貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
sosoさんへ: コメ..
by Gewerbe at 10:08
"公表の「各6割以上(実..
by soso at 09:22
早速コメント返していただ..
by HS at 23:25
by(HS)さんへ: ..
by Gewerbe at 22:59
いつもとてもためになる記..
by HS at 21:01
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(1)
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
『知的財産権侵害物品の差止状況ー輸出入差止申立て』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4183)

『平成27年度上半期の輸入差止は過去最高を更新』
 税関では、特許権や商標権などの知的財産を侵害する物品についても、輸出入してはならない貨物として、水際取締りを行っている。平成27年の上半期(1月~6月)に、全国の税関で差し止めた知的財産侵害物品の差止状況をみると、輸入差止件数は1万6,367件と、過去最高をわずかに更新し、依然として高い高水準が続いている。

 仕出国(地域)別の差止件数をみると、中国を仕出しとするものが、全体の約9割を占め、依然として大きな割合を占めている。
 一方、品目別の差止件数では、財布やハンドバッグなどのバッグ類が5,755件(構成比31.7%)と最も多く、次いで衣類が3,049件、靴類が2,647件と続いている。
 また、知的財産権侵害物品には、健康被害が及ぶ可能性のある医薬品、発火の恐れのあるデジタルカメラのバッテリーや、子どもが落下する恐れのある子守帯(抱っこひも)など、使用することにより健康や安全を脅かす危険性のある物品もあることから、税関では、これらについても重点的な水際取締りを行っている。

『輸出してはならない貨物』への「営業秘密侵害物品」の追加

(関税法第69条の2第1項第10号、第11号、第12号)
 平成27年7月に成立した改正不正競争防止法により、営業秘密の不正使用により生じた物(営業秘密不正使用物品)であることを知っている者が当該物品を輸出入する行為が、不正競争行為として規制対象となった。
 これを踏まえ、経済産業大臣による認定制度など、税関が水際において迅速・適正に侵害の該否を判断・確認できる仕組みが導入されることを前提に、同行為を組成する物品(営業秘密侵害品)を、関税法上の「輸出してはならない貨物」に追加し、他の知的財産権侵害物品と同様の仕組みにより、水際対措置の対象とするのが適当である。

【第11号・第12号】:「技術的制限手段回避装置の提供行為」

 Blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_20142248.jpg

[PR]
# by Gewerbe | 2017-05-23 20:14 | Trackback | Comments(0)
『第51回通関士試験を取り巻く状況』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4182)

【通関業法】
 通関業法については、「申告官署の自由化」に伴う改正を機に、昨今の通関手続きを取り巻く環境の変化を踏まえた見直しを行うことが適当である。具体的な環境の変化として;

・貿易円滑化の推進の観点からは、関税率水準が低下する中、貿易量が増大し、物流が高度化・多様化しており、通関手続きのより一層の迅速化が求められていること、輸出入申告の98%が輸出入・港湾情報処理システム(NACCS)を利用して行われるなど、電子化・ぺーパーレス化が進展していること。

・国民の安全・安心の確保の観点からは、テロ、不正薬物の密輸入等に対応するためのセキュリティ管理やコンプライアンスの重要性が増大していること。

・適正かつ公正な関税の徴収の観点からは、EPA(経済連携協定)等の拡大に伴う関税率・原産地規則等の複雑化、取引手法の多様化等に伴う関税評価・関税分類の困難事例が増加していること。
等の変化が見られる。

 こうした環境の変化を踏まえるとともに、他の類似する業法・士法も参考にしつつ;

・経済的な規制は最小限にし、通関業者の創意工夫が生かされる環境の整備
・自由な競争環境の下で、自己規律の発揮と透明性のある事後チェック体制の整備
・通関士・通関業者による高度な専門性の発揮

・通関業法の罰金刑の水準は、他の業法及び士法と比較して著しく低いことから、これを見直す
を基本的方向性とした見直しを行うことが適当である。
(記事参考:財務省・関税局ー平成28~29年度関税改正を巡る国際状況)

 通関士試験には、数十年~関わってきましたが、「通関士試験も時代の子」です。=国際経済・国際物流、通関を取り巻く環境変化に対応した試験形式・試験問題内容に変化してきました。本年度=第51回通関士試験においては、創設以来n初めてとなる「通関業法の抜本的改正」の施行となる重要な年の試験であり、一昨年、昨年以上にこれらの現状~将来の国際環境変化を踏まえた試験問題内容になることは当然に想定されます。

Blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_18224637.jpg

[PR]
# by Gewerbe | 2017-05-22 18:22 | Trackback | Comments(0)
『第51回通関士試験ー(犯則と罰則)』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4181)

  『事後審査制度』を特徴とする、「コンプライアンス(法令遵守)」・「通関手続きの簡易・迅速化」の強化は、反面として犯則への『罰則・罰金』の強化を意味します。本年度=第51回通関士試験においても、この『罰則』や『税関職員の権限』に係る部分での出題には”要注意”です。

 『反則ー罰則』には、条項ごとの犯則内容と罰則との正確な”読解”が求められます。

【問題】
「重大な過失により関税法第67条(輸出又は輸入の許可)の許可を受けるべき貨物について当該許可を受けないで輸出した場合には、関税法第116条(重過失)の規定により罰金刑が科されることがある」。
【解答】
 × (誤り) 問題は誤った記述である。
【解説】
 「無許可輸出」による罰金刑なのか?:「重過失」による罰金刑なのか?

 関税法第116条(重過失)の規定により罰金刑が科される場合とは、重大な過失により関税法第111条第1項第2号の規定に該当する罪を犯した場合などの一定の罪の場合に限定されている。
 ここで、設問の「関税法第67条(輸出又は輸入の許可)の許可を受けるべき貨物について当該許可を受けないで当該貨物を輸出した場合には、5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金に処し、又はこれを併科すると規定されているが、この規定は関税法第111条第1項第1号の規定であり、関税法第116条の規定に該当する罪ではない。

 なお、関税法第111条第1項第2号の規定に該当する罪とは、関税法第67条の申告又は検査に際し
偽った申告若しくは証明をし、又は偽った書類を提出して貨物を輸出し、又は輸入した場合である。

 したがって、「関税法第116条(重過失)」の規定により罰金刑が科されることがあるとする設問の記述は誤り(×)である。

 このような記述の設問が、[五肢選択問題」の1つに組込まれ、結果として、”その全てをマークせよ”の得点条件を欠き、[不正解」となるポイントであることにお気づきでしょうか・・。


Blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_8121688.jpg

[PR]
# by Gewerbe | 2017-05-21 08:12 | Trackback | Comments(0)