貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
sosoさんへ: コメ..
by Gewerbe at 10:08
"公表の「各6割以上(実..
by soso at 09:22
早速コメント返していただ..
by HS at 23:25
by(HS)さんへ: ..
by Gewerbe at 22:59
いつもとてもためになる記..
by HS at 21:01
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2017年 08月 12日 ( 2 )
『「第51回通関士試験」の意味するもの・・』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4235)

 通関士試験での(合/否)判定を最終的に決めるのが「輸入納税申告書作成問題」であることは間違いない事実と考えられます。
輸出申告書作成問題も含め、他の試験科目や問題は、ここに至るための”予選”であり、”試験時間潰し”にしか過ぎないのではないでしょうか?

 今年=「第51回・通関士試験」を今年の受験生である皆さんは、どう捉えているのでしょうか?
ちょうど50年前、それまでの「賦課課税方式」で賦課されてきた関税の徴収方式が原則として「申告納税方式」に改訂され、申告を代理する専門業者の義務と権利を定めた「通関業法」が創設、業法において通関業者の義務の一つとしての「通関士制度」がスタートしました。
 それから50年~、時代変化に即した各々の法令改正は実施されてきましたが、『申告官署の自由化』→『通関業法の改正』という抜本的な法令改正は50年=半世紀ぶりの初めてのことです。
 また、通関を取り巻く環境は、グローバル化という輸出入申告の過半数は”企業内・グループ内貿易”に変わり、税関は我が国の租税収入の15%以上を徴収する重要収納機関に成長しながら、その徴収税種は関税の3倍以上という割合で消費税であるという様変わりが発生しています。

 その法令創設以来~50年ぶりの改正に初めて受験するのが今年の受験生です。過去数年をかけて、徐々に通関士試験の内容は変化を重ねてきましたが、実質的には”通関手続の改正の初年度の通関士試験”と言えます。
具体的には、”今年以降の通関士試験対策に、昨年以前のテキストは通用しない!”ことを意味します。
合わせて、昨年度=第50回通関士試験での輸入申告書作成問題は始めて、「三ヵ国間逆委託加工貿易」という極めて現状のグローバル化=国境の無いがごとくの複数国間に渡る生産活動や経済活動に係る内容の出題を取上げました。この出題内容の変化は”後戻りはできません”。
現状のグローバル化が進展する国際経済・国際物流形態により即した出題に昇華させていく道しか残されていません。

 過去の輸入申告書作成問題においては、その解答対象が、「申告物品の所属区分」と「課税価格の決定」であり、直接的に「関税」の算出は解答対象外となっていませんでしたが、EPA(経済連携協定)の締結増大によるEPA税率や食料安全保障、国際資源保護等の要因により、
a0061688_03142350.jpg
「単位当たりによる関税率区分」や有税品/無税品、減免税品などの「20万円以下の少額合算における別欄申告」等、関税率解釈の知識なくしては、輸入貨物の所属区分も、課税価格の算出にも到達できない問題構成に大きな変化が進展している通関士試験問題の現状をしっかりと認識することが重要です。
 単純に「申告官署の自由化」・「通関業法」の法令改正という範囲にとどまらず、「50年間、継続されてきた通関士試験が次世紀への通関業に切り替わる初年度試験」という位置づけを忘れないでください。

by Gewerbe  「貿易ともだち」 K・佐々木

[PR]
by Gewerbe | 2017-08-12 22:04 | Trackback | Comments(0)
『通関実務科目・申告書の対象品目ー②』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4234)

 このブログの前号において、「通関士試験においては、申告書作成問題は、関税法や定率法等関連法令の基礎知識に加え、最終的に”受験者の基礎事務処理能力=(読解力)、(算数力)、(基本英語力)、(時事関心度)等を問う=判定することを目的としているので、これらの内容が組込みやすい品目が対象となっています」とアップしています。

 【読解力】と言う言葉は、「通関士試験は、”記憶”ではなく、法令規定趣旨の”理解”であり、さらには、問題を読取る”読解力”である」。とは、このブログの中で5年以上前に提言した言葉です。

 特に、通関士試験の合/否を決定づける「輸入申告書」の解答欄は[課税物品の所属区分]と[課税価格]の2点であり、つまるところ、その解答に要するのは、;
1)出題内容を適正に読取り理解する”読解力”
2)課税嚇を適正に算出するための数式組立・”算数能力
の二つです。その二つのどちらが勝っていても、反対に劣っていても正解には繋がりません。出題内容を適正に読取ることができても、課税価格を算出するための数式が組立てられなくては解答は出ませんし、反対に、算数力が高くても、設問の内容を適正に読取れなくては、課税価格算出の計算に到達することができません。加えて、この”読解力”には、各受験生の”沈着冷静、迅速正確な事務遂行能力”が強く求められます。
具体的には、”無駄なく、合理的に素早く処理できる事務処理能力”です。
 あの限られた試験時間(輸入申告書作成問題=25分~35分間)で、近年の複雑な設問内容からみると”基本的に無理難題な出題設定!”とも思えまが、一方で、これをクリアーして合格者がいるのも事実であることに目を瞑ることはできません。=「最適な解答作業を進めば、解答できる問題内容である」。と言わざるをえないのです・・。
「通関実務科目・申告書作成問題」において、避けるべき最大の対応ポイントは、過去における(製造歩留まり)や(口銭)などの不慣れな業界用語・業界慣習などが組込まれた出題に接した時の”パニック!”で本試験中での平常心を失ってしまうことです。
それらの出題に対しても、”沈着冷静・適正迅速”な解答作業を淡々と進める。=「過去問消化」とは、多くの出題パターンを記憶・覚えるというよりも、各出題ケースに接することによって、どのような問題構成に対しても対応でき得る「自信を高める」ことと、どのような出題内容に接しても”パニック!”に陥らず、にでき得る限りの平常心を保てる出題への”居直り・度胸”を付けることではないでしょうか・・?
過去出題例に、「似た問題・近い出題内容」はあると思いますが、同じ出題はありません。
 ましてや、昨年度の試験においては「三か国逆委託加工貿易」に係る問題に見られるように、出題内容が近年の「グローバル化」を強く意識した”新規取引形態”・”新規物品”の問題構成に変化しており、一辺倒に過去問の”記憶”から処理できる内容ではありません。

blog up by Gewerbe  「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_03142350.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2017-08-12 07:52 | Trackback | Comments(0)