貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フォロー中のブログ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
sosoさんへ: コメ..
by Gewerbe at 10:08
"公表の「各6割以上(実..
by soso at 09:22
早速コメント返していただ..
by HS at 23:25
by(HS)さんへ: ..
by Gewerbe at 22:59
いつもとてもためになる記..
by HS at 21:01
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(3)
その他のジャンル
Skypeボタン
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
『買手が負担するロイヤルティの”読解”』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4240)

 通関士試験・通関実務科目の輸入申告書作成問題において、「仲介手数料の扱い」に係る出題が何問かあったように思います。
今年の試験において留意すべきは、「買手の負担するロイヤルティ費用の”解釈”」ではないでしょうか? 注目して欲しいのは、あえて、ロイヤルティに係る”語句”と書かずに、その”解釈”と書いている点です。これが、私のいう”読解力”なのです。
具体的には、「買付手数料」という”語句”では無く、輸入貨物の輸入取引きの中で、何が買付手数料に該当するのか、その”意味”です。

 法令条文に記載される”語句”の短絡的な記憶は関係ありません。条文中で記載される”語句”は、実輸入取引きの中でのどのような内容を表現しようとしているのか?それを読取り理解する=”読解力”です。輸入取引きの内容によっては、同じ表現の”語句”ながら、加算要素にもなるし、非加算とも成り得ます。

『買手が売手ではない第三者に支払うロイヤルティの取扱いについて』

 関税定率法第4条第1項本文において、「輸入貨物の課税標準となる価格=(課税価格)は、当該輸入貨物に係る輸入取引きがされた場合において、当該輸入取引きに関し買手により売手に対し又は売手のために、当該輸入貨物につき現実に支払われた又は支払われるべき価格に、その含まれれていない限度において運賃等の額を加えた価格とする」とされています。

関税定率法基本通達4-1(1)において;
「(輸入取引き)とは、本邦に拠点を有する者が買手として貨物を本邦に到着させることを目的として売手との間で行った売買であって、現実に当該貨物が本邦に到着することとなったものをいい、通常、現実に貨物を輸入する売買がこれに該当する」との解釈が示されています。

関税定率法 基本通達4-13(4)において;
「輸入貨物に係る取引の状況そのたの事情からみて、当該輸入貨物の輸入取引きをするために買手に支払われるもの」とは、当該輸入貨物に係る特許権等の使用に伴う対価であって、買手が当該対価を特許権者等に支払わなければ、実質的に当該輸入貨物に係る輸入取引きを行うことができないこととなる又は行われないものをいい、その判断は、当該輸入貨物に係る契約内容やライセンス契約の内容だけではなく、当該輸入貨物に係る取引に関する契約の内容及び実体、取引に関与する者が当該取引に関して果たす役割、当該取引に関与する者の間の関係その他の当該取引に関する事情を考慮して行うもののとする」とし、これに該当するものとして取り扱う対価が列挙されている。

関税定率法 基本通達4-13(6)において;
 「輸入貨物に係る取引の状況その他の事情からみて、買手により支払われた当該輸入貨物を本邦において頒布し又は再販売するための権利を取得するための対価は、当該輸入貨物の輸入取引をするために支払われたものでないときは、当該輸入貨物の課税価格に算入しない。」とされています。
 課税価格の加算/非加算の判断は法令条文中の”語句の記憶”ではありません。取引き内容を読み解する”内容の読解力”です!
そして、それらを迅速・適正に組み立てる”算数力”です!

by Gewere 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_03142350.jpg


[PR]
# by Gewerbe | 2017-08-17 22:03 | Trackback | Comments(0)
『同一物品で、”別欄申告”』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4239)

 前号において、「EPA(経済連携協定)」に係る『同一物品の別欄申告』をアップしています。これは具体的には、どのような輸入取引きが想定されるのでしょうか?

 生鮮野菜や生鮮果実などの輸入取引きにおいては、輸入者の買付け・船積みを代行する買付代理人を現地に置き、複数の生産者から季節の生産物を短期間に集荷し、港で一括して我が国に積み出す例も多々あると考えられます。

 この場合に、生産国内での集荷だけでは希望数量に足りず、船積への希望数量を満たすため、国境を越えた隣国の生産者から同一生産物を集荷補充することも、気候が近い陸続きのアジア地域や欧州等では当然に起こり得ます。

 主要集荷先であるA国と我が国はEPA(経済連携協定)を締結し、この生産物がEPA税率(関税譲許)の対象物品となっていた場合に、その条件としての「原産地証明書」がA国集荷分にはついては、当初契約により生産者によって取得されていたが、船積数量を補充するために国境を越えて集荷した隣国のB国集荷分については、「EPA原産地証明書」が取得されていなかった場合に、我が国での輸入申告書の内容は、どのようになるのでしょうか?

 EPA(経済連携協定)は、原則として”関税撤廃”を目標とする2国・地域間の関税譲許を柱とする協定であり、EPA税率適用には、締約相手国の産品であることを証明する「EPA原産地証明書」の提出が輸入申告時の原則となります。

 輸出港において、一括して船積みされた同一の野菜や果実と言えども、「EPA原産地証明書」の提出できるA国集荷分のEPA税率による関税譲許(無税)が認められますが、希望数量を補充するためにB国生産者から集荷した分については、「EPA原産地証明書」の税関への提出ができないわけですから、EPA税率は適用できず、「WTO協定税率」もしくは「基本や暫定税率」の適用となります。
 結果的に、同一物品(同一の実行関税率番号)でありながら、「有税品と無税品」、「税種・税率が異なる」ことにより、”欄を分けて、二つの欄で申告”することになります。

 かつて、「特恵原産地証明書の有/無」に係る出題があったように記憶していますが、EPAにおいては、締約国との「EPAタリフ」を調べてEPA適用品目やEPA税率適用の有無を確認しなければならないだけ、内容の読解と解答作業の難易度は高くなります・・。

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_22473313.jpg


[PR]
# by Gewerbe | 2017-08-16 18:09 | Trackback | Comments(0)
『貿易のグローバル化と輸入申告書作成問題の多様化』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4238)

 「落とすための問題編集・・・」、受験生の中からよく聞かれる言葉です。あながち間違った表現とも思いませんが、先に重ねてアップ済みのように、通関士試験の合/否判定基準の一つに「受験生の基礎事務処理能力」の判断がありますので、各受験生の「読解力」、「算数力」などの基礎スキルに加え、時間内での「迅速・適正処理能力」、「沈着・冷静遂行能力」を判断するための問題の複雑化が正解とも言えます。

 これは、「試験問題として、”問題のための問題”として解答困難な複雑な問題を編集する」というものではなく、経済のグローバル化という言葉に代表されるように、かつての通関手続きに必要とされたスキルに比べ、現状~将来の通関手続きにおける内容が、極めて多様化・複雑化へと急展開していることに起因し、国家資格試験として”合格者”として認定する判断基準として、これらの内容を遂行できる基礎スキルと性格を保持している人の選抜という意味に他なりません。

 いまだに業界においては、通関業=乙仲(乙種港湾仲立ち業)と呼ばれています。確かに、50年前に港湾荷役業からスタートした資格であることは紛れもない事実です。しかし、それから半世紀を経た今~将来、その姿は当時と大きく異なり、さらに変化しようとしています。現状の乙仲(おつなか)が関わる適正な呼び名は、国際物流業としての「国際ロジスティクスサービス」であると感じています。

 「我が国の関税制度」という位置づけから、「国際間締結、国際条約の履行のための国内法」という、”まずは先に国際条約ありき”という変化です。我が国独自の関税行政から、”国際間で、統一・整合された通関手続き”への共通化です。
 これらのポイントにおいて、TPP(環太平洋経済連携協定)は米国の離脱によって見直し現状ですが、オーストラリア、モンゴルと締結されてきた15を超える2国間・地域のEPA(経済連携協定)による関税譲許(特別特恵関税)は、EU(欧州連合)との概ね合意に至り、EPA税率とは”相互間関税譲許”ですから、通関スキルにおいての”関税率”に対する認識・判断スキルは避けて通れず、通関士試験の対象解答箇所になっていないとはいえ、NACCS区分やEPA税率表、及び、「有税/無税品の別欄」、「減免税品の別欄」や「税種/税率の異なる別欄」などの「関税率の解釈・判断が組込まれた出題」の可能性は極めて当然の現状であると強く感じています。

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_03142350.jpg

[PR]
# by Gewerbe | 2017-08-15 11:56 | Trackback | Comments(0)