貿易ともだち
gewerbe.exblog.jp

貿易、通関に関するページ
プロフィール
名前:kenyou
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のコメント
(川島)様・レントラック..
by Gewerbe at 19:51
【クローズドASP】高額..
by 株式会社レントラックス 川島 at 15:51
 一面のご説明ありがとう..
by soso at 10:09
keikoさんへ: 「..
by Gewerbe at 07:47
今年、合格通知が届きまし..
by Keiko at 23:14
sosoさんへ: コメ..
by Gewerbe at 10:08
"公表の「各6割以上(実..
by soso at 09:22
早速コメント返していただ..
by HS at 23:25
by(HS)さんへ: ..
by Gewerbe at 22:59
いつもとてもためになる記..
by HS at 21:01
最新のトラックバック
情報貸金庫
from 発明屋
グローバル世界の中でささ..
from dezire_photo &..
四季の彩り、森羅万象を食..
from Boochanの宝探し
アサリの産地偽装逮捕の裏..
from かきなぐりプレス
996カレラ かっこいい女性
from etc ~クルマな生活~
ライフログ
検索
タグ
(3)
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
『特恵関税・「原産地認定基準」-②』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4212)

 前号よりアップしている『特恵関税・原産地認定基準ー「実質的な変更を加える加工又は製造」は、関税法等科目の中で出題されているのではなく、「通関実務問題ー(その他の問題)の五肢選択肢問題として出題されているのが近年での特徴です。
 『特恵関税 原産地基準・(実質的な変更を加える加工又は製造)』ですが、他方で出題のある、EPA(経済連携協定)の各EPAごとに異なる「EPAー原産地基準」のベースとなる基本的な基準のベースとなる規定です。

【問 題】ー(2014年、2015年通関士試験出題)
 「A国で収穫された関税率表第8類に属する果実を原料として特恵受益国等であるB国で生産された同表第20.09項に属する当該果実のジュースは、B国の現産品である」
【解 答】
 × 誤り 設問は誤った記述である。
【解 説】
 A国で収穫された原料を使用し、特恵受益国等であるB国でその原料に実質的な変更を加える一定の加工又は製造により生産された物品については、B国の現産品とみなすと規定されている。ここで設問の収穫された原料は関税率表第8類(食用の果実及びナット、かんきつ類等)に分類される果実であり、生産されたジュースは第20類(野菜、果実、ナットその他植物の部分の調製品)に分類されることから、原料が該当する同表の項と生産されたジュースが該当する同表の項が異なるので、「実質的な変更を加える加工又は製造」に該当することになる。
 しかし、設問の関税率表20.09項に属する果実のジュースについては、関税暫定措置法施行規則別表に特別な規定があり、「第7類、第8類又は第20類に該当する物品以外の物品からの製造」でなければそのジュースについてその特恵関税、つまりB国の現産品とされないとの規定がされている。
 そこで、設問の関税率表第20.09項に属するジュースについては第8類の原料を使用した場合は特恵現産品と認められないことになるが、道標(備考ー3)に、「この表の下欄において定率基準以外の条件は、中欄に掲げる物品の生産に使用される原料又は材料のうち現産品については適用されない」とあるので、B国で収穫された第8類に分類される原料を使用していれば、関税率表第20.09項に属するジュースがB国で生産された場合にはB国の現産品となる。
 したがって、設問の記述である「A国で収穫された第8類に分類される果実を原料を使ってA国で製造されたジュースは、B国の現産品とは認められず”設問の記述は誤っている”」
(関税暫定措置法施行令第26条第1項第2号、同法施行規則第9条、同法施行規則別表ー20.09)
(解説文抜粋:2017ー通関士過去問題集 笠原純一 氏 ヒューマンアカデミー)

blog up by Gewerbe  「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_03142350.jpg

[PR]
# by Gewerbe | 2017-06-26 20:11 | Trackback | Comments(0)
『特恵関税・「原産地認定基準」-②』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4212)

 前号よりアップしている『特恵関税・原産地認定基準ー「実質的な変更を加える加工又は製造」は、関税法等科目の中で出題されているのではなく、「通関実務問題ー(その他の問題)の五肢選択肢問題として出題されているのが近年での特徴です。
 『特恵関税 原産地基準・(実質的な変更を加える加工又は製造)』ですが、他方で出題のある、EPA(経済連携協定)の各EPAごとに異なる「EPAー原産地基準」のベースとなる基本的な基準のベースとなる規定です。

【問 題】ー(2014年、2015年通関士試験出題)
 「A国で収穫された関税率表第8類に属する果実を原料として特恵受益国等であるB国で生産された同表第20.09項に属する当該果実のジュースは、B国の現産品である」
【解 答】
 × 誤り 設問は誤った記述である。
【解 説】
 A国で収穫された原料を使用し、特恵受益国等であるB国でその原料に実質的な変更を加える一定の加工又は製造により生産された物品については、B国の現産品とみなすと規定されている。ここで設問の収穫された原料は関税率表第8類(食用の果実及びナット、かんきつ類等)に分類される果実であり、生産されたジュースは第20類(野菜、果実、ナットその他植物の部分の調製品)に分類されることから、原料が該当する同表の項と生産されたジュースが該当する同表の項が異なるので、「実質的な変更を加える加工又は製造」に該当することになる。
 しかし、設問の関税率表20.09項に属する果実のジュースについては、関税暫定措置法施行規則別表に特別な規定があり、「第7類、第8類又は第20類に該当する物品以外の物品からの製造」でなければそのジュースについてその特恵関税、つまりB国の現産品とされないとの規定がされている。
 そこで、設問の関税率表第20.09項に属するジュースについては第8類の原料を使用した場合は特恵現産品と認められないことになるが、道標(備考ー3)に、「この表の下欄において定率基準以外の条件は、中欄に掲げる物品の生産に使用される原料又は材料のうち現産品については適用されない」とあるので、B国で収穫された第8類に分類される原料を使用していれば、関税率表第20.09項に属するジュースがB国で生産された場合にはB国の現産品となる。
 したがって、設問の記述である「A国で収穫された第8類に分類される果実を原料を使ってA国で製造されたジュースは、B国の現産品とは認められず”設問の記述は誤っている”」
(関税暫定措置法施行令第26条第1項第2号、同法施行規則第9条、同法施行規則別表ー20.09)
(解説文抜粋:2017ー通関士過去問題集2017 笠原純一 氏 ヒューマンアカデミー)

blog up by Gewerbe  「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_03142350.jpg

[PR]
# by Gewerbe | 2017-06-26 20:10 | Trackback | Comments(0)
『特恵関税ー[原産地認定基準]”実質的な変更を加える加工”』
 (貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな? (4211)

 近年の通関士試験において、毎回に必ず出題され、”失点し易いポイント”の1つとして「原産地認定基準」があります。
特恵関税での原産地認定基準には、①完全生産品、②実質的な加工又は製造に関する認定基準、③自国関与品に関する認定基準の三つがありますが、②の『実質的な加工又は製造に関する原産地認定基準』は、出題が頻繁ですし、極めて”要注意箇所”の1つです。

(関税暫定措置法第26条第1項第2号、同法施行規則第9条第1項)
 特恵受益国又は地域において完全生産品以外の物品をその原料又は材料の一部としてこれに実質的な変更を加える加工又は製造により生産された物品は、その加工又は製造をおこなった国(地域)を原産地とする。

【実質的な変更を加える加工又は製造】とは?
 加工又は製造後の物品の該当する関税率表の項の番号(4桁)が、その物品の原料又は材料の項の番号と異なることとなる加工又は製造をいう。
 ”ただし”、これは(原則)であって、(品目による例外)が何点かあり、出題の落し穴となっています。
【問 題】(2010年通関士試験出題)
 「オーストラリアにおいて収穫された小麦を用いて、一つの特恵受益国において製造されたマカロニは、当該一つの特恵受益国の現産品である」
【正 解】
 × 誤り 設問は、誤った記述である。
【解 説】
 第10類=「穀物」⇒第19類「穀物等の調整品等」・「マカロニ」=第19.02項 (原則論)で言えば、第10類の穀物から第19.02項のマカロニが製造されているわけであるから「実質的な変更を加える加工又は製造」に該当する。しかし、設問の関税率表第19.02項に属するマカロニについては、関税暫定措置法施行規則別表に、「第10類、第1類又は第19類に該当する物品以外の物品からの製造」に限定されるとあるので、第10類に属する小麦を使用している設問のマカロニは、その特恵受益国の現産品とはみなされない。
 関税暫定措置法施行規則別表には、「特恵受益国においてその特恵受益国以外で生産された原料などに”実質的な変更を加える加工又は製造が行われた場合”でもその特恵受益国の現産品とはみなされない場合が複数掲げられており、近年の出題ポイントとなっている。

blog up by Gewerbe 「貿易ともだち」 K・佐々木
a0061688_894082.jpg

[PR]
# by Gewerbe | 2017-06-25 10:47 | Trackback | Comments(0)