貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
sosoさんへ: コメ..
by Gewerbe at 10:08
"公表の「各6割以上(実..
by soso at 09:22
早速コメント返していただ..
by HS at 23:25
by(HS)さんへ: ..
by Gewerbe at 22:59
いつもとてもためになる記..
by HS at 21:01
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧
『健闘を祈る!』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (251)

初めて、4日間ほど、このブログへの(書き込み)を停止していました、、。

いよいよ、明日が【第40回 通関士試験】ですね。

(今夜は、どう過ごすか~?)←居直るしかないですネ!

4月からの学習が、明日の試験で(最大ハッキ!)できる様に、

今夜はグタグた考えずに、早めに寝てください、、、、。

どうしても(眠れない、、、)という人は~?

「実行関税率表」と「課税価格の決定方法」の二つでも眺めておいてください。

いやでも(眠くなる、、)し、明日に(お役立ち)です!

※ 原則として、(遅刻)は受験が認められませんので、注意してくださいね。

※ 「受験番号記入漏れ」は、即:不合格決定!となりますので、ご注意!を、、、、

『 祈る、健闘!!!』

by Gewerbe  (貿易ともだち)  K・佐々木

a0061688_2015405.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2006-09-30 20:15 | Trackback | Comments(0)
『最大の敵!』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (250)


今夜も入れて、「後6夜過ぎた朝、皆さんはそれぞれの試験会場に急いでいるのですよね~」

というようなことを書くと、みなさんの(プレッシャー)を煽るようですけど、

決して、(皆さん自身のペースを崩す事無く)落ち着いて日曜日を迎えてくださいね。

年一回の(通関士試験)の『最大の敵!』は、(時間不足)でも、(勉強不足)でもありません。

(プレッシャー)からくるストレスでの(風邪)であり、(お腹を壊すこと)です。

もうここまでくると、あまり無理を重ねずに、(淡々と過ごしてください!)

睡眠時間も充分にとって、(最高の体調と精神状態)で受験できるように勤めてください。

通関士試験で最も怖いのは、体調不良(寝不足)の中での極度の緊張・プレッシャーから

くる (ぼんミス!=ポカミス!)なのです!

特に、(実務申告書)(実務計算問題)で、「自分でも信じられない!:ポカミス」で、多くの

受験者が毎年泣いているのです。

(やんなきゃ~いけないのに、、また、、寝ちゃったよ~、、!)

今週はそれくらいの(ノーテンキ!)の方が「好結果!」となりますヨ!

by Gewerbe (貿易ともだち) K・佐々木
[PR]
by Gewerbe | 2006-09-25 22:59 | Trackback | Comments(0)
『不服申立て』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (249)

関税法の第89~93条に『不服申立て』の規定があります。

毎年(必ず出題!)される部分ですよね。

『不服申立て』には、「税関長に対する異議申立て」と「財務大臣に対する審査請求」

があります。

(最注意!) [出題の可能性が非常に高いです!]

※ 「関税法 第69条:輸出してはならないもの、輸入してはならないもの」の法令改正に

   よって、「財務大臣に対する審査請求」の内容が変っています。

(注意ー1)

(関税法 第91条、同法施行令第82条) 

【関税等不服審査会への諮問】

「財務大臣は、下記に関しての審査請求があった場合は、関税等不服審査会に諮問し

 その決議を経て裁決しなければならない。」

① 関税の確定、徴収に関する処分、滞納処分

② 輸入してはならない貨物の内、(ポルノ、児童ポルノ)に該当する旨の通知
   
   輸出してはならない貨物の内、(児童ポルノ)に該当する旨の通知

③ 輸入してはならない貨物に係る認定

   輸出してはならない貨物に係る認定

④ 輸入してはならない貨物に係る申立ての受理・不受理

   輸出してはならない貨物に係る申立ての受理・不受理

(注意ー2)

(関税法 第93条 同法施行令第8条第1項ただし書き)

【審査請求前置き主義】

「税関長の処分の取り消しの訴え」について、財務大臣の裁決を経た後でなけねば提起

 できない。」

※(注意) 上記の①、②は、「審査請求前置き主義」となりますが、

       ③ 「認定」 と ④ 「申立て」の受理・不受理は含まれておりません。

by Gewerbe  (貿易ともだち) K・佐々木
a0061688_21433755.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2006-09-23 21:43 | Trackback | Comments(0)
『通関業法』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?

「通関士試験」を大きく分けると、(3科目の試験)となり「通関業法」が独立して(1科目)を

占めます。

決して疎かにはできない法令ですけど学習としては、難しくありません。

① 出てくる言葉、内容を(関税法、定率法)などで見ていて、初めてではないのです。

② 各条文毎に体系的にまとめてあります。

ここで、『通関業法の学習のポイント』をまとめてみましょう。

① 『通関業法』は、(管轄税関単位)、(営業所単位)である!

② ポイントは、「通関業務」、「義務・権利」、「処分」の3点である!

③ 全体に影響する第6条:「欠格事由」の理解が最大ポイントである!

☆ 『通関業法 第6条:「欠格事由」の理解のポイント

「 何の法律で? 

  何の罪を犯し? 何の処罰を受けてから、

  何年目か? 」

(例) 「港湾運送事業法」の違反で「罰金刑」を受けて執行が終わってから「3年を経過

     しない者」

    ※ 「港湾運送事業法」は、(関税法)でも(通関業法)でもありません。

       従って「一般法令違反」による「禁固以上の刑」の執行を

       受けて、3年を経過しない者でない以上、(欠格事由)とはなりません。

   (注)!「関税法」については全部ではなくて、「関税に関する一定の犯罪

であることに、(試験対策)としては(最重要注意!)です。


by Gewerbe(貿易ともだち)  K・佐々木

a0061688_2020431.jpg
[PR]
by Gewerbe | 2006-09-20 20:20 | Trackback | Comments(0)
『暗記から理解へ』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (247)

「通関士試験」は、(法律と税金)の試験で、一見として(暗記の世界)のようですが、最近は

特に(理解の勉強)の度合いが高まっています。

その意味でも、(実行関税率表)での「商品所属区分」の「含まれる物←→含まれない物」

を(暗記)で捉えるのは無理があり、危険です。

何度も言ってくどい様ですけど、「実行関税率表」は(動物図鑑でも植物図鑑)でも

ありません。

「売買=輸出入される商品の経済的価値(値段)」で区分されている

「商品区分表」です。

1) トラや、象、ライオン、熊などは(生きてる動物)として「第1類」に所属されますけど、

  (芸をすることで利益を稼ぐ「サーカスの動物」は、「第95類」の興行用具などに区分され

   ているのです。

2) 単純に(原形を留める、粉砕しただけ、保存用の処理をしただけ)などの加工は、そんな

   に(経済的価値)を付加したわけでもないので(加工品)とせずに、もとの(材料)から

   移動せずに、(原材料)と同じところに所属されるのです。

  (冷凍、冷蔵、塩漬け、水煮、乾燥、燻製、)など

  (例) 魚の味を3枚におろす。→(アジのフィレ)→(第3類:魚など)

      (アジの味醂干し)←第16類:魚などの調整品)

  (例ー2) 

      スモークド・サーモン(鮭の燻製):保存のために、煙で燻しただけ=(魚)

      燻製のイカ=(軟体動物の調製品)、「調理後に燻製している」

3) 「貿易でたくさん輸出入される商品=経済的価値の高い商品」は独立した区分を持ち

   ます。

  (例) 第2部 「植物生産品」

      (コーヒー、茶、香辛料):第9類

      (採油用の種及び果実):第12類

      第4部 「調整食料品など」

      (ココア):第18類

      (タバコ):第24類

←言ってることの(意味)が解っていただけましたか~?

by Geberbe (貿易ともだち)  k・佐々木

a0061688_222151100.jpg
[PR]
by Gewerbe | 2006-09-19 22:21 | Trackback | Comments(0)
『輸入取引によらない輸入』???

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャ!)してるかな?  (246)

関税定率法だい4条「課税価格の決定方法」において、 (輸入取引によらない輸入)

の場合と(輸入にあたり特別な事情がある場合)は、「課税価格の決定の原則」が

使えず、 「課税価格の決定の例外」の第4条の2から第4条の4の規定により

課税価格を求めるとされています。

では、この『輸入取引によらない輸入』という、(正しい日本語として認めるには

抵抗を感じるような言葉)の具体的な内容はどの様なものなのでしょうか?

(法律的)には、その基本通達4-1の2において;

(1) 無償で輸入される貨物      

(2) 委託販売のために輸入される貨物

(3) 売り手の計算と危険負担によって輸入される貨物

(4) 賃貸借契約に基づき輸入される貨物

(5) 荷送人の所有権が存続する貸与貨物

(6) 加工賃方式による逆委託加工貿易により輸入される貨物

等、とされています。

その裏を返せば~?  

a0061688_22193634.jpg
『輸入取引』とは?

「相互に独立した関係下(輸出者と輸入者が、対等な立場)での、完全競争下における

 商品買取り(適正な商品の経済的価値に見合う代金の支払い)による、輸出者

から、輸入者への「所有権の移動」のこと。」


となります。


by Gewerbe 「貿易ともだち」  K・佐々木
[PR]
by Gewerbe | 2006-09-17 22:19 | Trackback | Comments(0)
『実行関税率表:コーヒー』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (245)

輸入品の関税率を決める『実行関税率表』は、(商品の経済的影響度)(国際常識)で分類

されていて、私達の商品に対する常識と違う(摩訶不思議な世界)
と言いました。

その意味で、『コーヒー』は、ちょっとややこしい(所属区分)になっています。

『コーヒー』は、第2部 「植物生産品」の中の第9類に「コーヒー、茶、マテ及び香辛料」と

して区分されています。

1) 第9類に所属するコーヒーは、(コーヒーの豆)です!

    ① 生、炒ってあるかは問わない。

    ② 粉にしてあるものも含む

    ③ コーヒが含まれている(コーヒー代用物)を含む。                               
       ※  (コーヒーの含有率は問わない)

2) (コーヒーのエキス、濃縮液)は、第21類「各種の調整食料品」

    ① コーヒーのエッセンス

    ② コーヒーの濃縮液

    ③ これら、コーヒーのエキス、濃縮液から作られた食品

    ④ (コーヒーを含まない)炒ったコーヒー代用物

※ (コーヒー豆の粉)は、第9類

   (インスタントコーヒー)は、第21類

    ボトルに入った(アイス・コーヒー)は、第21類

    (コーヒー)が入ったお菓子は、第21類

※ 「第9類 コーヒー、お茶、香辛料」、、、、、

今年の通関士試験の「輸入(納税)申告書」、、何か嫌な予感がするなァ~、、。

by Gewerbe (貿易ともだち) K・佐々木
a0061688_1931144.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2006-09-16 19:03 | Trackback | Comments(0)
『事後審査』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (244)

「税関」は、その(水際取締りの強化)と(通関の一層の敏速・合理化)の両方の観点から

旧輸入禁制品=「輸出入してはならない貨物」の重要な内容については、申告後に審査

を実施しますが、(申告関税額等)の審査は、なるべ輸入許可後の事後調査に重点を写す

方向にあります。

「大きな問題の無い限り許可を与えて、関税額等の間違いのチェックは、後から

ゆっくりとする。」 これが、『事後審査』と呼ばれるものです。


従って、納税義務者の輸入申告関税額が過少であった場合の「増額更正」の期間制限は

以前の2年から現状では3年に延長されています。
a0061688_21575560.jpg


☆ 申告納税方式においては、その申告関税額が過少であることにについて、税関長より

の(増額更正)を受けた場合、「延滞税」が発生します。

と言うことは、、、

許可後にただちに(更正)を受けた輸入者と、輸入後3年近く経てからその間違いの指摘を

受け、(更正)された輸入者とでは、その「延滞税」において不公平が発生します。

その不平等性発生を避けるため、軽減措置が規定されています。

【延滞税の軽減措置】:関税法第12条第7項 (抜粋)

(法定納期限)から1年を経過する日以後に、その関税額への(更正通知書)が発せられた

場合は、法定納期限から1年を過ぎ更正通知書の発布日までは、その(延滞税)の計算

日数から控除する。

by Gewerbe (貿易ともだち) K・佐々木
[PR]
by Gewerbe | 2006-09-14 21:57 | Trackback | Comments(0)
『輸入してはならない貨物』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (243)

今年の6月1日に「関税定率法第21条:輸入禁制品」から、「関税法第69条」にその名を

変えて移行された『輸入してはならない貨物』

今回の「関税法への名称変更・移行」までに、どのような(改定)があったのでしょうか?

1) 該当品目の追加

 ① 平成15年 「育成者権の侵害物品」を追加

 ② 平成17年 「火薬・爆発物」、「児童ポルノ」を追加

 ③ 平成18年 「偽造クレジットカードの生カード」、「不正競争防止法の違反物品」追加

2) 認定手続き  平成15、16、17、18年改定・新設

 ① 税関長は、知的財産権侵害物品に該当する輸入品がある場合は、(認定手続き)を

   執らなけねばならない」

 ② 税関長は(認定手続き)を執る場合は、権利者、輸入者の双方に通知しなければ

   ならない。

 ③ (認定の通知)を受けて知り得た情報は、みだりに他人に知らせ、不当な目的に

    使用してはならない。

 3) 申立て手続き  

 ① 平成15年 「特許権、意匠権、実用新案権、育成者権」に対象を追加

 ② 平成18年 「不正競争防止法請求権」を対象に追加

4) 専門委員への意見照会

 1) 税関長は、輸入差し止めの申立てがされた場合は、「認定手続き」を執るかどうか、

    専門的な知識を有する専門委員意見をもとめることができることとした。

5) 見本の検査 

 1) 平成17年 一定の条件下での「権利者による見本の検査」を認めた。

5) 開放金制度

 1) 平成15年 輸入者から(認定手続きの取り止め)の求めがあった場合は、(権利者)

    が被ると予想される損害に相当する(担保の提供)を条件として認定手続きを

    執り止めるとする。

by Gewerbe (貿易ともだち)  K・佐々木

a0061688_21152341.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2006-09-13 21:15 | Trackback | Comments(0)
『関税の減税・免税・戻し税』

 『貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (242)


ボリューム的には関税定率法の相当な部分を占めるのが(減・免・戻し税の規定)です。

何故?これらの規定があるのか、考えたことがありますか~?

その(答え)が、昨日まで言って来た(従価税)においての(計算式)にあるのです。

[関税額]=(課税価格) X (税率)

[関税]は、(無償サンプル)で、タダ(0円)で輸入されようとも、他人の数倍の価格で輸入

しようとも、(災害救援物資)として、海外からの慈善物資であっても、その(輸入の内容)

には関係無く、(商品が同じ)ならば、(同じ関税額)となるのが上記の数式です。

「関税」は、(輸入の取引の内容)に対する税金では無く、

(輸入される商品の経済的価値)に対する税金です!

※ 「海外から日本に商品が入って来れば、例外無く上記の数式で

   (関税額)としての金額は算出されるのです。」

(輸入取引の内容)によって、「関税を納付するには適正でない。」場合は、

(算出された関税額)を後から、(納付軽減)するしか方法がありません。

これが、「関税の減・免・戻し税」なのです。

もし、(税率)が、(輸入の形態・取引条件)で決められているものならば、関税定率法に

(減・免・戻し税)の膨大な規定は必要ないものなのです。

(減税)=算出された関税額の(一部納付免除)

(免税)=算出された関税額の(全額の納付免除)

(戻し税)=算出・納付された関税の納付後、(一部、全額の払い戻し)


☆ その意味で、(免税)と(無税)は明らかに性格を異にする違うものです!

(免税)=計算上、算出された(関税額)の全額納付免除です。

(無税)=上記の数式での計算で(関税額)=0円です。

       つまり、 「税率が無税=Free (0%)」の場合です。

by Gewerbe (貿易ともだち)  K・佐々木

a0061688_1728248.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2006-09-12 17:28 | Trackback | Comments(0)