貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
sosoさんへ: コメ..
by Gewerbe at 10:08
"公表の「各6割以上(実..
by soso at 09:22
早速コメント返していただ..
by HS at 23:25
by(HS)さんへ: ..
by Gewerbe at 22:59
いつもとてもためになる記..
by HS at 21:01
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
『DRIED BONITO ..
at 2017-10-17 17:38
『DRIED BONITO ..
at 2017-10-17 07:25
『DRIED BONITO ..
at 2017-10-16 23:34
『DRIED BONITO ..
at 2017-10-15 22:20
『DRIED BONITO ..
at 2017-10-15 03:54
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
『DRIED BONITO : KATSUOBUSHI(鰹節)ー⑤」
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4302)

【かつおの街 焼津から】
 漁業の町、静岡県焼津市は日本一のカツオの水揚げ量を誇り、昔から地場産業としてかつお節の製造が盛んに行われてきました。しかし、国内消費の落ち込みや、価格が安い外国産のかつお節の増加などで生産量はピーク時と比べて3分の2程度にまで落ち込んでいて、新たな市場の開拓が重要な課題となっています。
”ヨーロッパ市場は日本の食文化をブランディングできる数少ない市場”
ヨーロッパでは、「和食」の食文化がユネスコの無形文化遺産に登録されたこともあって、農林水産省などが平成27年に行った調査では、日本食レストランは1万店余りと、2年間でおよそ2倍に増えました。
ダシを使った「UMAMI(旨味)」が注目され、和食の人気の高まりと共に、ダシをとるのに欠かせないかつお節の需要も高まっています。

【EUへの輸出は難しい】
 ここで問題になったのが、日本からEUへかつお節を輸出できるようにするための高いハードルをクリアすることでした。EUが定める国際的な食品衛生管理システム「HACCP(ハサップ)」と呼ばれる認定を受ける必要があるのです。
現状までは、この基準に適合する工場がないとして、日本産のかつお節はEUは輸出ができない状況でした。
「HACCP」は、アメリカのNASA(アメリカ航空宇宙局)が開発した食品安全基準ですが、、この中でもEU向けの基準は世界で最も厳しいと言われています。
 水産会社では、洗浄を初め、製造から出荷のすべての過程でこの基準を満たすよう、製造工程を組み替えるなど、工場の改修を進めてきました。基準を満たす必要があるのは工場だけではありません。EU向けの基準では、船や港にもそれぞれ衛生管理に適合するよう整備されました。

【悲願のEU輸出へ】
 EU基準に合わせた認定の申請からおよそ2年が過ぎた今年の2月15日、ようやくEU(欧州連合)への輸出が可能な生産施設と認められました。農林水産省で交付式が行われ、水産庁流通課長から「新丸正の久野社長に、全国で初めて、かつお節の工場として「EU-ACCP」の認定書が手渡されました。
 また、久野社長は今回の認定にあたって、工場の名称の英訳について、一般的な英訳である「DRIED BONITO」ではなく「KAYTSUOBUSHI」と表記しました。かつお節が日本発祥の食材だということを伝えたいという想いを込めたのです。

 かつお節のEU市場を巡っては、韓国産や中国産などの海外産が多く流通していますが、鹿児島県枕崎市の水産加工組合などが去年、フランスにカツオ節工場を開設するなど、和食の人気が高まるヨーロッパの需要に応えようという動きが広がっています。
今回、国内のかつお節工場がEUへの輸出に必要な認定を受けたことで、国内からの本格的な輸出に弾みがつくと期待されます。
(記事参考:加藤慎平 氏 NHK静岡局記者・NHK NEWSWEB  2017/10/13)

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_1992036.jpg



[PR]
# by Gewerbe | 2017-10-17 17:38 | Trackback | Comments(0)
『DRIED BONITO : KATSUOBUSHI(鰹節)-④』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4301)

『焼津の新丸正、EUにかつお節を輸出』
 かつお節の「新丸正(焼津市)」は欧州連合(EU)でのかつお節の販路開拓に乗り出す。
水産庁からEU向けの「危険度分析による衛生管理(HACCP)の認証を取得し、2017年度にEUへの輸出を始める予定だ。
かつお節のEU向けHACCP取得は国内で初めてで、2月15日に都内で認定書が交付された。
「新丸正」は既に米国などにかつお節を輸出している。他地域向けの販路も合わせ、現在約1億円の海外向け売上高を5年後には5億円に高める計画だ。
 かつお節は製造過程で「こげ」が付着しやすく、EU・HACCP衛生基準を満たし難かった。新丸正は生産設備の刷新などで基準に対応した。
欧州では日本料理だけでなく、フランス料理の調味料としても”かつお節”の需要が高まっている。
(記事:日本経済新聞 2017年2月16日)

DRIED BONITO : KATSOBUSHI』
 ”和食”の味を決める代表的な”だし”といえば「かつお節」。この味をかつお節の本場から和食ブームに沸くヨーロッパに届けようと、静岡県・焼津市の水産会社が動いた。
 しかし、世界で最も厳しいと言われるヨーロッパの食品安全基準=「EU・HACCP」。どうやってこの壁を乗り越えるのか。
全国で初めて、ヨーロッパへのかつお節輸出に道を開いた水産会社の挑戦とは・・。 (以下、継続~)
(記事出所:NHK NEWSWEB 2017年10月13日)
 かつお節=英語では「Dried Bonito」と表されている・・。しかし、かつお節は鰹節であって単なる、”カツオの乾物燻製(くんせい)”とは違う! 「Dried Bonito=(燻製カツオ)」表記に甘んじることなく、あくまでも「KATSOBUSHI」の名称で、EU・HACCP認証を勝ち取った焼津市の「新丸正」の久野徳也社長の、鰹節に対する想いと男気に拍手を送りたい・・。

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_1244383.jpg

[PR]
# by Gewerbe | 2017-10-17 07:25 | Trackback | Comments(0)
『DRIED BONITO : KATSUOBUSHI(鰹節)-③』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4300)

『ブルタニューのカツオ節向上、昨年9月2日始動! (枕崎フランスカツオ節)』
 フランス・ブルタニュー地方のコンカルノ市にカツオ節工場が登場・始動した。鹿児島県の枕崎水産協同組合とカツオ節関連会社9社が出資して設立した『枕崎鰹節」の工場である。東南アジアに拠点を置く企業は数社あるが、フランスでは初めて。スペイン北西部ビゴーでは東京の『和田久」が鰹節を作っている。

 昨年8月31日にはコンかルノ市長、ブルタニュー地域各議会副議長ほか、関係者およそ200人が参加して竣工式が行われた。
欧州のの本料理店や家庭などをターゲットに、まずはフランス人6人と日本の技術者2名体制で、1日1トンのカツオから、200キロの花かつおを作るペースで操業を開始する。

 工場を設置するのにフランスの西端に近いコンカルノーを選んだ理由は、欧州有数の漁港でカツオの供給がスムーズなこと、それを冷凍保存する設備などが整っていることだった。原料となるカツオは、現地の水産会社CFTOから、インド洋(セイシェル沖)で獲れる2~4キロほどの大きさのカツオを仕入る。原料の仕入れから削りパックまで一貫生産する工場は、今日では珍しいという。

 工場をつくろうと思ったきっかけは3年前、枕崎フランスの大石社長がパリの日本食店で、ダシが使われていない味噌汁を飲んだのがきっかけだった。EUは、カツオを薪で燻すときに付着するベンゾピレンが発がん性物質であるとして輸入を禁止している。なんとか培乾を工夫して、そのEU-ACCP(欧州食品品質規制)をクリアーしようとの試行錯誤を重ねての先月の操業開始であった。

 鹿児島・枕崎の挑戦の背景には、ヘルシーさや繊細な味付けで、和食人気が世界各地で高まっていることがある。2013年12月に和食がユネスコの無形文化財に登録されたことも追い風になった。
 和食店は米・ニューヨークなどに多かったが、近年は欧州でも急速に広がり、フランスではパリを中心に急増する。農林水産省の推計によると、欧州の和食店は5千店以上あるとされ、すでにブームではなく定着しているという。

 欧州各国の多くの和食店では、かつおダシの代わりに旨味調味料や、製法が違う中国産や韓国産のカツオ節を使っている。本格的な和食を提供したい料理人らの悩みという。
(記事参考:産経ニュース 2016/09/02)

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_19261035.jpg

[PR]
# by Gewerbe | 2017-10-16 23:34 | Trackback | Comments(0)