貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
sosoさんへ: コメ..
by Gewerbe at 10:08
"公表の「各6割以上(実..
by soso at 09:22
早速コメント返していただ..
by HS at 23:25
by(HS)さんへ: ..
by Gewerbe at 22:59
いつもとてもためになる記..
by HS at 21:01
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2017年 03月 19日 ( 3 )
『5分でわかる食糧問題ー世界の飢餓ー②』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4143)

【日本の飽食の陰で・・・】
 私たち日本人の食生活は、第二次世界大戦前と比べると大きく変わりました。例えば、肉や卵を食べる量は10倍になり、エサとして使う穀物の量も急増。現在、エサ(餌)用のトウモロコシや大豆は90%が輸入しています。こうした穀物の消費の増加だけでなく、砂糖や植物油(ヤシ油)などの農場(プランテーション)作物を大量に輸入することで、途上国の生活にも大きくダメージを与えています。

【マグロが絶滅の危機!】
 世界で獲れるマグロの4分の1以上が日本で消費されています。そのマグロ漁の餌として、東南アジアの人が日常的に食べていた魚(ミルクフィッシュ)などを使ったため、その値段が高騰。地元の人はその魚を簡単に食べられなくなりました。さらに、現地では高級魚でほとんど食べれないマグロ(ツナ)は、日本では犬や猫たちがペットフードとして食べています。絶滅が危惧される生物を記載した【レッド・リスト」にマグロは既に記載されています。資源保護が必要とされています。

【食料の輸入大国日本は=廃棄大国】
 日本の食料の半分以上は、世界中から輸入したものです。私たちは年間5,500万トンの食糧を輸入しながら、1,800万トンも捨てています。
 食糧の廃棄率では、世界一の消費大国アメリカを上回り、食糧廃棄量は世界の食料援助総量470万トン(WFP)をはるかに上回り、3,000万人分(途上国の5,000万人分)の年間食糧に匹敵しています。(※)農林水産省「食料自給率」、厚生労働省「国民栄養調査」を元に算出。

 この家庭から出る残飯の総額は、日本全体で年間11兆円(旧科学技術庁「資源調査会弟123回報告」より)これは、日本の農水産業の年間生産額とほぼ同額です。さらにその残飯の処理費として2兆円が使われています。

 日本ほど大量に食糧を輸入しながら、廃棄を続けている国はないのです。
(~次号は、「世界各国の”食糧自給率”に継続予定~)
(記事:NPO法人ねっとワーク『地球村』)
Blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_21594577.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2017-03-19 22:00 | Trackback | Comments(0)
『5分でわかる食糧問題ー世界の飢餓ー①』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4142)

『5分でわかる食糧問題ー国際食糧安全保障』
【飢餓の現状】
 飢餓が原因で1日に4~5万人(1年間に1500万人以上)の人が世界で亡くなっており(FAO=世界農業食料機関)、そのうち7割以上がアフリカやアジア途上国の子ども達です。世界中には食料が足りないのでしょうか?
 「飢餓」になるのは、食糧が十分に生産されていないからではありません。世界で穀物は年間24億トンが生産されています。これは世界中の人々が生きていくのに必要な量のおよそ2倍になります。

24億トン(年間穀物生産量)÷71億人(世界の総人口)=338Kgs(1人当たり)
※1人当たりの1年間の標準消費量は、180Kgs。


 それでも食べ物の不足している人がいるのは、どうしてでしょうか? たくさんの穀物はどこへ?
1人当たりの食料供給量を比較すると、日本では必要なカロリーより31%も多く、ソマリアでは16%不足しています。我が国の私たちのように食べるものがいつでも充分に手に入るのは、世界のおよそ2割の人たちだけなのです。

 穀物(小麦やトウモロコシなど)は人間が食べるだけでなく、先進国では穀物の6割(約4億トン)が、牛、豚、鶏などの家畜のエサになっています。(そのほぼ全量が海外からの輸入品)
 
 牛肉1キロを得るために穀物11キロ、豚肉1キロを作るために穀物7キロ、鶏肉いキロでは穀物4キロを消費しています。
 結果として、世界の人口の2割足らずの先進国に住む私たちが、世界の穀物の半分以上を消費しているのです。 ~以下、次号に継続~
(記事:NPO法人ネットワーク「地球村」)

Blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_20302281.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2017-03-19 20:30 | Trackback | Comments(0)
『飲料水=ミネラルウォーターの貿易ー②』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4141)

『日本のミネラルウオーター消費急拡大』
 2000年から2006年までは健康志向のたかまりなどにより、日本国内でのミネラルウォーター消費は拡大を続けていましたが、2007年からは消費者の生活防衛意識の高まりなどを受けて、ほぼ横ばいの傾向でした。2011年は、東日本大震災後の備蓄用の需要が急増するなどの影響もあり3,172千キロリットル(前年比126.0%)と大きく伸長し、20年前の11倍、10年前の約2.5倍の規模にまで拡大しているのが我が国のミネラルウオーター市場です。

 2012年以後も。引き続きミネラルウオーターに対する関心は高く拡大傾向を続けています。なお、2012年には、東日本大震災の影響により、「国産ミネラルウオーターの生産量』が増加(2,788千キロリットル)する一方、「輸入ミネラルウオーター」の量は大幅に減少しています。

 2012年度の「輸入ミネラルウォーター」は353千キロリットルでした。輸入国別では、フランス(46%)、アメリカ(38%)からの輸入量が多く、この2カ国で全体の64%を占めています。
(記事出所:サントリー・ミネラルウォーター・レポート(日本ミネラルウォーター協会調べ))

【世界のミネラルウォーター生産量ランキング】
 (2008年・年間データ、単位:100キロリットル)
1、ドイツ           116,452
2、スペイン           66,392
3、ロシア            41269
4、ブラジル           41015
5、ポーランド          27644
6、韓国             21882
7、日本             20167

 裏山からの涌水を飲み、谷川で洗面を行ってきた山間部出身の我々世代からすると、「飲み水を金を払って買う」ということも信じられなかったし、ましてや、極めて”良水に恵まれた日本が「年間353千キロリットル(35万3千トン)もの飲料水を海外から輸入している」など、理解し難い事実です。我が国の「国産ミネラルウオーター生産量」は、実にドイツの”5分の1以下”であり、ドイツの水道水が硬水で飲料に適さない事情があるにせよ、世界が羨む天然良水に恵まれた日本のミネラルウォーターの”輸入比率の高さ”と、まだまだ国産ミネラルウォーター輸出量の低さ・・は、「ミネラルウォーターにおいても、貿易施策を怠ってきた」と言えるのではないでしょうか?
(※)
 ただ、アジア諸国の現状においては過敏な「福島原発事故の影響による残留放射能の影響懸念」が強く残り、アジア諸国への日本産ミネラルウオーターの輸出拡大は、ハードルが高いと思えます。


 Blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_13431429.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2017-03-19 13:43 | Trackback | Comments(0)