、我が国のシングルウィンドウ・システムをオープンなシステム環境で実現させ、

ASEAN(アセアン=東南アジア諸国連合)域内で進められているシングルウィンドウ・システ

ムなどと(G to G=政府間)で連携を図り、グローバルでオープンな貿易IT基盤

とすることも視野に入れるべきである。

例えば、船積み前に各国税関同士で貨物情報を電子的に交換することにより、テロ対策上

のセキュリティーと物流のリードタイム短縮を同時に実現できる。

これによって、我が国のITインフラが世界のITインフラの一翼を担い、セキュリティーと効率

的な国際物流の実現に貢献することが可能になる。


【WCO】=World Customs Organization=(世界税関機構)

各国の関税制度の調和・統一を推進し、国際貿易の発展に貢献することを目的として、

1952年に設立された国際機関。現在169カ国・地域が参加。

【AEO】=Autorized Economic Operator

セキュリティー管理優良として貨物の安全性についての信頼性が認定された企業。

現在、EU(欧州連合)において事前申告提出を義務付けるための税関規則改正を検討中。

オーソライズド・オペレイターには、より短い貨物到達前、出発前の事前申告のタイムフレーム

、提出書類の削減等のメリットが享受される。⇒[特定輸出者]・[特例輸入者]

【ACI】=Advanced Cargo Information

税関に対する貨物情報の事前報告


by Gewerbe 「貿易ともだち」  K・佐々木

a0061688_920690.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2007-06-26 09:20 | Trackback | Comments(0)
『日本経団連/貿易制度の抜本的改革を要求』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (498)

前号において、「平成19年度関税法改正」は、下記の3点が合流・到達した(行政改革)の

スタートだ。と書きました。

① WCO(世界税関機構)の各国税関手続きの連携・共通化

② (社)日本経団連からの(貿易手続き改革の上申書)

③ 政府、(アジア・ゲートウェイ構想)に基づく「貿易改革プログラム」

この中で、②の[(社) 日本経団連からの「貿易手続き改革の上申書」とは、どのような内容

のものなのでしょうか?

実は、これが実質的な「平成19年度 関税法改正」の根源であり、今後ますますに改正の

スピードが高まって行くと思える(関税法等)→(通関士試験内容)の[将来変化]がみえる

ものなのです。

ーーー☆ーーー

2006年11月22日

【日本経団連/貿易諸制度の抜本的改革を要求】

(社)日本経済団体連合会は11月22日、貿易に関する組織・制度のあり方に絞り、これまで

の延長上ではない抜本的な改革の方向性について改めて要求した。

関係省庁において、産業、企業による(サプライチェーンの流れ)を把握し、省庁間の垣根を

取り払い、連携を強め、情報の共有化、一元化を図ったうえで、次の制度や手続き、システム

について今日の現状に合ったものに改める必要があるとして、具体的な提案を提示した。

1) 効率化とセキュリティーの両立を目的とした制度・システム設計

  ☆ WCO(世界税関機構)のACIガイドラインに準拠した完全電子手続き化の実現

2) 港湾行政における広域連携のあり方と手続きの改善

3) 各省庁の連携強化、積極的な政策調整・意思決定の実現


次号からは、(今年の通関士試験)に大きな影響を与えることとなるであろう 「平成19年度  

関税法改正」の国会承認→公布→施行に繋がる、上記3点の具体的な内容をみていく予定

です。 


by Gewerbe 「貿易ともだち」  K・佐々木

a0061688_219966.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2007-06-25 21:09 | Trackback | Comments(0)
『トピックス:(経済法制整備へアジア支援策)』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (トピックス)

『自民党、経済法制整備へアジア支援策』

自民党は23日、アジア地域の経済法など法制度整備に向けた支援策をまとめた。

民間有識者も参加した首相直轄の戦略会議を今年度中に首相官邸に設置し、省庁横断

な支援策を策定。

既存の法化大学院にアジアの統一的な法制度を研究する『アジア・ロー・スクール』設置を

促すことも検討する。

(アジア域内)の法整備に関する意識を高めるとともに、日本の法制度の浸透を図って日本

企業の進出やその後の活動を後押しする狙いもある。

党司法制度調査会の[国際化社会に対応する司法・法務のあり方に関する小委員会]

が月内に[法制度整備支援の戦略ビジョン]を取りまとめる。

政府は2008年度予算案に必要経費を盛り込む方針だ。

(ソース:6月24日 NIKKEI)

by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木
[PR]
by Gewerbe | 2007-06-24 13:53 | Trackback | Comments(0)
『通関士の将来(6)』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (497)

結局・・・「平成19年度 関税法改正」は、表面的には従来と同じ(法令の一部改正)

ですが、その実態は抜本的な(行政改革)です。

「平成19年度 関税法改正」を、従来と同じ感覚での(法令改正)と捉えてはいけないのです。

① WCO(世界税関機構)の加盟国統一の連携改正

AEO(Autorized Economi Operator)
ACI (Advanced Cargo Infomation)

② (社)日本経済団体連合会[経団連]からの上申書

     「貿易諸制度の抜本的な改革を求める」
     -グローバル・サプライチェーンを踏まえた具体的改革の方向ー
      (2006年11月21日) http://www.keidanren.or.jp

③ 日本政府・「アジアゲートウェイ構想」

     -(貿易手続き改革プログラム)-

つまり、

1) WCO(世税関機構)による各国税関手続きの連携・共通化への動き

2) (社)日本経団連のまとめによる、経済界からの集約・統一された改革の要望

3) 日本政府の基本方針「アジア・ゲートウェイ構想」の基本プログラム

の3点が、みごとに連携・歩調を合わせて(具体化)に動いたのが今回の「平成19年度 

改正」なのです。

その改正の基本的概要は、「法律」として、今年の3月31日に公布されています。

具体的実施日の(施行日)は、原則とすると4月1日からですが、6月1日、7月1日、、

その(仕上げ)としての施行日が10月1日施行分です。

そこには、今までの(通関手続きの原則)がひっくり返る様な(改革のスタート)が含まれて

いるのです、、、。

この10月1日施行分を外しては「平成19年度 関税法改正」は考えられない。

←が、僕の意見であり、

「第41回 通関士試験の対象範囲」が10月1日施行の法令から出題か??。

←が、僕のもっとも危惧する(とり越し苦労、、?)なのです。

☆ この過分な(取り越し苦労・・・)と試験概要の発表前に、あれこれとこの場に

(私見を述べること)、(今年のテキスト等も含めて、来年以降は通用しない、バッサリと

捨てるしかない)
という「過激な意見!」に対しては、

相当の反発と批判を具体的に浴びています、、。

しかし、[郵便貨物への関税法の原則適用] : 及び、各(基本通達)内容までを含める

10月1日施行以降の施行は、本当に(今の内容)とは大きく変化します!


by Gewerbe  「貿易ともだち」  K・佐々木

a0061688_1030498.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2007-06-24 10:30 | Trackback | Comments(0)
『通関士の将来像(5)』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (496)

結局、『通関士』とは、何なのでしょうか~?

通関=税関を通す=(税関手続きの専門家)と言いました。

今年の「通関士試験」は、第41回目の試験ですよね。

では、この「財務省国家試験:通関士試験」が始まった41年前に何があったのでしょうか?

[申告納税制度]のスタートです。

それまでの全面的な(賦課課税方式)から、原則(申告納税制度)に改正されました。

関税法規定上では、(外国からの貨物を輸入しようとする者は輸入の申告に

併せて納税の申告を税関にしなければならない。)
とあります。

しかし、[適正で敏速な通関手続きの確保]のために、実質的には専門の知識を持つ業者に

依頼・代行させる。という前提で、通関業務の独占業である[通関業者]の免許制を定め、

その時に(通関業法)が新規に制定されたのです。

その通関業者の義務として、(国の試験=通関士試験合格者で税関長が「確認」した通関士

の設置と審査を義務付けました。)

この(通関業者の義務)として、41年前に「通関士試験」がスタートしたのです。

つまり、通関業者にとっては、顧客である他者=輸出入業者の税関手続き業務の依頼を受

てその業務を代行する=(他人の依頼により業として)

「通関業法に限定された通関士」 これが、「関税法としての通関士」に拡大される可能性が

あるのでは? が、僕の意見です。

では、「通関業者の通関士」→「輸出入業者・保税業者内の通関士」の将来的拡大の可能性

は見えるにしても、

「企業内=社員としての通関士」から、「個人資格への拡大」の可能性はあるのか?

僕としては、その方向性にあるとは感じるのですが、相当の「通関士のレベルアップ」が図

られるでしょうね、、。

それはまさしく「税関手続きの法務・税務専門家」です。


by Gewerbe 「貿易ともだち」  K・佐々木

a0061688_19365615.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2007-06-23 19:37 | Trackback | Comments(0)