貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
sosoさんへ: コメ..
by Gewerbe at 10:08
"公表の「各6割以上(実..
by soso at 09:22
早速コメント返していただ..
by HS at 23:25
by(HS)さんへ: ..
by Gewerbe at 22:59
いつもとてもためになる記..
by HS at 21:01
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧
中国産:海苔(ノリ)

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (87)

昨年の夏に初めて輸入が認められた中国産海苔(ノリ)が、安価な上に、見た目や

味も国産品と変らない!と海苔食品メーカーやコンビ二にへの国内販売を広げつつある

なかで、従来からの日本国内海苔生産地は、魚連の合併とか,共同経営化等の経営合理化

の対応を迫られています。

水産庁のデータでは、日本国内の年間のノリ消費量(21 × 19Cm/一枚)は、95億枚

で、中国からの初年度輸入量は、推定:1億5千枚に過ぎないのですが、すでにコンビ二の

ファミリーマートが、おにぎりや弁当に使用していますし、他のコンビ二も使用を検討して

います。

現在、日中両国政府が「輸入割当量」を交渉中で、来年度(今年4月~)以降の

輸入量の増大は必至です。

←『昨年、輸入が始めて認められた、、?』って、どういうことなの?

GATT(ガット)=貿易と関税に関する一般協定の原則は、輸入数量制限の撤廃

ですが、唯一残る残存輸入数量制限品目の非自由化品目が、海草と魚介類です。

【 IQ品目 】=Import Quota

特定の貨物について、海外から日本に輸入できる年間の数量が限定されている商品です。

具体的には、輸入の割り当てを受けた輸入者が、割り当ての範囲内での量のみの輸入が

認められると言うものです。

海草については、輸入者の資格を定めていますので、誰でもが申請すれば輸入を認めれれ

るというものではありません。

資格を与えられた輸入者が、まず、経済産業大臣から(輸入割当を受け)その後に、再度

経済産業大臣の(輸入の承認)を受けるという2重の申請を必要とします。

税関としても、この経済産業大臣の輸入承認がない限り、財務省:税関としての輸入許可を

しません!

←「経済産業大臣の輸入承認」→「財務省:税関の輸入許可」 ?

 先生~、多くの人達はここで悩むのだろうネ! 

  でも私関税法:第70条=他法令の確認を勉強済みだから、理解できるよ!

←そうッ!その調子で、今年の通関士試験も、貿易実務検定試験もクリアーしようね。


by Gewerbe (貿易ともだち) K・佐々木
[PR]
by Gewerbe | 2006-02-28 21:55 | Trackback(3) | Comments(0)
パテント・リンゴ
  
 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (86)


「パテント・リンゴ」 ←何よォ~それって??

特許とか、商標権である 「知的財産権」に、新たに『育成者権』

加わっていることはお話しましたよね。

野菜、花、果実などの新品種を開発した者は、「植物新品種保護国際条約」を締結している

世界の60カ国により、特許(パテント)と同様の「育成者権」を得られるとするものです。

(日本のリンゴ)は、世界的に人気の高い高級フルーツで、特にヨーロッパでは、

黄色い大きな粒のリンゴ品種である:「ゴールデン・デリシャス」が人気が高いのですが、

その後継の新品種で長野県が品種登録している「シナノ・ゴールド」に、

ヨーロッパ各国からの熱い視線が集まり、フランス、オーストリア、イタリア、ベルギー等の

試験研究機関と試験栽培の契約を締結、苗木を輸出して、試験栽培が開始される見込みで

す。

ヨーロッパでの試験栽培がうまくいけば、「シナノ・ゴールド」の育成権者である長野県は

これらの欧州各国の苗木業者との間で、苗木増殖の許諾交渉を開始、業者が販売した

苗木や、販売された果実の量に応じての『育成者権使用許諾料』を得るというもの

です。

長野県農政部は、(果実を日本からヨーロッパに輸出すると、運送費がかさんで赤字に

なる可能性がある)ため、海外向けの『育成者権、生産・販売許諾契約』の方が

得策と判断したとのことです。

←植物の品種も、コンピューターのソフトと同じ様に、権利の使用料を頂いてビジネス

  になるって、まさに 『パテント・リンゴ』だネ !


←そうですヨ! 日本の農林水産省は、今月23日に『知的財産戦略本部』を設置しました。

   今後は、知的財産権(育成者権)に詳しい農業関係者の育成を急ぐようです。


by Gewerbe (貿易ともだち)  K・佐々木
[PR]
by Gewerbe | 2006-02-27 07:36 | Trackback | Comments(0)
《フォアグラ》: 輸入停止

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (85)

《フォアグラ》というと、フランス料理の3大珍味(①トリュフ、②キャビア、③フォアグラ)の一つ

ですが、日本の農林水産省は、今月の24日フランスでの七面鳥が鳥インフルエンザに感染

したとの連絡を受けて、フランス産の家禽(かきん)肉とフォアグラ(ガチョウの肝臓)等の家禽

内臓の輸入を停止しました。

農林水産省のデータによると、昨年度にフランスから輸入されたフォアグラなどは377トンで、

日本が外国から輸入しているフォアグラの大半はフランスからですし、フランスからの家禽肉

の輸入は、1510トンにのぼっているという。

具体的な内容は、フランス東部のアン県での七面鳥の飼育場で、約9000羽が毒性の強い

鳥インフルエンザ(H5N1型)で死んだというものです。フランスはヨーロッパでの最大の家禽

生産国であり、売上、健康問題に大きな影響を与えそうです。

日本としても、フランス料理店等が影響を受けると思われます。

←先生~、、。いつかのタイトルで、(キャビア)がワシントン条約の上から、

輸出入停止になった記事をかいてたけど、これで、(世界の3大珍味)の二つが輸入

停止になったね~、、。


←そうですね~。昔なら、海外の出来事は、対岸の火事ですませられたものが、これだけ

 グローバル化して来て、大量の貨物と人が世界中を行き来する時代となってくると、

 海外の事件は,即!私達の問題になって来るし、さまざまな問題を各国が協力しあって、

 住みよい地球を考えていかなけねばならない時代なんだよね~、、、。


by Gewerbe (貿易ともだち)  K・佐々木


 
[PR]
by Gewerbe | 2006-02-26 19:12 | Trackback | Comments(0)
反ダンピング関税

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (84)

「反ダンピング関税」=日本では、「不当廉売関税」=(ふとうれんばいかんぜ

い)
と呼ばれているものです。

WTOは(不当な自国保護主義的な輸出入の防止策)として、何点かの「特殊関税制度」

を認めており、〔 政策的・意図的に正常価格より低い価格で輸出されてきたことにより、

輸入国の同種の産業に損害を与えたり、与える恐れのある場合に、輸入国の同種産業の

適正な保護のために、不当に値引きされていると思える金額の範囲内の額を通常の関税に

上乗せする(関税割増制度)です。〕


【 EU(欧州連合):中国・ベトナムの靴に反ダンピング関税 】

EUは、今月の23日に、中国とベトナムの革靴が不当な安値でEUに輸出されているとして、

反ダンピング(不当廉売)の処置をとることを発表しました。

EUの調査では、2001年以降の5年間で、中国製革靴の輸入量は約11倍、ベトナム製は

2倍に急増し、(低金利融資や税制優遇処置での政策的安値でEU市場に輸出されていると

指摘) これによって、欧州(ヨーロッパ)の革靴の生産は約30%減少し、約4万人の人達が

職を失ったとしている。

段階的な「不当廉売関税」の実施予定で、

① 本年4月から、通常関税に4~5%の(割増関税を上載せ実施
② その後、3段階の実施で、中国製:19.4% ベトナム製:16.8%を上載せする。

この段階的運用実施は、両国に改善を求めるとともにEUの流通業者の(駆け込み発注)

で市場の混乱を避ける意味合いと思えます。

← 先生~、(段階的実施処置)とは、EUもなかなかに紳士的のことをやるねェ~!

 輸入・輸出 の双方に改善するアドバイスと時間的余裕を与えるってことだな、、。

 突然に世界の国々に上段からナタを振り下ろす大西洋の反対側の国と違うネッ!!


by Gewerbe (貿易ともだち)  K・佐々木
[PR]
by Gewerbe | 2006-02-25 08:16 | Trackback | Comments(0)
国別・品目別 特恵関税適用除外処置

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな! (83)


GATT:WTOの基本的な原則の一つに:「国によって、その輸出入を差別してはならない」

という考え方があります。つまり、どの国も同等=同じように平等に扱わねばならない。

とするものです。 [無差別の原則:最恵国待遇の原則]

しかし、この原則の例外として [特恵関税制度] があります。

国際連合貿易開発会議(UNCTAD)においての合意に基づき、経済先進諸国が

発展途上国からの輸入品にかかる税金(関税)を一方的に無税・低率の関税率を適用する

ことで、経済発展途上国の経済成長を促進しようとするものです。


【財務省:中国製4品目の特恵関税制度適用除外を延長】

2004年から、中国製の敷物、すだれ、はさみ、スプーン・フォーク等の食卓用具、ソーダ灰

に適用している【国別・品目別 特恵関税適用除外処置】を今年の4月以降も

延長するlことを決定しました。

この特恵関税制度の適用除外処置は、特恵関税が適用される特定の一つの国からの輸入

額が10億円を上回り、各国からの総輸入額の50%を超えた場合に適用されるものです。

日本は、2003年に中国製の陶磁器製食器、ふとん、一酸化鉛に対しても適用除外処置を

実施しています。

←先生~、、、よくわからないけど、経済開発途上国に対する経済援助協力は、

必要とする各国に平等にされなければならなくて、一国だけが、その恩恵を受ける

ことは避けられるべきって、考えで良いんだよねェ~!


by Gewerbe (貿易ともだち)  K・佐々木
[PR]
by Gewerbe | 2006-02-24 23:59 | Trackback | Comments(0)
3R イニシアティブ

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (82)

『3R・イニシアティブ』:資源の有効利用を通じて、環境と経済の両立を図ろうと

する方向性です。

『3R』
① Reduce (リデュース) : 廃棄物の再利用
② Reuse (リユース)   : 再使用
③ Recycle (リサイクル) : 再生利用

平成16年6月に米国ジョージア州で開催されたG8(主要先進国首脳会議)で

日本の小泉総理が「3Rを通じて、循環型社会の構築を目指す方向性」として

提案し、各国首脳の賛同を得て新たなG8イニシアティブとして合意されたもので、

政府の「環境省・地球環境局」が担当しています。

【環境省:途上国での電子ゴミを輸入、日本で処理】

アジア地域で廃棄された携帯電話、デジタルカメラ、液晶テレビ等は、各国のリサイクルの

途中で、電子ゴミに含まれる金やプラチナなどの貴金属を取り出すためゴミを溶かして

その汚水を浄化せずに垂れ流すなどの環境汚染が問題となっているのです。

そのため、日本の環境省は、これらアジア地区で発生した「電子ゴミ」を日本に輸入し、

国内の再処理工場で集中的に「リサイクル促進」をする方向性を2月20日に決定、

来月の「3Rイニシアティブ高級レベル事務会議」に提案します。

←先生、、(ゴミ)まで、各国を行ったり来たり~おもしろい時代だね!

←面白い!と言うか、、「製品を作ったメーカー・国が最後まで責任を持って、

地球の環境保全に考慮し、貴重なレア・メタル等の資源の有効再利用は、

これからの大事な「日本の役目」だと思うヨ!

by Gewerbe (貿易ともだち)  K・佐々木
[PR]
by Gewerbe | 2006-02-23 07:15 | Trackback | Comments(0)
「ISO26000」
 
 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (81)


「ISO」=International Organization for Standard  : 国際標準化機構

は、1947年設立の民間国際機関。現在は約150ヶ国が加盟し、電気・電子分野以外の

国際標準を制定します。日本では、「日本工業標準調査会=JIS」が参加しています。

ISOは過去、「製品規格」が主体であったのですが、ここ最近では「品質管理」

の様な制度の国際標準化が進められていることに注目されます。

「ISO26000」:2008年の発効に向けて準備を急いでいる新たな

ISOの新規基準で、54カ国、24国際機関が参加して準備を進めているISOとしては

過去最高の内容なのです。

「ISO26000」が目指すものは、企業などの組織が利害関係者との間に生じる社会的な

責任を果たすことを目的とします。

コンプライアンス(法令遵守)や人権への配慮、知的財産権の管理、個人情報の保護、

また企業・組織内の不正防止に向けた内部統制も含まれる見込みです。

実は、、 ←またかよォ~(怒)

この「ISO26000」は、日本がリードして進めており、かなり「日本色の強い国際標準」と

なる見込みです。

「環境問題の国際標準=ISO14000」では、世界一の厳しい環境管理基準をクリアー

する技術を持ちながら、ISOへの対応が出遅れたためにISO取得でかなり苦労した苦い

経験から、今回の「ISO26000:新国際標準規格」へは、期待が高まっています。

←その議長国的な日本の内情が、国土交通省、防衛庁等々~の【談合】かよ~!

    (社会指向マーケティング=ソーシャル・マーケティング)ひょっとして、世界の

    国々は、こんな今の日本を鼻先で笑ってみてるんではないの? 


by Gewerbe (貿易ともだち)  K・佐々木





(企業・組織の社会的責任)
[PR]
by Gewerbe | 2006-02-22 08:18 | Trackback(2) | Comments(2)
再び、中古車ブーム

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (80)


今、中古の建設機械や自動車の輸出が急増していて、価格も上昇しているようです。

日本建設機械工業会のデータによると、昨年度4~10月の輸出累計実績は

04年の同期実績より約15%の増加で、油圧ショベル、ブルドーザー等の建設機械が

約7万台輸出され、これは、中古建設機械車両市場の70%が輸出されていることになり

中古市場での価格も、10%内外の高値となっているようです。

輸出先は、急激に経済発展するアジア各国での各建設現場向けなのですが、中でも

2008年に北京オリンピックを控えた中国のインフラ整備を急ぐ中国向けが急増して

います。

一般中古乗用車は、このところの原油・金属鉱石の価格高騰で、外貨収入の増えた

ロシアなどの「資源国」への輸出が好調です。

←外国の発展途上国の街角で、「~株式会社」 「~商店」なんて、日本国内で使われて

  いた会社・商店の名前を消しもしないで、そのまま走っている日本から輸出された

  中古自動車。 あるいは、外国のビル建設現場で日本の「~組」なんて土木業者の

  名前のままのブルドーザーが作業をしていたり、、、

  実態は、彼等にとって、たとえ(中古車)であっても、「日本から輸入された日本製」は

  自慢であり、ステイタス・シンボルなのです、、、、、。

  その反面での「抗日運動」:日本車が壊されたり、燃やされたり、、

  このアンバランスが、日本とアジア各国との関係の複雑さなのかな~~、、、、、。


 by Gewerbe (貿易ともだち)  K・佐々木

  

 
[PR]
by Gewerbe | 2006-02-21 07:45 | Trackback | Comments(0)
税関が無視された~!

 (貿易ともだち)さん、みんな(貿易ともだち)してるかな?  (79)

(ハングル)や(旧体漢字)、(新略漢字)の製品なのに~、、??

「輸入通関:無視!」、「ATAカルネ=通関手帳も無し!」、「運送費:タダ!」で、大挙と

して日本に押し寄せて来て、(税関は、手も足も出せない:ダルマ状態、、)

こんな、書き始めでは、当の当惑している関係者には不謹慎とは思うけど、、

(税関の輸入手続を完璧に無視!)して、大量の商品が日本に入り込んでいるのは、

実はアジア近隣諸国からの 【日本海漂着ゴミ】のことなのです。

今の季節、冬場の強い北西風に乗り、ハングルや中国語の表示のある大量のプラスチック

や発泡スチロールの容器が日本海沿いの海岸に押し寄せているのです。

最も被害のひどい長崎県の対馬市では、人権費はボランティアに頼っても、実質的な

漂着ゴミの処分のために、年間:1千万円以上が発生しており、作業の負担を減らすため

に例外的に漂着ゴミを(海岸で燃やす)ことを認めてもらう「構造改革特別区域」

政府に申請。

今回のこの奇策的な「特区」申請は、長崎県が後押しする対馬市の申請ですが、同様な問題

は、東北までの日本海沿い各自治体が悩んでおり、政府もやっと重い腰を上げた様です。

環境省、国土交通省、農林水産省と共同で、本年度末までに発生源対策や、処理方法を

まとめる計画です。

何か~、、北風に笑われているようだね、、「 国だ~、国境だ~なんて、勝手

  なことを人間さまは言ってて、勝手にゴミで地球を汚してからに、、、(怒) 

  アジア各国が同じ考えで仲良く協力していかないと、

  (アジアの風も海流も同じ!)っていうのを解らせてやる!)ってネ!

 

by Gewerbe (貿易ともだち)  K・佐々木
[PR]
by Gewerbe | 2006-02-20 18:56 | Trackback | Comments(0)
OEM と ODM

 (貿易ともだち)さん、みんな(頑張るチャン!)してるかな?  (78)


日産自動車、ボルボに小型トラックをOEM供給

スウェーデンの車メーカー大手:ボルボ社に来年から、年間1万台の日産の小型トラックを

ボルボ・ブランドとして完成車供給するというものです。

【 OEM 】(Original Equipment Manufacturinng):相手先ブランド製造

自社で製造し、販売している製品を他社相手先のブランド(商標)で製造、引き渡すことです。

OEMメーカーから供給を受けたメーカーは、(自社製品)として販売します。

【 ODM 】(Original Design Manufacturing):請負製造

他社ブランド製品を設計から、製造まで請け負うことです。 

ODMメーカーは、基本的に自社ブランドでの製品はエンドユーザーには販売しないことを

原則として、「メーカーの製品を製造する工場としての役割が企業方針です。」

実は、私達の使用しているノート・パソコン関連機器の多くが、台湾の「ODMメーカー」

によって製造されているのです。

【 OEM 】 と 【 ODM 】:両方とも、「契約製造」であることに

相違は無いのだけど、根本的な違いがありますよネ。 ←(試験に出るぞ~!)



←先生~、、、!(泣)  (貿易の勉強)って、やたらめったらと、アルファベット:

    3文字の略語が多くな~い? 貿易条件=インコタームズから始まって、

    保険、金融、運送 等々、、、、

   (もう~私の頭の中って、グチャグチャ。。。判別できな~~い!!)


←このアルファベット:3文字・略語は、貿易関係だけでなくて、世界・産業全体の方向性

 だから、省略前の言葉の意味をはっきりと理解しておくことが大切でしょうネ!

←(簡単そうに、勝手に言わないでくれる!? アンタなんか、嫌いだぞ!)

by Gewerbe (貿易ともだち)  K・佐々木
[PR]
by Gewerbe | 2006-02-19 10:12 | Trackback | Comments(0)