貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
sosoさんへ: コメ..
by Gewerbe at 10:08
"公表の「各6割以上(実..
by soso at 09:22
早速コメント返していただ..
by HS at 23:25
by(HS)さんへ: ..
by Gewerbe at 22:59
いつもとてもためになる記..
by HS at 21:01
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(1)
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
『グローバル化と税』
at 2017-03-30 21:38
『シンガポール・「トレードネ..
at 2017-03-30 03:03
『2008SNA-「第50回..
at 2017-03-28 22:20
『2008SNA (第50回..
at 2017-03-27 18:09
『2008SNA-(弟50回..
at 2017-03-26 05:48
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧
『模倣品』根絶へ国際条約

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (114)

今年の7月に開催される日・米・欧の主要国首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット

で、「偽ブランド品」や「海賊版CD」などの模倣品の根絶に向けた国際条約づくり

を進めることで合意する見通しとなりました。

批准国に模倣品の輸出の禁止や製造設備の廃棄を義務付ける。

2008年までに条約を定め、サミット合意をテコに模倣品の多い「中国」などの途上国など

発展途上国の批准をうながすもので、「知的財産権の侵害」で最大の懸案だった模倣品を

減らして世界レベルでの公正な貿易の発展を目指す。

全世界での「模倣品=ニセモノ」の年間取引額は、約65兆円と推定されており、ICC(国際

商業会議所)の調査によると、全世界の貿易額の5~7%が「模倣品での被害額」とされて

います。

日本の特許庁が行った調査では、2001年度に日本企業がアジア各国で被った「模倣品

被害額」を1兆679億円と推定しています。

「模倣品」=特許権、実用新案権、意匠権、商標権の侵害物品

「海賊版」=著作権等の侵害物品

全体として、「知的財産侵害物品」=ニセモノ、コピー製品と総称しています。

←日本も世界の先進国として、公平な国際商取引=貿易のために積極的な義務を負う

 ことを課せられます。

  「知的財産権の侵害物品の取引禁止」が国際条約となることで、益々と

  (関税定率法第21条:『輸入禁制品』)の扱いは厳格なものに改正されると思いますよ。

☆ 通関士試験受験の皆さん!

数年前からの「通関士試験:出題ポイントの変化!」ではありますけど、今年は特に

〔新貿易の3大要素〕

①知的財産権侵害物品

②世界の環境保全

③公正な取引

に関する『水際取締り、コンプライアンス(法令遵守)、規制緩和←→罰則強化』

マークして下さいネ!

by Gewerbe (貿易ともだち)  K・佐々木



  

  
[PR]
by Gewerbe | 2006-03-31 19:55 | Trackback | Comments(0)
日本、8位→16位に転落!

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (113)

『2006年、世界IT(情報技術)競争ランキングで、日本は8位から16位に転落』

各国政治家や企業経営者を集める「ダボス会議」を主催する「世界経済フォーラム」

は、ITの利用環境、能力、活用度を示す統計や経営者アンケートの結果に基づく

66の指標を総合して各国の『IT競争力』を分析し、{2006年版IT報告}を発表

しました。

日本は調査の115ヶ国・地域中:16位となり、昨年度の8位から大きく後退しました。

台湾・韓国等のアジア勢の躍進に加え、電子政府政策への対応の遅れ等が響いた。

日本の順位は、初回の21位から20位、12位、8位と上昇してきたが後退は初めて。

指数を構成する3つの柱である「環境」 「準備体制」 「利用状況」の何れもが昨年を下まわ

った。

企業の研究開発投資、利用者の洗練度は両方とも第2位と高位を保つ一方で、政府の

将来展望に占める情報通信技術の重要性(第33位)、電子政府の準備体制(第27位)

などの新規調査項目での出遅れが後退の要因となっている。

[NIKKEI-NET 国際 3月29日]

←先生~、、。日本って、そんなに「IT技術」が送れている国なの~?

←決して送れているとは思えませんが、日本以上の猛スピードで世界的には急革新している

 ということなのでしょうね。

 (日本の情報通信技術)と(電子政府政策)は、捨てたものではない!ですよ。

 恐らく、、数年の内に日本がトップクラスの「IT先進国」に返り咲くと信じています。



by Gewerbe (貿易ともだち)  K・佐々木
[PR]
by Gewerbe | 2006-03-30 23:30 | Trackback | Comments(0)
『緑の日』:ニューヨーク

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (112)


4月29日(土)『緑の日』も含まれる「ゴールデン・ウイーク」は今から楽しみで、みんな楽しい

計画を立てているのでしょうね。

ところで、先週の3月17日(金)が、アメリカ; 『ニューヨークの緑の日』と呼ばれて

いるのです。

内容は、この日が 「アイルランドの祝日:セント・パトリック・デー」で、アイルランド

系移民の多く住むニューヨークでもこの盛大なパレードが開催されます。

「セント・パトリック・デー」はカトリック教をアイルランドに広めた聖パソリックを祝うお祭りです

が、冬の終わりと春の訪れを祝う日でもあります。

アイルランドの象徴である「クローバー」の飾り付けが市内店先に飾り付けられ、この日は

緑色の物を身に付けるしきたりで、街もパレードの人々も「緑:一色」となるのです。

居酒屋=アイリッシュ・パブで、アイルランドの名産ビール:「ギネス」も大いに無礼講になる

ようですよ。

【北アイルランド紛争】

カソリック(先住民) VS プロテスタント(移民)の【宗教対立】

1169年、プロテスタント国家であるイングランド王はカソリックが多く住むアイルランドに

進行、移民政策を進める。

この時からイギリスの植民地であったアイルランドは1921に独立。プロテスタント教徒の

多い北部6州はイギリスの統治下になりました。

1969年にイギリス政府がこの北部6州内のカトリック教徒を弾圧したことで誕生したのが

【IRA=アイルランド共和軍】で、テロ活動を過激化させて、武装闘争へと発展

したのです。

by Gewerbe (貿易ともだち)  K・佐々木
[PR]
by Gewerbe | 2006-03-29 06:55 | Trackback | Comments(0)
ブィンテージ・ウイスキーが飲めない!

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (111)

『ブィンテージ・ウイスキー=年代物のウイスキー』

ウイスキーに限らず、ブランディー、ワインと木の樽で数十年の長期保存=で寝かせば

寝かすほど、味・香りともにまろやかな「高級ブィンテージ」となる舶来洋酒。

今年の5月から導入される 「食品の残留農薬を規制する「ポジティブ・リスト制度」

によって、簡単に口に入らなくなるかもわからない、、と業界関係者の心配が発生しています。

「ポジティブ・リスト制度」とは、食品に含まれる全ての農薬を規制する国際的な制度で、

輸入者は、使用農薬が調べ易い輸出国現地での調査を強いられるのですが、数十年前に

どんな農薬が使用されていたかの調査は困難を極めると思え、日本に到着後の輸入検査

に引っかかり、「輸入禁止」となれば、輸入業者は大打撃を受けるため、輸入そのものを

控えるのでは、、。

【 Codex MRL=Maximum Residue Limit 】 : 農薬等、最大残留限界の国際基準値

【 コーデックス=Codex 委員会 】とは?

消費者の健康の保護、食品の公正な貿易の確保を目的として、

FAO=Food and Aguriculture Organization (国際連合食料農業機関)

WHO=World Health Organizathion (世界保健機関)

の両国際機関によって設置されたWTO(世界貿易機関)協定の一つであり、

国際食品規格=コーデックスの作成を行っています。

「コーデックMRL」は、WTOの加盟国に 「各国の食品の安全規制と整合させるよう」要求

されています。

日本としても、この制度を受け入れた場合に重大な問題を生じさせない限り、この「Codex

MRL 」を批准する政策です。

←先生~!わたしには、「年代物の高級洋酒」なんて高価で飲めないから、

 『食の安全』の国際基準には賛成だヨ!


 by Gewerbe (貿易ともだち)  K・佐々木
[PR]
by Gewerbe | 2006-03-28 19:25 | Trackback(1) | Comments(0)
機内預け旅客荷物

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (111)

「スイス:ジュネーブ 3月21日 :ロイター通信」:YAHOO(海外ニュース)

『今年の機内預け旅客荷物の紛失は推定で3000万個に!調査』 

【空港で搭乗手続きの際に預けた旅客貨物の内、訳1%が紛失するとの調査結果が21日に

発表されました。

国際航空通信共同体(SITA)によると、今年、世界の空港でチェックインする

搭乗客は約20億人、機内預け入れ貨物は30億個になるだろうとの予測されているが、

この内、約3000万個が紛失するとみられている。

また、紛失が報告された荷物については、ごく一部を除き、報告を受けてから31時間以内に

持ち主の手に戻るが、残りの20万4000個は紛失したまま見つからないと予測。

SATAは220の国と地域で荷物の追跡調査を実施しており、その調査結果によると、

「航空業界は紛失した荷物の追跡や返却、紛失した荷物の補償として、年間:約25億ドル

(約2920億円)を費やしているという。】

←そう言えば私も、この「機内預け荷物の紛失」は経験がありまして、、、
 
まだソ連崩壊前の冷戦時代ですけど、いくら待っても空港の到着ベルトコンベアーに私が

日本の空港で預けた(大型スーツケース)は出てきません、、。すぐに手続きをして、翌日に

滞在のドイツのホテルに配達されましたけど、実は(紛失に名を借りた、中身チェック!)で

あったようで、ホテルの部屋で開けてみると、鍵をかけているにかかわらず見事に中身を

調べた痕跡がありました、、、。

そう!そのころの私の仕事は、「X線検査」で、いかにも危ない荷物!と思える様

な商品を扱っていたのです(笑) 

海外での「国際展示会参加」時は毎回、デモ機器の持ち出しに大変でしたヨ!

by Gewerbe (貿易ともだち)  K・佐々木
[PR]
by Gewerbe | 2006-03-27 21:18 | Trackback | Comments(0)
Reebok(リーボック):景品回収!

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (110)


アメリカのスニーカー・大手メーカーの「リーボック・インターナショナル社」は、今月の24日

に、子供靴の景品として配布した(ブレスレット)を誤飲したミネソタ州の幼児(4才)が

「鉛中毒)で死亡」したとの報告を受け、ブレスレットの回収を発表しました。

この(ブレスレット)はアメリカに30万個、欧州に17万2千個が配布され、カナダ、アジア、

中南米にも配布されていて現在、配布個数の詳細を調査中。

同社によると、ブレスレットは全長訳20Cmで、ハート型の飾り付き。 中国製で、高レベル

の鉛が含まれており、 『鉛中毒』を起こす可能性があるとのことです。

(NIKKEI-NET :3月26日)

【 鉛フリー 】

【鉛】は、私達の健康には非常に有害な金属で、最終的には摂取された鉛が骨

に留まって、神経系統障害等の異常をきたす場合があり、将来的には、

『私達の生活から、【鉛】を完全になくする』と、全世界的に規制が厳しくなっています。

アメリカの例では、1970年代に水道管の使用禁止、ハイオクガソリンへの添加禁止が79年

弾丸の使用規制が95年と大きなところから規制が進んできております。

ヨーロッパでも、「2008年から電器製品への鉛使用禁止」という法律の(案)が

あったのですが、今回それを前倒しして2006年からの「家電製品の鉛使用、全面禁止」を

可決しました。

「電気製品の【鉛】使用】というのは、「ハンダ」とよばれる鉛と錫の合金が、部品の

接続とか回路に多く使用されてきたのですが、それらが廃棄埋め立てされた場合、最近の

「酸性雨」によって溶け出して、食物連鎖で最終的に高濃度の【鉛】が私達の人体

に取り込まれるのです。

☆ 電気製品に鉛を使用しない=『鉛フリー・ハンダ』については、日本の日立、

松下、ソニー、NEC、東芝等の各家電メーカーが積極的に取り組んでおり、実用化・実現化

では圧倒的に世界をリードしています。

☆ 製造業の中心が東南アジアへとシフトする現在、日本メーカーは、世界の人々が望む

新しい人生観=LOHAS(健康で持続性のある生活スタイル)に訴え、受け入れ

てもらえる企業方針での『企業生き残り』にかけています。

by Gewerbe (貿易ともだち)  K・佐々木
[PR]
by Gewerbe | 2006-03-26 19:54 | Trackback(1) | Comments(0)
『 M & A 』 :世界的な産業界の再編
 
 (貿易ともだちさん)、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (109)

『 M&A 』=(Mergers and Acquisitions)

: 企業の(合併 及び 買収)のことです=企業が新規事業への参入、業務提携、

経営不振会社の救済、企業グループの再編等を目的として実施される

わけですが、広い意味で言うと[OEM提携]も含まれます。

『 世界規模で(M&A加速!):世界的な産業界の再編劇 』

国境を越えた世界的な産業再編(会社グループの組替え)が急展開しています。

中国やインド等の新興市場の台頭で市場競争が激化する中で、世界の主だった企業

は(生き残り)と(会社規模拡大)を目指して、企業買収・合併(M&A)による

企業集約が加速しているのです。

○ ソフトバンク社のイギリス:「ボーダフォン日本法人」の1兆7500億円の買収もこの

  流れで、日本の通信業界地図が塗り変わる可能性もあります。

○ 今月の21日に日産自動車は、傘下の「日産ディーゼル」をスウェーデンのボルボ

   社に売却すると発表。

○ 米・「ゼネラル・モーターズ社」、「スズキ」への20%資本参加を引き上げ、同じく

   所有の「富士重工=スバル」の株をトヨタ自動車に売却。「スバル」は、

    (GMグループ)から、(トヨタ自動車グループ)に移りました。

○ 鉄鋼生産量トップの「ミタル・スチール社」が世界第2位の欧州「アルセロール」に

  買収提案。買収が成功すると、1億トンを超える超巨大鉄鋼メーカーの出現で、

  かって(世界一の鉄鋼メーカーであった新日本製鉄)(JFE:川崎製鉄とNKKの

  合併)の3倍もの規模になります。

☆ 『 現在の産業界再編のキーワードは、(本業回帰)。電気メーカーなら、半導体

に特化するなど、その道の世界的プロ=専業メーカーになりきるために、周辺事業を売却。ま

また、規模拡大のために他社を買収。

どの業界も、いずれ(世界の2強体制!)に絞られていくだろうと、産業の世界大統合時代

が予測される。 』
 : M&A仲介企業 レコフ(東京) 吉田社長

by Gewerbe (貿易ともだち)  K・佐々木


  
[PR]
by Gewerbe | 2006-03-26 08:36 | Trackback(3) | Comments(0)
SAMSUNG

(貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (108)

『SAMSUNG』=サムスン(三星電子株式会社)

LG社と並ぶ韓国の電気製品メーカーです。

日本は、世界の家電王国!」で、Sony、Panasonic、Hitachi,Toshiba等

の国内電気メーカーは良く知っているのですが、サムスン社、LG社」と言われても、ぴんと

来なくて、日本での認知度は今ひとつかもしれませんが、 「日本人だけがよく知らない

メーカー」
とも言われるほど、アメリカ、EU(ヨーロッパ連合)も含めて世界中でその

認知度を高めている急上昇機運の韓国家電メーカーです。

実は、「サムスン社」は、携帯電話の世界第3位の製造メーカーで、日本メーカーは、足元にも

及びません。

また、アメリカの経済マガジン:「フォーチューン」が選定する(グローバルオールスターズ)=

(同誌が選定する世界で最も尊敬される企業の上位50社)にランクインされて、Sonyの営業

利益を2年連続で上回る見込みです。

☆ 【中国】 主要30社高感度:「BMW」首位!2位=「マイクロソフト社」、

3位=「サムスン電子」


日本のNRI(野村総合研究所)とサーチナ総合研究所が共同で、中国主要都市の7000人

からのインターネット調査の実施結果で、(非常に好きなメーカー)の順位なのです。

際立って驚愕に値するのが「サムスン」の第3位で、中国市場における「韓国パワー」

が無視できない程度に成長していることを示すデータとして興味深い、、、。

☆☆ 人口:13億人の中国と10億人のインドなどの経済発展。 今年から来年にかけて

これらの新市場への規模拡大を目指して、 「世界的な産業再編」

発生すると当然に予測できます。

つまり、家電メーカーも含めて、多くの産業において各メーカーの(吸収・合併)あるいは、

業務提携・共同開発と、各産業ともに、世界で2~3のグループ化に統合されていくと思え

ます。


←先生~、、今日の話題はよくわからない! 何がどうなるって?

←一言で言えば、私達の気付かないところで、気付く間もないスピードで、世界経済が

  (大変化!)を興してる!と言うことです。

  ○ 私達には馴染みの無いメーカーが世界中で市場をある日突然に占有してたり、

  ○ 世界中に良く知られていると思ってた日本のメーカーが、いつの間にか(赤字)に苦し

     んでたり、、

  ○ 「メーカー」と思ってたのに、ブランドを残しただけの他の会社の製品だったり、、


明日は、この「構造変化と世界規模での(M&A)を話題にしましょうね!

by Gewerbe  (貿易ともだち)  K・佐々木



  
[PR]
by Gewerbe | 2006-03-25 22:47 | Trackback | Comments(0)
PRINTED WITH SOYINK

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (107)

『SOY インク』=(大豆油インク)

「環境にやさしい植物性大豆油インクを使用しています」と表示された印刷物に

気がついたことはありませんか?

印刷インクは、石油系溶剤を含む油性インクが使われています。この油性インクは揮発性

があり、印刷中に蒸発し、環境や大気汚染の一因となったり、人体にも悪影響を及ぼします。

一方、大豆インクは油分に大豆油を主成分として使用することで、この揮発物質を抑制でき

るのです。

『大豆インク』は、原料がマーガリンや食用油と同じですから、環境にやさしいばかりでなく、

再生紙として再再生する場合も紙とインクの分離がよく、節水や省エネルギーにつながり、

分解されて自然に帰る性質のものです。


このことから、欧米の新聞・政府系の印刷物に利用が増大し、最近では日本でも普及し始め

ています。

なお、大豆油インク使用の印刷物には、アメリカ大豆協会(ASA=The American Soy-

bean Association)が認定する『PRINTED WITH SOYINK』のロゴ・マーク

を使用することが認められ、使用企業は、「環境配慮に積極的に取り組んでいる姿勢を」その

ロゴ・マークの表示により社会にアピールできるのです。


☆ 《 新・貿易の3大要素 》

① 世界の平和・安全への配慮

② 地球の環境保全

③ 秩序ある経済活動 (知的財産権侵害物品=海賊版・コピー商品)

この3大ポイントは全世界的な大流であり、その留意なくては「海外との輸出入」どころか、

今後の企業の存続そのものが危ういと言うのが国際的な現状なのです。

by Gewerbe (貿易ともだち)  K・佐々木
[PR]
by Gewerbe | 2006-03-23 23:29 | Trackback | Comments(0)
BRANDING:ブランディング

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (106)


『Branding:ブランディング』

「ブランド=商標:トレード・マーク」のことで、(商品の名前・商品イメージ)の市場浸透のため

の総合的な宣伝・広報活動がブランディングと呼ばれます。

「世界の工場」として躍進する中国に多くの日本の企業が進出し、海外メーカーとの

熾烈な競争を展開しており、各社とも「自社ブランド確立」のため、テレビ・新聞・

等のマスメディアでの広告を争っています。

しかし、こうした競争加熱の裏で、中国での「ブランディング失敗」も増えてきている

のです。

中国も日本も同じ『漢字文化圏』です。 このことは、西欧のメーカーと比べると

日本のメーカーは、漢字がわかるだけに中国での「ブランディング」は強みのはずですが、

漢字の素養が1歩誤ると「漢字を知ってるという慢心」での失敗を引き起こすのです。

○ トヨタ自動車の多目的スポーツ車:[ランドクルーザー・プラド]の中国名=[覇道]

[覇道]とは、中国語では(横暴)の意味があり、テレビでの広告内容への批判集中も含め、

トヨタ自動車は、[ブランド名の変更とメディアでの謝罪]を実施しました。

○ トヨタの最高級ブランド=[レクサス]、中国名=[凌志]

[凌志]は、(高い目標を目指すと言う意味)で中国での評判・受けは良かったのですが、

[レクサス]ブランドの世界統一を願うトヨタは、[レクサス]の音訳の[雷克薩斯]に変更しま

した。 ところが、SARS=サーズ(重症急性呼吸器症候群)の中国名も[薩斯]であり、

またもや、中国マスコミの不評を買うことになったようです。

☆ これらの原因はどこにあるのでしょうか?

キャストコンサルティング代表取締役社長の徐 向東 氏は、NIIKEIーNETの

(BIZ+PLUS)の中で、[グローバル・スタンダードの一元的な考えが無関係ではない。」と

推測している。

つまり、米国MBAコースで学習するようなブランディング理論のみを掲げ、

現地の文化や各国毎の消費者心理の分析など、 「マーケティングの基礎」

疎かにしているのではなかろうか。」と述べています。


☆☆ [経済性・生産性等の合理性のみ]を追求することなく、やはり「心」の通った

     思いやりのある :「グローバル・スタンダード=世界統一基準」を願い

     たいものです、、、。



by Geberbe (貿易ともだち)  K・佐々木
[PR]
by Gewerbe | 2006-03-22 08:11 | Trackback(5) | Comments(0)