貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
フォロー中のブログ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
sosoさんへ: コメ..
by Gewerbe at 10:08
"公表の「各6割以上(実..
by soso at 09:22
早速コメント返していただ..
by HS at 23:25
by(HS)さんへ: ..
by Gewerbe at 22:59
いつもとてもためになる記..
by HS at 21:01
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(3)
その他のジャンル
Skypeボタン
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2017年 03月 09日 ( 2 )
『書店の倒産急増!16年は前年に1.5倍に』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4130)

 このところ「貿易」というよりも、「技術革新による不況・・」に偏った内容になっているかとの思いも自覚しています。しかしながら、この「技術革新」を適正に理解できずに、かつての”輸出大国=日本、”夢よ再び!”との思いにとらわれる限り、日本の未来は衰退の道しか残されていません。

 適格に、”産業革新・社会変化を捉える必要性”があります。

『書店の倒産急増 2016年は前年の1.5倍に 小規模事業者N苦境際立つ』
 東京商工リサーチによると、2016年に倒産した書店は25件と前年比1.5倍に急増した。
家族経営など小規模事業者の苦境が特に目立った。「ネットメディア浸透やオンライン販売、電子書店の普及など市場環境が大きく変化し、書店経営の苦境を反映した」とみている。

 2015年の書店の倒産件数は15件だったが、2016年は25件と2年連続で前年を上回った。倒産した書店の負債総額は52億9800万円(前年の1.5倍)。負債1億円未満が13件と過半数を占めている。
 従業員数別でみると5人未満が22件と前年(9件)の2.4倍に増えており、家族経営など小規模業者の倒産が際立た。

 形態別では、倒産が22件(前年比7割増、前年13件)と全体の約9割。再建型の民事再生法はゼロ(前年と同じ)で、一度業績不振に陥った書店は立て直しは難しいことが浮き彫りとなった。

 書店の休廃業(資産超過での事業停止)・解散は2011年の23件を底に年間40件前後と倒産を上回るペースで推移しており、2016年は41件と前年より3件増えた。家族経営の小規模事業者を中心に、後継者難などで事業継続を断念するケースも目立っているという。
(出所:ITmedia NEWS 2017/03/07)

 かつては、”街の文化基地”としての書店が消え去るのを嘆きノスタルジーに浸るのか?
世界中の本を検索・発注・宅配してくれるアマゾンを恨むのか・・? 

 個人個人の”書店”に対する思い入れはあろうが、そのような方向で進んでいる。という経済上の事実だけは、しっかりと認識する必要性があります。

 これは「貿易」についても同じです。「技術革新」・「経済変化」の激変を認識せず、いたずらにノスタルジーや”夢よ再び・・”の思いに固守することは、にっちもさっちも立ち行かなく状況を呼びます・・・。
 かつては、我が国の家電メーカーとして同等に鎬を競い合った、「シャープ」、「東芝」、「日立」・・
現状において「日立」と、対する「シャープ」・「東芝」のこの劇差を生んだ要因は何だったのでしょうか・・?


Blog up by Gewerbe  「貿易ともだち」 k・佐々木
[PR]
by Gewerbe | 2017-03-09 21:52 | Trackback | Comments(0)
『シンギュラリティ(技術的特異点)』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4129)

 イギリスに起こった「産業革命」において、自分達の仕事が奪われると、新たに登場してきた”自動織機”を打ち壊す手工業者の暴動を指す『ラッダイト運動』。
 忘れ去られたこの経済問題が再び蘇ったのは、1990年代になってからである。この時期から、アメリカでは情報技術のもたらす技術的失業を懸念し、このような技術の発達に反対するような運動=『ネオ・ラッダイト運動』が起きており、その一部は『シンギュラリティの阻止』を目指した運動にも繋がっている。1990年代以降、アカデミックの分野でも、技術的失業がノーベル経済学賞受賞者であるモーテンセンとピサリデスのような主流の著名な経済学者によって研究されるようになった。

『シンギュラリティ(Technological Singulaty)・技術的特異点とは何か?
 まず、シンギュラリティとは何なのか? それは「人間よりはるかに知能能力の高い”超知能”ができること」だと※松田卓也は言う。ではその超知能とは、いったいどれほど賢いものなのか。松田は、未来学者レイ・カーツワイルを引き合いに「全人類の知能を合わせたくらい」だと説明する。
高度化された人口知能によって科学技術は爆発的に進化する。そして、結果的に人間生活が大きく変化する。
(※)松田卓也ー天文・宇宙物理学者、理学博士。神戸大学名誉教授

 では、そのシンギュラリティが訪れるのはいつなのか? 松田は再び、カーツワイルを引き合いに出す。それによると、2015年を基準にした時に「次のエポックメイキングな年」は2029年なのだという。2029年までの間に「狭い人工頭脳」、つまり特定目的の人工頭脳が爆発的に発展し、結果的に社会に「技術的失業」が起こる。2029年をエポックメイキングだとするのは、その年に「汎用型人工頭脳」ができるとされているからで、そして来る2045年、世界はシンギュラリティへと到達する。-それがカーツワイルが描いたシンギュラリティへのロードマップだ。
(記事参考:松田卓也が託す、日本がこれから歩むべき「シンギュラリティへの道」wired)

 まるで、”SF映画”の世界を聞かされているようで、直ぐには理解不能ですが、自分の15年前の社会と現在を見比べた時、”加速度的に変化する技術革新”の現状においては15年後にそのような変化が発生することをあながち否定もできません・・・。

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_714203.jpg
a0061688_71443100.jpg

[PR]
by Gewerbe | 2017-03-09 07:14 | Trackback | Comments(0)