貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
sosoさんへ: コメ..
by Gewerbe at 10:08
"公表の「各6割以上(実..
by soso at 09:22
早速コメント返していただ..
by HS at 23:25
by(HS)さんへ: ..
by Gewerbe at 22:59
いつもとてもためになる記..
by HS at 21:01
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
『DRIED BONITO ..
at 2017-10-17 17:38
『DRIED BONITO ..
at 2017-10-17 07:25
『DRIED BONITO ..
at 2017-10-16 23:34
『DRIED BONITO ..
at 2017-10-15 22:20
『DRIED BONITO ..
at 2017-10-15 03:54
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧
『国際会計理事会』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (211)

【国際会計基準理事会:IASB=International Accounting Standards

Board】って、知っていますか?

世界各国が同一の『国際会計基準』を活用することを目的に統一基準化を進めている

先進国の会計士団体で構成される理事会です。

世界最大の資本市場を抱える米国の財務会計基準審議会と日本の企業会計基準委員会

は、すでに「IASB」と協力して統一会計基準を作り始めている。

会計基準の国際共通化が進めば、世界主要市場の会計基準がほぼ足並みをそろえる

ことになり、投資家は、同一基準で、[世界各国の企業財務表]を比較することが

可能になる。

☆ 日本ではこの動きを受けて(東京商工会議所)が

国際会計検定:バティク:BATIC=Booking and Accounting Test for

International  Communication】の検定制度を創設しています。

☆ 【日本の会計基準、EU(欧州連合)が修正要求】

欧州連合(EU)が日本の複数の企業会計基準について、国際会計基準との間に

「特に重要な違いがある」 として、日本の金融庁に修正を求めていることが

7月28日に公表されました。

M&A(企業の合併・吸収)の会計処理に適用する企業会計などが修正要求の

対象で、金融庁はEUの要請に応じる意向。 

会計ルールを見直すと、合併時に(含み損)の処理を迫られるなど企業活動にも

大きな影響が出てきそうである。

EUは2008年度中までのルール変更(日本の企業会計基準の国際統一化)を要求して

おり、金融庁は近く、日本の会計基準を作っている民間団体である、

「企業会計基準委員会(ASBJ)」にルール変更のスケジュール表の作成を

要請する。

←先生~、、。これも先生の言う(貿易の変化)なの?

←そうですね、、。だって、(外国の部品)で(外国の工場)で作られた(日本の車?)が

 沢山、日本国内で売られている現状ですよ!

 (EUマーク)の付いたトヨタの乗用車が走ってるのに気がつきませんか?

by Gewerbe (貿易ともだち)  K・佐々木
[PR]
by Gewerbe | 2006-07-31 21:48 | Trackback | Comments(0)
『ウッド・ショック=Wood Shock』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (210)

ベニヤ板が消える、、、

【南洋材の値上がりは天井知らず、、、】インドネシアやマレーシアなど東南

アジアの木材(ラワン材)を扱う木材関係者は、高騰を続ける市況に呆れ顔。

この一年間で現地との制約価格は、原木丸太で約20%、合板(コンクリート型枠用)で

約50%値上がりした。 歴史的にみると、インドネシアが1997年に原木丸太の輸出全面 

禁止を決定した「ウッド・ショック」頃に並ぶ高値圏にある。

背景には、昨年から現地政府の方針で「伐採規制」が急速に強化されたことによる。

これまで森林保護地区から闇ルートで大量の違法材を買い付けてきたとされる

中国が合法材を求め始め、合法原木丸太の争奪戦が激化してきた。

子会社に合板工場を抱える日本の商社も、

① 丸太の高値より、原料不足で合板工場の製造ラインが止まることを恐れる。

② 現地輸出業者との契約が決まらないままに、船を送り込み、満杯にするまで日数

  がかかって、港での滞船料(5千ドル/日)を払うよりは、、

と、日本の木材商社が、価格を度外視しての丸太集めに躍起になっているのも実情だ。

現地での「森林保護:違法伐採への摘発」は非常に厳しく、警察の査察官が

ラインを止めて、丸太の一本毎に点検をしているようです。

合板原料はここ10年で「脱南洋材」が徐々に浸透し、北洋材への切り替えが進んでいます。

足元の価格高騰や材料の供給不安は南洋材離れを一層後押しして、ユーカリといった植林

木や、木質繊維板(MDF)などの代替合板への転換が加速すると思える。

(参考):NIKKEI 商品コラム。価格は語る

『国際木材機関:国際熱帯木材協定』ー(2000年宣言)

「熱帯雨林の地球環境保全に与える重要性にかんがみ、木材輸出は植林などで持続可能

な形に管理された木材に限る。」


by Gewerbe (貿易ともだち) K・佐々木

a0061688_15231850.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2006-07-28 15:23 | Trackback | Comments(0)
『形態模倣品』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (209)

『ROLEX(ロレックス)類似品禁止! 腕時計会社に東京地裁』

東京の時計製造販売会社「ケントレーディング」に、スイスの腕時計メーカーの

「ROLEX」が(類似品)の製造販売や損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地方裁判所

は、7月26日、両社の10種類の製品を比較し、似ていると認定した9種類について販売を

禁止し、ケントレーディング社に1400万円の支払いを命じました。

判決によると、

「ROLEX」の製品は「ROREX」の文字と王冠の絵柄がついている。

「ケントレーディング社」の時計はデザインが似ている上「R・X・W」の文字に

王冠に似せた3つ又の矛の絵柄が小さく表示され、東京地裁裁判長は、「ロレックスの時計

を意識し、類似した商標を選択したと見なされてもやむを得ない」と判決をだしました。

☆ これは、(旧・関税定率法 第21条第9号=輸入禁制品(知的財産権侵害物品)の

いわゆる(コピー製品);(海賊版)と呼ばれる「意匠権」「商標権」を侵害する物品とは違い

ます。

平成18年3月1日:法令改正によって、追加された、

(旧・関税定率法 第21条第10号)の「不正競争防止法に掲げる形態模倣品」です。

☆☆ 平成18年6月1日:法令改正

上記の「不正競争防止法」の追加改正も含めて、

関税定率法 第21条「輸入禁制品」は、

(輸入してはならないもの)に名称を変更して、

関税法 第69条に移行されました。



by Gewerbe (貿易ともだち) K・佐々木
a0061688_1941235.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2006-07-27 19:41 | Trackback | Comments(0)
『通関士試験の失敗!』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (208)

『通関士試験』:言わずと知れた、貿易関係で唯一の財務省国家試験です。

「関税の賦課課税方式」から「申告納税方式」の原則切り替え時の40年前に施行された

「通関業法」の中でスタートした、「国家資格試験」です。

”ごろ”は悪いけど、「40年目の節目」で、①出題形式の改定 ②法令改正の出題範囲の

拡大。 と、受験生の皆さんは(不安:戸惑い)の中と思います。


〇 「通関士試験」の(合格率)が以外・予想外に低い人達に2種類の人達がいます。

① 現役の通関業者の従業員(社員)

② (法学部)出身者

「通関士試験」は、 税関手続きに関する:(法律)と(税金)の問題

であることは間違いありません。

しかし、その前提となる輸出入=国際経済は、 (ビジネスと言う”生き物”なのです。)

「通関士試験)を、(国内法令)(税制度)として捉えるか? 輸出入として(国際経済)で捉え

か?  大きく結果が違ってくるのです。

☆ 一昨年=第38回通関士試験の「輸入(納税)申告書」の問題は、(冷凍豚肉の輸入)

でした。これは「関税暫定措置法の第7条の6」の規定による出題です。

この部分は、(過去に出題実績の無い新規分野の問題)でした、、、、。

この新規分野の問題に関して、(国際経済額的な解釈で合格した人)と、(法令記載通りの

範疇にしか理解が及ばなくて、不合格)となった人の両面に分かれたのです。

☆☆ 正解を出して(合格)した受験生は、こう考えたのです、、、、。

「現在の日本で、輸入品に課せられる(関税)は、①財源関税と、②国内同種産業の保護

関税の両面があるけど、実質的には、②の(同種国内産業保護関税)である。

そうすると、(国産豚肉の卸価格=基準価格)として、それより安い(輸入品との差額)を
a0061688_22413547.jpg


(割増税率)にして、安い輸入品から国内産業を守る[価格調整金]が(税率)のはずだ!」

とりっぱに解釈したのです。←そこまで(法令)としては教えてもないのに、、、、。


←先生~、、。先生の言ってること、、解る気がするのだけど、、解んない、、、(泣)

←実は、昨年からある組織に言い続けているポイントなのだけど、解ってもらえない、、(泣)


☆ このブログ:1月26日(No.60=税関って~?)

          1月27日(No.61=変る、「税関手続き」)
  
  を再読してネ!

byGewerbe (貿易ともだち) K・佐々木
[PR]
by Gewerbe | 2006-07-26 22:41 | Trackback | Comments(0)
『NISSAN』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (207)

「日産、世界累計生産1億台突破!」

車メーカーの日産自動車は7月24日、世界全体での「NISSAN」累計生産台数が

1億台を突破したと発表しました。

国内の車メーカーでは、1997年に達成した「TOYOTA」に次2社目の1億台突破

となります。

日産自動車は、1933年に「ダットサン12型」の生産を始めて、73年目の1億台突破と

なります。

日産、タイに自動車部品の輸出拠点

日産自動車は7月18日、タイに自動車部品の輸出拠点を設置すると発表しました。

タイ国内の現地、日系の部品メーカーの90社近くから調達した部品を一括管理し、

日本やメキシコ、など各国の自社工場に輸出するものです。

これは、タイや中国、東欧など低コスト生産が可能な地域で部品を一括調達し、世界各国

の自社工場に供給する調達戦略の一貫で、今年の4月には中国の部品センターを開設。

来年の8月にはインドネシアに設置予定。東欧にも計画しています。

←先生~、、。それって、(日本のNISSAN)が、外国の部品で外国の工場で

  作られて、世界中を走り回る。ってことだよね~。

  (日本車):(外車);;;;;;;何か、解らなくなってきた、、、、、。

by Gewerbe (貿易ともだち) K・佐々木
a0061688_21291141.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2006-07-25 21:29 | Trackback | Comments(0)
『為替差益』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (206)

自動車や精密機器輸出企業、ユーロ高で潤う

自動車や精密機器など欧州での売上規模が大きい企業に『ユーロ高』

追い風が吹いている。

外国為替市場ではユーロ(欧州通貨)が円に対して高値更新を続けており、

円安効果が電気、自動車など輸出関連企業の業績を押し上げる見通しだ。

今期連結ベースでの円安為替差益の増益効果は、ソニーが700億円近く、

キャノンが約400億円に達する。

アメリカ市場景気の先行き不透明感がくすぶる中、日本企業にとっても欧州市場の

重要性が高まりそうだ。

ユーロー高で恩恵を受けるのは、欧州での売上高が多い企業で、欧州でデジタルカメラ

や事務機の販売が好調なキャノンは連結全体の売上高に占めるユーロー建て比率

が3割を超え、1円の円安は年間で43億円の営業増益要因となる。

同社の想定為替レートは1ユーロ=138円で、7月20日時点での1ユーロ=

147円が続くと仮定して計算すると、400億円規模の利益増大が期待できる。

(ニュース・ソース : 7月21日 日経)

by Gewerbe  (貿易ともだち)  K・佐々木
a0061688_2255212.jpg
[PR]
by Gewerbe | 2006-07-23 22:55 | Trackback | Comments(0)
『上海スーパーエクスプレス』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (205)

【アジアで海運強化・国際貨物3社、日用品に的】

日本通運や近鉄エクスプレス、郵船航空サービスの国際貨物運送3社はアジア地域の

海上輸送事業を強化する。

日通は新たな定期運送サービスを始め、近鉄エクスプレスは在庫・納期管理を徹底し、

5年後には取扱量の3倍を目指す。

3社とも国際貨物輸送業務では上位だが、従来の電子部品や半導体などの高額商品の

航空運送だけでなく、アパレル製品や日用品などの海上貨物需要も取り込み、拡大を

狙うものである。

日通は今年の8月からボックス単位で日本から上海など中国4都市に運ぶ 

「アローボックスチャイナ」の扱いを始める。最短7日間で中国に貨物を送れる。

日本全国の1100ヶ所ある拠点でボックス貨物を集荷し、トラックで博多港まで運搬。

国内の主要拠点で通関手続きを済ませて博多港から週2便で出る高速船の

【上海スーパーエクスプレス】に積み込む。 (7/20 NIKKEI-NET)


by Gewerbe (貿易ともだち)  K・佐々木
a0061688_15513377.jpg
a0061688_15521470.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2006-07-21 15:52 | Trackback | Comments(0)
『関税暫定措置法』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (204)

『関税暫定措置法』

〔暫定〕とは、(仮)、(一時的)と言う意味です。

税関手続き=〔通関〕の基本原則の法律が、〔関税法〕であり、〔関税定率法〕です。

しかし、刻々と変化する国際経済情勢の中で、これらの(原則法令で運用すると、反って

悪影響・支障の発生がある場合)に、原則に反しての一時運用をする内容を定めたものが

『関税暫定措置法』で、あくまでも「一時的な運用規定です。」

つまり、法令に載せるかどうかの検討を毎年繰り返し、「暫定措置」をする事情が無くなれば、

いつ削除されてもかまわない内容ばかりが規定されている法律なのです。

【平成18年4月1日:法令改正】

① 第7条 「石油化学品製造用揮発油に係る関税の還付」を削除。

② 第8条 「石油アスファルト等に係る関税の還付」を削除。

③ 第7条の3~7の緊急関税、緊急措置を本年度中まで延長。

④ その他

『関税暫定措置法』は、(通関士試験)において、「特恵関税」、「暫八=加工・組立て」

ばかりがクローズアップされがちですが、この第7条の3~6は、WTO(世界貿易機関)

農産物の自由化=I/Q(輸入数量制限)⇒(関税化)」

いわゆる「WTO農業問題」に係る国内法冷なのです。

あまり注目されていませんが、昨年度までの通関士試験の「輸入(納税)申告書」の

実務問題の出題輸入貨物は、全て、この「関税暫定措置法の第7条」なのです。

平成14年度(第36回)出題問題 : 「バター」

平成15年度(第37回)出題問題 : 「メントール=はっか」

平成16年度(第38回)出題問題 : 「冷凍豚肉」

平成17年度(第39回)出題問題 : 「パスタ」

by Gewerbe (貿易ともだち)  K・佐々木

a0061688_1130121.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2006-07-20 11:30 | Trackback | Comments(0)
『関税定率法:第21条』

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (203)

【関税定率法】

「第1条:趣旨」 この法律は、関税の税率、関税を課する場合における課税標準及び

関税の減免その他関税制度について定めるものとする。


~のはずですよね、、、、???

僕にとっては、(永遠の謎?)でした。 この「関税定率法)の最後の部分に(ついでに

くっついてる)ような【第21条:(輸入禁制品)=次の物は輸入してはならない】

が!

何故?この(輸入禁制品)が、「関税定率法」に規定されるのか?その理由が解らなかった。

=しっくりと、しなかったのです、、、、。

もともと「関税法」と「関税定率法」とは、兄弟姉妹みたいなもので、セットで運用されるべき

法律に違いはないのですが、(輸入禁止)となると、、「関税法)では~?の疑問です。

『やっと、胸がスッキリとしました!』

平成18年6月1日の法令改正

『輸入禁制品関係の規定を関税定率法から関税法に移行。

(「輸入禁制品」は「輸入してはならない貨物」に用語変更)

【関税定率法第21条、22条 ⇒ 関税法第69条8~17】

合わせて、(輸出してはならない貨物):麻薬類、児童ポルノ及び育成者権侵害物品)の

輸出取締り規定を新設。

今後、この【関税法 第69条 輸出・輸入してはならない貨物】に、(不正競争防止法違反

物品)、(生物テロに利用されるおそれのある病原体)、(知的財産権を侵害する物品)等の

追加改正が決定しています。

←そろそろ~解ってもらえたかな、、?(税関の大変化!)を、、、

by Gewerbe (貿易ともだち)  K・佐々木

a0061688_055683.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2006-07-19 00:06 | Trackback | Comments(0)
『合格への決意!』
 
 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (202)


迫り来る本試験日=10月1日を前に受験予定者の皆さんは、「二つの伏兵」の出現で、

悶々と不安と戸惑いの日々と察します、、、、。

←(おいッ! 他人事かよ~、、やっぱし、アンタは嫌いじゃア~ [怒] )

『通関士試験:合格への決意!』

受験予定者の全員の気持ちが(合格したい!)に間違いないはずですが、すでに、その

気持ちにウソがあります。

(合格したい、、)⇒ 「合格する!」への気持ちの切り替えが必要です。

そのために必要ななことは、①  [スケジュール&手段の逆算]です。

(受験勉強)を10月1日に向って、今日から(積み上げて行く)のではなくて、

12月の[合格発表]から、今日に向って逆に降りてくるのです。


② [効果的な勉強で、無駄を排除する] です。

通常の受験勉強の様に、

① テキストを読み返す。→② 自分のノートを作成する。→③ 練習問題をする。→

④ 解答・解説でチェックする。→⑤ 違った個所をテキストで復習する、、、、。

効果的・実践的な受験勉強とは言えません!

上記の [通常の受験勉強方法の逆・同時の進行]をするのです。

①問題、②解答・解説、③ テキストを(3点セット)として、とにかく読み進めて行くのです。

つまり、問題を問題としてとらえなくて、理解・暗記の材料に使うのです。

そのためには、テキストの後部にある(解答・解説)を問題の度に本をめくる作業時間さえ、

無駄と不合理です。

皆さんが、各自持っている(練習問題集)の[練習問題部]と[解答・解説部]を法令毎に、

(問題集をバラバラに切り離して下さい!)

[机の上で、(問題)と(解答・解説)が、右・左同時に読める様にするのです。

そして、その脇に(テキストの該当ページを開いておく。)

【テキスト、問題集は、破れない、、】 ←(今年、不合格だって、来年も必要になるかも、、)

と言うあなたの気持ちの甘えが潜んでいませんか?

今後、会社の昼休みに、通勤の電車の中でも勉強したい、、。

重い参考書の全部を持ち運ぶのですか? コピー代を払い続けるのですか?

[来年はもう、この練習問題集は必要ない! 今年で有効に使い切る!]

皆さん各自の(勉強スタイル)はあるとは思いますが、特に通関士試験の(法律&税金)の

テキストは、仕事を終えての帰宅後は、、(問題という刺激!)がないと、5分も読むと眠たく

なる、、。というやっかいなシロモノですよね~。


by Gewerbe  (貿易ともだち)  K・佐々木
a0061688_9415186.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2006-07-17 09:41 | 貿易 | Trackback | Comments(0)